子供の頃には誰かに書いてもらっていた書類仕事というのが、大人になるとだんだんと増えてきますよね。

仕事で各所類なら何となく書き方を教えてもらうこともできますが、自分のプライベートで必要な書類や、役所に提出しなければ行けない書類などは、誰からも記入の方法を教えてもらうことができずに、恥をかいたという経験をしたことがある人もいるかもしれません。

そんな書類ですが、一番困るのはどこの欄でしょうか。

自分の個人情報はきちんと欠けるという方が多いでしょう。

これらは生きていいく上では何度も各必要がありますから、今更誰に教えてもらうことがなくとも理解できているはずです。

一方で、大人になって種類に向き合うようになってからでなければ、出会うことのない場所というものもあるでしょう。

その中でも特に頻繁に目にすることがあるのは、家族構成の欄なのではないでしょうか。

自分の家族構成というものを考えたときに、間違えずに正しいフォーマットで書くことができるという自信はありますでしょうか。

ここでは、正しい家族構成の書き方などについてご紹介します。

履歴書だけではなく、クレジットカードの申請などのときには絶対に必要になる情報ですから、これを機に、正しい書き方に着いて学んでみることにしましょう。

️家族構成の書き方理解してますか?

 家族構成の書き方というのは、知っているようで知らない人がとても多いものです。

自分についての個人情報ならいくらでも書くことができますが、自分の家族についての情報というと、途端にどのように書けば良いのかということに着いて悩んでしまうという人も珍しくはないでしょう。

自分の情報というのはそう滅多に変わるものではありませんが、家族の情報というと、結婚や家を出ただけで少し変わってくることもありますし、いつも世帯主の欄などで悩んでしまうという人は少なからずいます。

きちんと自分のマナーとして覚えておかなければいけないということは分かっていても、そう簡単に勉強できないのが嫌なところですね。

いつも書くときに迷って、今度こそ正しい方法を調べておこうと思いつつ忘れているのではないでしょうか。

忘れた頃に書かなければいけない機会がくるというのが、家族構成を書くときの厄介なところですよね。

履歴書や申請などで見かける家族構成


 家族構成を書かなければいけないようなところというのは、どこにあるのでしょうか。

家族構成を書く欄がある正式な書類というと、やはり履歴書などが考えられるのではないでしょうか。

もしくは、何らかの申請書などのときにも必要になるはずです。

履歴書というのは就職の際に使われるものもそうですし、バイトの申し込みの際にも必要になることがある可能性もあります。

申請書といっても多くの種類がありますが、クレジットカードなどの審査はもちろんのこと、ときには、ほかのメンバーズカードの申し込みのときなどにも、家族構成を書かなければいけないようなところがあるかもしれませんね。

どちらにしても、正式な書類では正式に家族の情報を書かなければいけないことがありますから、その正式な方法を知っているかどうかというところが、家族構成を価格時にとても迷ってしまうところです。

就活や転職などでも必要になる

 この家族構成というのは、修勝や転職の際などにも必要になることがあります。

それは履歴書を書いて出すのですから、当たり前ですよね。

家で書くことができるときには何の問題もありませんが、その場で書類に記入してもらうということがないとも限りません。

そんなときに、家族構成の正しい書き方を知らないと大変なことになるのではないでしょうか。

もちろん、そんな場面はなかなかありませんが、就職活動のときや転職活動のときに全く家族構成を聞かれないということはありません。

年齢によっては、それまで育ってきた環境というのを既に出てしまっていて、自分の家族構成が実は今までとは違うというケースもあるでしょう。

家庭を持っている人はその情報を記さなければいけませんし、一人暮らししているときにも、書き方が少し異なってきますよね。

そのため、一度就職活動のときに内容とフォーマットを覚えてしまったから、後の人生では何も困ることがないと言うことはあり得ないでしょう。

大人のマナーとして間違いはNG


 家族構成の欄で世帯主のところなど間違いそうになるポイントはたくさんあります。

それは、若い人なら誰でもそうなのではないでしょうか。

家族構成の欄の書くことについて、つい、スマホで調べてから書いてしまうというケースもあるでしょう。

ですが、それでは大人のマナーとしてはできているとは言えません。

その場ですらすらと書くこともできないようでは、これからの人生でも困ることがありますよね。

また、調べて書いてしまうことはもちろんですが、さらに、そこから間違いが見つかったというと、とても恥ずかしいことになるのではないでしょうか。

良い年齢の大人が出した履歴書に間違いが見つかるというのは、本来なら絶対にあり得ないことですよね。

若いうちに恥は書いてしまった方が良いというのはいわれていますが、履歴書の家族構成欄のことで笑われるようなことは、人生の中ではあまり必要がないことなのではないでしょうか。

採用に響くケースもある

 家族構成の欄に限らず、提出しなければいけない大切な書類でマナー知らずなところが見受けられると、採用に響くということもあり得るでしょう。

確かに、小さなミスなら見逃してもらえるかもしれません。

採用係は書類の中身のチェックマシーンではありませんので、誰もが間違えてしまうようなところでの間違いくらいは、それほど着にないというところはあるでしょう。

ですが、それ以外の大きなミスはやはり、減点の対象となってしまいます。

あまりにもひどい間違いをしているケースを見たときには「たくさん同じような人が来る中で面白い人だ」という印象を持ってもらうことはできるかもしれませんが、それ以上のことは思われません。

「できれば普通に使うことができる人が来てほしい」というのは、企業としては当たり前の話ですよね。

そのため、あまりにもマナーを知らないような書き方をしている人の書類は、それだけで採用が厳しくなってしまう可能性があります。

家族構成の欄も含めて、正しく書くことができて当たり前の場所を見つけたら、すぐに直しておいた方が良いでしょう。

また、どうしても分からないようなら、すぐに調べた方が良いでしょう。

家族構成の正しい書き方を覚えよう

 ここでは、家族構成の正しい書き方につい手を細かくご紹介します。

今更、調べ直す必要もないと思っている方も、ぜひ一度は目を通してみてください。

これからもずっと必要になる情報の場所ではありますが、実は自分は間違って書いてしまっているということもあるかもしれません。

知らずに常識だと思って今まで書いてきたということがある方が、恥ずかしいものですよね。

きちんと家族構成の書き方を覚えて、将来何かがあったときにも、もしくは、何か申請書を出さなければいけないような時が来たときにも、きちんと家族構成の正しい書き方で提出することができるようにしておきましょう。

家族構成の正しい書き方を覚えることができれば、そもそも種類仕事に欠けていた時間が少し減るので、書類仕事も少しは面倒くさいところが減ってよいのではないでしょうか。

️家族構成の書き方

 まずは、家族構成の基本的な書き方に着いてご紹介します。

基本的な書き方さえ知っていれば、後はそのときに自分の情報を書くだけなので簡単ですよね。

家族構成の欄には何を書き入れれば宵の樫地が出ていることがほとんどです。

下記に上げるすべてを書く必要がないこともありますので、その種類によって、自分の書かなければいけないことを選択して柔軟に対応してあげるようにしてください。

家族構成の書き方は一度覚えてしまえば難しいことはないですから、最初だけ注意して書いてあげると良いと思います。

基本は同居している家族を書く

 基本的に加須高校生として書かなければいけないのは、同居している家族です。

家族と言っても血のつながりがある範囲を必ずしも書かなければいけない訳ではなく、基本的には自分が同居している家族のみということになりますね。

そのため、じきによって家族の単位はかなり変わってくるのではないでしょうか。

また、同居しているかどうか、結婚しているかどうかでも変わってきますので、自分が今暮らしている家族が誰であるのかということについ手をかいて行けば問題ありません。

別居しているという相手のことまで書く必要はありませんので、親兄弟が違うところで暮らしているという場合には注意してくださいね。

1番上に世帯主を書く

 家族構成の欄で一番上に書かなければ行けないのは、世帯主です。

誰が世帯主であるのかということに関しては、それこそ、自分の家族に聞いてみなければいけないこともあるでしょう。

大抵は父親がその役目を担っていますが、現在では女性もその役目になることがありますから、親元を離れていない方はぜひ、親に聞いてみてください。

基本的には一番上に世帯主ですから、一番上に書く人の年齢が一番多角にあるという必要はありません。

親と同居しているような人の場合には悩むかもしれませんが、最初に書くのは迷いなく世帯主ということで間違っていないので大丈夫ですよ。

【世帯主とは誰になるのかわからないときは、こちらの記事もチェック!】

年齢順に書いていく

 一番上に世帯主の情報を書いたのなら、その後には年齢順に名前を書いて行くことにしましょう。

これに関しても一緒に暮らしている相手のみということになりますので、勢いで家を既に出ている兄弟を書く必要はありません。

特に、相手が結婚しているような場合には別の家庭という扱いになりますから、家族の欄に各必要がなくなります。

年齢順のときに気をつけなければいけないのは、夫の次ぎにくるのが必ずしも妻ではないということです。

夫が世帯主であり、どちらかの親がそれに同居しているような場合には、順番が入れ替わりますので注意してください。

続柄についてを書く

 家族の名前を書いた後には、必ずその続柄も書かなければいけないのが面倒くさいところですね。

自分とのつながりがどのようなものであるのかということを、明確に書くことにしましょう。

このときに気をつけるべきことは、自分から見た相手の続柄を書くということです。

自分から見て相手が母親であるのなら、「母」というか来方をすることになります。

「娘」や「息子」ではないので気をつけてください。

例えば、世帯主が父の場合であっても、父親から見た続柄を書く必要はありません。

必ず、書類を提出する自分から見たつながりを欠くようにして、ごちゃごちゃにならないように気をつけてくださいね。

年齢欄を埋める

 続柄を埋めた後には、年齢欄もきちんと埋める必要がありますね。

年齢欄や生年月日の欄には間違いなく、正しい数字を入れることにしましょう。

ここで実は、家族の年齢や誕生日を知らなかったということになる可能性もあります。

お年寄りの場合には、自分の正確な年齢を覚えていないということもありますので、きちんと保険証などを見て生年月日から計算するようにしてください。

年齢欄をきちんと埋めるというのは、家族構成の欄を埋めるルールが分かっていたとしても苦労することがあります。

一緒に住んでいながらあまり普段は関わらない家族のメンバーの誕生日というのは、何かにメモをするなどして把握しておいた方が良いかもしれませんね。

世帯主が自分で一人暮らしなら不要

 そもそも家族構成の欄を埋めなくても良いというケースもあります。

これが、独身で一人暮らしをしているというケースです。

実家に帰れば家族は暮らしているかもしれませんが、世帯主が自分であるのなら、そもそも家族欄を埋める必要がありません。

とっくに実家を出ているのに、なぜか習慣で家族欄を埋めてしまう人もいますが、家族欄というのは必ずしも埋めなければいけないようなものではありませんので、その場合には空欄にしておいて大丈夫です。

もちろん、結婚すると話は別になりますから、その場合には再びきちんと書いて埋めなければいけません。

恋人と同棲しているような場合には、家族欄という扱いにはなりませんので、この場合にも書く必要はありません。

住民票が実家にあるなら必要

 独身で一人暮らしの場合には各必要がないというのは、上記の項でご説明しました。

ですが、時には家族欄を埋める必要があるケースもありますので、その場合能古とをこちらでご説明します。

まず、上記の家族欄の必要のないケースというのは、自分が世帯主であるという場合のみです。

自分が世帯主でないのなら、必ず家族欄は書かなければいけません。

この場合というのは、住民票を移しているときということですね。

住民票を既に一人暮らしの住居に移しているのなら、家族欄を書かなくても良いのです。

逆に、ほかに家族が暮らしている家に住民票を置いたままなのだとすれば、そのときには、家族欄に実家に暮らしている人の名前を書く必要があります。

家族欄に関しては自分の血族という意味ではなく、住民票が同じところにあるかどうかということが大切になります。

その時々によって家族のくくりが変わるはずなので、自分が暮らしている状態が正しく欠けるようにしておかなければいけません。

️家族構成を書くときの注意点

 ここでは家族構成を書くときの注意点につい手をいくつかのべます。

もちろん知っているよという方は良いですが、意外と知らないという方もいるかもしれませんので、軽く目を通しておいてください。

常識はずれの家族構成欄になってしまわないように、一度書いてからもきちんと、自分の書いている内容がマナーにそったものであるのかということについては、きちんとチェックしておいた方が良いのではないでしょうか。

丁寧に楷書で書く 

 絶対に気をつけなければいけないのは、丁寧に楷書で書くということなのではないでしょうか。

楷書で書いておかなければ、提出しても読んでもらうことができない可能性がありますよね。

しっかりと楷書で書いていることで、相手にも読みやすい履歴書というものができます。

特に家族欄の場合には、何かを調べながら書いているということがありますので、雑な字になってしまっている可能性もあります。

ほかの部分が丁寧であったとしても、そこの部分だけ「調べながら書きました」というような筆跡になってしまっていては、激しく浮いてしまうでしょうから、しっかりと丁寧に清書するようにしてください。

大切な情報はきちんとほかの紙に書き取ってから、書き写すようにすると良いでしょう。

履歴書全体にも言えること

 もちろん、楷書で丁寧に書くというのは履歴書全体に言えることです。

履歴書を書くようなときには、相手への心証を考えなければいけません。

できる限り読みやすい文字で丁寧に書いているときの方が、履歴書を見たときに気持ちよくなってもらうことができますよね。

また、丁寧な人柄だという印象を漬けることもできます。

家族欄のところだけが浮いているようなことがあるのなら「何があった」と思われかねないですし、「分からなくて調べて書いたのだろう」ということがばれてしまいます。

履歴書全体を見て、まるでパソコンで打ったかのように綺麗な状態になっていることが望ましいので、できる限り綺麗に頑張って書くようにしましょう。

フォーマットに従って書く

 履歴書のような正式な書類というのは、きちんとフォーマットに従って書いているということも大切なポイントとなります。

フォーマットに従って書くこともできないような人のことを、きちんと組織の中で使って行ける人間だと判断してくれるはずがありませんよね。

履歴書のフォーマットはそこの会社に酔って異なるところもあるかもしれません。

ですが、全体を見てきちんと書くべきところに必要な情報を入れていれば、そうそう情報が漏れてしまうということはないでしょう。

履歴書というのは白紙ではありませんから、欄からはみ出さないように、そこで要求されている情報を書けば間違うことはありません。

家族欄も同じで、どこに何を書けば良いのかということは指示されているはずですから、安心してフォーマットに従って情報を書くようにしましょう。

続柄の書き方に気をつける

 続柄の書き方には気をつけなければいけません。

自分から見た相手の続柄を書くということは、上述の通りです。

ここでは、ほかにも気をつけなければいけない続柄の書き方に着いてご紹介します。

間違って書かないように注意してください。

お父さんではなく「父」

 まず、続柄を書く際には、一番固い呼び名で書くようにしましょう。

これは社会の中に出ると当たり前の話です。

お父さんと普段読んでいるような人であったとしても、続柄のところにはきちんと父と書くようにしてください。

普段の呼び方というのは関係ないですし、日本人が広く一般的に読んでいる「お父さん」は父に対するただの呼び名にすぎません。

きちんと社会の中で通用するような形で続柄を書くようにしてください。

もちろんパパなどその他の呼び名もNG

 お父さんがダメなのですから、もちろん、パパなどの呼び方も絶対にやめましょう。

普段の会話の中で上司に対して「うちのパパが」というのも赤面ものなのですから、正式な書類の中では許されるはずがありません。

必ず、父、母、と固い呼び名で統一するようにしてください。

ここの欄にパパというような呼び名が書いてあったような場合、企業としてはその人間を採用しようという気はなくなるでしょう。

そのようなふざけたことをしていても合格するのは、アニメや漫画の中だけでの話です。

兄弟などは「兄」「妹」でOK

 兄弟のことを同格か迷う方もいるかもしれませんが、兄弟のことは簡潔に兄や妹などで大丈夫です。

それ以上の呼び方はありませんから、そのように簡潔に書くようにしてください。

ただし、きちんと年齢の順に書くことは忘れないでくださいね。

また、兄弟などと書かずに、どちらが兄でどちらが弟なのか分かるように書くことも大切です。

双子の兄弟などの場合には、どちらが先に生まれたのかによって、兄か姉かということが決まりますので、こういった基準で書くようにすると良いでしょう。

自分のことは「本人」

 家族欄の構成のところには自分の名前も書かなければいけないことがあります。

このときには、自分のことを「本人」と書いておきましょう。

特に、世帯主が自分の場合には、世帯主のところに「本人」と記しておく必要があります。

自分の情報の場合には何度も同じことを書く必要はありませんので、きちんと本人であるということを示しとくことが必要です。

続柄の部分も空欄にすることはなく、自分であるというこ戸を書き記しておきましょう。

自分の子どもは「子」で統一

 子供を書きたいときには、「子」で統一してしまって大丈夫です。

欄を見ていればどちらが分かりますので、息子や娘などの呼び方をする必要はありません。

子供であるというこのみを情報として入れておけばかまいません。

時折、息子也娘と書いている人もいますが、厳密にはこれは間違いで「子」という表現で書いていることが一番正しいですね。

義理の関係の場合

 続柄を書くときに面倒くさいことになってしまうのは、義理の関係の場合ですよね。

結婚相手の父親の場合などには義父と書くのが正しいのではないでしょうか。

同居している場合にはこうした関係性も書くことになりますので、それが一番正しいはずです。

最も悩むのは、用紙などをとっている場合ではないでしょうか。

養子の種類に酔っても若干異なってくる場合がありますから、どの世運関係性と呼べるのかについては、きちんと確認しておく必要があるでしょう。

最も、それほど固い申請書でなければ、子供という書き方をしても問題はないはずです。

ですが、役所に提出しなければ行けないような書類であったり、就職のときや転職のときなど、正式な書類が必要になってくる場合には、自分と家族との関係性をきちんと書いておいてください。

遠方の家族は書かなくても良い

 遠方にすんでいる家族の場合には、書かなくても良いというルールがあります。

あまりにも実家が離れてしまっており、住民票の手続きがまだできていないようなときには、各必要があるのかということについて、提出先に相談してみた方が良いかもしれません。

例えば、4月から住民票を移す予定であり、実家が遠方で、提出書類が3月の場合には少し悩んでしまいますよね。

あまりにも遠方という場合にはルールが異なることもありますので、一度確認してみた方が良いでしょう。

書く場合は「別居」などと記入

 上記のような事情の場合には、別居などと記しておくという手段もありますね。

住民票では実家で家族が暮らしているのだが、それとは一緒に暮らしていないという意味での別居という書き方をするのです。

世帯の数え方の問題で人事の人などの仕事が複雑になる可能性もありますので、不安に思っている方は、一度提出しなければいけない書類の提出先に問い合わせてみてください。

どのような情報を先方が必要としているのかによって、必要とされる情報が異なってきます。

相手方にそった情報を書くことが一番必要となるはずですので、書く場合には特別ガキで別居と書いても良いですが、そうした欄外の使い方を好まない人もいますので、書き方のれいを参考にしつつ、分からないところはきちんと確認をとるようにしてください。

️家族構成の書き方を覚えておいて損はない

 ここまで家族構成の書き方をご紹介してきましたが、大体理解することができましたでしょうか。

家族構成の欄というのは、それなりに書く機会があるはずなのに、どうしてか忘れてしまうものですよね。

家族構成の欄の書き方は覚えておいて損をするものではありません。

忘れないようにきちんと書けるようにしてくださいね。

様々なシチュエーションで求められる

 家族構成の欄を書くことは、様々なシチュエーションの中で求められるものです。

主には就職活動の中などで使われますが、申請書に書く必要があるときもありますし、保険などでも使うことがよくありますよね。

普段はあまり家族の単位など気にしていないかもしれませんが、忘れてしまったタイミングで必要になるのがこれらの情報なのです。

家族の生年月日や年齢などもメモしておくと楽

 上記でもご説明しましたが、家族の生年月日や年齢などは意外と忘れてしまうのです。

きちんと誕生日は覚えていても、生まれ年についての情報は分からないという方もいるのではないでしょうか。

特に、早生まれの人を家族に持っている場合には、その人の年齢や学年、それから生まれ年というのが一気にごちゃごちゃしてきてしまうでしょう。

そう言ったときのために、きちんとメモを取っておくことがおすすめです。

いちいち自分の生まれ年を確認される家族も困るはずですから、一度聞いたことを忘れないように、メモとしておいておきましょう。

必要なことがあれば、そこから必要な情報を割り出すことができるようにしておくと、公式の書類を作る際にも混乱しなくてすむようになりますよ。

大人としてのマナーや常識をきちんと覚えて!

 いかがでしたか?
 家族構成の書き方というのは難しいところもたくさんありますよね。

家族構成がどのようになっているのかに着いてはきちんと把握していたとしても、世帯主について聞かれていつも頭を悩ませるということがあるのではないでしょうか。

特に、一人暮らしの学生の場合などは、扶養されているという事実と、一人暮らしで住民票を移して世帯主になっているという事実が何となく矛盾しているように思えて、そこの欄がなかなか埋まらないということにもなるのではないでしょうか。

家族欄に限らず、きちんと公式の書類を作ることができるのかというところについては、大人としての当たり前のマナーとなります。

これは誰から教えられるものではありませんので、きちんと分からないときに調べて分かるようにしておかなければいけません。

家族構成の書き方というのは、小さなことすぎていちいち調べてしまっていたかもしれませんが、きちんと頭に入っていることが望ましいところですよね。

自分が恥をかかないように、きちんと必要なことはすらすらと書くことができるようにしておきましょう。