CoCoSiA(ココシア)

大学生リュックのおすすめ5選と選ぶ時のポイントとは?


大学生になると授業だけではなく、サークルでの活動であったり、そのほか日常的に必要なものなどがたくさん存在することようになると思います。

なので、普段からたくさんの荷物が必要になる場面が生まれると思います。

もちろんこれは大学生に限ったことではないのですが、大学生になると特にたくさんの荷物が必要になると思います。

例えば、授業を受ける際には当然教科書などが必要になりますし、高度な授業に関してはたくさんの資料であったり、辞書、もしくはそれに関連した道具が必要になります。

サークル活動も高校生までの部活とは違って、様々な幅広い活動などを行ったりする可能性もありますので、場合によってはたくさんの荷物が必要になる可能性もあります。

大学生になると高校生よりも自由度が各段に高くなりますので、当然女性の場合は化粧品なども必要でしょうし、男性でも身だしなみを整えるようなものなどを携帯するような場面などは増えると思います。

こうして考えてみると、やはり大学生になると圧倒的にたくさんの荷物などが必要になると考えることができます。

しかし、たくさんの荷物を持つということはとても大変なことですよね。

いちいちバッグなどに入れると重たくなってしまい、持って歩くだけでも相当な苦労になってしまいます。

そこで今回は荷物がたくさんある大学生におすすめな情報として、リュックをテーマにして、大学生におすすめな利便性の高いリュックをいくつかご紹介していきたいと思います。

それぞれのリュックの特徴などを踏まえながら、大学生におすすめのリュックをご紹介していきますので、たくさん荷物があって大変な毎日を過ごしている方はリュックに変えてみるひとつのきっかけにしていただけると幸いです。

荷物パンパンの大学生必見!おすすめのリュックを紹介します

今現在大学生の立場の方の中で、たくさん荷物がありすぎて毎日通学するのがとても大変だと感じている方はたくさんの方がいると思います。

先ほどもお伝えした通り、たくさんの荷物を運んだりする場合、当然ながら重たくて長時間それを抱えているだけでもある程度の疲労が溜まってしまいますし、腕も痛くなったりしますよね。

また、腕で荷物を抱えていると、腕がふさがってしまいますので、何か行動をとったりするときにそれが邪魔になってしまったりしてなかなか思うように行動ができなくなったりすることもあります。

なので、ちょっとした細かいストレスに繋がってしまいます。

しかしながら、リュックに変えることによってそのようなストレスなどはすべて無くなります。

なぜならば、リュックに変えることによって、重たい荷物を手で持ったりすることがなくなりますので、手が疲れないですし、長時間の移動などに関してもそこまで苦痛を感じるようなものではなくなります。

また、何らかの行動を取ったりする時も両手が自由になっている状態になりますので、行動がしやすくなり、細かいストレスなどを受けにくくなったりしますので、毎朝の面倒な通学がとても快適な通学に変化するようになるはずです。

なので、今もしも荷物がパンパンの状態で毎朝通学をしているのであれば、リュックに変えて快適な通学をしてみませんか?
きっとこれまでの悩みなどが一気になくなってくれると思いますよ。

大学生にオススメのリュックサックの選び方


荷物がたくさんありすぎて毎日大変な思いをしている大学生の方におすすめのリュックサックをご紹介する前に、まず理解していただきたいのがリュックサックの選び方です。

リュックサックの適切な選び方を正しく理解しておくことによって、より自分に合ったリュックサックを選ぶことができるようになります。

結果的に後からリュックサックを購入したことに対して後悔することがなくなります。

よく考えもせずにリュックサックを購入してしまった場合、後からちょっとした細いポイントについて後悔してしまったり、もう少しきちんと考えてリュックサックを選べばよかったという後悔に繋がりかねません。

なるべくでなればあまり金銭的にも余裕がない大学生の方に関しては、後から後悔するような無駄な買い物はするべきではないと思います。

なので、自分に合ったリュックサック選びができるようにまずはリュックサックの選び方から理解していただきたいと思います。

リュックサック選びにおいて大切な項目をいくつかピックアップしてご紹介していきます!

これからリュックサックを購入しようと考えている方はそれぞれの項目を正しく把握して、自分がどのような機能やデザインを求めているのかを考えながら購入してみてください。

肩紐太め

まずはじめにご紹介する大学生におすすめのリュックサックの選び方としては「肩紐太め」というポイントが挙げられます。

なぜ肩紐太めがおすすめのポイントになるのかと考えたときに、肩紐が太めのデザインということは考えてみればわかると思いますがある程度

重い荷物を背負っても、肩紐にそこまで負担がかからないようになるということです。

例えば肩紐が細いデザインに関しては、見た目としてはスタイリッシュなデザインに感じるかもしれません。

しかし、実際にリュックサックを背負ってみた時に、重い荷物を入れた状態を想定して考えると肩紐が細いと耐久性が肩紐が太い場合と比べて弱くなってしまう可能性が高まります。

リュックサックの種類によっては肩紐が傷んでしまって壊れてしまう可能性もあります。

肩紐が細いとそれだけ肩が締め付けられる可能性もありますので、自分自身の肩にも非常に大きな負担がかかってしまう可能性があります。

それを踏まえて考えてみると、あまりにも肩紐が細すぎたりするようなリュックサックに関してはあまり購入することはおすすめできません。

必ずリュックサックを購入する前に肩紐が太いかどうかということは確認しておくようにしてください。

リュックサックといえども、高額なものはそれなりの金額がかかりますので、後から後悔してしまう結果になってしまうととてももったいないので、必ず購入する前に確認しておいてください。

クッション性に優れている物

次にご紹介する大学生におすすめのリュックサックの選び方としては「クッション性に優れている物」というポイントが挙げられます。

なぜクッション性に優れている物がおすすめのポイントになるのかと考えたときに、クッション性に優れているということは結果的に長時間背負っていても疲れにくいデザインになっているからだと考えることができます。

まずリュックを購入しようとしている時点であるけど荷物が多いということが明らかですよね。

それを踏まえて考えるならば、当然重い荷物を背負うことを前提に考えるべきなので、重い荷物を背負うということはそれなりにクッション性能がなければ自分の体に大きな負担がかけられてしまうということになりかねません。

なので、きちんと背中に直接当たる部分に何かしらのクッション性能が埋め込まれているようなリュックサックを選ぶことによって、自分の背中に必要以上に負担をかけることを少なくしてくれます。

必ずクッション性に優れているリュックサックを選択するべきであり、リュックサック選びの大切なポイントになり得ると判断することができます。

クッションの強さに関して製品によって全く違ったりします。