あなたは若者が使っている若者言葉をある程度理解していますか?

今現在ある程度年齢が若い方であれば、実際に自分自身が若者言葉を使っている方もいると思うのですが、30代以降あたりの年齢になってしまうと、若者言葉に関してはよく理解できていない可能性があると思います。

また、今の時代は昔の時代と比べて、新しい言葉が生まれるスピードがとてつもなく早くなっています。

つい最近生まれた言葉が、気づけば廃れてしまっていたということもありますし、それに代わる新しい言葉が生み出されているということなどもよくある事です。

なので、比較的若者言葉について理解していると自負している方であっても、気づけば自分が知らないような若者言葉がたくさん存在しているということもよくある話です。

無理に若者言葉を理解する必要性もありませんし、年齢に不相応な方が若者言葉を使っているのは、見ていると痛々しい印象も受けてしまいますので、使うという事は避けたほうが賢明ではありますが、それでもある程度基本的な言葉くらいは知っておいても損になるようなことはないと思います。

そこで、今回は若者言葉の中でも、かなりオーソドックスな若者言葉である「うける」という言葉をテーマにして、うけるという言葉の基本的な意味であったり、若者言葉の使い方、そして何が今若者にうけているのかということをご紹介していきたいと思います。

うけるの意味とは

あなたはうけるという言葉の基本的な意味を理解していますか?
うけるという言葉は比較的若者言葉の中では一般的な言葉であり、若者言葉についてそこまで詳しくないという方だったとしても、この言葉くらいは知っている方は多いと思います。

実際に、この言葉に関しては30代の方でも一般的に使用している人は多いですし、場合によっては40代や50代の人であったとしても使用している可能性がある言葉です。

普通に考えると若者言葉を多用しているようなおじさんやおばさんなどは、あまり良い印象を持たれなかったり、少し痛々しいイメージを持たれたりしてしまいやすいのですが、この言葉に関しては年齢などは関係なく比較的使いやすい言葉だと認知されています。

なので、若者言葉のひとつには分類されますが、それでも若い年齢限定ではなく、様々な年齢の方が使用している若者言葉になりますので、うけるという言葉の意味を理解していない方は、この機会にうけるという言葉の基本的な意味や、使い方などを勉強するきっかけにしてみてください。

日常生活の中でも、比較的使用できる状況などがたくさんある言葉でもありますので、この機会に使い方を知って、日常生活の中で実際に使ってみるととても面白いと思いますよ。

面白い・笑える


うけるという言葉の基本的な意味からまずはご紹介していきたいと思いますが、うけるという言葉の基本的な意味は「面白い・笑える」という意味が存在しています。

これはどういうことなのかと考えていると、例えば日常生活を過ごしていく中で何かしら面白い出来事であったり、笑わせてくれるような出来事というのは起こり得ると思います。

そのような時に、相手に対して面白いという意味を伝えたり、自分自身がとても面白いというような感想を述べたりするときに使用される言葉であると考えることができるのです。

つまり、相手が何か面白いことを自分に対して行ってきたときに、もしもその行為で自分自身が面白いと感じたのであれば、相手に対して「それウケるね!」というように返答をすることで、相手に対して面白かったよ、という気持ちを伝えるようにしているのです。

なので、難しく考える必要性はなく、単純に相手に面白いと伝えたりするときに使用される言葉なのです。

なので、思春期の子供を持っている家庭で、子供がお笑い芸人などの芸などを見ていたりする時に、「うける」という言葉を使ったりしている言葉多いと思います。

これはこのような意味があるので、うけるという言葉を使用しているのです。

楽屋言葉が語源

うけるという言葉の基本的な意味についてご紹介していきました。

では、なぜ面白いという言葉がうけるという言葉で言い表されているのか疑問に感じるような方などもたくさんいると思います。

そこで、うけるという言葉のそもそもの語源についてもご紹介していきたいと思います。

そもそもうけるという言葉に関しては、文章が省略化されたものであると考えられており、どのような文章が省略されているのかと考えると、「賞賛をうける」という文章が省略されているといわれています。

賞賛とは、「ほめたたえること」という意味を持っている言葉であり、一般的には周りから尊敬されるようなことを成し遂げたときであったり、何らかの実績を残したときに使われるような言葉です。

このような言葉が略称されて、うけるという言葉に変化されていると考えられています。

また、もう一つの考え方としては、楽屋言葉が語源であるとも言われており、楽屋言葉とはお芝居の世界の言葉を想像していただけるとわかりやすいと思います。

では、どのような楽屋言葉がうけるという言葉に代わっているのかと考えると、「拍手をうける」「喝采をうける」という言葉が変化しているといわれています。

どちらの言葉も素晴らしい演技をした時に行われるような行動や言葉であり、一般的に考えて良い意味で使われることが多いですよね。

先ほどご紹介した賞賛に関しても全く同じであり、これらの楽屋言葉に通じる意味が存在すると考えることができます。

なので、どちらにしても、良い意味でのうけるという言葉が元になって今現在の若者言葉である「うける」という言葉に変化していると考えることができます。

どういった時に使っているのか


うけるという言葉の基本的な意味や、どのような語源が存在しているのかということについて詳しくご紹介をしていきました。

そこで、ここからはうけるという言葉がどのような場面やシチュエーションなどで使われるのかということについて具体的にご紹介していきたいと思います。

日常的にウケるという言葉を使用している方に関してはそこまで難しい事には感じないかもしれませんが、日常的にうけるという言葉を使用していない方からしてみれば、どのような場面で使用したり、どのようにして相手に伝えるとかということが全く分からないと思います。

なので、この機会にうけるという言葉の基本的な使用することができる状況などを正しく理解していただきたいと思いますので、参考にしてみてください。

面白い話を聞いた時

まずはじめにご紹介するうけるという言葉が使われるシチュエーションとしては「面白い話を聞いた時」という場面が挙げられます。

なぜ面白い話を聞いた時にうけるという言葉が使われるのかと考えてみると、まずうけるという言葉が持っている基本的な意味を思い出してみてください。

うけるという言葉の意味は「面白い・笑える」という意味なので、これらの意味が通用するような状況やシチュエーションを想像して見れば分かりやすいと思いますが、面白い話などを聞いたときにはこのシチュエーションに該当しますよね?

なので、面白い話を聞いたときに、その話が面白かった時には使用されることが多かったりしますので、使用されるシチュエーションであると判断することができます。

実際に、面白い話を聞いたりする場面を想像してみれば、友達同士で会話をしている時に友達が面白いエピソードを話してくれたり、テレビなどでお笑い芸人さんが面白いことをしていたりするときに、うけるという言葉を使ったりすることが多いと思いますので、日常生活を想定してみるのであればこのシチュエーションが一番多くうけるという言葉を使う機会だといえます。

ドジな場面を見かけた時

次にご紹介するうけるという言葉が使われるシチュエーションとしては「ドジな場面を見かけた時」という場面が挙げられます。

なぜドジな場面を見かけた時にうけるという言葉が使われるのかと考えてみると、これに関しても基本的に面白かったり笑えるシチュエーションに該当すると思いますので、ドジな場面を見かけた時にはうけるという言葉が閊える場面であると考えることができます。

例えば、日常生活の中で想像をしてみるとすれば、何かしらの行動をとっている時に知り合いがドジな行動をしたりした時に、それを茶化す意味で使ったりするような状況が考えられます。

例えば、友達とスポーツなどを楽しんだりしている場面で、友達が何らかの動きをミスしてしまって、カッコ悪い動きをしてしまったり、転んでしまったりした時などに使用したりするような例が考えられると思います。

しかしながら、この状況でうけるという言葉を使ったりする時にはよく状況を確認しておかなければいけない理由が存在しています。

なぜなのかと考えると、このような状況でうけるという言葉を使用する場合は、相手からしてみれば自分の事をバカにしていると捉えられかねない状況になるのです。

もちろん本人からしてみればそのようなつもりはないのかもしれませんが、失敗をしてしまった時にそれが恥ずかしい行動であればあるほど、それを茶化された時に怒りが込みあがる場合があります。

なので、きちんと相手を茶化しても大丈夫なのかどうかということを確認した上で、あまりやりすぎない程度に茶化したりするように注意をしてください。

自分のツボにハマった時

次にご紹介するうけるという言葉が使われるシチュエーションとしては「自分のツボにハマった時」という場面が挙げられます。

なぜ自分のツボにハマった時にうけるという言葉が使われるのかと考えてみると、これに関しては先ほどご紹介した「面白い話を聞いた時」と似通っている部分があると思うのですが、自分自身の中でツボになるような面白い事があったり、面白い話を聞いたりしたときにはうけるという言葉を使用することができる適切な状況になりえるからです。

なぜならば、人によって何かに関する考え方や捉え方などは個人差がありますので、何が自分自身のツボにはまるのかということなのはその人によって異なるのですが、自分自身のツボにはまった時には、想像以上に笑いが止まらなくなったりすることがありますよね。

これはそれくらい自分にとって「面白い・笑える」という状況に該当していると考えることができるからです。

そのような状況になった場合、おそらく普段からうけるという言葉を使っている方からすれば、自然とこの言葉を用いて自分の感情を周りに伝えたりすると思います。

なので、自分のツボにハマった時はうけるという言葉を使ったりするシチュエーションとして考えることができます。

相槌の変わり

次にご紹介するうけるという言葉が使われるシチュエーションとしては「相槌の変わり」という場面が挙げられます。

なぜ相槌の変わりにうけるという言葉が使われるのかと考えてみると、これに関してはうけるという言葉自体が、あまり深く考えずに使える利便性の高い相槌だからだと考えることができます。

例えば、人と会話をしたりするときに、相手に対して使ったりする短い相槌に関してはどうしても限られてくると思います。

そんな中で、広い範囲で使うことができる利便性の高い相槌としてうけるという言葉が存在しており、深く考えずに、どんな場面でも使用したりすることができる言葉なのです。

例えば、相手の話した内容に対して、面白いという気持ちや、笑えるという気持ちで共感した場合、全般的にうけるという言葉は相槌として使えますし、相手と会話がつながるようになります。

たくさんの状況で使えるだけではなく、短い言葉なので相槌にぴったりで使いやすいので、相槌として使うというシチュエーションは広く該当するため、相槌の代わりにうけるという言葉は使われていると考えることができるのです。

無意識でバカにしている時

次にご紹介するうけるという言葉が使われるシチュエーションとしては「無意識でバカにしている時」という場面が挙げられます。

なぜ無意識でバカにしている時にうけるという言葉が使われるのかと考えてみると、一般的にうけるという言葉を使う際には「面白い・笑える」という状況に該当している際に使用されます。

なので、そのシチュエーションを想定して考えてみれば、当然ながら笑われる対象が存在している状況が多く該当しますので、場合によっては無意識に相手をバカにしたりするときにも使用されると考えることができます。

しかしながら、あまりこのような状況でうけるという言葉を多用しすぎてしまいますと、場合によっては相手から嫌われてしまったり、相手が不快な気分になってしまったりするような可能性もありますので、使う際にはきちんと注意をした上で使うようにしなければいけない事を忘れないでください。

何に対して若者はうけているの?

ここまではうけるという言葉が使われるシチュエーションについていくつかご紹介していきました。

ある程度うけるという言葉を使うことができるシチュエーションを理解頂いたところで、ここからは何に対して若者は今受けているのかということについてご紹介していきたいと思います。

日常生活の中でうけるという言葉を使う機会はたくさんありますが、どんな対象に対してうけるという言葉を使っているのかということを知ることで、より若者言葉であるうけるという言葉を理解するきっかけになると思いますので、正しくうけるという言葉を使うためにも、うける対象について知ってみましょう。

芸人

まず初めにご紹介する若者に対してうけているものは「芸人」です。

これに関しては若者に限定されるようなものではないと思うのですが、お笑い芸人は老若男女たくさんの人間から、まさに受けているような存在であると考えることができます。

お笑い芸人は自分たちの芸を披露して、私たちを楽しい気分にさせてくれるような存在です。

今の時代はテレビ番組などに関してもお笑い芸人はまさに必要な存在であり、特にバラエティ番組などではお笑い芸人は絶対的に欠かせない存在になっています。

なぜならばお笑い芸人が存在しているだけで一気にその場の空気が和やかになったり、すぐに楽しい気分にさせてくれたりするので、もはやバラエティ番組などには必要不可欠な存在になっているのです。

そして、若い世代に関しては比較的流行に対して詳しい世代でもありますので、テレビ番組の内容であったり、今活躍している人などに関しては熟知している可能性が高いです。

なので、今力を身に着けているお笑い芸人なども理解している事が多かったり、面白い番組なども知っている可能性が高いので、結果的には若者にとって芸人はうける存在であり、たくさんの方が知っている可能性が高いものだと考えることができるのです。

友達の面白い話

次にご紹介する若者に対してうけているものは「友達の面白い話」です。

これも特に若者限定というわけではないと思いますが、私たち人間が相手に対して面白いと感じたりするシチュエーションとして多いのは、やはり相手の話を聞いたりしてそれに対して反応したりすることが多いと思います。

それは年齢などは関係なく、若者も同様であると考えることができますので、若者がうける存在を考えてみれば、友達の話が該当するということは明白なので、友達の面白い話はうける存在であると考えることができます。

実際に、若者同士が話しをしている時に、相手の話に対して「うける」という言葉を使っているのを耳にしたことがある人も多いと思いますし、実際にそういう使い方をしている人は多いと思いますので、実際に自分が使う際には、このようなシチュエーションで使ってみると、うけるという言葉を正しく使うことができるはずです。

面白い画像・動画

次にご紹介する若者に対してうけているものは「面白い画像・動画」です。

これに関しては、まさに今の時代を象徴する若者だからこその受ける存在であると考えることができます。

なぜならば今の時代は様々な技術が進化したことによって、今ではたくさんの方がスマートフォンを持っている時代になっています。

スマートフォンを使うことによって、簡単にインターネットを使用することができるようになっており、インターネット上の様々な面白いコンテンツを楽しんだり利用したりすることができるようになっています。

まだ
そして、年齢を重ねている世代よりも、若者の方が機械などの扱いはなれている可能性が高いので、結果的に面白い画像や面白い動画などでうけたりするのは若者だからこその受ける対象であり、今の時代の若者を象徴していると考えることができるのです。

実際にインターネット上に存在している面白い画像や面白い動画などはかなりのクオリティなものなども多く、ちょっと元気がなくなったときに見てみると元気がもらえたり、悩んでいたことがどうでもよくなるくらい面白いものなどがたくさん存在していますので、若者ではなくても、気になる方はぜひご覧になってみてください。

特にYOUTUBEなどに関してはかなり面白い動画などもたくさんありますので、休みの日などにリラックスしながら楽しむとストレスも解消できておすすめですよ。

ギャグチックな雑貨

次にご紹介する若者に対してうけているものは「ギャグチックな雑貨」です。

なぜ若者にギャグチックな雑貨がうけているのかと考えると、昔と比べて今は高性能なギャグチックな雑貨がたくさん存在しているからです。

若い方は楽しいことが大好きで、面白いことに高い関心を示すことが多いので、ギャグチックな雑貨はまさにうける存在であると考えることができます。

また、最近のギャグチックな雑貨に関してはかなりお手軽なお値段で販売されているようなものなどが多く、若い方でも金銭的にそこまで負担がないのも魅力的だと思われている一つの理由になります。

実際にどんなギャグチックな雑貨があるのか簡単にご紹介すると、例えばびりびり電流ショックペンなどのような友達に対してどっきりとして使えるようなものなどがあります。

金額は294円という相当安い金額で販売されており、金銭的にそこまで余裕がない方でも気軽に購入することができます。

友達と遊んでいる時に気軽に使ったり、みんなでワイワイしたりするときに使用できるようなものなど、たくさんの面白い使い方ができるアイテムがたくさんありますので、やはりギャグチックな雑貨は若者にとってやはりうける存在であると考えることができます。

うける以外の面白い意味を持つ若者言葉

ここまでは若者に対して今現在うけているものについてご紹介していきました。

若者がどういうことに対して関心を持っているのかということがある程度お分かりいただけたところで、ここからはうけるという言葉以外に、面白いという意味を持っている若者言葉についてご紹介していきたいと思います。

先ほどお伝えした通り、今の時代は新しい言葉がどんどん生まれている時代であり、気づけば流行っていた言葉が廃れて、気づけば新しい言葉が生まれているような時代になっています。

なので、今現在のうけるという言葉以外の表現方法についても併せてご紹介していきますので、この機会に様々な言葉があるという事を知ってみてください。

草生える

まずはじめにご紹介するうけるという言葉以外の面白い意味を持つ若者言葉は「草生える」です。

草生えるという言葉が面白いという意味につながるという事に対して全く意味が分からないと感じる方もとても多いと思います。

なぜこの言葉が面白いという言葉の意味を持っているのか考えていただく前に、まずは若者言葉がどういう場所で生まれているのかということを知っていただく必要性があります。

なぜならば、それが草生えるという言葉が生まれる由来に関連しているからです。

まず、若者言葉というものは若者同士が喋っている中で生まれるような言葉もあれば、インターネット上での会話がきっかけで生まれるような言葉もあります。

特に最近は後者の理由が原因で若者言葉が生まれる場合が多く、草生えるという言葉も、もともとはネット上で生まれた言葉です。

もともとインターネット上で笑うということを「w」という言葉で表現しており、語尾にwをつけることで、(笑)などの意味と同義で使用されていました。

そして、特に面白い場合や、ツボにはまったときなどにはそれに比例したwの数を多くする傾向がみられており、wが連なっている姿を見たときに、それが草が生えているように見えたことから、草生えるという言葉が派生して生まれたとされています。

なので、草生えるという言葉はネット上での会話や、文字などがきっかけで生まれた言葉であり、面白いことなどがあった時には現在は草生えるという言葉で表現してる若者なども多く存在しているのです。

ワロタ

次にご紹介するうけるという言葉以外の面白い意味を持つ若者言葉は「ワロタ」です。

ワロタという言葉に関しては、笑ったという言葉に似ていることから、意味などはなんとなく理解できる方がたくさんいると思います。

しかし、なぜこのような言葉であえて表現しているのか不思議に感じる方もいるかもしれませんが、もともとワロタという言葉は先ほどご紹介した草生えるという言葉と同じように、ネット用語としてインターネット上で生まれた言葉です。

主にインターネットの掲示板などで生まれたような言葉になるのですが、もともとは関西などでは笑うという言葉がわろた、わろうたで笑ったという言葉の意味として使用されていたので、これがカタカナ変換されて、次第にワロタという形に変化していったとされています。

ちなみに、余談としてですが、ワロタという言葉以外にも似たような言葉がたくさん存在しており、例えば「ワラタ」「ワロス」というような言葉なども存在しています。

が、どれも同じような意味であり、言い方が違うだけですべて同じだと思ってもらえば、意味を理解しやすくなると思います。

現実世界ではあえて言う方などはあまりいないかもしれませんが、一部では実際に現実で使用しているような人もいたりするので、念のために覚えてみてください。

若者言葉の使い方

今回ご紹介している笑うということに関連した若者言葉だけでも、複数の種類存在しているという事がお分かりいただけたと思います。

そして、今回ご紹介している若者言葉は、たくさん存在している中のたった少しにしかすぎません。

実際にはさらに数多くの若者言葉が存在しており、様々な複雑のルーツや意味を持っている言葉ばかりです。

そこで、今回はさらに若者言葉に詳しくなっていただくために、その他に存在している若者言葉についても併せてご紹介していきたいと思います。

若者言葉の種類についてもそうですが、種類以外にも具体的な使い方などについても触れていきたいと思いますので、今若者が中心的な使っているホットな言葉をこの機会に理解してみてください。

略して使う

若者言葉の基本的な使い方の一つとして略して使うということが挙げられます。

これは一般的な言葉の中にも該当するものがたくさんあると思うのですが、一般的に長ったらしい言いにくい言葉などは若者からは好まれません。

簡単でなおかつすぐに意味が通じるような言葉のほうがネット社会では多用されがちになりますので、そのような使い方を行う今話題の若者言葉をご紹介します。

フロリダ

今現在たくさんの若者が使っている若者言葉の一つとしてフロリダという言葉が存在します。

フロリダという言葉は一般的に考えると地域の名前を想像する方が多いと思いますが、フロリダという言葉は地域の名前ではなく逆して使われる若者言葉言葉です。

これはどういう意味を持っているのかと考えてみると、フロリダとは「風呂入るから離脱する」という意味を持っている言葉です。

これは一般的にLINEなどで連絡を頻繁に取り合っているような状況で使われる場合が多く、お風呂に入ってくるから、しばらく返信できないという意味で使われる場合が多いのです。

これもネット社会だからこそ生み出されているような言葉だと考えることができます。

アルファベットで略す

次にご紹介する若者言葉の基本的な使い方としてはアルファベットで略すという方法が挙げられます。

あまりにも長い言葉に関してはアルファベットで略称することで呼びやすくなったり、入力しやすくなったりできるものがたくさんあります。

なので、若者言葉の中にもアルファベットでスマホなどで入力しやすいような文字などがたくさん生まれており、その代表的な言葉を一つご紹介します。

kwsk

たくさんの若者から使われているアルファベットで略された言葉の一つに「kwsk」という言葉があります。

これはとういう意味を持っている言葉なのかと考えたときに、これは「詳しく」という意味として使われています
つまり、詳しく何かを教えてほしい、詳細を教えてほしいという時にこのアルファベットが使われるようになるのです。

具体的な使用例としては、「今日友達と遊んでたら面白いことがあった」→「その話kwsk」というような使用方法が挙げられます。

若者でなくても知っていて欲しい若者言葉

若者言葉の中には複雑で分かりづらいような言葉もたくさんあるのですが、その反面とても使いやすく、一度覚えてしまうと利便性が高いのでついつい使ってしまいたくなるような言葉があるのも事実です。

無理にする必要性もありませんし、絶対的に使わなければいけないという言葉ではありませんが、ネットが主流の今の時代だからこそ、知っておけば絶対にそうになるようなことはないような言葉ばかりです。

なので、この機会に若者言葉を理解して、インターネット上でのコミュニケーション方法というものを学んだり、便利な言葉を理解して、インターネット上の文章を読み解くことができるようになると、色々便利なことがあると思いますので、いろんな若者言葉を知るきっかけとして利用してみてください。