皆さんは『エモい』という言葉を聞いたことがありますか?聞いたことはあるけど使ったことはないという人もいれば、よく使うという人もいるかもしれません。

ただ、全く知らない人からすると『エモい』と言われても、全くピンときませんし、何を表している言葉なのかよく分かりませんよね。

今回はこの『エモい』というワードに注目して、語源や関連するワードを紹介していきたいと思います。

『エモい』は古い?新しい?

そもそも『エモい』というのは、最近できた新しい言葉なのか、古く懐かしい言葉なのかというのも疑問ですよね。

雰囲気的に今はあまり使われなくなったギャル用語の一つのような気もします。

でも実はこの『エモい』というワードは三省堂による“今年の新語2016”で2位に選ばれたものなのです。

かといって本当に新しい言葉なのかと言うとそうでなはく、やはり2002年ごろに女子高生など若い年代の間で一度流行語になっていました。

時代は繰り返す…とはよく言ったものです。

しかし2000年代前半に流行った『エモい』と2016年から現代で使われている『エモい』は同じ意味ではないようです。

『エモい』の基礎知識


では改めて『エモい』という言葉がどうやって生まれたのか、どのようなシーンで使われているのか具体的に見ていってみましょう。

emotionの形容詞化したもの

『エモい』の“エモ”は“エモーショナル”。

エモーショナルというのはemotionの形容詞形となっており、感情的・情緒的というような意味合いを持っています。

例えば「エモーショナルなライブだった」など、音楽や芸術の分野を称賛するような場面で使われることが多い形容詞です。

ただ劇的に激しいだけではなく、哀愁を誘うような感傷的な演出があるようなもの悲しさを含んだ時に使います。

感情に訴えかける様なパフォーマンスに心を突き動かされたり、感銘を受けたようなシーンを表現する時にピッタリの言葉なんです。

意味

エモーショナルが略されて『エモい』という言葉が作られたということなので、『エモい』の意味もエモーショナルとほぼ同じです。

感傷的で情緒ある物事に対して『エモい』と表現をします。

『三省堂国語辞典』の編集委員を務めている飯間浩明さんによると、『エモい』は古語でいう“あはれ”という意味とほぼ同じなのではないかという見解もあり”「いとあはれ」と言っていた昔の宮廷人は、今の時代に生まれたら、さしずめ「超エモい」と表現するはずです”」というツイートをして注目を集めました。

(引用元※https://twitter.com/IIMA_Hiroaki/status/805678663463112704)

古語で良くつかわれる「いとあはれ(あわれ)」というのは、情緒的なこと・いとおしさ・慕わしいことという意味があります。

感動を受けてしみじみとその立派な有様を噛みしめたりするような感情を表す際にも使われます。

言われてみれば確かに似ているかもしれませんね。

2000年代前半に使われていた『エモい』


女子高生…いわゆるギャル達が主に使っていた『エモい』は、上記で紹介した意味合いとは全く違う言葉です。

エモいと聞くと、ちょっと似た響きのあるワードが思い浮かびませんか?なんとなくお察しの方も多いと思いますが、お察しの通り“エロい”と“キモい”です。

この2つが組み合わさって『エモい』という言葉になりました。

スケベで気持ち悪い様子の人に対して「なにあの人、めっちゃエモいんですけど~」なんていうギャルの様子は容易に想像できますね…。

使い方

実際に『エモい』という言葉を使っている人はどんな風に会話に取り入れているのでしょうか。

会話している様子を思い浮かべながら考えてみましょう。

例1「この曲はものすごくエモい。」

曲やライブなど音楽パフォーマンスに対して『エモい』というのは、その様子がどこか感傷的で刹那的だったりするような曲調や歌詞の場合に使われます。

激情を煽られて興奮しながらも、どこか胸の奥がジーンとするような感覚でしょう。

例2「今夜はなんだかエモい夜になりそうだ。」

どこかしっとりとした雨の日や、お洒落なバーで一服している時など、なんだかしみじみとして感傷に浸っている時も物凄く『エモみ』を感じますね。

特別何があったわけでもないのに泣けてきたり、センチメンタルな気分になった時にも使えるワードなんです。

深夜になると突然言葉にできないような寂しさが押し寄せてきたりしますよね。

深夜帯には『エモい』という呟きが一気に多くなります。

例3「エモすぎて言葉にならない!」

心に強いインパクトを残すような衝撃的なことが起きて、感情が溢れて言葉にならない時も『エモさ』がこみ上げます。

過去を振り返ったりして懐かしい気持になったり、涙もろくなったりするようなシーンは『エモさ』の真骨頂ではないでしょうか。

昔の写真を見て家族みんなで語り合っていたりすると「エモいな~~」って思いますね。

『エモい』の関連語

次に『エモい』の関連語を見てみましょう。

いずれも新しいようでどこか懐かしい雰囲気の用語となっていますので、ぜひ意味を理解して使ってみてください!

OMG

『OMG(オー・エム・ジー)』というのは英語の“oh my god”、“oh my goodness”、“oh my gosh”の略語。

ネットで使うために略されたネットスラングの一種です。

TwitterやInstagramなど、コメントとして使うことが主なので、口に出して「オーエムジー!」とは言いません。

意味としては「どうしよう!」「なんてことだ!」「ああ、神様!」など感情の高ぶりを表現するものです。

海外の方の会話でも良く「オーマイガー!」と言うようなシーンを見かけますよね。

この言葉を使うシチュエーションはさまざまで驚きや動揺のほか、感動や喜びなど、場面によって意味合いが異なります。

とりあえずテンションが上がるとついつい口をついて出てしまうみたいです。

【OMGについては、こちらの記事もチェック!】

オセンチ

『オセンチ』というのは“センチメンタル”の“センチ”を抜き出して作られたワードです。

気持ちで、涙もろくなっているような状況で使う言葉です。

1970年代頃から使われていたので、ちょっと懐かしい響きですね。

感傷に浸ってじ~んとした時や情緒を感じた時などに「今ちょっとオセンチな気分」なんていう風に言います。

【おセンチな気分については、こちらの記事もチェック!】

お熱

『お熱』は、皆さんもよく知っている“熱”を丁寧に表現したものです。

熱中している様子や、のぼせている様子など、なにかに夢中になって熱を上げている状態を指して使います。

主に好きな人や異性に対して盲目的になっている人へ「あの人は○○にお熱なのね」と言ったりするのを聞いたことがあるのではないでしょうか。

昭和時代によく使われていた表現なので、最近の子はお父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんが使っているのを聞いたことある程度でしょうか。

オランコリー

『オランコリー』は、“おらん(居ない)”という言葉と英語の“メランコリー”使って作られた合成語です。

“melancholy(メランコリー)”というのは憂鬱や哀愁という意味を持つ言葉で、物思いにふけっている様子などを指します。

このメランコリーな様子と恋人が居ない時の哀愁漂う寂しさを掛け合わせて『オランコリー』というようになりました。

ジョーク交じりの遊び言葉ですね。

1955年に流行語となった言葉なので、最近の若者は知らないでしょう。

ガシる

『ガシる』は、“目頭が熱くなる”ことを表す略語です。

感動や喜びでついつい感極まった時に思わず涙がこみ上げることを“目頭が熱くなる”と言いますが、きっと『ガシる』と聞いてもすぐに結びつく人は少ないのではないでしょうか。

2004年頃に生まれた若者言葉の一種です。

かまちょ

『かまちょ』は、主に若い女性たちの間で使われている言葉で“かまってちょうだい”の略語。

こちらも割と最近になって作られた若者言葉です。

暇なときなど、誰かにかまって欲しい時にSNSに「誰か暇だからかまちょ!」などと呟く人が多いようです。

これを頻繁に使っていると“かまってちゃん”だと認定されて、鬱陶しいと思われてしまうかもしれないので要注意。

LINEスタンプなどでも『かまちょ』という言葉が使われたものが多く、今の時代に浸透しているワードだということが分かります。

【かまちょについては、こちらの記事もチェック!】

きまい

『きまい』は、“気まずい”の略語です。

たった一文字しか省いていないので略語と言ってもあまり短くなっていませんね。

周りの雰囲気が重々しかったりするようなときに使う“気まずい”という言葉自体は平安時代に作られた言葉ですが、『きまい』最近になって若者言葉です。

きもい

『きもい』は、結構聞きなじみのある略語ではないでしょうか。

これは“気持ち悪い”の略語として一般的によく使われており、耳にする機会も多いと思います。

1970年代後半に生み出されたギャル語、若者言葉の一種で似た言葉に“気色が悪い”を略した言葉で、“きしょい”というものもあります。

ナウい

『ナウい』は、“今”という英語の“now”に形容詞の“い”をつけて作られた言葉です。

意味合いは、“今風の”や“流行の”と言ったもので「このアイテムはナウい」「ナウなコンテンツ」というように使います。

流行したのは1970年代後半ですが、2000年代に入ってからも「~~なう」という言葉が流行っていましたね。

イモい

『イモい』は、田舎臭い人など、どこか垢抜けない雰囲気の人に使う言葉です。

野菜のいもを使った、“イモ臭い”や“イモっぽい”という言葉の略称です。

いま時ではなくカッコ悪い様子を表しているので、“ダサい”というのと同じような意味になります。

都会っ子が田舎者に対して蔑むときに使うようなイメージですね。

1970年代後半に流行りました。

キュン死に

『キュン死に(きゅんじに)』というのは、胸がきゅんとしてときめいている様子の最上級といったようなものです。

“胸がキュンとして死んでしまいそう”という言葉の“キュン”と“死ぬ”を組み合わせて作られた合成語で、好きな人やものに対して激しく心が突き動かされた時など、キュンとした感情が高ぶった時に「やばい!あの人カッコよくてキュン死にしそう!」
といったように使います。

2000年代後半に作られた比較的新しい言葉です。

サビラン

『サビラン』は、“サービス残業”を表す“サビ残”と響きが似ていますが、実はこれ“寂しいランチ”の略語。

1人で寂しくランチをしている会社員などを表す言葉で、常に『サビラン』している人を“サビラン族”などと言ったりします。

「今日もサビラン…」「あの人、サビラン族だよね」などと使いますが、どこか悲しい気持ちになります。

CK

『CK(シーケー)』はとある言葉の頭文字を抜き出して作られた“KY語”と呼ばれるものです。

“KY”は“空気が読めない”という言葉のKUUKIとYOMENAIの頭文字を組み合わせて作られました。

ではCKはなんという言葉なのかと言うと、“超キモイ(CYOU KIMOI)”の略です。

人によっては“ちょっと気になる(CYOTTO KININARU)”や“超気になる(CHYOU KININARU
)”という意味で使われることもあるようです。

しびれる

『しびれる』は、体の一部がビリビリと痺れる様子を表す言葉ですが、単に体調的な部分を指すだけではありません。

感動的なコンサートやライブを見て感銘を受けた時などに「今日はめっちゃシビれたね!」なんて、感想としてもよく使うものです。

まるで体に電気が流れた時のようにビリビリと痺れている様子を、心が魅了され震えている様子と重ねて、興奮状態を表す表現としても用いられています。

1958年頃「シビれるね」といった単語が流行しましたが、一時は廃れて死語として認識されていました。

しょっぱい

『しょっぱい』というのは、塩味が強く塩辛いものを食べた時に感じる味覚です。

しかしこれも、単に味覚だけでなく人の様子を表す言葉として使われています。

例えば「今日はしょっぱい試合だったな」というように使うのですが、これは弱く情けない様子を表しているのです。

負けてしまった試合などに対して、悲しく辛い感情を抱くような時に使われます。

情けない過去を振り返って「しょっぱい想い出」というようなこともあります。

ジョモい

『ジョモい』は、2000年代前半にギャル語として使われていた言葉で“極上にきもい(ごくじょうにきもい)”の略語です。

気持ち悪いという言葉をより一層強調したものですね。

身の毛がよだつような不快感を表している言葉ですが、最近ではほとんど聞かなくなりました。

ジワる

『ジワる』は、“ジワジワくる”の略語です。

ジワジワとこみ上げる笑いや感動の気持ちを表して「これ物凄くジワる」などといったように使います。

会話をしている時や、何かを思い出している時などに用いられたり、ネット上のコメントなどでもよく見かける言葉です。

スケベ

『スケベ』は、“助平”をライトに表現したもので、好色な人…いわゆるエロい人などに対して使われます。

助平は“助こまし”という女性を意味する言葉でもあり、この言葉が元になっているので女性好きな男性を指すことが多いようですね。

助平は江戸時代ごろからある言葉ですが、最近ではカタカナで表記しているものが主流です。

二月病

『二月病(にがつびょう)』は、“五月病”を改変した言葉です。

2月にあるバレンタインのイベントとかけて、チョコレートがもらえず憂鬱とした気持ちや寂しさを感じている男性たちのよどんだ気分を表しています。

ちなみに“十二月病”というものもあり、これもXmasなどのイベントと関連して、盛り上がる世間とは裏腹に孤独感を感じている独り身の男女の心境を物語っている言葉として使われます。

特定の月にストレスや精神的なダメージを受けているような時にこうした言葉が生まれるようです。

むっつり

『むっつり』というのは、むっつりとした態度で無口なのにスケベな人を指します。

『むっつり』自体は古くから使われていたものなので年季の入った言葉です。

何を考えているか良く分からない不愛想な人を「あの人は、実はきっとむっつりなのだ」と推測的に使ったりからかったりすることが多いですね。

『エモい』は若者に大人気!?

一時は忘れ去られていた『エモい』という言葉も、2016年に話題に取り上げられてからというもの、若者たちの間で再ブレイクしました。

「エモい○○」というような特集が組まれることも少なくなく、まるで流行の最先端のような雰囲気さえも醸し出しているのだから不思議なものです。

『エモい』は新語として大流行!(まとめ)

新語として辞書にもその痕跡を刻んだ『エモい』は今後も注目のワードです!ぜひ積極的に使って広めていきましょう。