日常生活の中でちょっとした時に気軽な遊びができたらいいのになと思うようなことってありませんか?

例えば、子供と一緒に何か楽しい遊びをして、コミュニケーションを深めたいと思う時であったり、たくさんの人間が集まっている合コンなどの飲み会の時、もしくは友達とちょっと時間ができてしまって暇になったときなどなど。

考えてみればたくさんの人間が集まってちょっと時間ができた時や、親睦を深めたい時が必ずあると思います。

そんな時にちょっとした遊びを取り入れることによって、楽しい時間に変化させることができるのであれば、楽しい時間に変換させたいと思うようなことは必ずあると思います。

そこで、今回は楽しい遊びをテーマにして、大人同士でも遊んだりすることができますが、理由は特に子供との楽しい遊びに着目して、子供と一緒に楽しんだりすることができるような楽しい遊びをいくつかご紹介していきたいと思います。

自分の子供とコミュニケーションをより深めたいと思っている方であったり、たくさんの子供たちと一緒に接したりすることが多い環境に身を置いている方はある程度心得ておけば便利だと思いますので、この機会に楽しい遊びをマスターしてみてください。

楽しい遊び14選!

今の時代は昔の時代と比べてたくさんの楽しい遊びが存在している時代だと言えます。

そんな楽しい遊びの中には最近ではゲームなどが流行っており、携帯ゲーム機などがたくさんの企業から発売されており、なおかつ性能などもかなり向上しているため、たくさんの子供がゲームを使って遊んでいると考えることができます。

確かにゲームをするのが楽しいかもしれませんが、もしもテレビゲームばかりで遊んでいると、残念ながら自分と相手とのコミュニケーションが不足してしまう可能性もありますし、テレビゲームばかりしていないでしっかりと体や頭を使いながら遊んだりすることによって、また違った楽しみを感じることができるはずです。

そこで、今回はテレビゲームとは違ってしっかりとコミュニケーションをとりながら一緒に遊ぶことができるような楽しい遊びを厳選してご紹介していきますので、たまには子供の面倒をしっかりと見てあげるという意味も込めて、一緒になって遊ぶことができるような楽しい遊びにチャレンジしてみましょう。

もしもゲーム


まず初めにご紹介する、子供とできる楽しい遊びは「もしもゲーム」です。

もしもゲームはどのような遊びなのかと考えた時に、その名前の通りもしもという言葉を使って様々なことを連想しながらたくさんの人間とコミュニケーションを取っていくようなゲームです。

例えば、「もしも突然カワウソに翼が生えてしまったら」などとありえないようなワードなどを伝えます。

そして、そのありえないようなワードを連想した状態で、参加者全員がもしもそうなってしまった時のことを思い浮かべながら、自分が想像したイメージをそれぞれが発表していくようにします。

そうすることによって、様々な人間が導き出したありえないような答えが出てくるようになりますので、聞いてるだけでもとても新鮮な気持ちで答えを聞くことができますし、他人の意見など聞いてみたりする中で、新しい発想が生まれるような可能性もあります。

このもしもゲームをすることによって、一気に短時間でとても楽しい雰囲気に変化させることができますし、ありえないような話をすることによって想像力が膨らむようになり、普段はできないような話だろうすることができるようになります。

もしもゲームで様々なことをどんどん連想していくようにすれば、様々なことを掛け合いながら話を楽しむことができるようになりますので、相手と自然とコミュニケーションを取れるようになりますし、様々な物事に関して広い視野を持って考えることができますので、想像力豊かな人間になることができるようになります。

単純に息抜きとして遊んだりすることもできますが、一種の脳トレーニングとして考えてもとても良いゲームだと思いますので、子供とコミュニケーションを取りたいときは子供の想像力を働かせたいと願っている場合はこのゲームを積極的に取り入れていただくとさまざまなメリットを得ることができると思いますよ。

私クイズ問題

次にご紹介する、子供とできる楽しい遊びは「私クイズ問題」です。

私クイズ問題とはどういう遊びなのかと考えてみると、これは名前そのままの意味なのですが、単純に自分自身のことを相手に当ててもらうような問題のことを意味しています。

例えば、極端な話をするならば私が好きな食べ物を相手に当ててもらうといったようなものが私クイズ問題だと言えます。

しかし、家族ならばある程度相手のことを知っているのが当たり前になると思いますので、信頼関係ができている相手ならばもっと細かい答えを用意して問題を出したりするのも面白いと思いますよ。

この遊びの良いところは、クイズ形式にして自分のことを相手に知ってもらうことができるという点であり、これを何度も行うことによって相手のことをより細かく知ることができるようになりますし、ヒントなどを出しながら相手と会話を楽しんだりすることによって、相手としっかりとコミュニケーションを取りながら遊びを進行することができるようになるのです。

テレビゲームばかりをしていてもこのようなことが全く分かりませんので、しっかりと相手と直接話をしてコミュニケーションを取ってこのような遊びをすることによって、より自分のことを相手にしてもらうチャンスを得ることができるようになりますので、小さい子供がいる家庭であれば、私クイズ問題を行なってしっかりと楽しい時間を確保するようにしてみてください。

そうすることによって逆に子供のことを知るチャンスとしても考えることができますし、子供の意外と知らなかった一面を知ることができる可能性もありますので、様々な可能性を秘めている便利なゲームだと認識して実践してみてください。

勝手にあだ名


次にご紹介する、子供とできる楽しい遊びは「勝手にあだ名」です。

勝手にあだ名とはどのような遊びなのかと考えたときに、その前の通り相手に対してあだ名をつけるような遊びなのです。

単純に参加しているメンバーに対して各それぞれが何かしらのあだ名をつけていくような単純な遊びなのですが、これが意外と面白く簡単にその場が盛り上がる遊びとしても知られています。

そして、この遊びをする上で大切なポイントが複数存在しており、まず相手に対してあだ名をつける時に相手が嫌がるようなあだ名の付けたりしないということなポイントです。

なぜならば、相手が本気で嫌がるようなあだ名をつけたりしてしまうとその遊びの遊びでなくなってしまい、本人が楽しいと思えなくなりますし、それによって周りの人同士が喧嘩してしまったりするような可能性なども生まれますので、必ず本人が嫌がらないようなコミカルなあだ名をつけるように心がけてください。

そして、もう一つ大切なこととしては、この遊びを面白くするポイントになるのですが、 できるだけ相手の特徴を捉えたあだ名にしてみることで、面白くすることができるようになります。

そして、その際に気を付けなければいけないことは相手が悪い特徴でもなく良い特徴を捉えた上であだ名をつけたりするということです。

そうすることによってあだ名をつけられる側も、嫌な気分になったりはしませんし、しっかりと特徴を捉えている部分コミカルなあだ名になりますので、おすすめなのです。

また、逆に変に何かの特徴を探さずに一見してパッと思いつくような簡単な第六感のあだ名などもとても面白いと思いますよ。

意味不明なあだ名にすることで逆にその場が笑いにつつまれるようになりますので、暇な時間があればチャレンジしてみてください。

意外と短時間で盛り上がる可能性がある楽しいゲームなので、仲間内で楽しんでみてください。

10秒当てゲーム

次にご紹介する、子供とできる楽しい遊びは「10秒当てゲーム」です。

この遊びに関しては必要なものが存在しており、それは時間を図ることができるアイテムが必要になります。

なぜなのかと考えたときに、名前からすぐにわかると思いますが、これは時間を図るゲームなのです。

遊び方としてはとても単純であり、純粋に時間測る道具を使って10秒という時間をきっちり図れる人はだれかというゲームなのです。

おそらく子供の時に誰もが一度くらいは行ったことがあるゲームになるかと思うのですが、これが意外とやってみると難しかったりすることが多いので、ちょっとした暇つぶしなのにこのゲームを使ったりするととても楽しいと思いますよ。

基本的にこの遊びに関してはどんな方でも気軽に遊ぶことができますし、手間もかかりませんので、おすすめです。

また、一度やったら終わりというわけではなく、一度終わったら次は時間を伸ばしてチャレンジしてみたり、連続でできた人が勝ちなど、何かしらのルールを追加していくようにすれば、長く楽しむことができますので、自分なりにルールを定めながら楽しんでみてくださいね。

言葉探しゲーム

次にご紹介する、子供とできる楽しい遊びは「言葉探しゲーム」です。

言葉探しゲームとはどんなゲームなのかと考えてみると、簡単に言えばキーワード設定した状態でそのキーワードに沿った言葉を見つけていくというようなゲームになります。

例えば、和食というようなキーワードを設定すれば、和食のキーワードをどんどんと絞り出していくようなゲームになり、キーワードがスポーツになれば、スポーツを絞り出していくようなゲームとなります。

とても単純明快で簡単に誰もが取り組むことができるようなゲームなのですが、それだけでもつまらないのでちょっとしてひねりを加えてみたりすることによって新しい感覚を味わうことができたりしますのでおすすめです。

例えば、しりとりの要素を追加して、自分がひねり出した言葉の最後の部分に、「ん」がついていたら負けなどのように、何かしらのキーワードを追加して設定して考えてみたりすることによって、しっかりと頭を使いながら楽しむことができるようになりますので、難易度が勝手より楽しさを感じることができるようになります。

ルールに関しては特に決まりはありませんので、例えば玉を使ったもの限定のスポーツなどといったように狭めるようなキーワードを追加してみると面白いと思いますよ。

しかし、あまりにもキーワードを追加しすぎてしまうと、テンポよく答えを言ったりすることができなくなって、流れが悪くなってしまって面白くなく感じてしまう可能性もありますので、ある程度の難易度を意識して行うようにすると楽しみながら行えるようになると思いますので、工夫しながらチャレンジしてみてください。

肺活量勝負

次にご紹介する、子供とできる楽しい遊びは「肺活量勝負」です。

肺活量勝負とは一体どのようなゲームなのかと考えた時に、肺活量勝負に関してはとても簡単で単純明快なルールで行うことができるゲームです。

具体的にどのような方法で遊ぶことができるのかと考えると、名前の通り肺活量を競うものになりますので、単純に長く息を止めていた人間が勝ちというルールです。

これに関しては見た目では少しわかりにくいようなものになりますので、個人個人がきちんとした意識を持った上で取り組むことができなければ遊びとして成り立ちませんので、その点はご注意をするようにしてください。

また、何度か遊ぶことを想定して考えるならば、ちょっとしたルールの変更なども取り入れたりすることによってより楽しく遊びを楽しむことができるようになります。

例えば、誰が一番息を長く吐き続けられるかどうかなどのように、ちょっと目線を変えた状態でルールを追加することによって、全く違った遊びに変化するようになり楽しむことができるようになります。

意外と息を長く吐き続けられるかどうかということに関しては、意外と難しかったりしますので、新しい感覚で遊びにチャレンジすることができるということは、今までと違った感覚で遊ぶことができるということになりますので、新鮮で楽しいはずです。

新鮮な遊びをしたいと思うならば、ちょっと発想をひねってルールを定めたりしてみるととても楽しいと思いますので、自分なりに新しいルールを見つけてみるのもおすすめですよ。

全力息抜き

次にご紹介する、子供とできる楽しい遊びは「全力息抜き」です。

全力息抜きとはどのような遊びなのかと考えたときに、これに関しては本来は一人で遊んだりする時に行ったりするものなのですが、子供と一緒に遊んだりする時に一緒にチャレンジしてみたりしても面白いと思いますのでご紹介しておきます。

全力息抜きとはその名前の通り全力で息抜きをすることが目的であり、息抜きの方法に関してはどんな方法を使っても問題ありません。

しかしながら、大切なポイントとしてはその名前の通り全力で息抜きをしなければいけませんので、徹底して様々な面において全力で息抜きをすることを意識してください。

例えば、自分が今どのような体の状態になっているのかということも意識しながら、全力で息抜きをしなければいけませんので、そもそも立っている状態はNGです。

しっかりと体を休めた状態にしなければいけませんし、頭の中に関しても全力で息抜きをしなければいけませんので、無駄なことを考えずに頭の中を空っぽにした状態でしっかりと休息を得なければいけません。

こうして考えてみれば、無の境地に達しそうな勢いで全力で息抜きを行うような方法になると思うのですが、逆の普段は行っていそうで行っていないようなことになりますので、新鮮で楽しい遊びになると思います。

また、見方を変えれば、何も考えないようにするというような習慣を身につけることによって、自分自身を見つめ直すような集中力を手に入れることができるようになりますし、様々なことに対して高く集中できるような集中力を手に入れられるようにもなります。

なので、意外と様々な能力が身につく可能性に繋げる事ができる場合もありますので、ストレス解消や集中力を向上させたいという方にはとても向いている遊びです。

宝探し

次にご紹介する、子供とできる楽しい遊びは「宝探し」です。

宝探しと言えば、もうその名前の通りでしかないのですが、純粋にお宝を探すという遊びになります。

子供はとてもわかりやすい遊びが好きだったりする場合が多いので、宝探しのような誰でも知っているような簡単な遊びの方が盛り上がること間違いなしです。

用意するお宝に関してはどんなものでも結構なのですが、出来れば子供が興味を引くようなものが望ましいので、かなり年齢が低い子供に関しては手作りで可愛いイラストが描かれているようなものでも結構ですし、ちょっと成長した子供に関してはお菓子などを使って遊ぶことによって興味をもってくれると思いますので、その点は自分の子供が何が好きかということを考えながら判断してみてください。

また、自作できる場合に関しては、たくさんの宝を作って点数などをあらかじめ決めて御置けば、点数争いなどができるようになり、お宝を見つけるのがとても面白く感じるようになると思いますので、ちょっとした工夫などを凝らすことでさらに面白くなるようになります。

遊びの中でも比較的長い時間遊んだりすることができる遊びでもありますので、しっかりと長い時間子供と向き合って遊びたいと思っている方はこの遊びを実践していただくと、より楽しんでいただけると思いますよ。

トランプ

次にご紹介する、子供とできる楽しい遊びは「トランプ」です。

トランプはその名前の通りトランプを使って遊ぶということなのですが、古典的ではありますがこれが意外と楽しい遊びなんです。

トランプを使って遊ぶ場合、比較的様々な遊びを行うことができ、スタンダードなババ抜きを楽しむこともできれば、大富豪などを楽しむ事も出来ますし、神経衰弱などもできたりします。

トランプを使った遊びに関しては、どれも単純な遊びでありながら、意外と心理戦を展開することができますし、トランプ一つあればたくさんの性質が違うような遊びを楽しむことができるようにもなりますので、かなり楽しく遊んだりすることができます。

トランプに関しては子供でも簡単に取り組むことが出来ながら、意外と大人になってからトランプをしてみてもかなり盛り上がったりすることが多かったりしますので、早い段階でトランプの遊びに慣れておく言葉様々な場面で楽しむことができるようになるきっかけにつながります。

男性でも女性でも関係なく遊ぶことができますし、ちょっとしたルールの追加なども行ったりすることができたりしますので、いつまでも新鮮な気持ちで遊ぶことができますので、子供と遊んだりするときにとてもおすすめの方法ですよ。

公園で遊ぶ

次にご紹介する、子供とできる楽しい遊びは「公園で遊ぶ」です。

これに関してもそのままの意味合いですが、子供と遊ぶ時に簡単にできてなおかつしっかりとコミュニケーションを取れる方法としてはやはり公園で体を使いながら一緒に遊んだりすることが一番良いと思います。

最近ではなかなか子供と一緒に遊べるような広い公園などがなくなってきていますので、場所によっては一緒に遊んだりすることができる公園を探すだけでも一苦労してしまう可能性があるかもしれませんが、家でテレビゲームばかりしているよりも公園でしっかりと体を動かしたりすることによって、たくさんのメリットを得ることができるようになります。

例えば、子供が健康的に育つようになりますし、スポーツが得意に育つようにもなりますし、一緒に体を動かすことでたくさんのコミュニケーションを得ることができるようにもなります。

自分自身の運動不足を解消するという面でも良い効果を持っていると思いますので、子供と一緒にコミュニケーションをとりながら遊びたい時には公園で遊んでみることが、やはりおすすめだと思います。

遊びの方法に関してはどんな遊びでも良いと思いますが、せっかくならばボールなど使って一緒にサッカーをしたり、キャッチボールなどをしてみたりすると楽しい気分を味わうことができると思いますよ。

できれば体全体を使う球技をすることで身体能力の向上やボールの扱い方が学べますので、サッカーや野球、バスケットなどがおすすめです。

心理テスト

次にご紹介する、子供とできる楽しい遊びは「心理テスト」です。

心理テストはとても簡単でありながら、気軽にどんな場所でも楽しむことができるような問題です。

実際に友達と一緒に心理テストを行って楽しんだ経験がある方も多いと思うのですが、心理テストに関しては様々なテーマのテストが用意されており、今ではインターネットを使えば簡単にその問題に答えなどを手に入れることができるようになりますので、気軽にどんな方でもチャレンジすることができます。

心理テストにもいくつかたくさんの種類が存在しており、例えば、サイコパス診断などのテストもあれば、選んだ答えによって自分の好みのタイプがわかるといった問題や、自分の油面実現性がわかるなどの様々なジャンルのテストが存在しています。

だからこそ、何度行っても飽きないですし、いつまでも楽しい気持ちを持ち続けることができますので、心理テストは面白く子供から大人まで楽しめる遊びなので、子供と遊ぶときでもおすすめの遊びだといえます。

ちょっとした空き時間などがあったときに行ってみたりすることで、子供の知らない一面を知れたり、子供の可愛い反応などをみたりすることができますので試してみてください。

あっちむいてホイ

次にご紹介する、子供とできる楽しい遊びは「あっちむいてホイ」です。

あっちむいてホイを知らないという方はあまりいないかもしれませんが、念のために簡単にご紹介をしておきます。

あっちむいてホイとは、じゃんけんを行ってじゃんけんに勝った人間が相手に対して「あっちむいてホイ」の掛け声とともに上、下、右、左を手を使って表現して、相手がその方向を向いたら負けというような単純でわかりやすいシンプルなゲームです。

これに関しては特殊な技術などが必要なく、どんな方でもすぐに理解してチャレンジすることができるゲームになりますので、比較的年齢が幼い子供と一緒に楽しんだりすることももちろん可能なゲームなのです。

必要な物などは特に存在してはいませんので、気軽にチャレンジできますので、ちょっとした空き時間などがあったときには子供と一緒に遊んでみるとついつい楽しくなってしまうと思いますよ。

先に3回勝ったほうが勝ちといったようなルールなどを追加したり、子供が買ったら駄菓子などを買ってあげたりなど、ちょっとした遊びなどを追加するとさらに楽しい気分になれると思いますので、自分なりに工夫しながら子供が楽しめるようにしてみてくださいね。

ジェスチャーゲーム

次にご紹介する、子供とできる楽しい遊びは「ジェスチャーゲーム」です。

ジェスチャーゲームとはどのようなゲームなのかと考えた時に、これは子供と一緒に遊んだりすることもできる遊びでありながら、子供は相手だけではなく、中学生や高校生、そして大学生が大人までが楽しめるようなとても面白いゲームです。

では具体的にジェスチャーゲームとはどのようなゲームなのかと考えてみると、ジェスチャーゲームは出されたお題に沿って、ジェスチャーをしながら何をものまねしているのか相手に伝えるというようなゲームになります。

つまり、もしもお題がゴリラというテーマになっているのであれば、ゴリラの真似をしてその場にいるみんなにゴリラというキーワードが出されているということを伝えるように行動していくゲームなのです。

あまりにも難しいテーマに関しては実現することが難しかったりしますので、どちらかといえば動物などの特徴を持ってるようなキーワードをお題にして出してあげたりすることによって、でもよくたくさんの人間がジェスチャーをする側に回ることができますので、より盛り上がるようになると思います。

あるけど年齢が上になってくると、複雑なジェスチャーなども角になるかと思いますので、自分たちの年齢に合わせたキーワードを設定するようにしてみるとより難易度が上がって楽しさが変化するようになると思いますのでその辺りも工夫してチャレンジしてみてください。

地雷大爆発ゲーム

次にご紹介する、子供とできる楽しい遊びは「地雷大爆発ゲーム」です。

地雷大爆発ゲームとは一体どのようなゲームなのかと考えたときに、地雷大爆発ゲームは紙と書くものがあればどこでも簡単にチャレンジすることができる楽しいゲームです。

具体的には、2人でたのしむ事ができるゲームであり、まず何も書かれていない紙を用意していただき、その紙にマス目を描いていくのですが、そのマス目の基準としてはだいたい5×5くらいのマス目を用意するようにしてください。

そして、マス目を書くことができれば、マス目の一番右下の部分にスタートのスという字を書き、左上にゴールのゴという字を描くようにしてください。

そして、 右上から左下に向かって斜線を6本引いていただくのですが、この斜線はゴとスの字が描かれている場所以外のマス目に斜線を引くようにしてください。

そして、どちらかの人間が斜線の中の一つに地雷を設定して、合計で斜線が6個なので地雷を6個設定してください。

ちなみに、この時に注意していただきたいのは、地雷が連鎖するようにしたりするのは極力さける必要性がありますので、3個以上繋がるようにするのは避けてください。

そして、地雷を設定すれば、地雷を設定した側と進んでいく側に分かれて、進んでいく人間は事前に自分が歩む方向を宣言し、その前後左右のマスに地雷がある場合は相手がピコーンと音を出して検知器に引っかかった様子を醸し出しながら、地雷が隣にあることを事前に伝えるようにしてください。

そして、地雷を踏まなければつき進んでいた人の勝ちで、もしも地雷を踏んでしまった場合は地雷を設定した人間の勝ちというようなゲームになります。

単純な遊びでありながら、ちょっとした頭を使った遊びでもありますので、想像力を鍛えたい、推理力を鍛えたいというような子供と一緒に遊んだりすると楽しい気分を味わいながら脳トレを行ったりできると思いますので、おすすめですよ。

絶対盛り上がること間違い無し!(まとめ)

意外と、特に何も準備することがない状態でも子供と一緒に遊んだりすることができるということが改めて理解いただけたと思います。

子供と一緒に遊んだりするのにお金をかけたり、何か特別な準備をしたりする必要性はなく、自分自身のアイデアだけで子供と楽しい時間を作ることはいくらでも可能なのです。

また、遊びを通じる中で勉強することができるようなトレーニング要素の高い遊びなどもたくさんありますので、遊びの中にもう子供の成長要素を取り入れてあげたいと考える方は、少しこだわった遊びを子供と一緒にしてみると子供のためにもなると思いますので、しっかりと体動かす遊びや、しっかりと頭を使った遊びなどを漫勉なく取り入れてあげてみてください。

思い出にも残ると思いますし、きっと子供にも良い影響を与えてあげられると思いますよ。