CoCoSiA(ココシア)

母親やめたい…と思ってしまう8個の瞬間!そんな時にできる対処法


子供は何よりも大切な存在です。

自分のことを犠牲にしてでも守ってあげたいと誰もが思っている事でしょう。

ですが、子育てはきれいごとでは済みません。

どんなに可愛く手塩にかけて育てた子供だとしても、時にはすべてを投げ出したくなるようなときがあるのです。

世間は、まだまだ母親に対する理想であふれています。

どんな愚痴も「母親なんだから」といわれてしまえばどうする事も出来ない事もあります。

確かに母親は、子供にとって絶対的な存在です。

だからこそ『母親』として子供を育てる義務があります。

何を犠牲にしても子育てをする事が当たり前だと思われているのです。

けれど、母親である前に一人の人間であることには違いありません。

だからこそ、いくら理想で自分をごまかそうと思っても気持地を制御する事が出来ないときだってあるのです。

不満が大きくなればなるほど、爆発する危険も大きくなり最終的には『母親をやめたい』と思ってしまう事もあります。

『母親をやめたい』この言葉だけを聞けば、なんて無責任な人なんだと批判される事でしょう。

母親として間違っていると怒られることも容易に想像が付きます。

けれど、批判をしたからと言って現状が変わるわけではありません。

その言葉だけに意識を向けるのではなく、その言葉に至るまでの気持ちを考え、その気持ちに寄り添ってあげることも必要なことなのではないでしょうか。

自分がもし『母親をやめたい』と思ってしまった場合、人によっては自分自身を責める人もいるかもしれません。

こんな事を思ってしまい、最低だと思うかもしれません。

ですが、あまり自分を責める必要はありません。

誰しもが同じ立場に立つ可能性があるのですから。

母親をやめたいと言っている人がいたら、批判するだけではなくその気持ちに寄り添ってあげてください。

その為にも、そう思ってしまう理由を知ることも相手を理解するうえではとても重要なこととなります。

今回は『母親をやめたい』と思ってしまう原因について詳しくご紹介させていただきたいと思います。

この記事の目次

母親はいろいろと大変

母親という存在は、経験によってつくられていくものなのです。

だからこそ、いくら子供が生まれたからと言って簡単に母親になる事が出来るわけではありません。

いろいろな経験をする事によって、だんだんと『母親』とう存在になる事が出来るようになるのです。

ですが、世間ではそれを待ってはくれません。

子供が生まれた瞬間から『母親』として完璧な行動を求められてしまういます。

それが自分の技量以上のことを求められてしまう事もあり、理想と現実との差で苦しむこともあるでしょう。

いきなり母親を辞めたいと思う人はいないはずです。

きっといろいろな経緯があり、心の中で様々なストレスがたまっていくことによって結果的に母親を辞めたいと思ってしまうのでしょう。

どんなに幸せな状況にあったとしても『母親』という存在の大変差には変わりありません。

ある日突然母親となり、それによって多くの責任がのしかかってくれば大きなストレスを感じてしまう事だってあるでしょう。

いっぱいっぱいになることもおかしな事ではありません。

この母親の苦労は、結局のところ母親本人にしかわからない部分なのかもしれません。

だからこそ、理解をなかなか得られないことも多くモヤモヤが心の中に蓄積してくのです。

母親をやめたい…と思ってしまう8個の瞬間

どんなに高い理想を持って母親になったとしても、自分が思う完璧な母親にはそう簡単になる事が出来るものではありません。

たとえ自分がどんなに努力したとしても、子育ては思ったようにはいきません。

たとえ赤ちゃんだとしても、違う人格を自分の思った通りに動かすなどそもそも不可能な事なのですから。

だからこそ、その現実と理想の間で悩み苦しむ人も多くいます。

その悩みが深くなればなるほど、結果的に母親を辞めたいと思ってしまうのかもしれません。

母親を経験したことが無い人や、周りの人からすれば母親をやめたいなどという発言を問題視する方も居るかもしれません。

ですが、実はどの母親も一度や二度は必ずそのように思った事があるはずです。

ここからは、どんな瞬間に思ったのかという瞬間についてご紹介させていただきます。

今までなかなか理解される事が少なかった、母親をやめたいと思ってしまうような気持ちもその原因を知る事によって多少わかってもらえる事もあるかもしれません。

1.毎日の家事に疲れたとき

『母親』としての仕事に休みはありません。