CoCoSiA(ココシア)

毎日が楽しい!生きているだけで楽しい!そう思える人の25個の特徴や共通点


なんだか毎日つまらないな…楽しいことがどこかに転がっていたり、毎日楽しいことが起こればいいのになあ!なんて考えていませんか?

たしかに楽しいことがあれば、毎日をとても良い気分で過ごすことができそうですよね。

それに自分にはあまり楽しいことは起こらないのに「どうしてあの人はいつも楽しそうにしているんだろう」と羨望のまなざしで見てしまう人もいるのではないでしょうか。

毎日楽しそうにしている人のように毎日をエンジョイできればいいですよね。

そのような人たちと毎日を楽しみたいあなたとの違いには何があるのでしょうか?

この記事では、今はつまらない毎日を送っている人でもすぐに真似することのできる毎日を楽しむためのアイディアをご紹介しています。

これを実践すれば、今度はあなたが周りの人から「あの人って毎日楽しそうにしていていいな」と羨ましがられることでしょう。

毎日楽しそうにしている人周りにいませんか

あなたの周りには、なんだかいつも毎日楽しそうにしてキラキラ輝いている人もいることでしょう。

そのような人を見て、あなたはどこか羨ましい気持ちを持つことがあるのではないでしょうか?

たしかに毎日楽しく過ごすことができたら、生きるのも楽しいし、明日が来るのが楽しみでワクワクした気持ちで夜眠ることができそうですよね。

毎日楽しく過ごすことによって、ストレスも軽減するだけではなく、ストレスがあまり感じない生活になります。

そのため、肌ツヤがよくなったり、卑屈だった気持ちがなくなり明るい人生を過ごせるようになるでしょう。

おそらくあなたの周りにいる毎日楽しそうにしている人は、とてもキレイな肌をしていてそれでいてどこか心に余裕を持っているように感じるのではないでしょうか。

それは、目に映る世界のすべてのものが美しくキラキラと輝き、気持ちをワクワクさせてくれるものに見えるからなんです。

しかし、そのように毎日楽しく生きるなんて、自分には絶対にできないのではないかと思っていませんか。

そんなことはないんです。

あなたも考え方や物事のとらえ方を少しずつ変えておくことによって、楽しい毎日を引き寄せることが可能になります。

ずばり、毎日楽しそうに生きている人とそうではない人の違いには、根本的に物事の捉え方や考え方が違うという問題があります。

つまり、今は毎日が楽しいと思えない人であっても、毎日を楽しんでいる人の気持ちや心を真似することによって楽しく思えるようになるんです。

毎日楽しい人に共通する特徴25個


あなたは、今の生活に飽き飽きしていますか?

または、苦しいことしか起こらない日々に生きている意味さえも見失っているかもしれないですね。

どのような状況であっても、誰しも本当は“楽しく生きたい”だけなんです。

楽しく生きることができれば、目の前に起こることに対してわざわざ怒りの感情を持ったり、悲しい気持ちになることもありません。

それができているのが既に毎日を楽しんでいる人になります。

では、毎日を楽しく過ごしている人たちにはどのような特徴があるのでしょうか?

あなたもそれらの特徴を受け入れ、そして真似することにより必ず生活の中で「なんか最近楽しいぞ」と思えるようになります。

さっそく毎日楽しい人に共通する特徴を25個見ていきましょう!

1.いつも笑顔

毎日楽しい人は、見るからに「毎日楽しいオーラ」を出しているものです。

そのようにどうして感じ取ることができるかというと、いつでも笑顔なんですよね。

それも作りあげられた笑顔ではなく、心の底から幸せがにじみ出ているようなふわふわとしてとても素敵な笑顔です。

その笑顔を見るだけで周りの人は、心が癒されてしまうこともあります。

では、どうしていつも笑顔でいることができるのかというと、世界を“温かい目”で見ているからなんですよね。

“この世界は悪いものだらけだ”とか“自分を苦しめるものだらけだ”というフィルターをかけずに、澄んだ心と目で世界を見ています。

そのため、いつも笑顔でいられるのです。

また、いつも笑顔でいることによって世界を楽しく見ているということもあります。

どちらにせよ“笑顔”というのは、自分だけではなく周りの人にも影響するようなとても素敵な効果があるということなんですよね。

2.悪口や愚痴を言わない

生きていれば、そりゃあムカつく出来事もありますし、嫌なことも起こるでしょう。

そんなときに悪口や愚痴を言ってしまうと、人間はさらにイライラしたり嫌な気持ちが増えてしまうものです。

なぜならば、悪口や愚痴を音声にして口にすることによって、その気持ちを自分自身で再確認することになっているからなんです。

そして「こんなにも嫌な思いをしたのに!」「あの人はいつも何もしてくれなくて腹が立つ」なんて、さらに必要のない苛立ちや怒りを招いてしまうことになります。

しかし、毎日楽しそうにしている人はあまり悪口や愚痴を言いません。

同じ人間なので、あなたがいつも感じるように嫌な気持ちを感じることもあります。

その気持ちを悪口や愚痴という形で吐き出すのではなく、学びに変えて消化している傾向があります。

例えば、声が大きくてうるさいと嫌味たっぷりに言われたとしましょう。

その時点で楽しんでいる人にしてみれば、そのようなことを言われてしまったら嫌な気持ちでいっぱいになってしまいます。