人に好かれる性格になりたいって思ったことあると思います。

今も思ってることでしょう。

「どーでもいい」と言う人も、心の底では「そりゃ、好かれた方がいいよ」と思っているはず。

言わなくてもわかりますよ~。

でも、どんな性格が人に好かれるんでしょうか?

ま、そこは色々なんでしょうし、人によっても好き嫌いはあるでしょうから、コレだと断定はできませんが、100人いたら90人は好意を持ってくれる性格はあるのかなと思って、ちょっと考えてみました。

それで、「楽しい(性格の)人」って、ちょっと張り切りすぎると「ウザいな~」って思われちゃうかもしれませんが、あまり人から嫌われなさそうな性格じゃないかと思うんです。

ということで、今回は「楽しい人」について、そんな人になるにはどうしたら良いか考えてみたいと思います。

楽しい人になる10個の方法

ではでは、“人から好かれたければ「楽しい人」になりましょう”とゴリ押し気味で話を進めていきます。

その「楽しい人」になるにはどうすれば良いのか、色々考えて10個にまとめてみましたので、ご紹介します。

1.笑顔を絶やさない

悲しくて泣きながら楽しいことをする人、辛い顔をして楽しいことをしている人っていませんよね。

楽しいことをするときは、やはり笑顔になります。

つまり、「楽しい人」になるには、笑顔でいることが大事です。

いつも笑顔を絶やさずいれば、周りの人は「なんだか楽しそうな人だな」と思ってくれるようになります。

無理して楽しそうに振る舞ったり、笑顔を絶やさずにいることに抵抗がある人もいるかもしれませんし、もしかすると身近なところにそういう仲間がいて、本当は辛いのに無理して作り笑いをするその人に対して嫌悪感みたいなものを抱いてしまう人もいるかもしれません。

だから、今の現状を心から楽しめないのに笑顔を作るなんて…と思われるかもしれませんね。

もちろん、無理に笑顔でいましょうとは言いません。

笑顔を作ろうとする前に、ポジティブに物事を考えられるようになる努力をしてみましょう。

心の向きがポジティブになれば、自然と笑顔でいる時間も長くなるでしょう。

また、作り笑顔が全くダメだと言うことはありません。

見る側の人によっては、「いつも楽しいことばかりじゃないだろうに、元気そうに、楽しそうに振る舞っていて、偉いな。」と思ってくれたり、「辛いことも前向きに考えられる人なんだな」と捉えてくれたりします。

楽しい人になるために、ただ「笑顔を絶やすな」と言われることに違和感を感じる人は、上記の事を意識してみてはいかがでしょうか。

2.同じ趣味を見つける

これは、つまり好意を持たれたい相手がいる場合ですね。

好きな人に自分を「楽しい人」って思ってもらいたいなら、相手がハマってる事や趣味に関して知識をつけたり、体験したり、最終的には自分もハマったり、趣味にしたりすることです。

誰かに「楽しい人」と思われたいというよりは、意中の相手を射止めるための、恋愛戦術という色が濃いのは否めません。

しかし、好きな人と趣味が一緒になる、共通点ができるというのは、自分にとって喜ばしいことですし、それを成すために努力するのもまた楽しいものです。

また、相手と同じ趣味を持つことは、相手の気持ちや考え方を理解する手掛かりにもなります。

ちょっとしたトークでも、どこか他の人とは違った、相手にとってしっくりくるようなコメントができたりします。

でしゃばりは禁物


相手と同じ趣味をもった、もしくは趣味が同じだったとしても、その分野に関する知識のひけらかしは禁物です。

自分としては、相手の気を引こうと、共通する趣味について自分の知っている限りを話したくなる、聞いてもらいたくなる気持ちはわからなくもないです。

しかし、相手の趣味は相手が大切にしているライフワークの一部でもありますから、それに対して、「そのへん結構詳しいんだぜ」としゃしゃり出ると、相手は共通の趣味なはずなのに、何か自分の方だけ否定された感じを受け、引かれてジ・エンドです。

趣味についてのトークになったら、自分の持てるだけの知識を話すのではなく、相手の話をよく理解し、共感をする。

ということが大事です。

そういう姿勢でいると、「この人と話していて楽しい!」「この人には何でも話してしまう」という気持ちになってもらえるはずです。

興味を持つことも大事

趣味の分野も大きく違ったりしますから、「楽しい人に思われたいけど、相手と趣味を合わせるのは難しいかも」ということもあると思います。

例えばランニングが趣味の人がいて、その人に振り向いてもらいたいんだけど、どうも自分は運動がニガテ。

日曜の朝に肩を並べて公園をランニングするなんて、夢のまた夢。

というシチュエーションであったとしても、その人の趣味、つまりその人が好きでやっていることに「興味をもつ」ことは不可能ではありません。

思いきって「ランニングって楽しそうだね?」と話しかけてみましょう。

相手は自分の好きなことに興味を持ってくれた人には、色々教えてくれるでしょう。

そこで、大切なのが先にも述べた「理解し、共感する」姿勢です。

相手と趣味を同じにはできない、身体能力的に同じことはできなくても、興味さえ持てば、楽しくトークはできるはずです。

3.清潔感のある見た目を心がける

そういう服装をしていないと「楽しい人」になれないのかというと、もちろんそうではありません。

ただ、ボロとまではいかなくても、ダラっとした格好で、ボサボサヘアーの人が、いつもニコニコ笑顔で道を歩いていたら、ちょっと「変な人」に見られてもおかしくないですよね。

せっかくの笑顔も、服装のせいで不気味に思われたらとても残念です。

逆にピシッとした髪型にパリッとしたシャツ、スラッとしたパンツorスカートでピカッと艶のある革靴でいる人のスマイルって、いつもフレッシュだと思いませんか?

家でいる時と、人に会うとき、外出するときとはメリハリをつける習慣を身に付けることは、意外と楽しいものです。

女性なら「意外と」ではないはず。

そうやって、オシャレや内外でのメリハリを楽しんでいる人を見ると、何だか見てる側も「いいな」と思います。

「なんか楽しく生活してそうだな」と。

4.人と一緒にいることを好きになる

自分が「楽しい人」かそうでないかは、他人が決めることです。

「楽しい人」になるためにこの記事を読んでもらって、努力してもらいますが、「楽しい人」はあくまで他人が自分にもつ印象なので、自分では「楽しいな~」と思っていても、他人はどうだかわかりません。

だからこそ、人がどう感じようが、まずは自分が自分のマイライフを楽しんでいるべきなのです。

さて、話はここからです。

毎日独りで部屋に引きこもり、パソコンのモニターとにらめっこしているのがとても楽しいと思う人にはこれ以上お勧めしませんが、「人から“楽しい人”と思われたいんだよ」と思っている人は、「自分の私生活を楽しむ」中で、「人と一緒にいることが好き」という楽しみをつくっておかなくてはなりません。

なぜかって、説明するのも無駄なくらい分かりやすい話です。

自分が「楽しい人」かどうかは周りの人が判断することであるなら、その周りの人達と一緒にいることが楽しみであったり、好きなことでなければ、人が側にいると楽しくなくなります。

すると、そこで楽しめないオーラが自分を包み込み、表情や態度に現れてしまい、周りから見ても「楽しそうじゃない(人)」と思われてしまいます。

だから、考え方としては「いつも人と付き合いのある自分の生活は楽しい」と思えるようになれるといいですね。

ま、しかし、このアドバイスは楽しい人になりたいと思っている人には老婆心かとは思います。

おそらく、大丈夫。

ただ、「内気な性格を直したい」「新しい自分に生まれ変わりたい」と思ってこの記事にたどり着いた人もいるでしょう。

そんな人には「どうしたら、人と一緒にいることが好きになれるのよ?それを聞きたいのよ!」と思っておられることでしょう。

もちろん、方法はあります。

それは、ここまで紹介した、そしてこれから紹介する「楽しい人になる方法」を実践してみてください。

必ず、人と一緒にいることが好きになれます。

5.ポジティブ思考になる


「楽しい人」になるために精神面で一番大事なことです。

いつも笑顔でいる為にも、オシャレを楽しんだり、人と付き合う上で、まずは、自分の私生活を楽しむ為にも、物事をポジティブに捉える精神力が必要です。

でも、これ、お気づきかと思いますが、一番大事なことであるがゆえに一番難しいことです。

それができる人は「ポジティブ思考になる為の10個の方法」と題して、本が書けそうです。

しかし、ここではあまり長々と解説もできませんので、楽にできるポジティブ思考をご紹介します。

万事これ塞翁が馬

聞いたことがあると思いますし、知ってると思いますが、簡単に説明すると「良い事が起きるのは悪い事が起こる前兆、また逆に悪い事でつまずいたのは、良い方向へ向き直すためのきっかけだった」という事です。

もっと詳しくこの中国の諺の意味が知りたい人はネットで調べてみて下さいね。

さて、良い事が悪い事の前兆だなんてちょっと嫌ですけど、たとえ悪い事が起きたとしても、逆にそれは良い事が起こる前兆だと考えることができれば、悪いこともそれほど悪いことじゃない気がしてきます。

もし、全く逆に「良い事は悪い事の前兆だ、じゃあ良い事が起きても素直に喜べないよ」と考えてしまう「超」がつくネガティブ思考さんは、今すぐ無理矢理にでも、「悪い事は良い事の前兆、つまり悪い事は良い事、すなわち良い事は良い事」と考えを改めましょう。

人生で良い事と悪い事が5:5で平等に起こるのなら、「悪い事=良い事&良い事=良い事」と考えていた方が、絶対得です。

大難は小難、小難は無難に

ちょっと嫌なこと(小難)があったとしても、ホントだったらもっと大変なこと(大難)に巻き込まれていたかもしれないと考えると、「これだけで済んでよかった」とポジティブに考えられます。

例えば、道路を渡ろうとしていたら、猛スピードで車が目の前を通り過ぎ、たまたまそこにあった水溜まりの泥を跳ねていったもんだから、自分の服はびちょびちょになってしまった。

しかし、自分が道路を横断するために、あと一秒早く道路に進入していたら、あのスピードの車は止まることはできなかっただろうし、となると、自分の服はびちょびちょどころか、真っ赤に染まっていただろう。

という感じで考えてみようって事です。

だから、何にもない状況(無難)も、1ミリ狂えば、1秒違えば、ちょっとマズいこと(小難)になってたかもしれないと考えれば、毎日自分は幸運に恵まれて生きているんだなとポジティブに思考が回っていくと思います。

6.褒め上手になる

誰でもほめられると嬉しいですよね。

あの気分の高揚って、誉められることによって脳内にドーパミンとかいう快楽ホルモンが分泌されて起こるそうです。

だから、パブロフの犬みたいにベルが鳴るとご飯だと思ってヨダレを垂らすように、誉められると良い気持ちになり、それが何度か続くと、誉めてくれる人を見ただけで、反射的に脳に快楽ホルモンが分泌され、テンションが上がるようになります。

もしかすると、その気持ちの高揚を「恋」と勘違いしてしまう人もいることでしょう。

いや、勘違いではなく、おそらく、それは本物の恋ではないかと思います。

だから、褒め上手はモテると言われています。

でも、たまに「この人に褒められても全然嬉しくない」って人いませんか?
気を付けなくてはならないのは、ただ褒めれば良いというわけではないということです。

下心なく、相手が純粋に喜ぶ顔が見たくて褒めるには、そこそこテクニックが必要です。

でも、どうやったらそんなテクニックを持った褒め上手になれるのか、教えてほしいですよね。

褒められて嬉しいポイントは人によって違いますから、自分の価値観で相手の長所を見つけて「それ、イイね!」って親指を突き立てても、「ああ、どうも…」で終わっちゃう可能性は高いですわな。

そこで、褒め上手になるために、先ずはここまでに紹介してきた「笑顔を絶やさない」だとか「ポジティブ思考になる」といった、自分を成長させる努力を続けてみてください。

辛いときも笑顔でいようと努力をしてきたことや、悪いことも良いことが起こるきっかけだと考えられるようになれば、きっと、人がどんなところを褒めて欲しいのかがなんとなくわかるようになり、また、欠点や短所に思えるところも、見方によっては長所ととれ、褒めてあげることができるようになるでしょう。

先程の「褒めてくれても嬉しくない人」というのは、そういった自分自身の努力を怠っている人です。

そんな人の褒め言葉ほもちろん、価値観などスッカラカンでしょうね。

7.気配り上手になる

「気配り上手」な人は「褒め上手」と同じように、相手を喜ばせることができる人です。

「かゆいところに手が届く人」と呼ばれるように、人が「あーしてほしい。

こーしてほしい」と思っていることを、言われなくてもやる人であったり、もう一歩進むと、人が「あれが欲しい」と思う前に、「今のこの人にはあれが必要だ」と気づくことができ、先回りできるような人です。

この気配り上手もまた、褒め上手さん同様に、ある程度の努力や経験を重ねることによって、人の「かゆいところ」が見えてくるようになります。

また、気を配る範囲や所作が嫌らしくなく、嫌みたらしくなく、自然にスマートにできるようになるのも、やはり、自分自身を成長させる努力をする必要があるでしょう。