CoCoSiA(ココシア)

嫌な女の15個の特徴と性格を直す方法(続き5)

しかし、毎日のように「今日は〇〇へ行きました~」「新作のバッグゲット!」など、自分に起こった出来事をさも嬉しそうに更新していると、見る人によっては自慢に受け取られてしまいます。

また、自慢癖のある人の場合は、余計に周りに見せびらかすような投稿の仕方をすることも多いため、見る方はストレスに感じたり、うんざりしてしまうでしょう。

嬉しいことがあった日には誰かに聞いてもらいたい気持ちは誰でもありますが、それを適度に抑えておくことで、見る人にそこまで不快を与えずに済みます。

お金に関する話は避ける

どんなに親しい仲の相手であっても、お金の話は極力避けるようにしましょう。

互いの収入や年収を話題にすると場の雰囲気が悪くなってしまうことがあります。

また、お金の貸し借りに関する相談は以ての外です。

どんなに仲が良くても、お金の相談をした途端に人間関係にはヒビが入ってしまいます。

お金の話はロクなことになりませんので、自分からは決して話さず、もし相手が話してきてもさりげなく話題を逸らしましょう。

約束のドタキャンはしない

どんなに軽い口約束でも、一度約束を交わしたのなら、誠意を持ってそれに対応するべきです。

自分は軽い約束のつもりが、相手はそれをとても楽しみにしていた場合、うっかりドタキャンなどしてしまうと相手をとても傷つけてしまいます。

また、一度でもドタキャンをしてしまうと、それが大変な事情以外では相手からの信頼を一気に失ってしまいます。

一度失った信頼は取り戻すのに時間がかかりますので、極力約束のドタキャンはしないように気を付けましょう。

過剰なぶりっ子はしない

子どもの頃や好きな人の前では、女性ならば誰でもついぶりっ子の態度を取ってしまうことがあります。

それ自体はさほど悪いことではありませんし、場合によっては微笑ましく、可愛らしく思えることもあるでしょう。

しかし、ぶりっ子が過剰になってしまうと、される側も見ている側も不快感を覚えてしまいますので、ぶりっ子をする時は場所を選んで、また適度にしておきましょう。

嫌な女は卒業!好かれる女になろう

嫌な女に見られる特徴をご紹介してきましたが、あなたは当てはまってはいなかったでしょうか?

もし一つでも当てはまっているものがあれば、自分でも無意識の内に嫌な女になっている瞬間があるのかもしれません。

嫌な女は周りの人から敬遠されてしまいますので、思い当たる人は今日からでも改善させましょう。

そして嫌な女を卒業したら、同性からも異性からも好かれる女を目指しましょう。