あなたは今自分が携わっている仕事をスムーズにこなすことができていますか?

はっきりと意見が分かれると思いますが、自分自身がスムーズに仕事をできていると感じている方もいれば、その反対にスムーズに仕事ができておらず、自分自身でとても悩んでいるという方もいるかもしれませんね。

では、スムーズに仕事ができている人とスムーズに仕事ができていない人は何が違うのかということを考えたことがありますか?

おそらく、仕事ができる人ほど、仕事をスムーズに行うためにはどうすれば良いのかということを考えて行動していると思います。

その反対に、仕事がスムーズに行えていない人ほど、自分自身に対して向き合って考えていなかったり、考えたつもりになってしまって言う方がとても多いはずです。

なぜならば、結果的に仕事がスムーズに行うことができずにいまだ悩んでいるのが証拠だからです。

しかし、どんな人間も仕事がスムーズに行うことができるのであればそうなりたいと願っているはずです。

そうなりたいと願っていても、その答えが見つからないがために改善することができずに、いつまでも悩み続けているという方も多いです。

そこで、今回は仕事をスムーズにこなす上でとても大切な考え方になる、段取りをテーマにして、段取り上手な人がやっている物事を進める時のコツについてご紹介していきたいと思います。

今、仕事がスムーズに行えない自分に対してイライラしたり、自分を変えたいと願っているのであれば、今回ご紹介する内容をきっかけに、自分を変化させてみてください。

段取りひとつでその後のすべてが変わる!

いつも自分が行っている仕事に余裕がなく、仕事がスムーズに行うことができずに悩んでしまっているという方はとても多いと思います。

ある程度社会的な経験がある方に関しては、様々な知識やスキルを持っている可能性がありますので、そこまで悩んでいる方はいないのかもしれませんが、年齢的にまだ幼い方であったり、社会人としての経験が乏しい方に関しては仕事に関する悩みを抱えている方も多いと思います。

様々な経験をしていくうちにそこから脱出することができるような方もいるかもしれませんが、しっかりと自分と向き合い改善策を考えるようにしなければ、いつまでたっても仕事がスムーズに行うことができずに、最終的に周りから取り残されてしまったりする可能性もあります。

人それぞれ個人差はあると思うのですが、いつまでたっても仕事をスムーズに行うことができない人間は残念ながら社会から淘汰されていく存在になってしまいます。

周りの人間は仕事ができない人間を頼りにせずに、最終的に嫌な目で見られたりするようなこともあるかもしれません。

なので、仕事をスムーズに行うことができるようになるということは、自分を周りの人間に対して認めさせたり、必要な存在だと思わせる上でとても大切なことになります。

結果的に自分自身を守るということにもつながりますので、仕事がスムーズに行うことができておらず、悩んでいる方は少し段取りを変えるだけで全ての行動が変わるということを知り、段取りの重要性をもっと突き詰めて考えるようにしてみてください。

段取りとは?


仕事をスムーズに行うためには、必ず必要不可欠なのが段取りをしっかりと考えることです。

なぜ段取りをしっかりと行うことが仕事をスムーズに行う上でとても大切なことなのかと考えた時に、何かの物事を行うときに基本となる段取りを考えていないと、基本的な行動もとることができない可能性があり、また大きな時間がかかってしまう事にもつながります。

それだけではなく、段取りをしていないと先のことを見通して行動することができないため、ミスを誘発してしまう可能性もあります。

ビジネスの場面においてミスをするということは、大きなデメリットに繋がりますし、時にはそれが原因で信頼をなくしてしまうようなこともあるかもしれません。

なので、段取りをしっかりと行うことが結果的に仕事をスムーズに行うことにつながるので、とても大切なことだと言えます。

それを理解した上で、段取りの重要性についてさらにご紹介していきたいと思うのですが、中には段取りという言葉の基本的な意味を理解していない方もいるかもしれません。

なので、まずは段取りという言葉がどのような基本的な意味を持っているのかということからご紹介していきます。

語源は?

段取りという言葉の基本的な意味としては「①芝居などで筋の展開や組み立ての仕方②物事を行う順序や手順、またはその準備」という意味を持っています。

つまり、何かを行おうとした時に、その物事をどのように行っていくのかということを考えることを意味しています。

例えば、あなたが今からカレーを作りたいと思ったとします。

カレーを作りたいと思ったのであれば、当然ながら様々な行動が必要になります。

例えば、カレーを作るのに必要な食材を購入したり、カレーを作る上でどのような手順で作っていくのかというレシピを重い描く必要性がありますよね。

カレーを作るという物事を実行するために、段取りとしてまずは買い物をして、その後に下準備をして、まずは野菜を切って、炒めて…という流れを考えますよね。

これが言い換えてみれば段取りであり、段取りは物事を行う上で基本的な部分になるということです。

なぜならば、カレーを作りたいと思ったのに、カレーを作るのに必要な食材やレシピを知らなければ、カレーをつくるのは無理ですよね?
なので、あらかじめ段取りを考えたり、段取りを組むために様々な知識を身に着けることが大切なのです。

ちなみに、段取りという言葉は歌舞伎の楽屋言葉から生まれています。

そして、もともとの語源は石段のことであり、坂道に石段を作るときに勾配を見て何段にするのか見積もったりすることを段を取るという言葉で表現されており、段取りという言葉が生まれたとされています。

段取りが悪いことにはデメリットしかない!


段取りが悪くなってしまうと、残念ながらたくさんのデメリットが舞い降りてしまうようになってしまいます。

なぜならば、考えていただければ分かると思うのですが、段取りとは、言い換えてみれば物事の取り組み方を意味しており、これが一番基本的なベースになる存在なのです。

つまり、ベースとなる考え方が間違っていたり、そもそもベースとなるものが存在していないとなってしまうと、物事に対する考え方や行動などはめちゃくちゃになってしまいやすくなるのです。

なので、段取りが悪いとデメリットしか発生しなくなってしまうのです。

実際に、難しいことや複雑なことなどを行ったりする時はきちんと前もって何をしなければいけないのかということを考えて実行したりするのが普通だと思います。

とても難しいことを行ったりするときに、何も考えずにただ目の前のことから取り組んできたりするような方はあまりいないと思います。

もちろん失敗が許される状況なのであれば、それも一つの方法になるのかもしれませんが、一般的に考えてビジネスの場面などにおいてはミスをしたりすることは許されないはずです。

そのような場面に関しては段取りを組むことは絶対的に必要なことであり、当たり前の考え方にもなります。

なので、物事を実行する時に段取りが悪くなってしまうという事は、自分自身にたくさんのデメリットが発生するということを必ず理解しておいてください。

段取り上手な人がやっている物事を進める時の5個のコツとは?

段取りという言葉の基本的な意味をご紹介していきましたが、ここからはいかに段取りが大切なのかということを、段取り上手な人がやっている物事を進めるときのコツをご紹介しながら触れていたいと思います。

なぜならば、いくら段取りが大切だとお伝えしたとしても、具体的なメリットやコツなどを理解していないとなかなかその大切さは伝わりにくいからです。

そこで、ここからは段取り上手な人がやっているコツを項目別に分けて、いくつか大切なコツをご紹介していきたいと思います。

もしも日常的に段取りを組むのが苦手だと感じていたり、仕事がいつまでもスムーズに行う事ができないと悩んでいるのであれば、これからご紹介する項目をまずは理解して、日常生活の中で行うことができるように常に意識をするようにしてみてください。

自分の意識を変えることができれば、自分の行動を変化させることができ、結果的に新しい自分になることができますので、まずはしっかりと自分の意識を改革することを目標に実践していきましょう。

1.それぞれにかかる時間配分を意識する

まずはじめにご紹介する段取り上手な人がやっている物事を進める時のコツは「それぞれにかかる時間配分を意識する」ということです。

なぜ「それぞれにかかる時間配分を意識する」ということが物事を進める時のコツになるのかと考えたときに、それぞれの工程においてどれぐらいの時間をかけることができるのかということをあらかじめ考えて行動することで、無駄な時間を割くことがなくなるからです。

なぜならば、ある程度どれくらいの時間をかけるのかということを念頭において、段取りを組んでおくようにすれば、目標達成するまでのそれぞれの工程でしっかりと時間を確認しながら作業を取り組むことができるようになります。

逆に考えてみれば、もしもそれぞれの工程で時間を算出せずに作業を行っていた場合、必要な時間が差し迫ったことを理解することもなくなりますので、段取りを決めていない場合は絶対に必要以上に時間がかかってしまったり、時間をかけてしまったりするようになるのです。

しかし、ある程度時間が決まっていればその辺りで区切りをつけたり、与えられた時間内に作業をこなそうと努力をすることができます。

その意識があるのとないのとでは結果的に全く違ってきますので、時間配分を意識するということは結果的に段取り上手な人が行っている物事を進めるコツに繋がるようになるのです。

おおよその目安でも良いので、時間の概算をすることが大切

しかしながら、初めて行ったりすることに関しては、それぞれの工程でどれぐらいの時間をかけても良いのかということ自体が算出するのが難しかったりすることもあると思います。

ただ、勘違いしていただきたくないのは、そこで絶対的な時間を算出する必要性はないということです。

なぜならば、そこで完璧な時間を算出することは一般的に考えて難しく、完璧な時間を算出することができるのであればそもそもその物事に対してよく理解していなければ難しいはずです。

よく理解していないから段取りを組むのであって、完璧に理解しているのであれば段取りを組む必要性はそもそもメリットが少ないです。

だからこそ、分からないことや初めて行うことに対して、しっかりと概算で良いのである程度の時間配分を意識するようにしなければいけないのです。

初めてやることはわからないことばかりなので、分からないことが続いてずっとその物事に対して時間をかけてしまいやすくなります。

それが必要以上に大きな時間をロスしてしまう理由になり、全体的な物事を理解せずに、断片的な行動だけで終わってしまうので、結果的に失敗を誘発する可能性にもなりますので注意をするようにしてください。

2.一番スムーズにいく方法を考える

次にご紹介する段取り上手な人がやっている物事を進める時のコツは「一番スムーズにいく方法を考える」ということです。

なぜ「一番スムーズにいく方法を考える」ということが物事を進める時のコツになるのかと考えたときに、これはかなり単純な考え方ですが、一番スムーズにいく方法が結果的に時間をかけずに終わらせることができるからです。

日本人の中には時間をかけることが美徳だと考えてる方がいたりするのですが、残念ながらそれは古い考えになりつつあります。

実際に、昔の時代は長い時間の残業することが美徳と考えられていますが、海外ではそのような考えは一切なく、残業する人間は仕事が遅い人間だと判断されてしまいがちなのです。

長い時間をかければ全ての物事が良い方向に行くという保障はなく、短時間でもしっかりと大切なことを押さえておけば、最終的な結果が良い方向にいくものもたくさん存在しています。

さらに、早く終わらせられるという事は、自分自身に時間を生むことのできますので、余裕も生まれますし、余った時間で見直しなどを行ったりすることもできますので、まさに良いことだらけなのです。

なので、物事に取り組む際には、まずはスムーズに終わらせる方法をよく考えることがとても大切なことにつながるのです。