私たちが日常生活を行う中で聞いたりする言葉の中には、言葉の意味がよくわからないものが混じっていたりすることがありませんか?

日本語はたくさんの種類がありますし、難しい言葉も数多く存在しています。

また、最近では新しい言葉もどんどん生まれており、英語混じりの言葉もあれば、略称されたような若者言葉なども存在していますので、分からないことがあったりするのは当たり前の事なのです。

もちろん全ての言葉を知っておく必要性はないのですが、中には便利な言葉などもあったりしますし、言葉の意味を知っておく上で損になるようなことは一切ありませんので、この機会に様々な言葉を考えていただくきっかけとして受け止めていただければ幸いです。

そこで、今回はよく使われる言葉でありながら、分からない人にはわからないデフォという言葉をテーマにして、デフォという言葉はどういう意味なのか、そしてどういうものをデフォという言葉で呼ぶのかということについてご紹介して行きたいと思います。

デフォの意味

債務不履行

デフォという言葉の意味を知る前に、そもそもデフォという言葉の元になっている言葉を知っていただく必要性があります。

デフォという言葉はそれが単語になっているのではなく、あくまでデフォという略称された言葉であるということを理解してください。

デフォという言葉は、もともとはデフォルトという言葉が略称された形になっており、おおもとの言葉はデフォルトという言葉なのです。

では、改めてデフォルトという言葉の持っている意味はどういう意味なのかと考えたときに、デフォルトとは「債務不履行」という言葉の意味を持っています。

社会人としての経験がまだ浅い形であったり、年齢的に幼い方は債務不履行という言葉が難しくてわからない方もいると思います。

債務不履行とは「債務者が正当な事由がないのに債務の本旨に従った履行しないこと」を意味しています。

つまり、簡単に言えばお金を借りた側が契約上の返済などの義務に対して応じないこと、果たさないことなどを意味しているのです。

一般的な感覚としてデフォルトという言葉にこのような意味があるということ自体知らない方もいると思います。

なぜならば、デフォルトという言葉に関してはもっと有名な意味が存在しているからです。

もしもこの意味を知らなかった方は、新たにデフォルトという言葉の持っている意味を理解するきっかけにしてみてください。

初期状態


次にご紹介するデフォルトという言葉の意味は「初期状態」という意味です。

おそらくデフォルトという言葉を知っている方にとってみれば、この意味で捉えている方や、これをメインの意味で使っている方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

初期状態に関しては、一般的に考えてソフトウェアやハードウェアなどの初期状態のことを意味しており、標準設定などの意味も含まれています。

例えば、現代を生きる人にとっては欠かせない存在であるパソコンやスマートフォンなどがあると思いますが、これらの便利な商品を購入した時に、大抵の場合は中古でない限り様々な設定だとは初期状態のままになっていることが多いですよね。

なので、初期の状態という言葉をデフォルトという言葉で表現することができますので、購入した当時のパソコンやスマートフォンなどに関してはデフォルトのままというような言葉で表したりすることができるのです。

こうして考えてみればデフォルトということは日常生活の中でよく使ったりする場面としてはやはりこの初期状態という意味合いで使われることが多かったりしますので、この意味がたくさんの方に浸透してしまっているということの理由として考えられます。

通常・普通・特別でない

次にご紹介するデフォルトという言葉の意味は「通常・普通・特別でない」という意味です。

意外とデフォルトという言葉にこのような意味が含まれているとは知らない方が多かったりするのですが、もともと私たち日本人はコンピューターやソフトウェア関連の用語としてデフォルトという言葉が身についていますので、先ほどお伝えした通り初期状態という言葉の意味で浸透していますので、知らない方が多かったりするのです。

しかし、デフォルトという言葉に関しては本来持っている英単語の意味として考えた場合、一番初めにご紹介した債務不履行という言葉であったり、そのほかには「怠慢」「滞納」「不出場」というような意味を持っている単語として知られているのです。

つまり、印象としてはネガティブな印象を与えるような言葉の意味が存在しており、私たちが考えているデフォルトという言葉の感覚とは少し違ったものであると考える必要性があります。

なので、その場その場の状況をよく理解した上でデフォルトという言葉を理解した上で使用しないと間違った使い方になってしまう可能性もありますので注意をしなければいけません。

デフォの対義語はあるの?


デフォルトという言葉の基本的な意味合いについてご紹介をしていきましたが、ある程度デフォルトという言葉の基本的な意味を理解いただいたところで、ここからはデフォルトという言葉の対義語について考えていただきたいと思います。

デフォルトの基本的な意味を想像していただき、その対義語となるような言葉があるかどうか考えていただくと、ちょっと難しく感じるかもしれませんが、よくよく考えてみればなるほどね、とすぐに理解していただける言葉が存在しています。

その言葉の持っている意味なども比較しながらご紹介していきたいと思います。

カスタム・カスタマイズ

デフォルトという言葉の対義語を考えた時に、該当する言葉としてはカスタム、もしくはカスタマイズという言葉が該当すると考えることができます。

では、カスタマイズという言葉の持っている基本的な意味はどのような言葉の意味なのかと考えると「①特別注文で作ること、注文に応じて作り変えること、②コンピューターでアプリケーションソフトの操作方法や色々な設定を利用者が使いやすいように変化させること」を意味しています。

つまり、デフォルトが初期状態であることに対して、カスタマイズという言葉は自分の好みによって変化させたり作り変えたりすることを意味していますので、デフォルトという言葉とカスタマイズという言葉に関しては対義語の存在であると考えることができるのです。

例えばカスタマイズという言葉を日常的な会話の中で使うとすれば、「買ったばかりまでo-の設定になっているので、自分自身でカスタマイズして自分の好みに変化させてください」というような使い方などが考えられますので、使い方はそこまで難しくはありませんよ。

デフォの使い方

デフォルトという言葉の意味を理解するだけでは、デフォルトという言葉を完璧に使いこなすことはできません。

なぜならば、デフォルトという言葉の使い方もしっかりと理解をしておかなければいけないからです。

意味を正しく理解していても、使い方が間違っていれば全く意味のわからない言葉になってしまう可能性もありますし、意味を理解していたとしても文章中でどのようにして証明したりすればいいのかということが分かっていなければ使えないということと同じです。

なので、その辺りを注意しながら、デフォルトという言葉の使い方を改めて再確認していただくために、デフォルトという言葉を使った例文についていくつかご紹介していきたいと思いますので、この例文を確認しながら、正しいデフォルトという言葉の使い方をつかんでみてください。

あの人の〇〇はデフォだよ

まずはじめにご紹介するデフォルトという言葉を使った例文は「あの人の〇〇はデフォだよ」という例文です。

この例文に関してですが、先ほどデフォルトの意味をある程度をご紹介していきましたが、一般的には初期状態という言葉の意味として理解していますので、そのまま当てはめたとしてもなんとなく違和感を感じるような文章になってしまいますよね。

しかし、この場合でのデフォルトという言葉の意味は「普通」や「当たり前」という言葉の意味として理解していただく必要性があります。

なので、若干ながらデフォルトという言葉の意味合いとして外れているような印象を持つ方もいるかもしれませんが、一般的に若者たちの間ではこのような使い方が当たり前になっていますので、この点をまずは理解するようにしてください。

それを踏まえたうえで、この例文を別の形に変化させてみれば、「あの人のさぼり癖はデフォだよ」というような例文に書き換えることができます。

意味としては、あの人がさぼり癖なのはいつものことだよ、というような意味として解釈でき、このような使い方ができるということを理解してください。

〇〇するのはデフォだよね

次にご紹介するデフォルトという言葉を使った例文は「〇〇するのはデフォだよね」という例文です。

これはどういう意味なのかと言いますと「〇〇をするのは当たり前だよね」というような意味として知られています。

人によってはこのような言葉を言われたりするとイラッとするかもしれませんが、一般的にはそれが当たり前であることを主張したり、相手に同意を求めるような場合に発言するような言葉として知られています。

例えば、使い方としては「ファミレスに行ってパフェ注文するのはデフォだよね~」というような例文が想像できると思います。

人によって価値観や、物事に対する概念などは違いますので、決めつけたりするのはあまり良いことではないのですが、一般的に常識だと思われてるような言葉に関してはこのような言葉で表現したりしてもおかしくはないと思いますので、相手に伝える際にはしっかりと相手の気持ちを考えて伝えるようにしてください。

朝食のデフォは〇〇だ

次にご紹介するデフォルトという言葉を使った例文は「朝食のデフォは〇〇だ」という例文です。

これはどういう意味なのかと考えてみると、自分にとっての朝食の基本はこれだというような気持ちを表すことができるような例文なのです。

人によって考え方や価値観などは異なりますので、自分の主張を表現したりするときに用いられたりするような例文になるのですが、一般的に考えてみると朝食の基本としてはご飯を食べたり、みそ汁を食べたり、パンを食べたりするなど、人によって考え方は異なります。

自分なりにこだわりを持っている人が多かったりすると思いますので、その気持ちを伝えたりする時に便利な言葉なので、周りに対して自分の意見を伝えたいときや、自己主張したいときにはこの例文の形で表現すれば伝わりやすいと思いますよ。

PCをデフォの状態に戻す

次にご紹介するデフォルトという言葉を使った例文は「PCをデフォの状態に戻す」という例文です。

これはどういう意味なのかどう考えてみると、単純に自分のパソコンを初期の状態に戻すという意味になります。

デフォルトという言葉が持っている基本的な意味としては初期状態という意味がありますので、自分の保有しているパソコンを初期の状態に戻すということはデフォルトという言葉を使って表現することができますので、このような例文を使って表現することができるということになります。

デフォと言うもの

ここまではデフォルトという言葉の意味や、デフォルトという言葉を使った例文についてご紹介をしていきましたので、ある程度言葉の意味や使い方を理解いただけたと思います。

そこで、ここからは現実的にデフォルトという言葉を使って指し示すことができるようなものについていくつかご紹介をしていきたいと思います。

デフォルトという言葉の意味を理解しても、デフォルトという言葉が指し示すせるものを理解していなければ、少し表現方法が間違っていたり、ちゃんとしたニュアンスの違いだと思われてしまったりするようなこともありますので、この部分に関しても知識として知っておくことで、よりデフォルトという言葉を使いこなすことができるようになると思いますので、確認してみてください。

買ったばかりのPCやスマホ

まずはじめにご紹介するデフォルトという言葉で指し示すことができるものは「買ったばかりのPCやスマホ」が挙げられます。

これはどういうことなのかと言いますと、デフォルトという言葉に関してはソフトウェアやハードウェアなどに対する初期状態のことを意味している言葉でもありますので、当然ながらパソコンを購入した場合には該当する言葉であると考えることができます。

なぜならば、パソコン購入した当初の場合はソフトウェアやハードウェアなどが初期状態になっていることが考えられますので、デフォルトの設定というような考えを持つことができるため、デフォルトという言葉を使って表現しても違和感がないものになるのです。

そして、スマートフォンに関しても全く同様であり、スマートフォンも様々な設定を自分自身で変更したりすることができるものであり、スマートフォンは今やパソコンと全く同様の性質を持ってるような携帯電話になっています。

なので、これに関してもパソコンと全く同じ扱いをすることができるため、デフォルトという言葉を使って指し示すことができる対象になり得ると考えることができます。

大会等を棄権する事

次にご紹介するデフォルトという言葉で指し示すことができるものは「大会等を棄権する事」が挙げられます。

これは人によっては意外だと感じる意味になるかもしれませんが、大会等を棄権する事に関してもデフォルトという言葉を使って表現したり、言い表したりすることができるのです。

デフォルトという言葉が持ってる意味の項目でもご紹介した通りなのですが、デフォルトという言葉に関しては一般的に知られている意味の他に、様々なネガティブな意味合いを持っている意味もいくつか存在しています。

例えば、「怠慢」「滞納j」「不出場」などの言葉が実際は存在しており、この中の一つである不出場という言葉を想像すれば、「大会等を棄権する事」という意味が該当すると考えることも十分可能になると思います。

不出場は一般的には大会に出ることをやめるということになりますので、結果的には「大会等を棄権する事」と同義、もしくはとても似ている意味であると考えることができるため、デフォルトという言葉で言い表すことできる対象になると考えることができるのです。

債務が果たせない状態

次にご紹介するデフォルトという言葉で指し示すことができるものは「債務が果たせない状態」が挙げられます。

なぜデフォルトという言葉で債務が果たせない状態を言い表すことができるのかと考えた時に、デフォルトという言葉が持っている基本的な意味を思い出してみてください。

デフォルトという言葉が持っている基本的な意味の中には「債務不履行」という言葉の意味が存在するということを先ほどご紹介しました。

なので、債務が果たせない状態という言葉は該当すると考えることができますので、債務が果たせない状態はデフォルトという言葉で表現することができるのです。

つまり、支払いができないような人間の陥っている状態をデフォルトという言葉でまとめることができるということになります。

たくさんの意味を持っている言葉でもありますので、意味を区別しながら使えたりするのが難しく感じるかもしれませんが、正しく意味を理解していればそこまで難しいものにもなりませんので注意しながらデフォルトという言葉を使うようにしてみてください。

平常時の自分の状態

次にご紹介するデフォルトという言葉で指し示すことができるものは「平常時の自分の状態」が挙げられます。

なぜ平常時の自分の状態がデフォルトという言葉で言い表すことができるのかと考えた時に、デフォルトという言葉が持っている基本的な意味の中には「普通」という言葉の意味や「初期状態」という言葉の意味が含まれています。

つまり、それが自分にとって普通の状態であったり、自分にとってのスタンダードな考え方になるのであれば、デフォルトという言葉を使って物事を表現したりすることが十分可能になるからです。

例えば、仕事中はいつも明るく振る舞って元気な印象を与えている人間でも、プライベートになるとそこまで明るい性格ではなくむしろちょっと根暗な性格になってしまうような人間だと、「実は根暗な性格が僕のデフォなんです」というような言葉で言い表したりすることができます。

手を加える前の案等

次にご紹介するデフォルトという言葉で指し示すことができるものは「手を加える前の案等」が挙げられます。

なぜ手を加える前の案等がデフォルトという言葉を使って表現することができるのかと考えた時に、まず考えていただきたいのがなにかの案に対して、手を加える前と言うのは簡単に言えば加工したりする前の段階である初期状態のことを意味している言葉であると考えることができますよね。

そのように考えるならば、その案は元々の初期状態の状態であるということを考えることができるため、結果的にデフォルトの持っている言葉の意味である初期状態という言葉を引用することができるため、デフォルトという言葉で表現することができるのです。

なので、この案はデフォルトの案なんだけど~などのような言葉で表現したりすることができるということになります。

デフォルトの基本的の意味を知っていれば、なんとなく関連性が見えてくると思いますので、デフォルトという基本的な意味を正しく理解した上で物事を判断してみるとどのような状態やどのようなものに対して使ったりすることができるかということがよく理解することができるようになるはずです。

標準設定

次にご紹介するデフォルトという言葉で指し示すことができるものは「標準設定」が挙げられます。

なぜ標準設定という言葉がデフォルトという言葉で表現することができるのかと考えた時に、標準設定というのはどういう言葉なのかと考えてみると、その物事の標準の設定になりますので、何も手を加えられていない状態であったり、言い換えてみればカスタマイズされていないような状態であると考えることができますよね。

それを踏まえて考えてみれば、カスタマイズされていない状態を表示の設定ということは、言い換えてみれば初期状態であるということを表していると考えることができますよね。

なので、その物事が標準設定になってる場合は、デフォルトという言葉を使って表すことが可能になると捉えることができるのです。

なので、例えば何かしらの機械を購入した時に、その機械の設定などが標準設定をされていた場合はデフォルトの状態という言葉を使って表現することができます。

こうして考えてみると、デフォルトという言葉は様々なシーンで利用することができるような利便性の高い言葉であるということも分かりいただけるはずです。

債権の償還が出来ない

次にご紹介するデフォルトという言葉で指し示すことができるものは「債権の償還が出来ない」が挙げられます。

なぜ債権の償還が出来ないということがデフォルトという言葉で言い表すことができるのかと考えた時に、まず債権の償還という言葉自体が難しくて分かっていない方も多いと思いますので、簡単に意味をご紹介していきます。

債権の償還とは「債券の保有者に対して満期日に額面金額が払い戻されること」を意味しています。

つまり、簡単に言えばお金が払い戻ってくるというような意味として理解してください。

その払い戻しが叶わないということは、お金を返してくれないという意味になりますので、結果的にはデフォルトという言葉の基本的な意味の一つである「債務不履行」という意味が適用することができると考えることができます。

なので、債権の償還が出来ないという状況はデフォルトという言葉で表現することができるのです。

怠けている状態

次にご紹介するデフォルトという言葉で指し示すことができるものは「怠けている状態」が挙げられます。

なぜ怠けている状態がデフォルトという言葉で言い表すことができるのかと考えた時に、デフォルトという言葉が持っている基本的な意味はネガティブな言葉の意味が多いと先ほどご紹介していきました。

そんなデフォルトという言葉の持っているネガティブな言葉の意味の中には、「怠慢」「滞納」「不出場」という言葉の意味も含まれています。

そうすると「怠慢」という言葉が含まれていますので、結果的には怠けている状態が該当しており、怠慢という言葉はデフォルトという言葉で言い表すことができるということになるのです。

しかしながら、元々英単語の持っている意味ある一つとして考えられていますので、あまり日本人に幅広く理解されているような意味合いにならないため、怠けている状態をデフォルトという言葉で表現したところで、周りの人になかなか理解されにくかったりすると思いますので使う時にはよく注意をして使うようにしなければいけません。

いつもと変わりない状態

次にご紹介するデフォルトという言葉で指し示すことができるものは「いつもと変わりない状態」が挙げられます。

なぜいつもと変わりない状態がデフォルトという言葉を使って表現することができるのかと考えた時に、デフォルトという言葉が持っている基本的な意味の中には「普通」という言葉であったり「初期状態」という言葉が存在しています。

普通の状態というのは一般的に考えていつもと変わりない状態であることと同じような意味であり、初期状態という言葉に関してもちょっと見方を変えてみればいつもと変わらない状態であると解釈することは十分に可能ですよね。

なので、いつもと変わりない状態を表現したいと思うならば、デフォルトという言葉を使って表現することが十分可能であると考えることができます。

また、若者たちの間でデフォルトという言葉を使ったりする場合は当たり前という意味で使われたりすることも多かったりしますので、それを含めて考えてみてもいつもと変わらない状態=当たり前の状態というような解釈をすることができるため、なおデフォルトという言葉を使って表現することができるという理由に繋がるのです。

若者言葉の1つとして使われている

デフォルトという言葉は先ほどからお伝えしているように現在若者言葉の一つとしてもたくさんの方に対応されている言葉です。

若者たちの間で使われる場合は、デフォルトと全て発音したりすることが一般的に少なくなっており、大体の場合はデフォという言葉で呼ばれているようなことが多いです。

今はインターネットが発達している時代でもありますので、様々なインターネット用語などが本来の形ではないものに変化して別の意味合いとして使われたりするようなことが多かったりします。

なので、それに伴って他のインターネット用語なども本来の意味とはまったく違う意味で使われたりしているものがありますので、併せてその言葉について簡単にご紹介していきたいと思いますので、若者言葉を知るきっかけとして活用してみてください。

デフォ以外のIT用語も若者言葉で使われている

デフォルトという言葉以外のIT用語で、どのような若者言葉が使われてるのかと考えてみると、OBTという言葉などがつ買われていると考えることができます。

インターネットに関して詳しくない方はこのアルファベットの意味もよく分からないと感じる方が多いと思うのですが、OBTという言葉に関しては本来はオープンベータテストという言葉であり、簡単に言えば「ソフトウェアの正式版をリリースする場合のサンプルバージョン」を意味しています。

つまり、正式版を公開する前に、サンプルとしてお試しで配布されているようなものと考えていただければわかりやすいと思うのですが、この言葉に関しては別の意味合いとして若者言葉で使われているのです。

では、どのような言葉の意味を持っているのかと考えると「思わせぶりな態度をとる人」の略称言葉として使われているのです。

上手に略せばOBTという頭文字になるのでそのようにして使われているのですが、具体的にどのような行動をしてくる人が該当するのかと考えてみると、妙に恋愛相手がいないことを自分にアピールしたり、ボディタッチをしてきたり、目を合わせてきたり、頻繁に連絡をしてきたりするような人が該当すると考えることができます。

OBTになってしまうと、相手にとっては迷惑でしかありませんので、相手とコミュニケーンを取る時にはしっかりと相手の気持ちも考えながら、発言や行動をするようにしましょう。

正しい意味を知ってないと恥ずかしい

今回はデフォルトという言葉をテーマにして、デフォルトという言葉の基本的な意味、そしてデフォルトという言葉の使い方、そしてデフォルトという言葉が含まれた例文についてご紹介をしていました。

今回ご紹介した内容を知識として身につけていただければ、デフォルトという言葉の正しい使い方などは身につけることができると思います。

言葉の意味を知らずに日常生活で使ったりしてしまうと、間違った意味合いで使ってしまったりすることになりますので、恥ずかしい体験をしてしまったり、相手に対して失礼な言動になってしまうこともありますので、よく注意しながら言葉は使わなければいけないということを改めて理解してください。

そして、今回はデフォルトという言葉についてご紹介していきましたので、利便性の高い言葉でもありますので、日常生活で正しい意味で積極的に使ってみてください。