社会人になって、大人になり、様々な経験をして一人前の社会人になると、考えだすのが、パートナーが存在している場合は結婚の二文字が頭の中をよぎる事が多いかと思います。

結婚をするという事が、大部分の方はこどもを作るかどうかという事も考えだすかと思います。

子どもが出来ると、今までの生活環境は一変して、大変な時期を迎える場合もありますし、当然子どもによる出費などもかさんで、ある程度準備しておかなければ厳しい生活になることも予想されます。

なので、ある程度覚悟して子どもを作る必要がありますし、相応の準備が必要になる事も容易に考えられます。

しかしながら、実際は子どもを作ろうと思っていなくても子どもが出来てしまう事も当然存在します。

作る予定はなかったにしろ、出来てしまった事は取り返しがつかない事なので、責任を持って育てる必要があります。

中には、ある程度の貯蓄がない状態で出来てしまったり、親になるという覚悟が伴っていない状況で子どもが出来てしまう事もあるので、とても難しい問題だといえます。

世のなかにはたくさんの親が存在しますが、中には親になるには一般的には早いと言われるような、若い年代の親も存在します。

今回はそんな若いママをテーマにして、若いママにありがちズレている事についてご紹介します。

若ママとは?

具体的に、若いママというと、年齢などはどれくらいの年齢だと若いママに該当するのか定義が難しいかといえます。

年齢で判断するのか、それとも見た目で判断するのか、定義がない分区分が難しいか事に繋がるのですが、一般的には10代や20代が比較的若いママであると区分される年齢になるといえます。

10代〜20代前半で出産したママ

10代から20代前半で妊娠して、出産したママはいわゆる若いママだと区分できます。

元々、初産の平均年齢を把握していない方も多いかと思いますので、ご紹介すると平均初産年齢は30.6歳だといわれています。

旦那さんによるのかもしれませんが、ある程度社会人として落ち着いてきて、なおかつ子どもを育てる貯蓄なども余裕が出たしてから、子どもを作られる方が多いといえます。

なので、年齢が30歳に近くなるといえます。

さらに、女性の年齢によっては子どもが出来にくくなってしまうという事も判明しており、ある程度早い段階で子どもを産むという事を考えている方が多いのも関係しているかといえます。

例えば、女性の年齢が35歳を超えてしまうと妊娠がしにくくなってしまうという事もいわれているので、あまり年齢を重ねた以降に子作りを行いたくないという意見も多いのが現実です。

なので、養育資金に関係する面や妊娠のしやすさなどを考慮すれば、やはり30歳という年齢が適齢になるといえます。

しかしながら、最近は女性の社会進出という事もあり、たくさんの女性が会社で勤務している状況などもあるので、昔と比べると初産の年齢が上がってきているという事も多く存在しています。

近年若ママが増えている

女性の初産年齢が上がっているという事実はあるものの昔に比べて若いママが増えていることも事実です。

実際にあなたの周りでも若い女性が結婚して妊娠をしたことを機に仕事を辞めると言うケースも多々存在していると思います。

先ほどもお伝えした通りあまり年齢が上がってしまうと妊娠がしにくくなってしまうという問題や流産がしやすくなってしまうという問題なのもあるので早い段階で子供を作っておきたいと考える女性が多いのも関係していると言えます。

しかしながらそれと同時に若いママは経験が少なく、 まだ親になる自覚が足りていないと思われているケースも多く存在しているので、若いママに対して良い印象を持っていない人が多いのも事実です。

若ママのイメージ

若いママが増えているということで若いママに対して周りの人が持っている印象についてもご紹介していきたいと思います。

あなたが若いママを見た時にそのままに対してどういうイメージを持ちますか?

若いママを見た時に持つイメージは千差万別存在しており、憧れの印象を持つ方もいれば頼りないと想像される方もいますし、頑張って欲しいと応援したい気持ちを持っている方もたくさん存在します。

そんなたくさんの意見がある中で若いママに対してのイメージで多く寄せられるイメージを簡単にご紹介していきたいと思います。

できちゃった結婚

若いママに持つイメージとして多いのは、できちゃった結婚をしたのかな?というイメージだと思います。

どんなに子供が早く欲しいと思っている人でも当然子供を育てるのにある程度の貯蓄は必要ですしある程度の収入がなければ生活がこんなになるので考えて子供を作る必要があるといえます。

子育てを行うにしても母親が拘束されてしまうので、共働きを行うことができなくなってしまいますし、母親が働けなくなった分収入が減ってしまうのは事実だと言えるからです。

その反対にパートナーである夫がある程度高い収入を得ている場合であれば、特に問題はないと言えますが、収入は年齢に比較して多くなる部分が多いので、若い女性であればパートナーは若い男性である場合が多く、比例して収入も低い状態が多いので、やはり収入面を考えると若くして結婚している方は計画的に子供を作ったと言うよりかは、できちゃった結婚をしてしまったのかなというイメージを持ってしまうことにつながります。

できちゃった結婚が悪いというわけではありませんがどうしても考えて子供を作ったとは考えにくいので、様々なことに対して計画的な行動を行えない人であるという評価を受けてしまう場合が多いです。

計画的に行動を行えないということはバーたりな行動を行ってしまう人なのかなというイメージも繋がってしまい、良い印象よりかは悪い印象が強く相手に与えてしまうことは存在すると言えます。

子どもが子どもを育てている

若いママに対して持つイメージとして若いママ自体が大人になりきれておらず、親としての自覚が足りないという印象を持っているので、子供が子供を育てているというような印象を持つ方も多いと言えます。

必死に子供を育てている人からするとバカにされている様に感じるかもしれませんが、 どうしても世間の評価と言うのはそのようなものになります。

実際にその人に対して理解を示して様々な話などをしたことがある人はその人の良さであったり真剣な思いなどを感じてそのような印象を持つことはないと言えますが、どうしても人間は見た目で判断してしまう場合が多いのです。

そして、話したことがない人間に対しては外見の印象でしか判断できないので若いママはまだまだ子供というイメージを持ってしまい、良い印象を持ってもらえない場合が多いと言えます。

しかしながら人間はもともと無知である様々なことを知って様々な経験をして大人になっていき、一人前の人間になっていきます。

最初から何でもできるような人間はなかなか存在しませんし多くの型がたくさんの失敗を経て成功を収めています。

若いママだから子供であるというような固定概念はあまり持つべきではないと言えます。

もちろん実際に若いママのモラルのなさであったり、子供のことを考えていないような行動を見てしまったりすると、そのような印象を持ってしまうかもしれませんが、若い方でも必死に子育てを頑張っている人はいますし、年齢は関係なくその人の人間性が一番大事であると言えます。

なので固定概念をもって相手を判断するのではなく相手がどういう人間性を持っているのかという事をきちんと確かめた上で相手を判断することが大事だと言えます。

子どもをおもちゃにしている

若いママに対するイメージとして子供をおもちゃにしているというようなイメージを持っている方も存在します。

具体的にどういうことかと言いますと、若いママは当然ながら考えることや行動などがある程度の経験をしてきた大人に比べて少し幼稚な部分が存在する場合があります。

例えば一つの例として自分の子供ができたとして子供に対して奇抜な髪型や服装をさせたりあるいは子供にメールをさせたりとか子供のファッション性を高めるために若いママはおこなっていたとしても、周りから見てみると子供おもちゃの様にして楽しんでいるというような印象を持たれてしまいがちです。

もちろん若いママの全員が全員そのような事しているとは言えませんが、実際に若いママが子供に対して過剰なまでに外見を意識させる様な行動を強制的にとっている面を見るとおもちゃにしているというような印象を持たれてしまっています。

子供の内から外見に気を遣わせて、かっこいい人間になれるように応援している姿は気持ちの部分では理解できたとしても、実際に周りから見ると周りの子供と少し印象が変わってくるので、接しづらかったり、子供自身が楽しんでいないのでは?という様に感じる部分もあるので、子供のことを思っているのであればそういうことをしない方が良いのではないかという意見もたくさん存在しているのが事実です。

子どもが本当に望んでいるのであれば、問題ないかもしれませんが、あまり早い段階でお知るべき事でもない事だともいえるので、子どもがどうしたいのかという事を第一に考えて行動する事が大事であるといえます。

だらしない

若いママに対するイメージとしてだらしないというイメージを持っている方が多いです。

先ほどお伝えした通り、どうしても若いママは精神的にも若い方が多いので、 親である自覚を持たないまま結果的に親になってしまっている場合が多いです。

例えば一つの例として子供に対してしつけを行うことが大事なのですが、若いママは社会的な経験もなければ、教育的な概念も清須である場合が多く存在しており、子供に対するしつけなどもついつい甘くなってしまいがちです。

なので当然ながら子供に対する甘えがしつけにも表れて、子供が自分勝手であったりわがままに育ってしまっている場合が多いです。

若いママの子供が自分勝手な行動をとっているのを見ると若いママの教育がだらしないから子供もだらしなく育ってしまっているというような印象にもつながってしまいますし、若いママの言葉遣いがのでも若者言葉を使ってる様な一面を見た時には、一人前の大人であり親である認識がまだまだ暑いのでだらしないというイメージを持たれてしまうことも多いと言えます。

世の中にはたくさんの人がいるので若いママと言うだけで相手の人間性を見ずにだらしないと決めつけるような人の存在します。

相手のことを知らないのに一方的に決めつけるのは悪い例ですが、それに比例して若いママもだらしない一面をもってしまっている面が多く存在することも事実だと言えます。

シンママが多い

若いママに対するイメージとしてシングルマザーが多いというイメージにも繋がっています。

シングルマザーとは母親が一人で子供を育てている意味合いを持つ言葉ですが、実際に若いママのシングルマザーの比率は高く存在しており、このような印象を持ってしまわれがちだと言えます。

理由のひとつとしては、ある程度の社会的な経験を経て、今後の事をたくさん考えた上で結婚をして子供を作っている夫婦はある程度将来のことを考えて行動をしています。

なので、多少の壁があっても困難を乗り越えて一緒に協力することができる絆を持っている場合が多いのですが、若い夫婦に関してはまだまだ精神的に子供の部分が存在したり、どうしても考え方がどこか幼稚である場合も見受けられるので、困難にあたってしまった時に乗り越えられずに、最終的に喧嘩別れをしてしまって1人で子供を育てていくというような事も多く存在するからです。

もちろん若い夫婦でもしっかりと責任や覚悟を持って結婚している人もいれば、ある程度の年齢でシングルマザーをしている方も多く存在します。

しかしながら世の中の目線として考えるとどうしても若いママに対してきつく考えられてしまう風潮が存在しており、ある程度の年齢でシングルマザーをしていると大変だね頑張っているねという印象の違いがあるのも事実です。

若いママは周りからの目線で少し辛い思いをしたり大変な思いをしてしまうかもしれませんが、結局は自分の考え方次第や行動で大きく周りからの評価も変えることが出来ますし、たくさんの人から好かれようとは思わずに、自分が信頼している人だけに評価してもらえればそれで良いと言う考え方も時には大事だと言えます。

行事(運動会など)で活躍している

若いママに対するイメージとして行事ことなどで活躍している人という印象を持つ方も多いです。

人によっては若いママは子供に興味を持たずほっぽり出している方が多いという印象を持っている方もいますが、子供が頑張っている姿を写真に撮ったり応援したりしている姿が多く見られるのも事実です。

ある程度の年齢に達しているとあまり過剰なまでの愛情を注ぐ印象よりも、ある程度距離感を持って子どもと接している方も多いですが、 若いママは過剰なまでに自分の子供愛していたり子供との距離感がかなり近く愛情表現をオーバーリアクションで行ったりする方々も多く存在しています。

なので子供が頑張っている姿を見せる行事ごとなどに関しても子供のことを一番に考えて応援している若いママもたくさん存在しています。

なので若いママに対しては行事ごとなどに積極的に活躍をしているというイメージを持たれやすいとも言えます。

若ママのズレていること6選

ここまでは若いママに対する世間のイメージをご紹介していきました。

ここからは若いママが行う、ずれている行動に対してご紹介していきます。

先ほどもお伝えした通り若いママは年齢が若い事により社会的な経験が少なかったり、考え方などが精神的にまだ幼い部分が存在しているので、 一般的なママからの目線からすると少しずれていると勘違いされるような行動をとる場合が存在します。

本人からするとそこまで意識していないようなことでもママの目線から行くと大きくずれており、悪い印象を与えてしまう様な行動である場合が存在します。

もしも自分自身が若い年齢でママをしているのであれば自分が行っていることは本当に正しいことなのかどうか考えなおすかけにしてみてください。

1.子どもにキラキラネームをつける

若いママの何ている行動の1つとして子供に対してキラキラネームをつけるということが挙げられます。

キラキラネームという言葉が分からない方もいらっしゃるかもしれませんがキラキラネームとは一般的な常識から著しく外れているとされている名前のことを指し示している言葉です。

似ているインターネットスラング用語の中にDQNネームなどが存在しています。

2010年代に話題になった言葉であり、 奇抜な名前であったり無理やり漢字の当て字で正気をしている様なものが多く存在しておりまるでアニメやゲームなどに存在されるような名前をつけられていることをさせています。

具体的にどういう名前がキラキラネームであるかと言われると、 例えば心に人という漢字をつかって心人ではーと、皇帝と書いてしいざあ、奏夢でりずむ、希星できてぃなど、 完全なる当て字で名前を付けている場合や連想させる様な感じを使って全く読み方などを無視して付けられている名前などが存在しています。

確かにと昔の名前で多かった太郎とかのり子などの名前は若干古い名前である印象を持たれるかもしれません。

最近の名前はある程度かっこよかったり、少し独特な名前である場合が多いのは事実ですが、あからさまに違和感を感じるような名前を付けている場合などは周りからも違和感を感じられるような状況になっています。

もちろんキラキラネームが悪いと言うことではありませんが、子供のことを真剣に考えるのであればあまり奇抜な名前よりかは、親しみを込めて呼ばれるような名前を助けてあげる方が適切であるとは言えます。

一見読めない

キラキラネームに関してはいっけん漢字を見ただけでは全く読めないような言葉が多いです。

先ほど例に挙げたキラキラネームに関してもおそらく一目見ただけで読み方が分かる方はなかなかいないと思います。

読めないという事も少し問題に感じる部分はありますが、助けられた子供のことを考えた時に子供が将来周りに対してどういう風に思われるのかということを考慮して考えることが大事であると言えます。

例えばあなたの職場の上司を想像してみてください。

まるっきり見た目がおじさんくさい上司でも名前がはーと、 という名前を持っていた場合どう思いますか?
その人自身が周りに対して恥ずかしい思いをしますし、それだけで周りからよく思われなかったり、時にはいじめられてしまう理由になってしまう可能性もあるといえます。

もちろん名前に正しいも間違いもないのですがどうしても人間である以上、珍しいものに関しては特異な目で見てしまう傾向があるので、生まれたばかりの子どもが可愛くても将来のことを冷静に考えた上で名前を付けてあげないと子供の為にならないということも考えることが大事であるといえます。

【キラキラネームについては、こちらの記事もチェック!】

2.ミニスカートを履いている

若いママのずれている行動の一つにミニスカートを履いているということが挙げられます。

若いママはまだまだ年齢的にも幼い部分があるので、 若い形であればファッションなど流行にも敏感であり、まだまだおしゃれをしたり遊んだりしたいと思う年頃である場合が多いです。

もちろん時々ハメをはずしたり思いっきり遊びたいと思うのは人間であれば当然の心理です悪いことではありませんが子供を授かって親になるということを考えた時に、それ相応の行動などが求められると言えます。

遊びたい気持ちももちろん理解できますがまずは何より子供のことを考えて行動することが大事であり、自分のことよりも子供を優先させることが出来なければ適切な子育ては行えないと言えます。

自分のことを中心に考えるていると周りからもまだまだ幼いと有用な目線で見られて自分自身に悪い影響が及んでしまう可能性もあるので、普段の行動や言動などは気をつけて行うことが大事だと言えます。

子どもと遊ぶことより自分の見た目を重視

そもそもミニスカートを履くことがどうして悪いのかと考える人もいるかもしれませんが、子供と一緒に遊ぶことを考えるとミニスカートを履いたりしていると行動にも制限が出てしまいますし周りの目線を気にしてしまうことにもつながります。

子供と一緒に遊ぶ適切な服装はミニスカートではなく動きやすい格好であることが基本的に必要になります。

少し考えれば適切な格好などは想像がつくかもしれませんがミニスカートなどを履いて着飾っている人は子供と遊ぶことよりも自分の見た目を重視している考えが服装に現れているといえます。

ですので、ミニスカートに関してはただの一例であり、ミニスカートを履いている人がそれ以外の部分でも子供の事よりも自分のことを重視して考えている傾向が絶対に現れるので、周りから見るとずれていると思われる行動につながってしまいます。

3.ヒールの高い靴を履いている

若いママの中には高いヒールを履いて行動している人も見受けられますが、こちらも先ほどのミニスカートと同じように自分のことを考えてしまっている表れになります。

確かに高いヒールを履けばスタイルが良く見えますし、ファッションに敏感な女性の中では自分を着飾る上で大事なひとつの要因になると言えますが、 子供の母親としての自覚が足りないと周りから思われてしまう理由の一つになります。

自分の見た目やファッションを気にするよりもその服装して子供に影響が出るか出ないかということを考えることが一番大事なことです。

高いヒールを履くことによって当然ながら歩いているとバランスが取りづらくなってしまうので、バランスを崩してこけてしまう可能性なども考えられます。

子供を抱っこしているときにもしこけてしまったと言うことを想定すると高いヒールを履くと言うことは到底考えられない行動になり、結果としてずれていると周りから思われてもしょうがない事に繋がってしまうので、注意が必要だといえます。

抱っこしているときにこけないかヒヤヒヤ

子供を抱っこするということは重いものを抱えることと同じであり、特に子供は予想しない動きをすることも存在するので高いヒールを履いている時に学校をしているとバランスを崩してしまう可能性が存在するので、子供の世話をする時にヒールを履くことが適切ではありません。

また子供が予期しない行動を行って何かにぶつかりそうになったりとか事故を起こしそうになった時にすぐに走って子供を抱きかかえることがしづらい格好にもなるので総合的な面で考えると適切な格好でもありませんし意識が足りないと思われてしまう要因につながります。

なので、旦那さんと一緒にいる時は旦那さんに子どもを任せて。

自分はファッションを楽しんだりするなど、時と場合を考えて楽しんでもいい日、楽しむのを我慢する日を自分の中で区切りをつけて行動することが必要な考え方だと言えます。

4.大きめのピアスを付けている

若いママのずれている行動の1つとして大きめのピアスをつけていることが挙げられます。

大きめのピアスを付けて着飾っている人も若いママには多く存在しますが大きめのピアスをつけている状態で子供を抱っこしたりしていると、危険です。

子供がピアスを引っ張って怪我をしてしまうこともありますし、誤って状況によっては子供がピアスを飲み込んでしまうことも考えられますし、ピアスの形状によっては子供に当たってしまった時に怪我をしてしまう様な事も想像つきます。

若い年齢であるからこそファッションを楽しみたいと言う気持ちはしょうがない気持ちですが、時と場合を考えてファッションを楽しむようにしないと周りからは冷ややかな目線で見られてしまうこともありますし、子どもの事を考えて格好などを考える必要があるといえます。

おしゃれをしたい時には子供を十分に任せられる相手がいる状態で行うべきであり、子供の事をまずは一番に考える親としての目線で物事を判断できる精神が必要であるといえます。

5.子どもにブランドの服ばかり着せている

若いママのずれている行動の1つとして子供にブランドの服を着せているということが挙げられます。

可愛い子供には良いものを与えてあげたいと考えるのは人の親であれば当然の考え方ですが、 物にも限度があります。

いくら子供が可愛いからといって子供にブランドの服を着せるなどは ただの自己満足であり周りから見ればずれている行動だと思われてしまいます。

そもそもブランドの服を着るというのは、おしゃれを楽しんでいる人が取る行動であり、子どもに着せるために行う事ではありません。

もちろんブランドもので子供向けの服が販売されているので、購入される人も多いかもしれませんが、時と場合があります。

お金に余裕があって、使い道などを指図される覚えはないと思う人もいるかもしれませんが
、世間一般で見ると、やはり特異な目で見られてしまうのが現実です。

そもそも子供は動き回って遊んだりして成長していくので、動き回るうちに転んだりして服に泥がつくような事もありますし、 ある意味行動して失敗をしていくうちに危険なことを察知する能力を身につけていくとも言えます。

なので、子どもにブランド服を着せる意味はそこまでありませんし、子ども自身もブランド服を理解してきているとは言えがたいのです。

周りのママからすると子供を着せ替え人形の様にして自己満足で楽しんでいる親であるという印象を持たれてしまいますので、状況などを考えて子供に着せる服も選んであげることが大事だと言えます。

6.いつもスマホを触っている

若いママのずれているコードの1つとして常にスマートフォンをいじっていることが挙げられます。

昔と比べて今はスマホがたくさん普及しており、若い方はスマホを常に持っていないと不安を覚えてしまうこと生活の中に浸透している状況です。

若い方の中には常にスマホを触っていないと落ち着かないという方も存在しているほど、ある意味依存してしまってる状況になりますが、 それは若いママも同じであれば多いです。

しかしながら人の親として責任を持つ以上はスマホをいじる時間があればしっかりと子供のことを考えて子供のお世話をしてあげる必要があります。

特にずれていると見受けられる状況の中には、子供が一人で遊んでいるのに母親はスマホをいじって何もしてあげない状況が見受けられる場合があります。

スマホをいじってる暇があれば子供と一緒に遊んであげることが大事です子供が遊んでいる中で不注意などで怪我をしてしまう可能性もあるので、スマホをいじっているといざという時に発見が遅れて助けてあげるのも遅くなる可能性が生まれます。

子供のことを一番に考えていれば、すぐに理解出来る事です。

まずは人の親になるという責任の重さを理解して子供のことを一番に考えてあげる思考を持つことが大事であると言えます。

まとめ

今回は若いママの定義、そして若いママが世間から持たれている印象、 そして若いママのずれている行動についてご紹介しました。

若いママは比較的世間からは良い目で見られない場合が多く、苦労をされる方も多く存在しているといえます。

自分の時間を楽しみたいのに子供に時間を費やされて不満に思っていながらも誰にも相談することができないで悩んでいる方も多くいると思います。

しかしながら、命を授かって子供の親となるということは簡単なことではありません。

どんな時でも子供のことを考えて、子供のために行動することが求められるので時には甘えは許されない状況にもなります。

しかし親になったら何もかも制限されるというわけではありません。

今の状況を楽しみつつ時には自分を解放して楽しめるように自分の時間を工夫して作ることでメリハリをつけた生活を行うことで、自分の楽しみを見つけ子供の幸せのために行動することができます。

最初は苦労ばかりで何事もうまくいかないかもしれませんが人間は最初から何もかもうまくいくわけではありません。

失敗の経験をして失敗しないように努力して改善していくことで成長することにもつながります。

一番大事なのは周りからの見られ方で若く自分がどういう気持ちを持って親として行動するのか、子供のことを一番に思いやることができるかどうかということが大切であると言えます。

自分が普段取っている行動を改めて考え直して、少しでも子供のために何かできることはないかということを考えてみてください。