CoCoSiA(ココシア)

楽しい遊び14選!子供も楽しんでくれるお金のかからないゲームとは!?

日常生活の中で「こんな時何か気軽な遊びができれば」と思うシーンは意外とたくさんあるものです。

例えば子どもとコミュニケーションを取りたい時や友達と集まっている時など、ちょっとした遊びを取り入れてその場にいる全員で盛り上がることができたら、とても良い思い出になりますよね。

そこで今回は、知っていたら絶対に楽しい遊び14選をご紹介していきます。

コミュニケーションを取る方法はたくさんありますが、その中でも一緒に遊ぶというのは相手とより仲良くなることができ、 初対面の人とも打ち解けやすくなります 

子どもとはもちろん大人同士でも楽しむことができるので、ぜひみんなで遊んでみてくださいね!

楽しい遊び14選!

昔と比べて今はたくさんの楽しい遊びがある時代です。

そんな楽しい遊びの中でも最近ではゲームが主流となっており、携帯ゲーム機などもたくさんの企業から発売されています。

確かにゲームをするのも楽しいかもしれませんが、テレビゲームばかりで遊んでいると人との コミュニケーションが不足 してしまう可能性もあります。

たまには体や頭を使いながら遊ぶことによって、また違った楽しみを感じることができるもの。

今回はコミュニケーションをとりながら楽しめる遊びを厳選してご紹介していきますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

1.もしもゲーム

まず初めにご紹介する子供とできる楽しい遊びは「もしもゲーム」です。

もしもゲームは、その名前の通り「もしも」という言葉を使って様々なことを連想し、たくさんの人とコミュニケーションを取っていくゲームです。

例えば、「もしも突然カワウソに翼が生えてしまったら」というありえないようなワードを伝えたら、参加者全員がそれを思い浮かべながら自分が想像したイメージを発表します。

様々な人間が導き出したありえないような答えが出てくるため聞いているだけでもとても面白く、他の人の意見を聞いている中で自分自身も新しい発想が生まれる可能性があります。

このもしもゲームをすることによって、短時間で一気に楽しい雰囲気に変化させることができる上に、ありえないような話をすることで想像力が膨らみ普段ではできないような話もできるようになります。

様々な話を掛け合いながら自然と会話を楽しめるので、相手とも自然とコミュニケーションが取れるようになり、 より深い人間関係を築く きっかけになるかもしれません。

単純に息抜きとして遊んだりすることもできますが、一種の脳トレーニングとして考えてもとても良いゲームなので、子どもとコミュニケーションを取りたい時や子どもの想像力を働かせたい時には、このゲームを積極的に取り入れてみると良いでしょう。

2.私クイズ問題

次にご紹介する子供とできる楽しい遊びは、自分自身のことをクイズにする「私クイズ問題」です。

例えば、自分が好きな食べ物を相手に当ててもらうといったようなものがクイズの問題として挙げられます。

しかし家族であれば大抵の場合はある程度相手のことを知っているものなので、信頼関係のある相手ならばもっと細かい答えを用意して問題を出したりするのも面白いでしょう。

この遊びの良いところは、クイズ形式にして 自分のことを相手に知ってもらえること です。

何度も行うことによって相手のことをより細かく知ることができるようになるため、ヒントを出しながら相手とのコミュニケーションを楽しみながら進めましょう。

テレビゲームばかりだとなかなか人との直接的なコミュニケーションというのはとるのが難しくなりますが、このような遊びをすることによってお互いについてより深く知ることができます。

子供の意外と知らなかった一面を知ることができる可能性もあるので、様々な可能性を秘めている便利なゲームであるとも言えます。

3.勝手にあだ名

次にご紹介する子供とできる楽しい遊びは「勝手にあだ名」です。

勝手にあだ名とはその名の通り相手に対してあだ名をつける遊びです。

単純な遊びですが、これが意外と面白く簡単にその場が盛り上がる遊びとしても知られています。

そしてこの遊びをする上で大切なポイントは、相手に対してあだ名をつける時に相手が嫌がるようなあだ名を付けないということです。

相手が本気で嫌がるようなあだ名をつけたりしてしまうとそれは遊びではなくなってしまい、全員が楽しいと思えなくなります。

喧嘩して雰囲気が悪くなってしまう可能性もあるので、必ず本人が嫌がらないようなあだ名をつけるように心がけてください。

そしてもう一つ大切なことは、できるだけ相手の特徴を捉えたあだ名にしてみることです。

ポイントは、悪い特徴ではなく 良い特徴を捉えること 

そうすればあだ名をつけられる側も嫌な気分になることはありません。

また、自身の第六感に頼ってパッと思いつくようなあだ名をつけるのも良いかもしれません。

意味不明なあだ名にすることで逆にその場が笑いに包まれるようになるので、暇な時間があればチャレンジしてみてください。

4.10秒当てゲーム

次にご紹介する楽しい遊びは「10秒当てゲーム」です。

これは時間を計るゲームであるため、遊ぶ時には時間を計ることができるアイテムが必要になることに注意しましょう。