息子に彼女ができたと聞いて、素直に喜べないあなたは、息子の彼女と良い関係ができない可能性があります。

また、息子の彼女に複雑な気持ちでいる場合、母親の心理とはどのような心理が考えられるのでしょうか…?

こちらの記事では、そんな息子に彼女ができたことで、複雑な気持ちになってしまう母親の気持ちや、考え方などを細かく紐解いていきたいと思います。

また、息子の彼女に複雑な気持ちになってしまう母親の立場から、息子の彼女に対してどのように接していくことがベストなのかを考えていきましょう。

息子の彼女に対し、露骨にあなたの気持ちを表現してしまうことで、息子との関係が悪くなってしまうかもしれませんよね。

そんな大事な息子と関係をこじらしてしまわないように、気をつけていきたいものです。

息子に彼女ができた!母親の心境は?

息子に彼女ができたと言う報告を聞いた場合、母親の心境はどのような気持ちになるのでしょうか?

「思春期なんだから、当たり前。」と、案外あっさりした考えの母親も多いことでしょう。

しかし、一方で「どんな彼女を連れてくるのかが心配…。」、また「息子の彼女とうまくやっていけるのか心配。」など、母親は複雑な心境に立たされることでしょう。

このように、息子に彼女ができたことは、きちんと成長の段階で認められる行為ではありますが、息子の彼女と仲良くやっていけるのか不安に感じたり、仲良くやっていけるのかが気になる様子も伺えます。

そんな息子に彼女ができたことを複雑な気持ちになる母親のために、さらに詳しく母親の思いを読み解いていきましょう。

息子に彼女ができたときの母親の想い

では、ここからは具体的に息子に彼女ができたときの母親の思いについて細かく分析していきたいと思います。

ここでの気持ちを改めて感じ直すことで、息子への深い愛や思いが浮き彫りになってくることでしょう。

とにかく気持ちを落ち着かせ、まずは自分の内面と向き合っていくことから始めていきましょう。

嬉しい!

息子に彼女ができたことで、素直に「嬉しい」と思う母親がほとんどではないでしょうか。

嬉しく感じない母親であれば息子を溺愛しすぎているのか、息子のことをとられた気持ちになっているのかもしれません。

しかし、男性が大人になる過程で、普通に恋愛し女性のことを好きになる過程は普通のことなのです。

息子に彼女ができた事は立派に成長している証拠でもあるので、ほとんどの母親は息子が成長したことに、非常に喜びと嬉しさを感じるのではないでしょうか。

どんな人か気になる


やっぱりどんな彼女とお付き合いをしているのか気になりますよね。

母親であれば、息子が選ぶ彼女をもちろん受け入れてあげたい気持ちはあります。

ですが、自分と気の合わない彼女を連れてきたり、ご近所さんに見られて恥ずかしいような格好の彼女だったら…。

なんて気持ちになっていませんか?

また、どのような女の子を選ぶかにより、息子のセンスやどんな子がタイプなるのか気になるのも母親の心理でしょう。

ちょっと嫉妬・・・

かわいい彼女や、自分には「クソババア」などと言いつつ、しっかり好きな子の事は見ている姿に、ちょっぴりやきもちをやいてしまうこともあるかもしれません。

小さい頃は、ちっちゃな恋人のように自分の後をついてきて、甘えてくる姿がとてもかわいかったはずです。

しかし、思春期や成長期を迎えるたびにどんどん母親に対して、距離を置かれるようになったことで、少し母親としても寂しい気持ちになっていることは間違いありません。

そんな息子が照れながら彼女を紹介してくる姿に、ちょっと嫉妬してしまう母親も多いようですね。

息子の彼女と仲良くするポイント13個

では、息子の彼女と仲良くするポイントをいくつかあげていきます。

彼女と仲の良い関係を築ければ、息子だって安心できますよね。

良い印象を与えられるように、これから紹介するポイントを意識してみてくださいね。

1.事前に息子にどんな子か聞いておく

事前に息子に彼女はどんな子なのかを聞いておきましょう。

事前にわかっていれば、あなたも対応しやすくなりますよね。

歳はいくつなのか、どんな見た目なのか、ざっくりした性格など、大まかなことは聞いておいた方が安心できます。

家に招待する場合、甘いものは好きか、苦手なものはないかなどを聞いておけば、ちょっとしたお菓子を用意しておくこともできます。

しかし、なかなか息子が彼女の話をしたがらない場合、無理に聞く必要はありません。

さりげなく聞ける範囲で良いので、事前に確認しておきましょう。

2.笑顔で挨拶をする

彼女にはじめて会う時は、必ず笑顔で挨拶するように心掛けましょう。

彼女も緊張していますし、母親だってドキドキしているはずです。

お互いに緊張のあまり無表情…なんてことにならないように、笑顔を忘れないようにしましょう。

第一印象が笑顔なら、「優しくて明るいお母さんなんだろうな」と思い、彼女も安心できますよね。

お互いに気持ちよくいられるようにしましょう。

3.受け入れてあげる

どんなに彼女の第一印象が悪くても、とにかく受け入れてあげましょう。

もしかしたら挨拶もできないくらい緊張しているかもしれませんし、派手な見た目でも実はとても良い子かもしれません。

母親が受け入れてあげることで、彼女も本来の姿を徐々に見せれるようになるはずです。

息子の彼女だからといって嫉妬してしまう人も、一旦受け入れてあげることが大切です。

4.話しやすい環境を作る

息子や息子の彼女も含め、みんなが話しやすい環境を作ってあげましょう。

息子の彼女が全く話をできない状況では、仲間外れと同じです。

さらに、家族にしかわからない身内ネタをベラベラ喋ることもやめておきましょう。

身内ネタを話すときは、必ず彼女も交えて話に参加できるように、話を振ってあげることも大切です。

このように、話しやすい環境をきちんと母親が作ってあげることで、彼女も安心して過ごすことができますよね。

5.名前で呼んであげる

初対面でどのように息子の彼女を呼んだらいいのか迷いますよね。

そういう時は、下の名前で呼んであげましょう。

「○○ちゃん」でも良いですし、息子があだ名で呼んでいるのなら同じくあだ名で呼んであげてもいいかもしれません。

そうすれば、彼女も親しみやすい印象を持ちますし、自分を受け入れてくれたのだと安心することができます。

6.フランクに接する

お互いにガチガチに緊張してしまわないように、ある程度フランクに接することも大切です。

しかし、あまりにもフランクに接しすぎると、馴れ馴れしい態度や、ずうずうしい態度になられる可能性があります。

ある程度線引きをしながら、固い空気にならないようにしてあげるようにしましょう。

母親なので敬語は使わず、相手にも話しやすい雰囲気を作ってあげましょう。

7.第一印象が良くなくても大人な対応を

たとえ息子の彼女の第一印象が良くなくても、態度には出さず、大人な対応をしましょう。

こちらまで不機嫌になったり、イライラしたりしたら場の雰囲気が悪くなってしまいます。

ここは母親だということを忘れずに、大人な対応で乗り切りましょう。

それに、あくまでも息子の彼女です。

息子が選んだ彼女ならきっと良いところがあるはずです。

第一印象がすべてではありませんよね。

初対面では仲良くなれなかったとしても、これから付き合っていく中で、少しづつ距離を縮めていれば良いでしょう。

8.ちょっとオシャレを意識する

素敵な母親だと思われるように、息子の彼女が来る時はちょっとおしゃれを意識して迎えてあげましょう。

フォーマルな格好より、親しみの持てるカジュアルファッションがおすすめです。

母親の年代に応じたトレンドを盛り込めば、より素敵なお母さんという印象になりますよね。

また、メイクは気合いを入れて濃くなりすぎないように、ナチュラル目にしておきましょう。

9.事前にネタを用意する

事前にネタを用意しておくことで、楽しいお母さんという印象になるかもしれません。

息子をいじるネタではなく、息子たちの世代に見合ったネタを用意しておくことが大切です。

息子が席を外した時に2人きりになっても困らないように、何か質問を用意しておくのもいいかもしれませんね。

ただ、2人の交際について根掘り葉掘り聞かないように注意しましょう。

10.一緒に食事をしてみよう

何回か会うことができたら、一緒に食事をしてみてはいかがでしょうか?

家に遊びにきたときに、「今晩うちで食べていかない?」などと誘ってみるのもいいかもしれませんね。

一緒に食事をすることで、彼女と他愛もない話ができたり、食べ物の好き嫌いについても知ることができます。

もし息子が今の彼女と将来結婚を考えているのなら、食事をすることで父親や兄弟など、母親以外の家族とも仲良くなることができます。

彼女も最初は緊張するかもしれませんが、だんだんと慣れてきて、一緒に食事を作ったり、片付けを手伝ったりしてくれるかもしれません。

そうなれば、一段と距離も縮まりますね。

11.息子に彼女の文句は言わない

息子に対して彼女の文句は絶対に言わないようにしておきましょう。

息子が好きになり、選んだ彼女なのです。

それをあなたが文句を言うことで否定されたと感じてしまいますし、もう会わせたくないと思ってしまうでしょう。

また、母親のことを敵視するようになるかもしれません。

あなたは冗談のつもりで言ったことでも、彼女に文句を言われたと感じられることで、息子は彼女と母親がうまくやっていけないと錯覚してしまうことも考えられます。

そうなれば、ただ息子を不安にさせてしまうだけになってしまいます。

もし印象が良くなくても、息子の彼女の文句は絶対に言わない方が良いでしょう。

12.私情は挟まない

私情を挟むことで、その場の雰囲気が悪くなってしまいます。

息子の彼女に対する嫉妬心や、あなたの勝手な思い込みや気持ちだけで下手な振る舞いをしてしまうことで、息子を傷つけるだけでなく彼女と息子の仲が悪くなってしまうかもしれません、

私情を挟む事は、決して大人の対応とは言えません。

大人の対応できる人は、絶対に私情を挟みません。

また、いい母親と思われたいのであれば、どんな息子の彼女であっても、きちんとした対応をしてあげることが何より大切なのです。

あなたの気持ちばかりを抑えきれず、息子や彼女に出してしまうことで、非常に幼い母親に感じられてしまうでしょう。

13.優しく接する

優しく息子の彼女に接することで余裕のある女性の姿に見える事でしょう。

息子の彼女も、なんとか彼氏のお母さんに嫉妬されないように、仲良くやっていきたいと思う気持ちが強いものです。

そのため、彼氏のお母さんから優しく接してもらえる事で、息子の彼女も、彼氏のお母さんから受け入れられたと感じます。

母親に好かれる彼女はこんな子!


では、母親に好かれる彼女とはどんな女の子なのでしょうか?

こちらのコーナーでは、そんな母親に好かれる彼女のポイントについてお伝えしていきます。

親近感がもてる子

「親近感が持てる」と、「馴れ馴れしい」、「ずうずうしい事」は全く別物です。

親近感が持てる事とは、自分と似たような姿や、なぜか一緒にいて違和感がない姿等を言うのかもしれません。

親近感が持てることで、彼氏の母親もそんな彼女のことを娘のように感じ、優しく接してくれるでしょう。

しかし、親しき仲にも礼儀ありは大切です。

案外息子の母親はそのようなところをきちんと見ています。

親近感が持てると言う事は、ある程度の線引きも大切なのかもしれません。

母の日にプレゼントを贈る

母の日にプレゼントを贈る彼女は、気の利いた彼女かもしれません。

「まだ、息子と結婚したわけじゃないから母の日にプレゼントをもらうなんて…。」と、思う母親もいるかもしれません。

しかし、逆を言えば母のように大事に思っているからこそプレゼントを贈りたい気持ちになることも考えられるのです。

プレゼントは息子と彼女からということにすれば良いでしょう。

そんな大げさなものではなく、ちょっとしたものをあげると喜んでくれると思います。

【母のプレゼントにおすすめなアイテムは、こちらの記事もチェック!】

息子の彼女に嫉妬しちゃ駄目!しっかり受け入れること

息子の彼女は、あくまでも息子の彼女です。

嫉妬する対象ではありません。

きちんと受け入れてあげることが、息子のためであり、またあなたのためにもなります。

最初は戸惑うかもしれませんが、徐々に仲良くなっていけると良いですね。