あなたの周りに「嫌な女」はいますか?

男性の前でだけ態度を変えたり、陰で人の悪口を言い触らしたりと、性格の悪さが出てしまっている女性は、同性だけでなく異性からも「嫌な女」だと認識されてしまいます。

また、「自分は違う」と思っていても、もしかしたらあなた自身が嫌な女になってしまっていることがあるかもしれません。

そこで「嫌な女」の特徴と、その直し方についてご紹介します。

嫌な女の15個の特徴と性格

「嫌な女」と聞くと、どんな性格の女性を想像しますか?

男性の前ではか弱い振りをしたり、裏表が激しい性格をしていたり、または高飛車で他人を見下す態度をしていたりと、人によって想像する「嫌な女像」は違いますよね。

しかし、どんな想像にも共通しているのが、とにかく「周りからの印象が悪い性格をしている」ということです。

何かと人間関係ではトラブルや揉め事を起こしがちで、同性からの印象はもちろんですが、性格が行き過ぎると男性からの印象も悪くなってしまうでしょう。

そんな周りから嫌煙されがちな「嫌な女」によく見られる特徴を以下にご紹介していきます。

もしこの特徴に自分自身で「当てはまっているかも・・・」と思う人は、要注意かもしれません。

1、ぶりっ子


ぶりっ子な女性って、同性から見ればとても分かりやすいです。

女性同士で楽しくおしゃべりをしていて、誰かが男勝りな言動をしたときに、「自分は弱いからとてもそんなことできない~」と他の女性から一線を引いたり、活発な女性たちの中であえて気弱で控えめな性格を演じたりと、何かにつけてわざとらしく「か弱い女性アピール」をする人には、ぶりっ子な性格が多く見られます。

そうした女性は、他の女性たちよりも自分の方がか弱いことを演出することによって、男性に「守ってあげたい」と思わせることがとても上手です。

また、ぶりっ子な女性は同性の前ではごく普通の態度なのに、男性の前でのみ儚くて頼りない非力なキャラを演じることも多いです。

男性に事あるごとに「仕事が分からないアピール」をしたり、「重たいものが持てないアピール」をしたりと、時には軽いボディタッチを含みながら男性に甘えるため、男性は「女性が自分に気があるのでは?」と勘違いすることがありますが、同性からすればとても分かりやすいぶりっ子な行為ですので、嫌な女として嫌われやすいです。

2、SNSでリア充自慢

SNSでリア充自慢をする女性も、自慢の内容によっては嫌な女に思われやすいです。

元々、自分自身が幸せで充実した毎日を送っている人でもなければ、他人の幸せを心から素直に喜ぶことって案外難しいことなのです。

何故なら、人は常に他人と自分とを比較して生きているからです。

他人と比較して自分の方が幸せだと思えば、相手を思いやる気持ちや優越感が生まれます。

一方で、他人よりも自分が不幸だと感じれば、幸せな人を妬む気持ちはどうしても生まれてしまうものです。

それはいわば人間の習性のようなものですので、妬みや劣等感を覚えてしまうことは仕方がないことです。

しかしだからこそ、他人の「私幸せですアピール」は、される側にとっては不快に感じやすいのです。

SNSで「〇〇へ行ってきました!」や「今日はこんな良い事がありました!」と報告する人は多いですが、それが時々であればそこまで不快に思われることはないでしょう。

しかし、毎日のように何かしらのリア充アピールをされてしまうと、見る人は「毎日鬱陶しいなぁ」や、「そんなに必死にリア充アピールしたいの?」と感じてしまいます。

また、元々妬むつもりのない人でも、あまりに露骨なリア充自慢をされてしまうと、「嫌な女」だと感じてしまうでしょう。

3、我が強い


自分の意見や芯の通った強い意志を持つことはとても大切なことです。

しかし、周りの人を傷つけたり、迷惑をかけたりしてまで自分の我を押し通そうとすると、社会の中では上手くやっていけません。

我というのはそのまま自分の意思や感情を指しますが、いつでも自分のことだけを考えて、自分勝手に振舞っていいというわけではありません。

時には人を助けたり、迷惑をかけないように気遣ったりと、自分以外の人のことも大切にすることで、初めて周りの人や社会の中で上手に共存して生きていくことが出来るのです。

皆がそうして協力し合って生活している中で、自分の我を押し通そうとする人は自然と周りからは疎まれ、嫌われてしまいます。

我の強い女性というのも正にそのタイプです。

我の強い女性は、いかにもわがままそうな雰囲気を漂わせていることが多いです。

気の強そうな表情やきつめの口調、服装も派手なことが多いです。

また、見た目には派手でなく、硬派な印象の強い女性でも、中身は柔軟性がなく我が強いこともあります。

見た目で全てを判断することは出来ませんが、一見して「頑固そうだな」「気が強そうだな」と感じられる雰囲気をしていることが多いです。

そんな我が強い女性は、同性からも異性からも場合によっては嫌な女だと思われることがあります。

4、個性的

私たち日本人は、比較的集団での協調性を重要視します。

学校では制服が指定のところが多いですし、社会人になれば皆一様に同じようなスーツを着て仕事をしています。

時々小物やスーツのデザインを他とは違ったものにして自分の個性を主張している人がいますが、そうした人は大抵の場合は周囲から浮いてしまっていることが少なくありません。

また、会社によっては個性を重んじるところもありますが、それでも取引先の会社と打ち合わせをする時や、大人数で集まる場、とくにプレゼンなどの発表の場においては、個性を主張するとその人に対する上司や会社からのイメージが悪くなり、評価が下がってしまうことも大いに考えられます。

個性的であることは何も悪いことではありません。

しかし、時と場合によっては周りに足並みをそろえて合わせないことは、自分勝手で独走的な印象に取られてしまいます。

仕事をする上では協調性も重要視されますので、形から個性にこだわる人は社会からは弾かれてしまいやすいのです。

一般的にそのような傾向が強いため、皆が同じように行動している中で、一人だけ自分勝手なことをしている女性や、「アイデンティティ」を口実にやたらと個性的な行動を取りたがる女性は、周囲の輪を乱すという理由から嫌煙されてしまいやすいです。

5、空気が読めない

空気が読めない女性も、個性的な女性同様に嫌な女だと思われてしまいやすいです。

皆と同じように協力し合えないこともそうですが、その場の空気に相応しくない言動を取る女性も、同性異性に関係なく疎まれやすいです。

どんな女性が空気が読めないのかと言うと、例えば「空気を読む」という言葉に対して「そもそも空気って読むものじゃないし」などと非常に場を白けさせるような発言を平気でするような女性のことを指します。

空気を読むことが本来は正しい言葉ではないことくらいは誰でも知っているでしょう。

いわば「暗黙の了解」「言外のルール」などと同じような意味として生まれた造語ですので、誰もが分かっていて日常的に用いている言葉です。

その暗黙の了解を、あえて口にして場の空気を台無しにしてしまう、そうした女性が空気の読めない女性なのです。

空気の読めない女性は、どこへ行っても同じように場を白けさせてしまいやすいため、皆で楽しく集まる場ではあまり呼びたくないと思われてしまうことが多いです。

6、常識がない

常識とは、法律で決まっているものではありません。

私たち皆が社会の中で生きていきやすくするための方針のようなものです。

常識に囚われる必要はありませんが、常識の中には守ることで他者への気遣いが出来たり、皆がストレスなく過ごせるようになっていたりするものも多いです。

例えば順番を守ることや、お年寄りを優先させること、弱い人を助けたり、公共の場の清潔さを保ったりと、ある程度の常識をきちんと守っているからこそ、私たちは日々を過ごしやすくなっているのです。

皆が常識を当たり前に守っている中で、一人だけそれを守らずに自分勝手な行動を繰り返しているとします。

その人は、間違いなく周りの人たちに迷惑をかけ、また不快に思われてしまっていることでしょう。

常識がない女性も同じです。

例えば香水を大量につけて外へ出れば、電車やバスなどの公共機関で、またはエレベーターや仕事場などの密閉された空間の中で強烈に全身から匂いを発するため、その匂いを不快に感じたり、体調を崩したりする人がいるかもしれません。

また、人前で恥ずかし気もなく堂々と化粧をする姿は、本人は気にしないかもしれませんが、周りからみればみっともなく思えてしまうでしょう。

順番を守らなかったり、人の好意を無下にしたりと、自分勝手で常識がない行動を取る女性は、周りに迷惑をかけストレスを感じさせることが多いため、嫌煙されてしまいます。

7、口が軽い

口が軽い人は、男性でも女性でも周りの人からは嫌煙されやすいです。

お調子者で憎めないタイプだとしても、「あの人に話すと直ぐに周りに広まってしまう」と思われている人は、ここぞという時の重要な話は教えてもらえないことがあります。

また、口が軽いほどに信用されなくなる上、口が軽いことで性格そのものまで軽く思われてしまうことが多いです。

女性は男性に比べるとおしゃべりが好きな性格をしています。

自分の気持ちを相手に理解して欲しくて、起こった出来事の始めから終わりまでをすべて話そうとします。

そんなおしゃべりな女性に辟易とする男性もいますが、女性同士であれば会話が盛り上がることも多いです。

しかしそんな中でも、おしゃべりな上に口が軽い女性は同性からも疎まれやすいです。

自分が内緒にして欲しいとお願いしたことはもちろんですが、暗にあちこちで広めて欲しくない話でも、いつの間にか周りの人に漏らしてしまっている女性が時々いますが、そのような女性は次第に重要な話には呼ばれなくなってしまいます。

また、おしゃべりなだけならばまだしも余計なことまで話してしまう口の軽さは、その人自身に対する評価にも悪影響を及ぼします。

口の軽い女性は、自分で意識してあまりおしゃべりし過ぎないように気をつけなければ、その内友人がいなくなってしまうことでしょう。

8、依存体質

依存体質な女性は、同性からも異性からも嫌われやすいです。

例えば同性の場合、自分の友達が自分以外と仲良くするのが嫌で、常にべったりとくっついていつでも行動を共にしたがる女性が時々います。

たまにひっつかれる程度であれば、それだけ良い友達として思ってくれているのだと思い、嬉しい気持ちになりますが、それが四六時中ともなれば段々と鬱陶しく思えてくるでしょう。

どこへ行くのも一緒、移動中も一緒、ご飯を食べるのもトイレへ行くのも、とにかく何をするにもべったりとくっついてくるタイプの女性は、依存される女性からすれば迷惑な存在に思えてしまいます。

また、男性に対する依存体質はもっと性質が悪いです。

彼氏が自分以外の女性と話をするのも嫌がったり、いつでも一緒にいたがったりと、恋愛に依存しやすい女性はそれなりに多いです。

しかしそれも度を超すと男性には負担に感じられてしまいます。

極度の依存体質は激しい疑心暗鬼や嫉妬心などの負の感情を生み出しやすいため、痴情のもつれといったトラブルにも発展しやすいです。

9、周りの人間をバカにする

偏ったプライドの高さを持つ女性ほど、周りの人間をバカにしがちです。

プライドが高くても、そのプライドに見合った努力を日々怠らない人は、一々周りの人を見下すことはありません。

そんなことをしている暇があるのなら、日々高みを目指して努力をし続けることでしょう。

しかし、根拠のない自信過剰や、学歴や家柄などの偏ったプライドが高い女性は、周りの人間をバカにする傾向が強いです。

自分よりも明らかに優れている相手に対しては粗捜しをして嫌味を言うか、最初から張り合おうとはしません。

自分と同等か、それ以下だと思っている相手に対してのみ、常に上から目線で偉そうな態度を取りやすいです。

そんな女性は同性から見ても異性から見ても、嫌な女に思えることでしょう。

10、ブランド物が大好き

ブランド物が好きな女性は多いです。

それ自体は悪いことではありませんし、上質なものに触れることで自分の感性も磨かれます。

しかし、ブランド物を持っていることを自己のステータスにしている女性や、とにかくブランド物なら何でもいいと思っている女性の場合は、全身をブランド物で纏まっていても、嫌味で品のないオーラが出てしまっています。

また、ブランド物ばかりにこだわっていると、周りの人を見下しやすくなりますし、男性からは「金のかかりそうな女」と思われて、最初から恋愛対象には見なされなくなるでしょう。

11、男遊びが激しい

男遊びが激しい女性は、とくに同性から嫌われてしまいます。

一夜限りの関係が多い人や、人の彼氏や夫を寝取るのが好きな人、また依存体質で常に男と関係を持っていなければならない女性など、男遊びにも色々ありますが、どのような理由からであっても、男遊びが激しい女性は同じ女性から嫌がられます。

誰でも男遊びが激しいと知っている同性を、出会いの場や自分の彼氏に会わせたいとは思いませんよね。

そうした同じ女としての警戒心や嫌悪感から、嫌われてしまうことが多いのです。

12、男と女で態度を変える

男と女とで態度を変える女性は、時と場合によっては賢く生きていると言えるでしょう。

しかし、同性から見た時には嫌悪や不快の対象でしかなりえません。

そのため、男の前と女の前とで態度を変える女性は、同性からは嫌われやすく、また極力関わり合うことも避けられる傾向にあります。

男性は女性の態度の変わりように気付かなければ何も感じませんが、あからさまに媚びを売られていると気付けば、勘違いするかやはり不快に思うかのどちらかでしょう。

13、際どい服装ばかり着る

際どい服装ばかり着る女性は、同じように派手な女性であれば仲良くなれるかもしれませんが、それ以外の女性からは嫌悪されやすいです。

プロポーションに自信がある人ほど露出の多い格好をしがちですが、あまりに際どい服装は見る人によっては下品に感じられますし、仮に痴漢や暴漢に遭うことがあっても、「可哀想に」と同情したり、庇ってくれたりする人はそこまで多くはないでしょう。

もちろんどのような服装をしようがその人の自由ですが、見た目に派手過ぎる服装は、第一印象で「男遊びが激しそう」「性格が悪そう」などと悪く思われてしまうことが多いです。

また、男性からも軽そうな印象を受けてしまいやすいです。

14、上から目線での発言

上から目線での発言は、男性でも女性でも嫌われます。

上から目線の発言になるのは、本人はそんなつもりはなくても、相手よりも自分の方が優れている、または正しいと思う気持ちの無意識の表れです。

そうでなければ、決して上から目線のえらそうな口調になることはありません。

そして、上から目線の発言を受ける側は、ほとんどの人がそれを不快に感じます。

例えその発言の内容が正しいものであっても、言い方一つで素直に受け入れることが出来なくなってしまいます。

そのため、上から目線で発言する女性の場合、高飛車なイメージも付いて周りからは嫌われてしまいやすいです。

15、自慢話が多い

自慢話が多い人も、男女問わず嫌われる傾向にあります。

誰でも自分の話を聞いて欲しい、他人から認められたいという承認欲求を持っています。

そのため、どんなに無口な人でも心を許した相手にはきちんと自分の話を聞いてもらいたいという気持ちがあります。

それ自体は何も悪いことではありませんが、承認欲求があまりに強すぎると、常に自分の話や自慢話ばかりとしてしまいがちです。

「自分の話を聞いてもらいたい」「自分はすごいのだと思われたい」「他の人よりも優れていると思われたい」こうした願望からつい自慢話をする人は多いです。

そしてまた、男性よりもおしゃべりな女性の場合、自慢話も長くしつこくなりやすいため、嫌がられることが多いのです。

一緒に居るとなぜか疲れる

一緒にいると何故か疲れてしまう人っていますよね。

会っている時に相手に気を遣うことが多かったり、相手のおしゃべりが長かったりすれば気持ちが疲れてしまいますし、また一々上から目線で物を言われることがあれば当然ストレスも溜まります。

べったりと依存されれば相手の気持ちを重たく感じてしまうこともあるでしょう。

仲が良いはずなのに、家路につく頃にはすっかり疲れてしまっている、そういう相手と一緒に居続けることは、あなた自身の心の負担になってしまうかもしれません。

同性に嫌われる女

男の気持ちは男が良く理解出来るように、女の気持ちや考えもまた、同じ女性には察しやすいです。

か弱い自分を計算して振舞っている女性や、男性の前でだけ態度が変わる女性、また高飛車で他人を見下す女性など、同性だからこそそうした女性の腹黒さや計算高さを感じ取りやすいです。

そうした振舞いの目立つ女性は、自然と同性からは嫌われてしまいやすいのです。

嫌な女を直す方法

これまで挙げてきた嫌な女の特徴に一つでも当てはまるものがある人は、あなた自身が気付かない内に、嫌な女になっている瞬間があるのかもしれません。

性格は人それぞれですが、嫌な部分というものは、良い部分よりも目立ってしまうものです。

そのため、嫌な女にはなりたくないという人や、少しでも思い当たる部分を直したいという人は、以下の方法を試してみて下さい。

一つずつでも意識して行動することで、自分の中の嫌な女の部分をきっと直せるようになるでしょう。

相手を尊重する

あなたは日頃から、相手を尊重することが出来ていますか?

人と話をしている時に、つい自分の話や自慢話ばかりをしてしまってはいませんか?

また、上から目線になってしまってはいませんか?

これらは無意識の内にやってしまっていることが多いので、上辺だけで直そうと思っても簡単には直りません。

口から出る言葉で相手を不快にさせてしまいそうな人は、まずは常に心の中に相手を尊重する気持ちを持ちましょう。

自分の話ではなく、まず相手の話から聞くように心がけます。

また相手が間違ったことを言っていても、「人それぞれの考え方があるのだな」と理解するように努めましょう。

相手の気持ちを考えて発言することや、行動が出来るようになれば、相手のことをきちんと尊重出来るようになります。

相手を尊重出来れば、決して相手が不快に感じるような発言や態度はしなくなるでしょう。

会話術を身に付ける

私たちは日頃当たり前に人と会話をしていますが、会話もきちんと考えてしなければ独りよがりで自分勝手なものになってしまいます。

自分勝手に話を進めれば当然相手は不愉快に感じますし、こちらの発言によっては嫌われてしまうこともあるでしょう。

そのため、相手を嫌な気持ちにさせないような会話術を身に付けましょう。

相手を不快にさせないようにとは言っても、それで相手に下手に出る必要もなければ、持ち上げておだてる必要もありせん。

ただ自分の話ばかりではなくて、きちんと相手の話も聞くこと。

また話の途中で自分の意見を被せることはせず、自慢話も控えること。

話を聞く時は真剣に聴き、アドバイスを求められれば自分の意見を言いますが、何も言われなければ一々否定をせずに黙って話を聞くこと。

これらのことが出来ていれば、それだけで会話は上手くいきます。

誰でも自分の話をきちんと聞いてくれる人を好みますので、まず嫌われることはないでしょう。

マナーを身に付ける

マナーとは、行儀や作法のことを言います。

行儀や作法と聞くと仰々しいイメージがありますが、そんな難しいことではありません。

自分が居る場所に相応しい態度や振舞いをすれば良いというだけの話です。

例えば大勢の人が行きかう公共の場では、皆の迷惑になるような行為はしない。

また図書館のように静かな空間で黙って本を読むなり作業をするなりすること。

風邪を引いているのであれば他人に移さないようにマスクを着用するなど、日常でごく当たり前にやっていることをすれば良いのです。

もし自分がどんなマナーに気をつけるべきか分からないという人は、もし自分がされたら不快に感じる行動を頭で想像しましょう。

自分がされて嫌なことは、きっと他の人も嫌なはずです。

その行動を取らないように気をつければ良いのです。

交友関係を大切にする

交友関係を大切にする人は、それだけ周りの人たちと良好な関係を築くことが出来ます。

よく聞く話で、彼氏が出来た途端に女友達をないがしろにしていたら、いざ彼氏と別れた時に友達が一人もいなくなってしまっていた、というものがあります。

女性に限らず男性でもあり得る話ですが、女性の方がこうした現象が起こりやすいです。

せっかく仲良くしてくれていた友達との関係を、その時の自分の舞い上がったテンションだけで台無しにしてしまったら、後悔しても仕切れませんよね。

また、一度そのようなことがあった場合、仮に仲直りが出来たとしても、「きっとまた彼氏が出来たら同じようになるだろう」と思われ続けることになります。

恋人とはいずれ別れる日が来るかもしれません。

しかし、同性同士の友情は、何十年経ってもずっと続いていくものです。

ですから、その場その場の気分だけに左右されずに、自分と仲良くしてくれる友達との交友関係をきちんと大切にしましょう。

自己中な考えは捨てる

誰でも自分のことが一番大事です。

それは当たり前のことですが、どんな場面でも我を通し過ぎてしまうと、社会の中では上手くやっていけません。

自分は健康で元気なら、お年寄りや体の弱い人を気遣う心は必要です。

また、時には他の人と協力して行動することも大切です。

自分を一番大事に思いながらも、同時に周りのことにも気を配れる人が、立派な大人であり一人前の社会人です。

自分が急いでいるから他の人を押しのけたり、自分さえ良ければ他はどうなっても良いという考えの人は周りの人からも自己中さを見透かされていますので、嫌われてしまうでしょう。

そうならないように、いつでも周りに気を配れるように意識して行動しましょう。

恋愛ばかり優先させない

恋愛ばかりを優先させて友人との関係を疎かにすると、気付いた時には大事な友人を失くしてしまいます。

また、彼氏にばかり依存していると、彼氏がその気持ちを重たく感じてしまい、別れの原因となってしまうこともあります。

常に恋愛を優先させていた結果、彼氏も友人も失くしてしまい、精神的な支えや自分と関わってくれていた人たちが誰もいなくなってしまった寂しさから、精神的に病んでしまうという人もいるかもしれません。

全て失ってからでは遅いのです。

自分の生活や交友関係をきちんと保った上で、彼氏との時間も大切にするように気をつけましょう。

SNSで自慢しない

SNSは自由に情報を発信できる場ですので、嬉しいことや楽しいことがあった時にはそれを載せるのは決して悪いことではありません。

しかし、毎日のように「今日は〇〇へ行きました~」「新作のバッグゲット!」など、自分に起こった出来事をさも嬉しそうに更新していると、見る人によっては自慢に受け取られてしまいます。

また、自慢癖のある人の場合は、余計に周りに見せびらかすような投稿の仕方をすることも多いため、見る方はストレスに感じたり、うんざりしてしまうでしょう。

嬉しいことがあった日には誰かに聞いてもらいたい気持ちは誰でもありますが、それを適度に抑えておくことで、見る人にそこまで不快を与えずに済みます。

お金に関する話は避ける

どんなに親しい仲の相手であっても、お金の話は極力避けるようにしましょう。

互いの収入や年収を話題にすると場の雰囲気が悪くなってしまうことがあります。

また、お金の貸し借りに関する相談は以ての外です。

どんなに仲が良くても、お金の相談をした途端に人間関係にはヒビが入ってしまいます。

お金の話はロクなことになりませんので、自分からは決して話さず、もし相手が話してきてもさりげなく話題を逸らしましょう。

約束のドタキャンはしない

どんなに軽い口約束でも、一度約束を交わしたのなら、誠意を持ってそれに対応するべきです。

自分は軽い約束のつもりが、相手はそれをとても楽しみにしていた場合、うっかりドタキャンなどしてしまうと相手をとても傷つけてしまいます。

また、一度でもドタキャンをしてしまうと、それが大変な事情以外では相手からの信頼を一気に失ってしまいます。

一度失った信頼は取り戻すのに時間がかかりますので、極力約束のドタキャンはしないように気を付けましょう。

過剰なぶりっ子はしない

子どもの頃や好きな人の前では、女性ならば誰でもついぶりっ子の態度を取ってしまうことがあります。

それ自体はさほど悪いことではありませんし、場合によっては微笑ましく、可愛らしく思えることもあるでしょう。

しかし、ぶりっ子が過剰になってしまうと、される側も見ている側も不快感を覚えてしまいますので、ぶりっ子をする時は場所を選んで、また適度にしておきましょう。

嫌な女は卒業!好かれる女になろう

嫌な女に見られる特徴をご紹介してきましたが、あなたは当てはまってはいなかったでしょうか?

もし一つでも当てはまっているものがあれば、自分でも無意識の内に嫌な女になっている瞬間があるのかもしれません。

嫌な女は周りの人から嫌煙されてしまいますので、思い当たる人は今日からでも改善させましょう。

そして嫌な女を卒業したら、同性からも異性からも好かれる女を目指しましょう。