最近では街を歩くとモダンな建物などが増えてきていると思いませんか?

昔の中に今風のお洒落を感じられる建物ってステキですよね。

夢はマイホームという人も休日などには色々な建物を見たりすることで自分たちが将来住む家を思い描いてると思いますが、人によっては様々なこだわりを持つということも考えられます。

今風の家でも十分に満足できるとは思いますが、キッチンにこだわりをもったりリビングには暖炉を置きたいなどの希望は誰にでもあります。

また、家の外壁にはヨーロッパ風のタイル張りにして落ち着いた雰囲気を出していきたいなどのことも考えられますよね?こういった想像は始めてしまうと止まらなくなり、夫婦であっという間の一日を過ごすということにもなってきます。

そして、今はモダンな家作りをする方が増えてきているのですがなぜでしょう?

大手のマイホームメーカーの設計やデザインでも充分にステキですがこういった人たちはモダンということに対して色々な良さというものを知っているようです。

最近では賃貸のマンションなどにも色々なデザインの部屋が見受けられるようになりましたよね。

若い女性が好むような可愛い部屋でもあり機能的なものであったり、コンクリートの打ちっぱなしを斬新につかったデザインは男性に人気になります。

壁のクロスを変えただけでも部屋の感じというものは全く違ってきて、明るい色調から茶色系のレンガ風なものへ変えてやるとまさにモダンな部屋の出来上がりにもなってきます。

このように今はモダンというものが好まれているのはなぜなのか知りたくはありませんか?
デザインが違ってくると人の気持ちというのはどのような変化をするのかというのも興味がありますよね。

毎日暮らす部屋や自分が建てる家には絶対に後悔はしたくないはずです。

そこで今回のテーマですが「モダン」ということについてお話ししていきたいと思います。

今は様々なデザインの家が建てられる時代となり昔のような同じようなものばかりではありません。

自分の思い描くようなステキな家にするには斬新なアイデアなども必要になってきます。

それを叶えてくれるのがモダンでもあり、そのデザインを利用することによって家の持ちぬ地は満足感を得るわけです。

但し疑問というものも感じられますよね。

ここまで好まれる理由ってデザインだけなのでしょうか?モダンにはもっといろいろなことが隠されているような気がします。

普段の生活に溶け込んでいるだけにモダンというものはあまり意識をされていません。

このモダンというものは私たちが暮らす様々なもので活用されています。

それではモダンの魅力というものを一つづつ見ていき、今日からはモダンを意識した楽しい毎日を過ごすようにしましょう!

️モダンってどういう意味?

まず始めにモダンという意味についてお話ししたいと思います。

日本の和室という部屋で考えてみると障子があり畳が敷かれていてとごく普通の部屋にいきなりコンクリート面があったらどうでしょう?

それが部屋の雰囲気にマッチしているようであればちょっと変わっていてもお洒落に感じることができますよね。

モダンという意味ですが現代風などのイメージで使われている場合が多く、デザインを考えていく上ではとても重要になってきます。

今までの日本では基本的なデザインを重視してきたためにどの家でも同じようなものになるケースがほとんどでした。

また、変わったデザインを取り入れるということは人の噂にもなりやすいということにも繋がってきますよね。

今ほど色々なデザインというものが採用されていない時代では斬新なものを取り入れる人が少なかったと考えられます。

今の現代という時代は昔のような考えこそが無くなりつつありますよね?奇抜なものを求めたり部屋の壁紙一つでもこだわりがあったりと個性を出すことも重要になりつつあります。

一見すれば部屋に合わないようなデザインなども全体を見るととてもお洒落に見えるという考えを取り入れたことにより、生活をするスペースにも楽しさというものが生まれてきました。

モダンという言葉にははっきりとした定義はありませんが、今までのものと新しいものの融合という考えがピッタリするのだと思います。

近代的や現代風と言ってもどこまでが近代なのかは人によって違ってきますよね。

大きな意味で捉えればそういったことでも構わないかもしれませんが、新しいデザインを融合させることによって生まれる生活の楽しみということもモダンには含まれているのだと感じます。

つまりよく見かけるモダンとは


モダンという言葉についてイメージは出来てきたと思います。

基本となるものに新しいデザインの組み合わせによってつくられる空間ですよね。

一見するとそれは変に思える場合がありますが、全体で見ていくと不思議と調和してくるデザインです。

こうした考えというものは壁などを変えるだけではなくデザイン全体のことを指してきます。

部屋をどのように見せるかということを考えていき設計することで色々なアイデアが生まれてきますよね。

そして、その中には実際に住む人の意見や建築主の考えがプラスされていきます。

昔であれば家の設計などは設計者に一任するということも多かったのですが今は暮らしやすさであったり部屋を綺麗に見せるようなことまで考えられて設計されています。

デザインだけにとどまらず設計にもモダンな考えが取り入れられていて、自由な考えが見直されてきていることにもなりますよね。

つまり、モダンとは今の流行などを取り入れながら暮らしやすい環境をつくる考えでもあり、それを実行するためのデザインということがわかります。

今どきな様子を表す言葉

モダンというと今では食べ物などでも使われるようになりましたよね。

お好み焼きなどもモダン焼きと言うこともありますし、今どきな食べ物の呼び方としては楽しく感じられます。

食べてみては同じ味のはずが呼び方を変えただけでイメージが違ってくるのはどうしてなのでしょうね?材料も同じはずなのに何故かモダン焼きの方がオシャレに感じてしまいます。

モダンにはこのような気持ちを高ぶらせる効果というものもあり、言葉を聞くだけでもワクワクとしてきます。

この場合は新しいものとの融合ではありませんがこのような使い方もできるということを確認して下さい。

そう考えるとモダンという言葉って色々な意味や効果を持っていると思いませんか?デザインであれば納得もできますが食べ物の名前で雰囲気などを変えてしまう言葉はあまり見当たりません。

モダンという現代のものを取り入れるというちょっとした発想が今では色々な部分で大きな役割を果たしているのですね。

また、モダンに対するイメージですが一般にはこのように見られています。

今風でオシャレなイメージ


人との話の中でモダンという言葉を聞くと何かオシャレなイメージを思い浮かべることが多くなってきます。

実際に見てはいなくともどんな素敵な部屋なのだろうという気持ちになってくるのは、モダンという言葉があるからです。

これが「ハイカラな部屋になった」では明治の人間ではないのですからあまり魅力は感じませんよね。

明治時代にはモダンと同じような意味で「ハイカラ」という言葉が使われていましたが、これは主に西洋文化を取り入れた形であってモダンとは意味が違ってきます。

ハイカラの意味としては流行に乗るということがピッタリになり、新しいものと融合させるモダンとはだいぶ違ってきますよね。

但し、どちらもオシャレという点では一致しています。

モダンも融合された美しさがあり見る人の心を魅了しますが、ハイカラというものも見る人の心を踊らさせます。

どちらの言葉も人の心に感動を与えるという点では一緒になってくるようです。

それではモダンというものですが私たちの身の回りにではどういったものあるのかを見ていきましょう。

️身の回りのモダン◯◯

最近はモダンというという言葉が多く使われるようになりましたよね。

先ほどのモダン焼きをはじめとする色々なものでもモダンという言葉が使われています。

あまりに普通の光景となっているために私たちは改めてモダンということに関心を示しませんが、こういったことにもモダンの意識は使われているのだとわかると街を歩くのもさらに楽しくなってくるはずです。

それではどういったものがあるのかを一つづつ見ていくことにしましょう。

モダンアート

芸術的なものではモダンアートという言葉ばありますよね。

近代美術などとも呼ばれていて斬新なデザインでもあります。

とても細かく描かれている作品もあれば、かなり大胆なものまで幅広くありますが共通してくるのは今までにはなかった発想ですよね。

人物はこう書くといった定義もなく画家が自ら感じたものだけで筆を走らせて描いていくモダンアートはまさに生きているかのような生命力というものを感じます。

こういった芸術作品は画家がどれだけの想いを描いているかによって作品の見え方というのも変わってきますよね。

だれが見ても綺麗な絵とは違った迫力がありますし、配色などもとても斬新になってきます。

モダンファッション

こういった言葉はファッションにも使われるようになりましたよね。

着こなしなどでも今では都会的なものが好まれることが多くモダンという言葉がピッタリになります。

大人の女性を表すようなイメージもあり、都会のカッコいい女などを演出する場合などはこういったファッションが好まれています。

この場合のモダンですが斬新さという意味とは少し違っていることがわかります。

建築などではいままでにないアイデアやデザインを取り入れることになりますが、ファッションの場合ですとクールといった意味がピッタリということになっています。

モダンという言葉もそれぞれに意味合いが違ってきてしまうのでややこしい所もありますが、いずれにしても今までにはなかったようなものが生み出されていて私たちを楽しませてくれることは確かなようです。

続いては部屋のインテリアについてですがこのような意味を持っています。

モダンインテリア

インテリアの場合はそれほどモダンという言葉は使われていないように感じますが、モダンインテリアというものがあるのをご存知でしょうか。

このインテリアの特徴としてはとにかく余計なものをなくすといったことでシンプルな形にしたものを指しています。

インテリアの楽しみ方というのは人それぞれに違ってきますが部屋はスッキリと見せたいと思う方も多いですよね?

飾りなどは極力少なくして部屋自体を大きく見せるような場合であったり色彩を合わせることによって部屋に統一感を持たせたりといった役割があります。

ただし、このモダンインテリアで気をつけたいのが単調になってしまうために部屋の感じが暗くなってしまったり寂しいといったイメージにもなりがちです。

ホテルなどではこういったデザインが多様されることも多くなりますが一般の家庭で利用される場合には色々なことを考える必要も出てきますので注意したいものでもあります。

大人の部屋の雰囲気を出したいような場合であればこういったインテリアに変えるのも楽しいですしシンプルさを好む方であれば最適なデザインであると言えます。

次のモダンについてですがまさに斬新ともいえるものとなります。

レトロモダン

日本人女性であれば着物というものにも憧れがあると思うのですが、デザイン的にちょっとダサイなど感じたことはありませんか?

着物の色はとても素敵だから着てみたいけど柄などは今の感覚とは違ってきますのでこのように思うのも当然なのかもしれません。

そうした中で生まれたのがレトロモダンであり、昔の着物の良い点と斬新なデザインを取り入れた新しいものになっています。

最近では浴衣などでも色合いが昔とは全く違っているものが多くなっていますよね。

若い女性にも浴衣や着物を着てもらいたいと考えた場合には色にもこだわることが必要になってきます。

着物というと質は良いのですが少し暗いイメージがあると思いますがそういった色合いは現代の女性は好みません。

可愛らしさであったり原色を使った大胆なものの方が好まれるのです。

その発想というのは柄などにも表れていますよね。

鮮やかな虹をイメージしたものであったりカラフルな色と花の模様の組み合わせなど様々出ています。

このように良いものを改良しながら広めるという考えはとても素晴らしいことのように思えます。

着物というものは日本の文化でもあり大切にしていかなければいけませんが、着る人がいなければ需要もなくなり途絶えてしまう可能性も出てきますよね。

こういった今の考えやデザインを取り込むということは今までのイメージを覆すことにもなりますし、着物の良さを伝えることにもなってきます。

モダンという言葉ですが本当に色々な使い道や意味をもつ不思議な魅力があるものと言えます。

次のモダンについても着物などと同じ発想の元で誕生することになりました。