子供は何よりも大切な存在です。

自分のことを犠牲にしてでも守ってあげたいと誰もが思っている事でしょう。

ですが、子育てはきれいごとでは済みません。

どんなに可愛く手塩にかけて育てた子供だとしても、時にはすべてを投げ出したくなるようなときがあるのです。

世間は、まだまだ母親に対する理想であふれています。

どんな愚痴も「母親なんだから」といわれてしまえばどうする事も出来ない事もあります。

確かに母親は、子供にとって絶対的な存在です。

だからこそ『母親』として子供を育てる義務があります。

何を犠牲にしても子育てをする事が当たり前だと思われているのです。

けれど、母親である前に一人の人間であることには違いありません。

だからこそ、いくら理想で自分をごまかそうと思っても気持地を制御する事が出来ないときだってあるのです。

不満が大きくなればなるほど、爆発する危険も大きくなり最終的には『母親をやめたい』と思ってしまう事もあります。

『母親をやめたい』この言葉だけを聞けば、なんて無責任な人なんだと批判される事でしょう。

母親として間違っていると怒られることも容易に想像が付きます。

けれど、批判をしたからと言って現状が変わるわけではありません。

その言葉だけに意識を向けるのではなく、その言葉に至るまでの気持ちを考え、その気持ちに寄り添ってあげることも必要なことなのではないでしょうか。

自分がもし『母親をやめたい』と思ってしまった場合、人によっては自分自身を責める人もいるかもしれません。

こんな事を思ってしまい、最低だと思うかもしれません。

ですが、あまり自分を責める必要はありません。

誰しもが同じ立場に立つ可能性があるのですから。

母親をやめたいと言っている人がいたら、批判するだけではなくその気持ちに寄り添ってあげてください。

その為にも、そう思ってしまう理由を知ることも相手を理解するうえではとても重要なこととなります。

今回は『母親をやめたい』と思ってしまう原因について詳しくご紹介させていただきたいと思います。

母親をやめたい…いろいろと大変ですよね

母親という存在は、経験によってつくられていくものなのです。

だからこそ、いくら子供が生まれたからと言って簡単に母親になる事が出来るわけではありません。

いろいろな経験をする事によって、だんだんと『母親』とう存在になる事が出来るようになるのです。

ですが、世間ではそれを待ってはくれません。

子供が生まれた瞬間から『母親』として完璧な行動を求められてしまういます。

それが自分の技量以上のことを求められてしまう事もあり、理想と現実との差で苦しむこともあるでしょう。

いきなり母親を辞めたいと思う人はいないはずです。

きっといろいろな経緯があり、心の中で様々なストレスがたまっていくことによって結果的に母親を辞めたいと思ってしまうのでしょう。

どんなに幸せな状況にあったとしても『母親』という存在の大変差には変わりありません。

ある日突然母親となり、それによって多くの責任がのしかかってくれば大きなストレスを感じてしまう事だってあるでしょう。

いっぱいっぱいになることもおかしな事ではありません。

この母親の苦労は、結局のところ母親本人にしかわからない部分なのかもしれません。

だからこそ、理解をなかなか得られないことも多くモヤモヤが心の中に蓄積してくのです。

母親をやめたい…と思ってしまう8個の瞬間!

どんなに高い理想を持って母親になったとしても、自分が思う完璧な母親にはそう簡単になる事が出来るものではありません。

たとえ自分がどんなに努力したとしても、子育ては思ったようにはいきません。

たとえ赤ちゃんだとしても、違う人格を自分の思った通りに動かすなどそもそも不可能な事なのですから。

だからこそ、その現実と理想の間で悩み苦しむ人も多くいます。

その悩みが深くなればなるほど、結果的に母親を辞めたいと思ってしまうのかもしれません。

母親を経験したことが無い人や、周りの人からすれば母親をやめたいなどという発言を問題視する方も居るかもしれません。

ですが、実はどの母親も一度や二度は必ずそのように思った事があるはずです。

ここからは、どんな瞬間に思ったのかという瞬間についてご紹介させていただきます。

今までなかなか理解される事が少なかった、母親をやめたいと思ってしまうような気持ちもその原因を知る事によって多少わかってもらえる事もあるかもしれません。

1.毎日の家事に疲れたとき

『母親』としての仕事に休みはありません。

毎日24時間体制でずっと働いていなければなりません。

最近では家事や育児だけではなく、仕事をしている人も珍しい事ではなく毎日時間に追われて過ごしているという人も多々います。

いくら必死に家事をしたところで、翌日には同じ家事が待っています。

やってもやっても、家事は終わりがありません。

やらなければやらなかっただけ、これからの自分が困るだけです。

だからこそ、やらざるを得ないのです。

そんな日々に疲れるなという方が無理な話です。

日々激務が続けば辞めたい思ったとしても不思議ではありません。

どんなブラック会社も、育児や家事には勝てません。

毎日24時間無休で働くことなどふつうはあり得ないのですから。

にも拘わらず、誰もが当たり前のようにそれをこなしてしまっています。

だからこそ、結果的にそんな毎日に疲れてしまい『母親をやめたい』と思ってしまうのです。

2.子供に暴言を吐かれたとき

子供は成長し、いつか親の手を離れ一人で歩いていくようになります。

そうする事が正しい事であり、子供の人生を考えれば間違いなく必要な成長です。

けれど、その成長は親にとってうれしい反面少々さみしいと思ってしまう事もあります。

成長する過程の中で、反抗期を迎える人もいるかもしれません。

その中で、時には必要以上に親に強く出てしまうということもあるでしょう。

もしかしたら暴言を吐かれてしまう事だってあるかもしれません。

赤ちゃんの頃から毎日毎日必死になって育ててきた子供に暴言を吐かれてしまったらどう思うでしょうか。

きっと絶望を感じてしまうのではないでしょうか。

それがきっかけとなり母親をやめたいと思ってしまうこともあります。

子育ては努力したからと言って感謝されるものでは無いのでしょう。

けれど、そうは言っても何も感謝されないばかりか暴言を吐かれるような事があれば、悲しい気持ちになるのは当たり前です。

母親と言えども人間なのですから。

3.ママ友との付き合いに疲れたとき

子供が産まれると、世界はぐっと広くなります。

それによって良い事もあれば面倒な事に巻き込まれてしまう事もあるでしょう。

たとえば『ママ友』との付き合いもその一つです。

ママ友とは、ママ同士のつながりの人の事を指します。

つまりは、自分自身の友達ではないのです。

自分の友達であれば、合わないと思った時には離れることも出来るでしょう。

関係を解消することだってそう難しい事ではありません。

けれど、ママ友の場合はそうもいきません。

たとえ自分がその人のことを好きではないとしても、子供がその人の子供と仲が良ければ拘わらなければならないこともあります。

そればかりか、一緒に出かけたりしなければいけないことだってあるかもしれないのです。

ママ友の中にはいろいろな人がいる事でしょう。

中には全く話が合わないような人だっているかもしれません。

もっとひどい時には嫌がらせをしてきたり陰口を言われるようなことだってあるかもしれないのです。

そんな毎日が続く事によって、結果的にママでいる事に疲れてしまう事もあるでしょう。

幼いころは、子供とだけかかわっていけばよかった育児も、年齢を重ねる事によってかかわる人の数もどんどん多くなっていきます。

それが結果的にストレスになったり問題を誘発させるような事につながってしまう恐れもあるのです。

だからこそ、そのせいでママを辞めたいと思う事もあります。

意思を強く持つ事が出来る人は、周りの意見など気にする必要はないと言い切ってしまうでしょう。

けれど、自分だけではなく子供までかかわっているとなると、もしもの事を考えてなかなか行動することが出来なくなってしまうものなのです。

4.何をしても子供が言うことをきかないとき

子供は親の所有物ではありません。

だからこそ、自分がこうなって欲しいという理想を持って子育てをしてきたとしても、それが素直に反映されるかどうかはわかりません。

自分とは全く違った考え方を持つようになるかもしれません。

それも成長の一つとして受け入れていくべきなのでしょう。

けれど、その自我が形成されるまでは親子としての衝突は避けては通れないものなのかもしれません。

例えば、何か問題が発生しお母さんが怒ったとしてもそれを素直に受け入れる子供はどれくらいいるのでしょうか。

もちろん、なんでも素直に話を聞き自分の悪いところを反省することが出来るような子もいる事でしょう。

しかしそれは実に珍しいタイプです。

きっと大半の子供がつい親に反抗した態度をとったりいうことを聞かないなどの行動にでてしまうかもしれません。

大事に育ててきた子供であっても、全く自分のいうことを聞かずやりたい放題に生活している姿を見ると、つい腹もたつものです。

自分の気持ちをわかってくれない子供に対して悲し気持ちになってしまう事もあるでしょう。

そんな生活が継続していけば、次第に話をする事すら嫌だと思い、結果的に母親を辞めたいと思うようになってしまうのかもしれません。

子供がいうことを聞かない事など当たり前のことです。

すべてを素直に受け入れ、何も自己主張しない子供の方が心配になってしまうものです。

けれど、毎日面倒を見ている母親からすれば、それが例えあり得ないといわれてしまったとしても出来るだけ自分の話を聞いてほしいと思うものなのでしょう。

5.子供が泣き止んでくれないとき


赤ちゃんは泣くのが仕事だとよく言われます。

これは、それだけ赤ちゃんはよく泣くという事なのです。

話をすることも、自分で動くことも出来ない新生児も思ったことをうまく伝える事が出来ない幼児も、結局誰もが泣くのです。

それだけ『泣く』という行為は子供にとって重要なコミュニケーションの一つなのでしょう。

けれど、そうは言っても毎日毎日泣かれていてはママの心が疲れてしまうのも無理はありません。

子供の泣き声は甲高く、声も大変大きなものです。

だからこそ、その声を間近で聞いていると、イライラした気持ちが出てしまうのも無理はないでしょう。

母親なのだから、泣き止ませればいいと思う方も居ますが、母親は魔法使いではありません。

意味も分からず泣き続ける子供や理不尽な主張によって泣いている子供をそう簡単に泣き止ませることなどできないのです。

一度泣き出すと、場合によっては1時間も2時間もグズグズしていることもあります。

そんな状態が続けば、その場から思わず逃げ出したいなんて思ってしまう事もあるでしょう。

それが結果的に母親をやめたいという気持ちにつながるのです。

子育てを一人でしている人にとっては、そんな毎日の積み重ねが大きなストレスとなります。

そのせいで自分の子供をかわいいと思う事が出来なくなってしまうことは、誰よりも母親本人が一番悲しいと思っています。

にも拘わらず、それについて責められるようなことがあれば、より一層心は荒んでしまうはずです。

6.夫が協力してくれないとき


子供は本来、夫婦二人のものです。

だからこそ、母親だけが育児をしなければならない理由は一つもありません。

協力してやっていくことが当たり前のはずです。

けれど、今の日本ではまだまだ子育ては母親がする事が当たり前だと思われているケースがほとんどです。

もちろん、パパも何もしていないわけではないのでしょう。

家族が暮らせるために仕事をし、お金を稼いできているのかもしれません。

けれど、仕事をするよりも育児をするほうがずっと大変です。

会話の伝わらない相手の理不尽な要求を24時間休みなしで受け入れ続けなければならないのですから。

それはどんなにブラックな会社よりも明らかに労働基準を逸脱しています。

どんなに可愛い子供でも、そんな日々が毎日続けば心は疲れ切ってしまいます。

そんな時に頼る事が出来る人がいるかどうかによってその人の負担は変わってくる事でしょう。

最近では、共働きの家庭も多くなってきました。

だからこそ、家事や育児だけではなく仕事もしているママも多くいます。

そんな中で仕事しかしない夫だったらどうでしょうか。

ママのストレスが大きくなるんばかりです。

そんな時に、子育てにでも文句を言われるような事があれば、我慢は爆発してしまうでしょう。

子供を置いて出ていきたいとさえ思ってしまうかも知れません。

子育てを母親がする事は当たり前のことではありません。

手伝う事は当たり前のことですが、もし本当に手伝う事が出来ないのであればせめて感謝の気持ちを相手に伝わるように持つ事が大切です。

7.寝不足で疲れがとれないとき

まだ幼い子供は、昼と夜の区別がつきません。

だからこそ、夜寝るという大人からすると当たり前の事が出来ない時期があります。

その時期は、時間に関係なく起きてしまい泣いたり遊んだりを繰り返します。

機嫌よく遊んでくれるのであればまだ問題はありませが、困るのが泣いてるときです。

子供が泣けば、あやさなければなりません。

ですが、いくら必死にあやしあところで泣き止まない時には泣き止まないのです。

これは誰が悪いという事でもなくそういう時期としか言いようがないのです。

だからこそ、子供の成長を待つ事によって『夜泣き』と呼ばれる行動も少しづつ少なくはなっていきます。

ですが、いくら未来的には落ち着くといわれても、今寝不足のピークを迎えているひとからすると何の気休めにもならないのでしょう。

寝不足は人間の思考回路をまわりにくくさせます。

だからこそ、冷静な判断が出来なくなってしまうのです。

自分ではきちんと行動しているように見せても、客観的にみるとおかしな行動になっていることもあります。

また、心に余裕がなくなりイライラしやすくなってしまう事もあります。

それが結果的に子供に対するしつけが厳しくなってしまったり子供が何かをしてもなかなか反応する事が出来なくなってしまうのかもしれません。

睡眠は、人間の大きな欲求の一つです。

それを制限されることは、何よりもつらい事です。

子育てがつらいと感じる人の中には、この睡眠不足が大きくかかわってきている場合もあります。

だからこそ、もし周りに代わってくれる人がいるのなら週に一度はぐっすりと眠ることも重要です。

また、子供がお昼寝をするのであればその時間に寝てしまうのもおすすめです。

子供が寝た時間こそ家事をやらなければとおもってしまうかもしれませんが、まずは毎日を楽しく過ごすこと。

それこそが一番大切なことなのです。

たとえ部屋が少しくらい汚かったとしても、ママが笑ってくれる方が子供はずっとうれしいはずです。

8.風邪だけど家事や子育てをしないといけない時

母親に休みはありません。

仕事であれば、体調を崩せは休むことも出来るでしょう週に何度かは休みもあるはずです。

けれど、育児の場合にはそうはいきません。

どんなに体調が悪い時にでも休むことが出来ないのです。

そんな状況が続けば、悲しい気持ちになり母親を辞めたいと思ってしまう事もあるのです。

母親をやめたい…!でもそんな時こそ対処法がある!

どんない可愛いわが子でも、時には母親を貯めたいと思うほど心が疲れてしまう事もあるでしょう。

そんな時に何も対処をせず過ごしてしまうと、事態は悪化していきます。

さらにつらい思いをするようになてしまうかもしれません。

本当に子供をおいて母親を辞めよとさえ思う事だてあるでしょう。

そうならないようにする為には、先にきちんと対処をしておきましょう。

子育てに疲れを感じることは珍しい事ではありません。

そのせいで母親を辞めたいと思う事は意外とよくあることなのです。

だからこそ、自分を責める必要はありません。

大切なことは、思ってしまった原因を知るとともに対処をする事です。

子育てに関しては、原因を解消する事がむずかkしい場合もあるでしょう。

子供の成功を待つしかないときもあります。

だからこそ、原因をなくす事を理想とするのではなくどうしたらたまったストレスを解消する事が出来るかどうかについて考えておくことが重要なのです。

対処法を知る事によって、たとえストレスを感じてしまった場合でも爆発せずにお物を受け入れる事が出来るかもしれません。

気分転換をする

一つのことを考えていると、頭の中がそれでいっぱいになってしまいます。

本当は大したことではないような出来事もとても大事のような気持ちになってしまうのです。

その気持ちでいろいろなことを考えたところで、なかなか上手くは進まないものなのでしょう。

そんな時は、難しいことを考えずに気分転換をしてみましょう。

結局現状は何一つ変わらなかったとしても気分転換をする事によって、気持ちを切り替える事が出来るようになるかもしれません。

『まあいいか』そんな風に割り切ることだって出来るようになるかもしれないのです。

そうする事ができれば、心の中にある負担も軽減していくことでしょう。

家事代行にお願いする

家事をすることは大切なことです。

それをしなければ、家の中がめちゃくちゃになってしまうでしょう。

ですが、だからと言って家事をするのは主婦だと決められているわけではありません。

家族が分担したっていいはずです。

もし分担してくれる家族がいないのであれば、家事代行をお願いしてみるのも一つの方法です。

家事代行とは、自分の代わりに家事をしてくれる事であり単発でおこなうお手伝いさんのようなものです。

それをする事によって、自分が家事をする負担を少なくすることが出来ます。

どうしても変わってくれる人がいないのであれば、そんなサービスを利用すればいいのです。

家事代行を利用すればお金がかかります。

だからこそ、なかなか使いにくいという人もいるでしょう。

けれど我慢してイライラしてしまうくらいなら、それらを利用してでもストレスが無い方法を選ぶことが大切なのではないでしょうか。

その方が結果的に家族のためになるはずです。

両親に子供をあずけてゆっくり休む

子育ては母親がしなければならないという決まりはありません。

時には誰かに預けて自分だけの時間を確保してみてはいかがでしょうか。

旦那さんに頼む事が出来ない場合には、両親にお願いする事もいいでしょう。

毎日毎日預けていては、文句を言われたとしても不思議ではありません。

けれど、時々であればさほど文句を言われることもないのではないでしょうか。

ましてや、そうする事によってまた育児を頑張る事が出来るのであればきっと喜んで子供の面倒を見てくれることでしょう。

誰かに頼ることは悪い事ではありません。

自分一人で抱えてしまうと、余裕がなくなり親子ともども良くない状況になってしまうものです。

だからこそ、互いにとっていい方法を探す為にも『母親』という役割を忘れる時間があってもいいのでしょう。

たまにはおしゃれして出かけてみる

『母親』という枠の中にいると、自分のことをかまう時間も少なくなってしまいます。

ほんの数年の時期なのだから我慢しろという人もいます。

ですが、母親であると同時に一人の人間である事に違いはありません。

その気持ちを時には大事にしましょう。

自分を大事にするからといって子供をないがしろにしろという事ではありません。

あくまでも子供と同じように自分のことも大切にするのです。

最近なかなか自分の時間を確保する事が出来なかったかたは、思い切ってたくさんのおしゃれをして出かけてみてはいかがでしょか。

そうする事によって、気持ちも高揚し楽しい気分になる事が出来るのではないでしょうか。

母親の仕事とは?

母親としての仕事は沢山あります。

ですが、その事を家族や周りの人はしっかりと理解しているのでしょうか。

やってもらう事が当たり前すぎてついうっかり仕事をしていることすら忘れられてしまっているかもしれません。

母親として何をして何を頑張っているのか。

そのことに気が付くことが出来るかによっても一人一人のストレスは変わってくるはずです。

それをする事が出来るかどうかが大事なポイントになるのかもしれません。

専業主婦の人は、遊んでいると思われがちです。

けれど実際はそんなことはありません。

誰にも気が付かれず、給料ももらえない中で頑張っている事が沢山あるのです。

その事に気が付いてあげてください。

子供を育てること

子供を産んだら育てるのは当たり前の事です。

ですが、そうは言っても人間を育てることはそう簡単なことではありません。

自分としては一生懸命やっているつもりでもその気持ちが相手に伝わらないことだってあるかもしれません。

努力をしている事が無駄なような気持ちになってしまう事もあるのです。

更に、ただかわいがるだけでは子供は成長する事が出来ません。

立派な大人になるためには、多くの試練を乗り越えることも必要です。

行きたくもない学校に行かなければならないなんてこともあるでしょう。

そんな時も、その気持ちをサポートし手伝ってあげる事が母親としての役割になるのです。

子供を育てる事は、自分を育てることも同じです。

出来るだけ自分気持ちを伝えるとともに、相手の気持ちにも寄り添いながらそのこの成長を願っていくことが仕事なのです。

そんな壮大な仕事をしていれば、疲れる時があっても当然でしょう。

家事

家事と一言でまとめてしまうと、とても簡単なような気がします。

けれど、家事は途方もないほどに続く労働です。

毎日毎日おなじような事が続き、例え完璧にこなしたと思っていたとしても、また翌日になればそれをしなければならないのです。

掃除・洗濯・料理どれをとってもやらなくてはいいものはありません。

それを一人でこなしている主婦の人がだんだんと嫌気がさしてししまうのも理解できるのではないでしょうか。

これらの行動は、実際にやってみないとその大変さがわかりません。

一日ちょっと手伝っただけの人に『それほど大変ではない』なんて言われたら思わず言葉も悪くなってしまう事でしょう。

一つ一つの工程は確かに簡単かもしれません。

ですが問題なのは、それを毎日きちんとやろうとしたときです。

一つ一つは簡単でもそれがつみあがれば負担はとても大きくなっていきます。

だからこそ、いつも心に余裕がなく忙しいと思ってしまうのでしょう。

家を守る

母親は一人だけの存在ではありません。

子どもにとって自分の母親は一人しかいません。

だからこそ、絶対的な存在でありとても信用しています。

子供に何かあったとき、母親はその気持ちに応えなけれななリません。

家族を金銭的に支えてるのは父親かもしれません。

ですが結局そのほかの細かい部分は母親によってこなされています。

それは家族を守っていることと同じなでしょう。

衣食住すべてを上もってい要るからこそ、母親の使徒の中に家族を守るとゥコメントが出てくるのかもしれません。

母親だけど適度に頑張りましょう!

『母親』というものに対する世間の目はまだまだ厳しいものがあります。

同じ親という立場なのにもかかわらず子育てに関しては父親よりも求められるものが多いのも現状です。

だからこそ、自分自身を犠牲にして子育てをしている人は日本中に沢山います。

いくら可愛いわが子でも、そんな状況が長く続けば心が疲れてしまう事でしょう。

そのせいで『母親やめたい』と思ってしまうのです。

例え『母親』であったとしても、すべてを我慢する必要はありません。

自分のことを大切にすることだって大事なことです。

自分を犠牲にしてストレスをため込んでいては結局子供に対してもいい子育てをすることなどできないでしょう。

だからこそ、時にはストレスを解消する事が出来るように行動する事も大切なはずです。

日々の暮らしの中で、母親がやるべき事が沢山あるはずです。

その中で全てを完璧にこなす必要はありません。

自分が出来る事を自分なりに頑張っていけばいいのです。

一人でできないことは、周りの人に頼ることだって出来るはずです。

そうする事によって、ストレスを感じることなく自分の心に余裕を持った行動をとることだって出来るようになることでしょう。

母親はときに自分の力以上に頑張らなければならないこともあります。

しかし、何事もやりすぎてしまうと、その反動によってすべてがどうでもよくなってしまうことだってあるのでしょう。

だからこそ、そうならないようにする為にも自分の行動にはしっかりと責任をもちつつ無理のない行動を目指し手欲しいと思います。