「一緒にいると疲れる」「できれば会いたくない」そんな“うざい人”。

例えば会社の上司・バイト先の先輩・学校の友達…と、あなたの周りにも当てはまる人がいるんじゃありませんか?

うざい人がいるとイライラしたり不愉快な気持ちにさせられたりします。

でもうざい人ってどうして「うざい」って思われてしまうんでしょうか?

改めて調べてみると、実はうざいと言われる人にはある共通点があるということが分かったんです。

今回はそんなうざいと言われる人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

うざい人になっていない?

人生生きていれば絶対誰にでも「うざい」と思ってしまうような人はいるはず。

周りのみんなからうざいといつも嫌われている人もいれば、別にそこまで嫌いじゃないけどたまにうざいと感じてしまう人など、人によっていろんなうざい人が存在しますよね。

でも改めて考えてみてください。

あなたはどうしてそんなにその人達がうざいんですか?

人が誰かを「うざい」と感じるのは一体どういう時なんでしょう?

もしかしたら自分も誰かのうざい人になっているかもしれません。

今回ご紹介するうざい人の特徴を見ながら、自分はうざい人になっていないか、そこもよーくチェックしてみてくださいね。

そもそもうざいって何?

私たちは無意識にうざいという言葉をよく使いますが…

そもそも「うざい」というのは一体どういう意味なんでしょうか?

嫌われているということ?鬱陶しいということ?

まずは「うざい」の言葉の意味を改めてちゃんと知っておきましょう。

意味

辞書などによると、そもそも「うざい」というのは「うざったい」の略で使われる言葉です。

鬱陶しい・うるさい・面倒くさいなどといった意味。

元は東京多摩地区の方言として使われていたらしいですよ。

その語源は江戸時代によく使われていた「うざうざ」という言葉からきていると考えられています。

(ちなみに「うざうざ」は似た同じようなものがたくさん集まっている様や、つまらないことをくどくど言うということを指す)

それが1980年代のツッパリブームで多くの不良達に使われるようになりました。

そして、1990年代には全国的に普及し不良以外の若者たちにも広く使われるようになりました。

使い方

使い方としては言葉の意味通り、鬱陶しい・うるさい・面倒くさいと感じた時、またそう感じた人に対して使います。

近年若者の間では更に簡略化した「うざ」や、語感を荒くした「うぜー」という言い方もしたりしますね。

友人同士のふざけたノリで使うこともあれば、本当に嫌いな人への悪口として使ったりもします。

ただしいじめで使われたり、ケンカの原因になったりと、使い方によっては自殺や事件を引き起こす深刻な言葉にもなりかねません。

慎重に注意して使うことも必要となってきます。

類義語

こちらも言葉の意味通り、うざったい・鬱陶しい・うるさい・面倒くさいといった言葉が類義語になります。

またわずらわしい・邪魔・迷惑・嫌味ったらしいといったような言葉もそうでしょう。

とにかく人に対する不快な気持ちを表したマイナスな言葉が同じような意味を持つ言葉になると考えられます。

うざい人には10個の特徴がある

人によってうざいと感じる瞬間や、嫌な部分というのは色々あるように思われます。

でも実は、うざいと言われる人にはある共通する10個の特徴があり、それが原因で嫌われているということが分かったんです。

もちろんみんなにこれら全ての特徴があるわけではありません。

あなたの周りのうざい人もこんな性格に当てはまるんではないでしょうか?

そこのところも考えながらぜひ読んでみてくださいね。

空気を読めない

うざい人の特徴として1番多くて厄介なのがこれ。

空気が読めないところ。

周りの状況やみんなの気持ちにまるで気付かず、「え、今そういうことする?」「そういうこと言っちゃう?」というような行動・発言をして場をしらけさせる人のことを指します。

ちょっと空回りなことをしたり的外れなことを言うくらいのレベルでしたら、まだ面白いと思ってもらえるかもしれません。

ですが、本当に空気が読めない人というのは、場が凍り付いてみんながハラハラしてしまうくらいびっくりするようなことをするのでかなり困ってしまうんですよね。

そういう人は自分が空気を読めていない・場の雰囲気を壊したということに気付きもしないので、余計に厄介です。

自分の話しばかりする

うざい人というのは自我が強いので、自分を優先したいという人が多くなります。

そのため周りの人の話を聞こうとせず、まず自分の話をしようとするんです。

もちろん自分の話をした後に、きちんと相手の話も聞いてあげるような人なら何も問題ありません。

ただうざい人は人の話には一切興味を持たず、ただひたすら自分の話ばかりしてしまうのでだからみんなから嫌がられてしまうんですよね。

空気が読めないと自分が話し過ぎているということや、周りが嫌がっていることにも気付かず延々と話し続けてしまいます。

こちらはどっと疲れてしまいますね。

自慢話がとにかくすごい


自分の話ばかりされるだけでもかなり迷惑なのに、うざい人はさらに自慢話が入ってくるので余計に面倒くさくなります。

先程も言ったようにうざいと言われる人は自我が強く自分大好きな人が多いので、自分の良い所を人に披露したくなっちゃうんですよね。

たまに聞くくらいなら純粋に凄いなと感じて褒めてあげることだってできますが、会う度会う度自慢話ばかりされたら、いい加減うんざりして聞く気すら起きなくなってしまいます。

自慢話をされるとどうしてもある程度リアクションもしてあげないといけないと思ってしまうので、本当に迷惑ですよね。

うんちく話を何度もする

自慢話と同じくらいうざいのが、うんちく話を何度もする人です。

うざい人というのは、とにかく自分がすごいというところを見せたくなる性格なのです。

自分が知っている知識を周りに教えてアピールしたくなってしまうんです。

でも自慢話同様、うんちく話もいつも聞いているとうんざり。

更にうざい人は前に話したうんちくを何度も何度も話したりするので、余計に嫌になってしまいます。

しかもそういう人が話すうんちく話はそれほど大した内容でないことがほとんどです。

よく知られているようなものや、「だから何?」と思ってしまうようなものだったりするんですよね。

それでも話している本人はどや顔で得意げに話していたりするので、こっちは余計にうざいと感じてしまうかもしれません。

プライベートにどんどん入ってくる

基本的にうざい人というのは、自分のことばかりで人には興味を示さないと説明しましたが、ある例外もあります。

誰にでもあまり人に踏み込まれたくないようなプライベートな部分はあると思います。

うざい人は人のそういうところにほど平気でズカズカと入ってこようとするんです。

知りたいと思ったらとにかく話を聞きだそうと質問攻めにして、こちらがあまり話したくないような内容で濁そうとすればするほど、逆に「それで?それで?」としつこく迫ってきたりすることも。

普段自分の話ばかりしたがるくせに、こういう時だけは人の話を無理矢理聞き出そうとするのも特徴の一つです。

かまってほしい

うざいと言われる人は、いわゆるかまってちゃんが多かったりします。

例えば、SNSで大した内容でもない投稿を毎日何度もアップしてみんなからコメントやいいねをもらおうとしたり。

逆にみんなの投稿にコメント・いいねをしまくったり。

たまに「今日は予定がない~」「みんなは何してる?」など暇アピールをして、みんなにかまってもらおうとしたりもします。

最悪な場合はLINEなどで直接メッセージを送ってきて、なんでもない世間話をされたり遊びに誘われることも…。

うざい人とはできるだけ関わりを持たず距離を保ちたいものなのに、これはかなりのストレスになってしまいますよね。

自信過剰になりがち

自信過剰になりやすい、というのもうざい人の特徴の1つです。

先程もお話したように、うざい人というのは自分大好きな人が多いので、何かいいことがあるとすぐに自分に自信を持って調子に乗ってしまうんです。

周りから見るとそうでもないことでもすぐにプラスに受け取って自信過剰になりがち。

そしてそれをまた自慢したりアピールするから、周りは嫌になってしまいます。

自信というのは確かに大切なものではありますが、それを周りにアピールしすぎるのは嫌がられることが多いでしょう。

言動が伴っていない

大きなことを口にしておいて、何も行動にできていない、そんな言動が伴わない人もうざいと言われてしまうかもしれませんね。

先程もお話したようにうざい人というのは自信過剰で、おまけに人前では自分を良く見せたいというところがあるので、必要以上に見栄を張って自分を過大評価するような発言をしたり、大げさな夢や理想を語ったりします。

でも実際はそこまで実力も度胸もないから、結局何も行動に移せず口だけの人間になってしまうんですよね。

本当にかっこいいのは何も話さずただただ結果だけを出していくような人なんですけどね。

常にネガティブ

中には常にネガティブというタイプのうざい人もいたりします。

常にネガティブな人と一緒にいると疲れてしまいます。

なぜなら、こちらがどんなに褒めたり励ましたりしても全く聞く耳を持たず、「でも」「だって」とずっとネガティブでい続けるからです。

そのくせやたら話を聞いてほしいというような空気を出してきて、こちらがほっとこうとすると余計に落ち込んでしまったりするんですよね。

ずっと一緒にいるとこちらまで疲れてきて気が滅入ってしまいそうです。

お金に関してすごくケチ

お金に関してすごくケチ、これもうざい人の特徴に入ります。

例えば、友人同士で一緒に食事に行った時は1円単位で割り勘だったり。

誕生日プレゼントなどもなるべく安く済ませようとしたりなど、そういった人たちのことです。

要するにこういう人たちは自分のお金を人に使うことを極端に嫌がって、なるべく消費しないようにするんですよね。

でもその反面人にお金を使わせることはまったく申し訳ないと思いません。

食事などを奢ってもらえるようにねだったり、人からもらったプレゼントにケチをつけたりなんてことをどんどんしてくるんです。

本人たちはお金を無駄遣いせずいいことをしているように思っているかもしれません。

しかし、倹約とケチは全く違うものです。

こんな自己中心的な生活をしていては、友人も豊かな生活もどんどん遠ざかっていくのではないでしょうか。

うざい人の対処法


ここまでうざい人の特徴についてお話してきました。

では、実際うざい人に悩まされている時一体どうやって対処したらいいのでしょうか?

ここでは上司・友達・恋人など、人物別に分けて詳しい対処法を紹介していきます。

ぜひ今後の参考にしてみてください。

うざい上司だったら・・・?

うざい上司ってどこの職場にもいるものですよね。

でも上司だからあまり失礼な態度は取れないし…。

毎日我慢我慢で本当にストレスになってしまいます。

そんなうざい上司への対処法はいかに態度を表に出さず、スマートに避けられるかがポイントになってきます。

言っていることは真に受けない

上司というのは部下に比べて立場が上の存在なので、どうしても偉そうな態度を取ってしまうもの。

そのため会話も自分の自慢話やうんちく話が中心になります。

時には夢や理想を突然熱く語り出したりします。

しかも部下には尊敬されたいと思うので、ついつい盛って話したり、実際に行動には移せないようなビッグなことを言ってしまったりするんですよね。

まさにうざい人の特徴にピッタリですね。

なので上司の言うことは真に受けず、話半分くらいで聞くのがオススメです。

そして「お~」「凄いですね」というような、上司を褒めるようなリアクションを取るようにしていけばOKです。

毎回毎回話を全てちゃんと聞いて、しっかりリアクションも取っていては疲れてしまいます。

なので、始めから軽く聞き流すくらいの気持ちでいれば全然違ってきますよ。

後で上司の話が口だけだった、と余計なストレスを感じることもなくなります。

上司はただ自分が凄いというところを部下にアピールしたいだけです。

その上司の気持ちを酌んで「聞いてあげるか」くらいの気持ちで構えるようにしましょう。

ひどければ聞いているフリをする

先程は上司の話を真に受けない、軽く聞き流すという対処法について紹介しましたが、「本当に上司が嫌い」「毎回同じような話でもううんざり」と思ってしまうくらい耐えられない時。

いっそ聞いているフリしてしまうというのも1つの方法です。

先程も言ったように上司はただ部下に話を聞いてもらって、願わくば尊敬するようなリアクションをしてもらいたいと思っているだけなんです。

なので実際に話の内容をしっかり頭に入れていなくても、そういうフリをすれば大丈夫。

もちろん明らかに聞いていないような態度、心のこもっていないリアクションはNGなのでそれなりに演技は必要になります。

また話を全く分かっていないというのもまずいです。

話の大体の内容は把握しておかなければいけませんが…。

もう聞きたくないという時はこの手を使ってしまいましょう。

他の上司に相談する

うざい上司のことがストレスで、仕事に支障が出るくらい本当に耐えられなくなったら、他の上司に思い切って相談してみるというのも良いかもしれませんよ。

ただし相談する相手は、本当に頼れる上司にするようにしましょう。

うざいとは言え上司のクレームを言うわけです。

下手すると「なんて失礼な部下なんだ」と逆に評価を下げる事態になってしまうかもしれません。

本当に頼りになって信頼のできる上司。

できたらあなたと仲が良くて一緒に飲みに行けるような、そんな上司に相談をするようにしましょう。

もしかしたらその上司もうざい上司のことを良く思っていなくて、気持ちを分かってもらえるかもしれませんよ。

そんな上司がいてくれたら、気持ちもかなり楽になりますよね。

なるべく一緒に仕事しないように言っておく

うざい上司への1番良い対処法。

それはやはりなるべく行動を共にせず、距離を置くことでしょう。

そうなると周りの人などに相談をして、できるだけ一緒に仕事したくないという気持ちを話しておくと良いでしょう。

本当に悩んでいると知ったら、周りの人も協力してくれるかもしれません。

また先程お話したような信頼できる上司がいる場合は、そちらに相談してみるのも良いでしょう。

上司なので同僚たちに比べたら仕事に対してかなり融通が利くかもしれません。

何かサポートもしてくれるかもしれませんよ。

会社なのでうざい上司を完全に避けるというのは難しいかもしれません。

しかし、辛くなったら周りを味方に付けて、なるべく行動を別にできるように試してみましょう。

うざい友達だったら・・・?

うざい人とはできれば友達になりたくないものですが、クラスや職場が同じでどうしても避けられないという場合がありますからね。

最悪の場合は向こうに好かれてしまって付きまとわれてしまうということもあったりします。

ではそんな友達にはどう接したらいいか?

うざい友達にはちょっと厳しめの態度を取ったりと、友達だからこそできる対処法もあるようです。

話は聞くフリ


先程のうざい上司同様、うざい友達の話も基本聞くフリを通すのが良いでしょう。

友達は会社の上司以上に話す機会が多いもの。

まして同じクラスや会社の人だったら毎日会って話を聞くことになってしまいます。

毎日毎日うざい友達の近況や自慢話を聞くなんて耐えられませんよね。

そういう時は話を聞いているフリをして聞き流すというのがやはり1番良い方法でしょう。

この場合も話をきちんと聞いているという演技やリアクションはしておいた方がベストです。

しかし、本当にうんざりという相手だったらもう演技すらせず、明らかに聞いていない様子・冷たい反応を見せてしまうのもアリかもしれません。

もしかしたらそういう反応を見ることで「あれ、もしかして迷惑だったかな」と感じ取って、今後の友達の態度も変わってくるかもしれませんよ。

時には注意をしてみたり

うざい友達にはもう限界…でも縁を切るほど嫌いではない。

と悩んでいる人だったら、思い切って本人に注意をしてみてはどうでしょうか?

お話した通り、うざい人は空気が読めない人が多く、自分がうざい行動をしているということにすら気付いていなかったりします。

1度注意をして周りが迷惑しているということに気付かせるのも良いことだと思います。

そういう人たちは人に言われるまで分からないという人がほとんどです。

人に注意をされることで深く反省したりしますからね。

ひどい友達には厳しくガツンといっても良し、傷つけたくないなら優しくアドバイスをするような感じで話すのも良いでしょう。

とにかく友達にうざい行動をしているという自覚を持たせてあげましょう。

苦笑いをしてごまかす

いくらうざい友達でも傷つけたくない…そう思って毎回我慢して優しく接してあげる人もいるでしょう。

でもそれではうざい友達は周りが嫌がっていることにずっと気付いてくれません。

むしろ調子に乗ってうざさがエスカレートしてしまうかもしれません。

では相手をなるべく傷つけず、さりげなく気付いてもらうにはどうしたらいいか?

そんな時は苦笑いをしてごまかすという方法が結構使えたりしますよ。

苦笑いは明らかに不快という表情ではありませんが、相手に「あれ?」と思わせる最適な表情です。

もしも相手が勘の良い人なら「もしかして嫌がってるかな?」「やめた方がいいかな」と思わせることもできるでしょう。

でもストレートに嫌だとぶつけているわけではないので、相手との仲が壊れるということもありません。

空気が読めない人だとすぐには伝わりにくいかもしれませんが。

さりげなく迷惑という気持ちを伝えるには効果的な方法だと思います。

うざい恋人だったら・・・?

恋人と付き合い始めてからうざい部分に気が付いて困ったことってありませんか?

恋人は友達以上に近い存在。

長く付き合っていけば更に距離は近付いていくし、一緒に過ごす時間も多くなるし。

そうなると最初はちょっとイラッとしたうざさも、次第に強いストレスになっていって、段々一緒にいるのが辛くなったりしちゃうんですよね。

そうならないためにも、うざい恋人には思いきった行動をすることが大切。

良い関係を築いていきたいならごまかさずにきちんと行動を起こさないといけませんよ。

関係を切る

「もう付き合っていくのは無理」と感じるくらいうざい恋人だったら、いっそもう関係を断ち切ってしまいましょう。

もちろん「相手のことがまだ好き」「うざいところはあるけど許せるレベル」という人たちなら、良い関係を築けるよう努力するべきですが。

行動がひどすぎて気持ちも冷めるような恋人だったら、思いきって離れた方が良いでしょう。

人の性格というのは直したいと思ってもなかなか直らないものです。

うざい性格だったら尚更です。

それなのに我慢して付き合い続けてもただ傷つけられるだけですよ。

だったら「この人と自分はもう最初から合わなかったんだ」と思ってサッパリ別れてしまいましょう。

そしてうざいと思わない、自分にピッタリの新しい恋人を探した方がきっと幸せになれるはずですよ。

うざい話しは流す

うざい上司・うざい友達の項目でもご紹介した方法ですが、やはり話を聞き流すというのはかなり良い対処法と言えるでしょう。

恋人も友達同様、一緒に過ごす時間が多くなります。

しかも恋人同士の場合は2人きりでいることが圧倒的に多いので、自分が相手の話をいつもいつも聞くことになってしまいますよね。

それがうざい話となるとかなりのストレスになってしまいます。

だからこそ恋人の場合でも、話を聞き流すというのは必要な対処法になってくるわけです。

一見冷たいようですが、恋人にストレスを爆発させず円満な関係でいるためには良い行動と言えるのではないでしょうか。

ただし恋人の機嫌を損ねないためにも、きちんと話を聞いている様子と心のこもったリアクションは忘れないようにしてくださいね。

指摘してあげる

恋人というのは気を使い合うことも大事ですが、本音で話し合うことも大事。

「この人とこれからもずっと一緒にいたい」と思える相手だったら、勇気を出してうざいと思う部分を指摘してあげるのも良いでしょう。

ただし指摘をする時は迷惑している、怒っているという態度ではなく、「あなたのそういうとこに悩んでいた」というような困った感じで言ってあげるのがオススメ。

そうすれば恋人も「こんなに悩ませていたんだ」と反省をして、より指摘が効果的となるでしょう。

うざい部分というのは恋人以外に、友達や職場の人いろんな人を不快にさせてしまう可能性もあります。

そんなことになって恋人の評価を下げないためにも恋人が心を鬼にして、性格を改善させてあげることが必要になってきますよ。

世の中にはうざい人はたくさんいることを受け止めよう

誰にでもうざいと思ってしまう人は必ずいるものなのかもしれません。

例え「うざい」とまでは感じたことがなくても、今回ご紹介したような特徴を持っている人もたくさんいるのではないでしょうか?

でもうざいと言われる人の行動にも様々な気持ちや理由が存在しているんです。

うざい行動にイラッとしてもう関わりたくないなんて思うかもしれませんが、そういった行動の裏の心理を見ることで、また新しい発見があったり彼らに対する考えも変わるかもしれませんよ。

無理に仲良く、とまでは言いませんが、ぜひ1度うざい人達をよく観察してみて、彼らの気持ちを読んでみてくださいね。