あなたは家族を大事にしていますか?

近い血縁の人に対しては、どうしても親近感があり、特別な存在として自分の中にあるのではないでしょうか。

家族を大事にしていない、家族がどうなっても良いと思っている人はなかなか存在しないかと思います。

もし存在していたとしても、それなりの事情があったり、やむを得ないような状況だったする場合などが多いかと思います。

ただ、一般的には家族に対しては特別な愛情が存在しますよね。

家族はいつまでも大事にしたいですし、健康でいてほしいと思いますし、その繋がりは簡単には断ち切れないものとして存在しているのは事実であるといえるでしょう。

さて、家族の繋がるの大事さを考えた時に、質問を変えますが、あなたはいとことは仲良しですか?

いとこって近い血縁であるにも関わらず、仲良しな場合もあれば、そこまで仲良くない、そもそもあったことがないという方も中には存在するのではないでしょうか?

今回はそんないとこについてご紹介していきたいと思います。

いとこと仲良くなりたい、もしくは仲良しであるという方には是非とも見て頂きたいですし、いとこという存在に関して今まで希薄だった方にも読んでいただきたい内容となっています。

いとことどんなお付き合いしてる?

あなたはいとことどんな付き合いをしていますか?

中にはいとこと会った事がないという方もいれば、いとことはかなり付き合いが深いという方も中にはいるのではないでしょうか?

いとことの付き合いは、自分自身が小さいころから行われている場合の方が多いのではないでしょうか?

大体がお盆であったり、年末など、家族で過ごす場合などが多くなっているのではないでしょうか?

家族ぐるみでの付き合いなどがメイン課と思いますので、いとことの付き合いは親がどういう風に行動しているかで変わってくる場合などがかなり多かったりもするのではないでしょうか?

自分自身がどのようにいとこと付き合っているのかという事を考えてみてください。

振り返ってみると、どのように付き合っているのかという事がより理解できるかと思いますよ。

いとことの付き合いのパターン

いとことの付き合い方には様々なパターンが存在するかと思います。

そんな中で、どのように付き合っているのか、どのようにいとこと交流を行っているのか、という事を具体的にご紹介していきたいと思います。

パターン別にご紹介していきたいと思いますので、自分自身にあてはまるような付き合い方を探してみてはいかがでしょうか?

その上で、今後仲良くしていきたいと考えているのであれば、付き合い方を考えてみてはいかがでしょうか?

付き合い方を考える事で、いざという時に力になってくれる場合などもあったりするかもしれませんので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

全く関わりがない

まずは全く関わりがないというパターンです。

このパターンについては、疎遠になっているケースになるので、なかなかきっかけがないと付き合っていくのは難しかったりもされるのではないでしょうか?

親同士が仲良くなかったり、そもそも集まる習慣などがなかった場合には、付き合っていく事が難しい場合などもあるかと思います。

なので、関わりがない場合は、もし可能であれば両親に聞いてみるのが一番かもしれませんね。

聞いてみて、特に仲が悪いわけでもなく、ただ集まる習慣がなかったパターンであれば、何かをきっかけにして集まったりするのも良いかもしれませんね。

せっかくのいとこなので、仲良くしておく事にこしたことはないですし、新たな繋がりができるのは非常に嬉しい事でもあります。

なので、可能であれば繋がりをもってみてはいかがでしょうか?

親戚の集いで喋る程度

親戚の集まりでしゃべるという事はあるかと思います。

先ほどご紹介した通り、お盆であったり、年末などのイベントの時におばあちゃんやおじいちゃんの家で集まったりすることがかなり多くあるのではないでしょうか?

逆に言えば、このイベントの時にしか喋れない程度の関係であったりする場合などもあるかと思います。

いとこがかなり近い場所に住んでいる場合であれば、かなり頻繁に集まったりもするかと思いますが、遠い場所であった場合には、なかなか集まる機会などがないかと思いますので、それはしょうがない場合などに含まれるのではないでしょうか?

ただ、絆があれば、いざという時に遠出した時にかかわりを持ったりとか、家に泊まらせてもらったりなどの事もあるかと思います。

普段から密接な関係を持つことが良い事になるのではないでしょうか?

たまに連絡を取り合う仲

いとことの関係で、たまに連絡を取り合うような関係になっている場合などもあるかと思います。

先ほどご紹介した中では、比較的仲良くしている状態、関係が密接になっている状態になるのではないでしょうか?

たまに連絡を取り合う仲になれば、色々良くしてくれる場合なども多く、連絡先を知っている状態であれば、気軽に連絡も取れるかと思います。

もしかすると、こういったいとこ同士の関係の中で、思わぬ財産が生まれる場合などもあります。

例えば仕事に関しても、取引先として商談が進んだりとか、有利な状況になる場合なども考えられます。

一種のコネになるかと思いますが、それだけ血縁が近いという事は、魅力的な事であり、特別な事にもなるかと思います。

是非このつながりを大事にしてみてはいかがでしょうか?

良く会う仲良し

いとことはよく会うほど仲良しの場合などもあるかと思います。

先ほど述べたように、いとことの家の距離が近かったりするばあいには、遊びに行ったり、食事をしたり、どこかにお出かけに言ったりなど、様々な状況が考えられる事があるかと思います。

仲良くしておく事で、つながりももちろんですし、良い効果なども生む可能性があります。

しっかりと相手とのつながりを大事にする事で、良い事がたくさん生まれるかと思いますので、近所なのであれば、積極的に仲良くしておくことが大事になるのではないでしょうか?

付き合いを大事にしてみてくださいね。

いとことの付き合いに関係してくるもの

いとことの付き合いに関係してくるものというのはたくさんあります。

実際に、どういう事が関係してくるから、付き合いが深まったり、疎遠になったしているのでしょうか。

あまり深く考えた事がないという方には難しい質問かもしれませんが、けっこう単純な事でもあります。

しっかりと本質を考えた上で、自分自身の状況に当てはめて考えてみてはいかがでしょうか?
結局は人と人とのつながりになるので、自分自身の友達の事とも考えてみると多くの共通点があるのではないでしょうか?

どういう状況の時に仲良くなり、どういう状況になると疎遠いなってしまうのか、今回はいとこのバージョンで考えてみたいと思います。

居住地の距離

まずは居住地の距離という事を考えてみてください。

いとことの付き合いを考えた時に、距離が近いとどうなるでしょうか。

自然と遊びに行ったり、普段から頻繁に連絡を取り合ったり、顔を合わせたりするのではないでしょうか?

そうなると、自然と相手との距離は近くなりますし、普段から仲良くできるのではないでしょうか?

ただ、反対の例を考えてみてください。

距離が空いてしまうと、どうしてもなかなか会えなかったりするのではないでしょうか?
会えないと、どうしても距離が遠く感じてしまいますし、なかなか積極的に連絡するのも意識していないと行えない事になるのではないでしょうか?

なので、この居住地の距離の関係というものは非常に大事な部分になるという事を覚えておきましょう。

こればかりは意識してもどうにもならない事にもなるかと思いますので、親しくなりたいのであれば、積極的に連絡をするようにすることが大事になるのではないでしょうか。

親の兄妹同士の仲

これもどうにもならない事にもなるかと思いますが、親兄弟同士の仲にかかわってくる事人もなるかと思います。

基本的には兄弟なので、仲良くしている場合などが多かったりもするかと思います。

ただ、人間なので、仲良くしている場合などもあれば、仲が悪い場合などもあるかと思います。

そう考えた時に、どうしても仲が悪いと会う機会もないでしょうし、連絡すらしていない場合などもあるかと思います。

こればかりはこちらがどうしようとしても、なかなか改善できない場合などもあるかと思いますので、いとことの付き合いにはこういった事が深くかかわってくる場合などがあるという事を理解しておく事が大事になるのではないでしょうか?

もしもこちらの努力次第で改善できるような状態になるのであれば、仲直りをするきっかけとして働きかけてみるのも大事かもしれませんね。

親戚付き合いの方針

親戚付き合いの方針などによっては、上手く付き合えない場合などもあるのではないでしょうか?

何があったのかまでは推測できませんが、付き合えない状況であったりとか、あまり距離を縮めないようにしているなどの事があるのであれば、しょうがない場合などもあります。

例えば、親戚が悪い事をしているという場合であったり、あまり世間的に良い状況にあるとはいえない状態など、様々な事があったりもする場合があります。

意図的に付き合わないようにしている場合であれば、それなりの理由が存在しているといえるのではないでしょうか。

そんな中で、むやみに突っ込んでしまい、悪い状況になってしまったり、面倒な事になってしまったりする場合などが生まれる事もありますので、付き合うには相手を見定めておく事も大事になるのではないでしょうか?

しっかりと相手の事をまずは理解して、相手はどういう人なのかという事が大事になるかと思います。

年齢差

年齢差がある場合なども疎遠になってしまいがちになるかと思います。

例えば、なかなかない状況かもしれませんが、兄弟でもかなり年齢は離れている場合などがあるかと思います。

10歳くらいであれば、そこまで問題にもならないかと思いますし、年の離れた兄弟で住むかも知れませんが、これが20も30も離れている場合には、話もそこまで合わない場合があったり、なかなか話がうまくできない場合などもあったりするかと思います。

もちろん相手次第という所にはなるかと思いますが、年齢差が問題である場合などもすくなからずあるので、そういう状況を理解しておく事が大事になるのではないでしょうか?
こういった少し難しい問題がある場合なども考慮して考えておくことが大事になるといえるでしょう。

いとこと付き合うメリット

いとことの付き合いに関して様々なパターンをご紹介していきましたが、ここからは、いとこと付き合う上で得られる、たくさんのメリットなどについても併せてご紹介していきたいと思います。

いとこと付き合うメリットは様々な存在しており、なかなか限定的な事をお伝えするのが難しいですが、一般的に多い状況について詳しくご紹介していきたいと思います。

全くつながりがない場合などと比べて、非常に良い事がたくさんありますし、人間同士の繋がりって非常に大事な物にもなります。

いざという時に非常に大きな助けになってくれる場合などもありますし、普段から人とのつながりは大事にしていただきたい内容にもなりますので確認してみてくださいね。

冠婚葬祭で協力し合える

冠婚葬祭があった場合、いとことつながりが大きければ、それだけで助け合える状況になります。

つながりが希薄であった場合、なかなか上手に助け合ったり、協力する事がデキなかったりする場合などがあります。

なので、しっかりと普段から付き合いであったり、繋がりを作っておく事で、いざという時に協力できるという事にもなります。

特に、冠婚葬祭などに関しては、色々大変だったりする場合などがあり、家族やいとこがひとつになる事が大事になります。

こういった時に余計な労力をさきたくはないですし、協力できれば支えにもなります。

普段から上手に繋がりを作っておく事を大事にしてみてはいかがでしょうか?

相談ができる

いとこと付き合うメリットとして、何かあった時に相談できるという事がメリットにもなるかと思います。

例えば、何かしらの相談をしたいと思った時に、周りの人に対して言える場合と言えない場合などがあるかと思います。

深い相談の場合は、肉親であったり、血縁が近い人の方が真剣に相談に乗ってくれる場合などもありますし、肉親にしか相談できない場合などもあるかと思います。

なので、普段からいとこと付き合っている場合には、こういった深い相談などが出来る場合などがあります。

しっかりと普段からこういう付き合いを大事にしていれば、相談なども出来るかと思いますので、繋がりを大事にしておいてくださいね。

家族のこと

家族にしか相談できない悩みもあれば、家族には相談しづらい悩みがあるのもまた事実です。

そうなった時に、周りに相談できる人となった時にいとこには非常に相談しやすい事になるのではないでしょうか?

家族の事を知っていますし、むやみに周りに流される心配などもないので、安心して相談できるのもひとつの手になるかと思います。

つながりをもっておけば、こういう相談なども気軽に出来ますし、安心して相談にも乗ってくれるかと思いますので、この繋がりを大事にしていただければと思います。

進路のこと

今後の進路の事で悩んだ時に、相談できる相手として家族が一番になるかと思いますが、家族と意見が食い違った時に、真摯に相談に乗ってくれるのはいとこになるのではないでしょうか?

家族が心配しているからこそ、こういう風にしてほしいと思っているんだ、など、家族と近いいとこの目線からのアドバイスなども聞けるかもしれませんし、いとこが知っている事実などを踏まえた上でアドバイスをしてくれる場合などもあります。

距離が近い、いとこという存在だからこそ行ってくれる場合などもあるかと思います。

なので、しっかりと普段からいとこと距離を縮めておけば、こういう難しい悩みなども解決してくれる場合などがあります。

いとこからの目線、家族からの目線、両方を合わせて持っているいとこという特別な存在だからこそなせる事になるのではないでしょうか?

恋愛のこと

恋愛の事でもそうですが、家族にはなかなか相談しづらいような悩みがある事もあるのは事実です。

もちろん親友であったる、友達などに相談しても良いかもしれませんが、いとこに相談するという事もひとつの良い行いになるのではないでしょうか?

相談するという事は、相手の意見を聞きたい、こちらの意見に迷いがある場合などが多いかと思います。

友達の意見も大事ですが、本当にあなたの事を大事に思ってくれている家族であるならば、しっかりとあなたにとって良い選択をしてほしいと思って真剣に考えてくれるはずです。

だからこそ、いとことの距離を大事にして普段からの付き合いなどを考えておくことが大事になるのではないでしょうか?

様々な面で助けになってくれるいとこという存在はあなたにとっても大きいものになるはずですよ。

友達感覚で遊べる

友達感覚で遊んだりできるという事もいとこと付き合うメリットになるのではないでしょうか。

距離がちかければ、一緒にどこかに遊びに連れて行ってもらったり、様々な体験ができる事もひとつのメリットです。

ドライブに連れて行ってもらったり、旅行などに連れて行ってもらったりすることができる場合などもあるかと思います。

家族でありながら、友達のような感覚で付き合う事も出来るかと思いますので、非常に気楽になんでも話せる友達としてなりうることもできるのではないでしょうか?

大切な親友ができたという感覚にもなるかと思いますし、この距離感を大事にしてみてはいかがですか?

深いつながりを得る事が出来る存在として、特別な存在になりうる可能性を秘めているかと思いますよ。

いとことのおすすめの付き合い方

いとことの使い方に関して、深く考えた事がある方はあまりいないかと思いますが、これまでにご紹介してきたメリットであったり、それ以前に人とのつながりという面で見た時に、やはり大事にしたい関係になるのではないでしょうか?

いとこという特別な存在は大事にしていただきたいですし、末永く続いていただきたい関係にもなるかと思います。

上手な付き合い方がわからないという方も中にはいるでしょうから、今回はいとことの付き合い方についてご紹介していきたいと思います。

これからご紹介する付き合い方、そして現状を踏まえた上でご紹介していきたいと思います。

付き合い方がわからないという方は参考にしてみてくださいね。

仲が良いならそれでOK

すでに今の状況で仲良しだという事であれば、特に問題はないのではないでしょうか。

普段から親密な付き合いがある場合には、今の関係を維持する事を考えておけば問題はないですし、これからも大切な関係であるという事を認識した上で現状維持をつとめてください。

仲が良いという事は、何かしら距離感を縮めるために行ってきた事であったり、もともと家同士の関係が良好である場合などもあるかと思いますので、今までどうして仲良かったのかという事をしっかりと理解してこれからもそれを怠らないようにしておく事が大事であるといえるのではないでしょうか?

今の関係を大切に

これまで通り、大切に付き合っていくという事を大事にすれば、関係が悪くなったり、拒絶されてしまうような事はなくなるでしょう。

なので、今まで通り、接する事が大事になるのではないでしょうか。

仲良くしておけば、頼りになりますし、家族の繋がり、いとこのつながりがより一層深いものになるかと思います。

仲良くしてもらっているのは、非常にありがたい事なんだという事を常に意識して、親しき中にも礼儀ありという事を忘れずに、大切に思い続けてください。

きっとあなたのその気持ちが相手にも伝わっている場合なども多く、まるで自分の家族のように感じてくれている場合などもあるかと思います。

この付き合いを大事にして、今後も繋がりを意識してくださいね。

付き合いが面倒なら…

ただ、中にはあまり深く付き合うのは少し面倒に感じるという方も中にはいらっしゃるでしょう。

そういった方が存在するのも悲しいですが、無理はいえないです。

そういう場合には適度に付き合っていく必要がありますし、最初は難しいかもしれませんが、上手な付き合い方を行う必要があると言えるでしょう。

嫌いではないけど、そこまで深くかかわるのは面倒だし、頻繁に会えない状況にあるというのであれば、上手な付き合い方を自分自身で模索してみてください。

そうする事で、いざという時に助けてくれる関係はありつつも、そこまで深いりしないような関係で、良い距離感で付き合っていけるはずです。

適度な距離を保つ

適度な距離を保つという事は難しいかもしれませんが、おそらくこの交流の仕方を行っている方が、存在する部類としては一番多いのではないでしょうか?

恐らく、大多数の方がそこまで親密にしている状況ではなくて、会ったら話したりはもちろんするけど、そこまでプライベートでかかわったりなどはしていない状況などが多かったりするかと思います。

なので、この距離感を大事にしてみてはいかがでしょうか?

恐らくお盆や年末などで集まったりなどはしている状況かと思いますので、こういった繋がりなどは大事にして、それ以外の面ではそこまで連絡しなくても問題はないはずです。

いざという時に集まって、団結できるくらいのつながりがあれば、そこまで大きな問題になる事もないですし、困った事にもならないかと思いますよ。

連絡先くらいは知っておく

相手の連絡先くらいは知っておくことが大事になるといえるでしょう。

相手の連絡先も知らないという場合はかなり疎遠になってしまう場合などもあるかと思いますが、連絡先を知っておけば、いざという時に連絡もとれますし、電話などで相談なども出来るようになります。

自分が困った時に相談できる状況を作っておけば、困った時に助けてくれる可能性は高いです。

だからこそ、普段から密接な関係は築いておくべきですし、あまり距離をとりすぎると助けてくれない場合などもあるかと思います。

ただ、頻繁に連絡するにはちょっと難しいという場合には、時々でいいので、連絡したり、毎回のイベントの際には出席するなどの工夫が必要になるのではないでしょうか?

親戚付き合いでは交流を

親戚付き合いをしっかりと行っていれば、先ほどご紹介した通り、冠婚葬祭などで家族が集まった時に助け合ったりも自然と出来るかと思います。

なかなか集まれない場合などもたくさん状況としてはあるかと思いますので、だからこそ普段集まれる場合には、しっかりと集まってコミュニケーションを取っておくことが大事になるのではないでしょうか?

もちろんなかなか会えない状況にあるのであれば、それはしょうがない事なのです。

そこを無理にでも会いにいくというのは難しいのは相手も知っていますし、そんな状況だからこそ交流できる時にたくさん交流してくれる事が大事なのです。

相手もそれを理解して、関わってくれるのを嬉しいと感じているかと思いますので、普段から相手の立場に立ってコミュニケーションを取っておく事をお勧め致します。

お互い嫌い同士なら…

ただ、中にはお互いに嫌いだと思っている場合などもあるかもしれません。

これは自分自身がというよりは、親同士が嫌っている場合などもあるのかもしれません。

そうなった時には自然と会う機会がなくなってしまうので、子どもからすると相手に対して嫌いという感情よりかは、会った事もないので他人というような感じがするかもしれませんね。

ただ、中には自分自身が嫌いになっている場合などもあるでしょう。

そう考えた時に上手な付き合い方はどういった方法があるのでしょうか?

なかなか難しいかもしれませんが、付き合い方を明白にしておく事は大事ですし、問題に巻き込まれないようにするには大事な事にもなる場合があります。

この点を理解した上で、対応方法などは考えておくことが大事であるといえるのではないでしょうか?

無理に関わる必要はない

あなたにも今までの人生で嫌いだと思った人は何人かいるのではないでしょうか?

あなたは嫌いだと思った人に対してどのように接していますか?

おそらく、当たり障りのない対応だったり、そもそも関わらないようにしている場合などが多かったのではないでしょうか?

なので、嫌いなのであれば、無理にかかわる必要などもないのです。

しっかりと拒絶しておけば、相手もこちらに対して何かを言ってくる事も少なくなるでしょうし、上手付き合い方の一つになるのではないでしょうか?

無理にかかわった事で、問題が発展してしまう場合などもありますし、面倒な事に巻き込まれてしまう事にもつながりかねません。

注意して関わり方を考えておいてください。

嫌味や悪口を言われたら無視

もしも相手から嫌味であったり、悪口などを言われた場合についての対処法なども考えて多く必要があります。

なかなか面と向かって言われる事は少ないかと思いますが、もしもこんな状況になってしまった場合には相手に対して攻撃的になったりはする事は必要ないです。

無視をするのが一番であり、変に相手に対して攻撃的になった所で、刺激してしまうだけになります。

なのでしっかりと相手に対して冷静に無視をする事が大事です。

相手に対して悪口をいっても問題が解決することがないですし、悪化してひどい状況になる場合などもあります。

なので、あらかじめこういう風に対応するという事を決めておけば急に言われたとしてもあせらないで、パニックになったりもしないです。

親戚付き合いでは大人な対応を

親戚付き合いは、他人と違って、少し特殊な関係にもなるかと思います。

だからこそ、普段から冷静な対応が求められる場合なども多くあり、厄介な事になってしまったら、家族全員が嫌な思いをしてしまう場合などもあります。

悪質な場合には、本当に面倒な事になってしまう場合などもありますので、普段からしっかりと注意しておくことが大事であるといえるのではないでしょうか?

冷静に対応を行う事を大事にしてくださいね。

いとことの付き合い方を考えてみよう

いかがでしたでしょうか?

今回はいとこに関してご紹介していきました。

いとことの関係が疎遠になっている人もいれば、密接な関係になっている人もいるでしょう。

自分自身がどうこうという事ではなく、様々な要因で距離感が違っている場合なども多くあるかと思いますので、付き合い方であったり、これからの関係についてもしっかりと考えておく事が大事になるのではにないでしょうか。

いとこは特別な存在です。

だからこそ、可能ならばよい関係を築いておきたいものですよね。

これまでに付き合い方などを考えた事がなかったという方は、いとことの付き合いの方法、大事さなどを今一度感じて頂きたいと思います。

今回ご紹介した様々な方法であったり、関係性などを冷静に分析して、自分にとってもプラスになる方向で行動したり、考えを変えてみてくださいね。