CoCoSiA(ココシア)

メッセはメッセージやチャットの略!若い人は使ってるメッセの種類3選


あなたは年齢が若い方と何かしらの関わりを持ったりすることはありますか?

これは人によって大きく意見が分かれるものになるかもしれませんが、普段の自分自身が身を置いている環境によって左右される可能性が高いと思います。

例えば、自分自身が勤めている会社に若い人間がいれば、それだけで若い人間と関わりを持つ環境にあると考えることができます。

職場に若い人間がいなければ若い人と関わることは圧倒的に少なくなってくると思います。

しかしながら、新入社員が会社に入れば必ず若い人間と関わる機会は生まれるでしょうし、人は生きている限りたくさんの人間と関わる可能性があります。

なので、たとえ年齢が合わなかったとしても若い人間とのコミュニケーション方法は身につけておいて損になるようなことは絶対にありません。

年齢が合わないし、話もあまり合わないので、極力かかるのはやめておこうというような考え方を持っていると、偏見の目をもってしまいがちです。

そうなると、相手に興味を持てなくなりますのでコミュニケーションがうまく取れることがなくなります。

そうなってしまうと、ビジネスの場面で若い方と関わっているときも弊害が生まれてしまう可能性もあります。

なので、積極的に自分自身の若い方に対する理解の考え方が持てるような工夫を行うべきであると考える必要があります。

そこで、今回は若い方とコミュニケーションを取るときには必須である連絡ツールについてご紹介していきたいと思います。

また、若い方が連絡を取るときに使っているメッセという言葉についても簡単にご紹介していきたいと思います。

若い人がよく言う「メッセ」とは

若い方と話す機会が多い方はよくわかっていると思うのですが、特に年齢が若い方に関しては話している言葉遣いなどが特殊である可能性が高いです。

なぜならば、社会人としての経験がまだそれほどない方に関しては、まだまだ学生の時の気分が抜けていないような方が多かったりします。

いわゆる若者言葉と呼ばれるような言葉を対応して話したりする人もたくさん存在しているからです。

ある程度社会人としての経験が長くなってくるにつれて、ビジネスにおいてのマナーなども身につくようになります。

当然言葉遣いなどは変化していくものになるのですが、入社したばかりの人間や、年齢が幼い方に関してはまだまだ若者言葉が抜けない話し方をしているのもしょうがない部分があるのです。

また、ビジネスの場面ではしっかりとしていたとしても、ある程度気を抜いても良い場面ではやはり若者言葉や、若い方ならではの言葉遣いというものが出てくるのも仕方がありません。

若い方とコミュニケーションを取る際には若い方が話している言葉の内容などをよく理解しておく必要性があります。

そして、若い方とコミュニケーションを取るときには必ず必要になるのがメッセと呼ばれるコミュニケーション方法です。

これが理解できていなかったり、知らなかったりすると相手とより密接な関係性になるのが難しかったりするので、この機会にメッセとは何なのか、そしてメッセとは具体的にどのようなものを指し示すのかということについてご紹介していきたいと思います。

メッセ=メッセージの略

まず考えていただきたいのがそもそもメッセとは一体どういう意味を持っている言葉なのかということです。

若い方は基本的に連絡をしたりするときにはメッセという言葉を使って表現したりするので、その流れからある程度推測するのは難しくないと思います。

ここでは改めてメッセという言葉の意味をご紹介していきます。

まずメッセという言葉は略称された言葉であるということを知ってください。

では、メッセという言葉はどのように略称された言葉なのかと考えてみると、メッセという言葉はメッセージという言葉が略称された言葉なのです。

なので、若い子が時々言ったりする「メッセ飛ばして」という文章に関しては「メッセージを飛ばしてね」という意味で使われているのです。

こうして考えてみると、ある程度メッセという言葉の使い方なども理解できるようになってくるはずです。

チャットなどもメッセと言う

メッセという言葉かメッセージという言葉の略称であり、一般的の意味が理解いただけたところで、具体的に若い方たちが言っているメッセージを飛ばすということについて考えていきたいと思います。

察しが良い方であればすでに理解していると思うのですが、メッセを飛ばすという事は相手にメッセージを送るという事であり、それはつまりチャットなど、何かしらの連絡手段で連絡をしてほしいということを言っているのです。

一般的にメッセとは若い方の間ではチャットという意味で解釈されています。

なので、チャットなどを使ってその人に連絡をして、連絡のやり取りを行ってコミュニケーションを行っていくような流れを想像していただければわかりやすいと思います。

ある程度年齢を重ねている人間からしてみれば、コミュニケーションを取ったりするのに、なぜわざわざインターネット上で連絡を行ったりしてコミュニケーションを取ったりしなければいけないのかと疑問に思ったりする方もいるかもしれませんね。

人によっては直接会って話をしたり、相手と電話をしたりして直接相手とのやりとりをすることで初めてコミュニケーションを生み出すことができると考えてる方もいると思います。

なかなか若者の思考が理解できないと感じる方がいるのも当然です。

しかし、時代は常に変化しており、確かに直接会ったり相手と電話をしたりする方が結果的にはコミュニケーションを深く取ることはできます。

若者にとっては物心ついた時からスマートフォンが存在しており、スマートフォンなどのメッセージ機能などが充実している環境で育っているため、それが当たり前の連絡手段であり、コミュニケーション手段になっているのです。

なので、ある程度若者の目線に合わせて、相手の当たり前を模索していきながらコミュニケーションを取ったりすることでさらに相手に対して理解をすることができるようになります。

まずは若者がどのような方法でコミュニケーションを取っているのかということを考えるきっかけとして受け止めてみてください。

若者が使ってるメッセはどんなもの?


今の時代は様々な便利なものが存在している時代になっており、身近にあるとてつもなく便利なものをあげてみれば、やはりスマートフォンが一番に挙がると思います。

とてつもなく便利であり、今ではだれもが持っていて当たり前の時代になっているからこそ、なくてはならない存在になっているのです。

そんなスマートフォンは若者たちの間にとっても必須の存在であり、人によっては朝起きてから夜廻までずっとスマートフォンが手元に置いてあるというような方も存在しているほどです。

そして、今回ご紹介するメッセに関しても、スマートフォンが大きく関連しており、スマートフォンに付随している機能が主な連絡手段、つまりメッセになっていると考えることができます。

しかし、スマートフォンに詳しい方ならば話は別ですが、スマートフォンにそこまで詳しくない方に関しては、どのようなものが若者が指し示しているメッセというものになるのかよくわかっていない方も多いのが事実です。

いちいち相手から説明を受けたりすると面倒ですし、相手の言っていることも理解できなかったりすると思います。