CoCoSiA(ココシア)

嫌な女の15個の特徴と性格を直す方法(続き3)

しかし、ブランド物を持っていることを自己のステータスにしている女性や、とにかくブランド物なら何でもいいと思っている女性の場合は、全身をブランド物で纏まっていても、嫌味で品のないオーラが出てしまっています。

また、ブランド物ばかりにこだわっていると、周りの人を見下しやすくなりますし、男性からは「金のかかりそうな女」と思われて、最初から恋愛対象には見なされなくなるでしょう。

11、男遊びが激しい

男遊びが激しい女性は、とくに同性から嫌われてしまいます。

一夜限りの関係が多い人や、人の彼氏や夫を寝取るのが好きな人、また依存体質で常に男と関係を持っていなければならない女性など、男遊びにも色々ありますが、どのような理由からであっても、男遊びが激しい女性は同じ女性から嫌がられます。

誰でも男遊びが激しいと知っている同性を、出会いの場や自分の彼氏に会わせたいとは思いませんよね。

そうした同じ女としての警戒心や嫌悪感から、嫌われてしまうことが多いのです。

12、男と女で態度を変える

男と女とで態度を変える女性は、時と場合によっては賢く生きていると言えるでしょう。

しかし、同性から見た時には嫌悪や不快の対象でしかなりえません。

そのため、男の前と女の前とで態度を変える女性は、同性からは嫌われやすく、また極力関わり合うことも避けられる傾向にあります。

男性は女性の態度の変わりように気付かなければ何も感じませんが、あからさまに媚びを売られていると気付けば、勘違いするかやはり不快に思うかのどちらかでしょう。

13、際どい服装ばかり着る

際どい服装ばかり着る女性は、同じように派手な女性であれば仲良くなれるかもしれませんが、それ以外の女性からは嫌悪されやすいです。

プロポーションに自信がある人ほど露出の多い格好をしがちですが、あまりに際どい服装は見る人によっては下品に感じられますし、仮に痴漢や暴漢に遭うことがあっても、「可哀想に」と同情したり、庇ってくれたりする人はそこまで多くはないでしょう。

もちろんどのような服装をしようがその人の自由ですが、見た目に派手過ぎる服装は、第一印象で「男遊びが激しそう」「性格が悪そう」などと悪く思われてしまうことが多いです。

また、男性からも軽そうな印象を受けてしまいやすいです。

14、上から目線での発言

上から目線での発言は、男性でも女性でも嫌われます。

上から目線の発言になるのは、本人はそんなつもりはなくても、相手よりも自分の方が優れている、または正しいと思う気持ちの無意識の表れです。

そうでなければ、決して上から目線のえらそうな口調になることはありません。

そして、上から目線の発言を受ける側は、ほとんどの人がそれを不快に感じます。

例えその発言の内容が正しいものであっても、言い方一つで素直に受け入れることが出来なくなってしまいます。

そのため、上から目線で発言する女性の場合、高飛車なイメージも付いて周りからは嫌われてしまいやすいです。

15、自慢話が多い

自慢話が多い人も、男女問わず嫌われる傾向にあります。

誰でも自分の話を聞いて欲しい、他人から認められたいという承認欲求を持っています。

そのため、どんなに無口な人でも心を許した相手にはきちんと自分の話を聞いてもらいたいという気持ちがあります。

それ自体は何も悪いことではありませんが、承認欲求があまりに強すぎると、常に自分の話や自慢話ばかりとしてしまいがちです。

「自分の話を聞いてもらいたい」「自分はすごいのだと思われたい」「他の人よりも優れていると思われたい」こうした願望からつい自慢話をする人は多いです。

そしてまた、男性よりもおしゃべりな女性の場合、自慢話も長くしつこくなりやすいため、嫌がられることが多いのです。

一緒に居るとなぜか疲れる

一緒にいると何故か疲れてしまう人っていますよね。

会っている時に相手に気を遣うことが多かったり、相手のおしゃべりが長かったりすれば気持ちが疲れてしまいますし、また一々上から目線で物を言われることがあれば当然ストレスも溜まります。

べったりと依存されれば相手の気持ちを重たく感じてしまうこともあるでしょう。

仲が良いはずなのに、家路につく頃にはすっかり疲れてしまっている、そういう相手と一緒に居続けることは、あなた自身の心の負担になってしまうかもしれません。

同性に嫌われる女

男の気持ちは男が良く理解出来るように、女の気持ちや考えもまた、同じ女性には察しやすいです。

か弱い自分を計算して振舞っている女性や、男性の前でだけ態度が変わる女性、また高飛車で他人を見下す女性など、同性だからこそそうした女性の腹黒さや計算高さを感じ取りやすいです。

そうした振舞いの目立つ女性は、自然と同性からは嫌われてしまいやすいのです。

嫌な女を直す方法

これまで挙げてきた嫌な女の特徴に一つでも当てはまるものがある人は、あなた自身が気付かない内に、嫌な女になっている瞬間があるのかもしれません。

性格は人それぞれですが、嫌な部分というものは、良い部分よりも目立ってしまうものです。

そのため、嫌な女にはなりたくないという人や、少しでも思い当たる部分を直したいという人は、以下の方法を試してみて下さい。

一つずつでも意識して行動することで、自分の中の嫌な女の部分をきっと直せるようになるでしょう。

相手を尊重する

あなたは日頃から、相手を尊重することが出来ていますか?

人と話をしている時に、つい自分の話や自慢話ばかりをしてしまってはいませんか?

また、上から目線になってしまってはいませんか?

これらは無意識の内にやってしまっていることが多いので、上辺だけで直そうと思っても簡単には直りません。