私たちが普段使っている日本語の中には日本人で行ってもあまり意味を知られていないような言葉もたくさん存在しています。

日本人だからといって日本語全てを理解しているというわけではなく当然ながらあまり使う機会がない言葉であったりそもそも重要のない言葉に関してはそこまで理解する必要もないわけですから、意味を知らないのは当然のことです。

特に若者言葉に関してはある程度年齢を重ねたからすれば用いることもあまりないですし意味を理解する場面も恵まれないことから分からないままになっていることも多いです。

そんな若者言葉の中にしゃかりきと言う言葉も存在しています。

日常会話で使われることもあまりなく意味もよく分からない方も多いので今回はこのしゃかりきという事をテーマにして具体的にしゃかりきと言う言葉がどういう意味なのかということをご説明していきます。

「しゃかりき」とはどういう意味?

しゃかりきという言葉は日常生活で用いることもあまり少ないので若い形でも意味を知らない方もいるかもしれませんね。

しかしながら歌の題名に使われたり、何気ない言葉のなかで用いられることがもしかしたらあるかもしれませんので知らないと恥ずかしい思いをしてしまうことにもなりかねませんのでこの機会に意味を理解していない方は把握してください。

1. 語源


まずはしゃかりきという言葉の語源についてご説明していきます。

しゃかりきと言う言葉は意味合いとしてはひとつのものに対してがむしゃらになって固執することを意味しており、脇目も振らずに物事の望む様を表している言葉になります。

具体的にどういうことかと言いますと、あなたもこれまでの人生で時間を忘れて没頭したような興味深いものや魅力的なものを見つけた経験があるはずです。

例えば人によっては仕事に没頭して時間を忘れるまで集中して取り組んだ経験がある方もいるかもしれませんし、自分が行っているゲームがとても面白くて朝昼晩時間を忘れて没頭してしまったことがあるかと思います。

これが俗に言うしゃかりきと言う言葉の様を表しています。

一心不乱になって一つの事に対して集中して取り組んだり努力をすることを意味しており、ひらがなの言葉から見るとその意味合いは推測されにくいような言葉なので、多くの方が名前から推測しにくく、理解していない状況が多いのも現実です。

2. 漢字はあるの

ちなみにしゃかりきと言う言葉ですがこの言葉は漢字を用いて書き表すこともできます。

釈迦力という言葉を使って書き表すことが出来、このように書くとちょっと雰囲気が出るようになります。

名前から察しが良い方は理解できるかと思いますが、釈迦ということばがついているので、この言葉は仏教語になります。

釈迦とは、仏教にそれほど詳しくない方でも聞いたことがあるかと思いますが、 紀元前6世紀もしくは紀元前5世紀頃に来たインドに存在していたとされている人物であり、もともと仏教を開祖した人の事です。

なので、釈迦はお釈迦様という言葉などでもよく表されているかと思いますが、あまり知られていませんが生まれた時に七歩だけ歩いて右手で天を、左手で地を示して、天上天下唯我独尊と唱えたという伝説を持っているような人間です。

仏教を信じている人にとっては神様の様な存在であり現代においてもその存在は崇められていることによりよりたくさんの人から敬いの気持ちを持たれていると言うことが理解できます。

この釈迦の力という漢字を用いてしゃかりきと言う言葉は存在しており、 意味合いとしてはそのままお釈迦様の力と言う解釈をすることができるので、一心不乱に努力するさまがまるでお釈迦様の力の大きさを表しているような風に解釈された事から用いられるようになりました。

また、釈迦力はお釈迦様の様に人々を救うために力を尽くす様子から来たともいわれています。

3. カタカナで書く

またしゃかりきと言う言葉はカタカナで用いることもあります。

カタカナ表記でシャカリキと表される事も多くなりましたが、意味合いとしてはそこまで変わるわけでもなく、もともとの意味合いとして用いる事が出来ますので、カタカナ表記だからといって別の言葉であるというわけでもありません。

意味合いとしてはやはり集中して何かを行ったり、物事に集中する様を示していると認識して間違いありません。

しかしながら、後ほどご説明しますが、カタカナで使われるきかっけになったのはある漫画の影響である可能性もかなり高いです。

4. いつから使われるようになった?


しゃかりきという言葉はまずお釈迦様の様に例えられた力であるのである程度以前から用いられていた言葉になります。

しかしながらその過去を迫った時に、古くから存在していそうな言葉ではあるけれども、過去の出典物などから、その形跡が発見できなかったりしている状況で、まだあまりはっきりとわかっていない状況だそうです。

しかしながら、戦前の一部で使われていたという事は判明しており、ある程度過去から用いられていたという事はやはり間違っていません。

しかしながら、意味合いがお釈迦様という言葉から来ているので、だいぶ古くから存在している言葉であるという事はかなり有力だと言えます。

1. 何故若者が使うの?

若者言葉としてしゃかりきと言う言葉はよく使われている場合が多いですが、名前の由来をご紹介した通りお釈迦様の様にという言葉なのでかなり昔の言葉の様に感じる方も多いと思います。

昔の言葉なのに今の若者が使っていることに関して多少違和感を感じる方も多いと思いますがどうして若者が使うのかということを考えた時に漫画の影響がとても多い事が理由です。

漫画自体は大人でも楽しむことができますが比較的若い年代の方が漫画を楽しむ傾向があるので、そのまま漫画の影響で若い子たちが使っているという状況が生まれています。

具体的にどういう漫画の影響になるのかと言う言葉次の項でご説明します。

2. 漫画の影響

あなたはシャカリキ!という漫画を知っていますか?
漫画好きな方であったり、存在を知っている方であれば理解できるかと思いますが、週刊少年チャンピオンなどで連載されていた漫画なんです。

シャカリキ!は映画化もされており2008年9月6日に公開されています。

元々の漫画のあらすじとしては自転車競技を題材にした漫画でありロードレースをテーマとした漫画作品が少ないこともあって漫画の中でも比較的高い評価を受けられている作品です。

基本的にはシリアスのスポーツ漫画なのですが所々に逆を挟んだりするなどで息抜き要素の存在しておりたくさんの幅広い年代の方に愛されている漫画です。

漫画の内容自体にレースの回数はそれほど多くはありませんがロードレースのエッセンスをたくさん盛り込んだ濃厚な描写なども記載があるのでロードレースに携わっている方やスポーツが好きな方にとってはとても面白く受け止められる漫画です。

主人公が魅力的で身長が低く無口で負けず嫌いな性格であり自転車を買ってもらってからとても坂が多い街に引っ越したことによりたくさんの坂と格闘するように自転車を漕いで行くことによって自然と坂に強い筋肉を得られるようになりそこから高校に入学した後は自転車部に加わって部員の人たちと切磋琢磨し合いながら成長していくという内容であり、ライバルや坂と向き合って戦いを挑み続ける主人公の生活をえがいた作品です。

作品自体が熱い描写が多く、よりリアルな絵のタッチなどで描かれている事もあり、とても魅力的な作品なので、自転車競技や、スポーツが好きな方にははまって頂ける事間違いなしの漫画です。

この漫画をきっかけにして、たくさんの若者がしゃかりきという言葉を使うきかっけになっています。

5. 自分の強い思いを伝えたい時に使う

しゃかりきの言葉の意味合いとして 一つの事に対して夢中になってがむしゃらに努力し続ける様という意味合いですが捉え方によっては自分の強い思いを相手に伝えたい時に使うことができます。

しゃかりきとがむしゃらと言う言葉はとても似ており、意味合いとしても紙一重の存在になるので自分の強い想いを伝えたい時にはがむしゃらに相手に伝えると言う言葉の用い方もできます。

なので、がむしゃらという言葉を繋ぎ変えて、しゃかりきに相手に伝えるという言葉に変換することもできます。

相手に対してどうしても伝えたい感情があるのであればそれはしゃかりきになって伝えるべき気持ちだと言うことです。

このようにしゃかりきと言う言葉の本当の意味を知っておくと日常生活でもよく用いられる場面が出てくるかと思います。

なかなか身の回りにしゃかりきと言う言葉を日常生活で使っている人が多くはないので、用いる機械はあまりないかもしれませんが少し特徴付けて話したかったりより強調して話したい時にはわざとその言葉を用いることで意味合いをさらに強調することができるようになりますよ。

6. 人を助けるために頑張る時に使う

しゃかりきという言葉の意味合いをご紹介していく中でさらに別の意味合いとしてご紹介できるのが人を助けるために頑張る時に使える言葉ということです。

例えばよく起こりうる事故としては夏の暑い時期なのに家族で川に遊びに行ったりすることがあるかと思いますが、その時に幼い子供が川に飛び込んで溺れてしまう様な事故もよく起こります。

そんな時に子供の父親が子供を助けるために飛び込んで子供を助けようと必死になっている状況などを表す時に、しゃかりきと言う言葉を用いることもできます。

川に溺れた息子をしゃかりきになって助けようとするという風に用いることができ、人を助けるために自分が助けたいという一心になって努力する雨のことを表す言葉としてとらえることが出来ます。

しゃかりきという言葉はただ物事に対して集中して取り組むだけではなくて、このように様々な状況において一心不乱に行うさまを表す言葉でもあります。

意味を理解して正しくしゃかりきと言う言葉を使ってみてください。

7. 「しゃかりき」の例文

しゃかりきという言葉の意味について理解したところで簡単にしゃかりきを用いた例文をご紹介していきます。

しゃかりきという言葉がなかなか用いられないのでどういう風に文章の中に組み込んで用いれば良いのかということがピンとこない方もいると思いますのでこの機会にしゃかりきを用いた例文を覚えて現実の世界でも使ってみてください。

1. 「そんなにシャカリキにならないで!」

まずはじめにご紹介する例文はそんなにシャカリキにならないで!と言う言葉です。

この文章の意味合いとしては、得意気にならないでという意味を持っています。

例えば何かに関して説明をするときに自分がその何かに対してとても詳しかったりすると説明をする時に力が入ったりなどして上から目線になってしまったりすることもあると思います。

そんな時には自分が得意げになってしまうのでしゃかりきにならないでと言う様な言葉を使ったりすることも出来ますし、似ている意味合いとしては自分の強い思いを伝えたい時にシャカリキという言葉を使うのでムキになって何かに拘ったりする時に相手に伝えられる言葉にはなりませ。

つい自分を否定されたり、自分にとって都合が悪いことが起こったりすると向きになってしまう人は存在しますがそんな時にシャカリキにならないでと言う言葉を使ったりすることでムキになるなという意味合いとして捉えることもできます。

2. 「彼女は結婚式の準備でシャカリキになっている」

次にご紹介する例文は彼女は結婚式の準備でシャカリキになっていると言う言葉です。

しゃかりきという言葉の意味合いとしてシャカリキになって一つのことに集中したりする様を用いられるので意味合いとしては彼女は結婚式の準備で夢中になっているというような意味合いを捉えることができます。

男性にとってもそうですが女性にとっては結婚式は人生でたった一度しかないような大きなイベントでもありますし、自分自身の大きな晴れ舞台になるイベントです。

どちらかと言えば男性はドライな傾向がありますが女性に関しては人生で一番綺麗になりたい日でもありますので、こだわりを持って結婚式を成功させたいと思っている方の方がはるかに多いはずです。

なので女性の方が結婚式の準備などに夢中になったり集中して取り組んだりすることが多いので結婚式の準備でシャカリキになっている女性はかなり多く存在しています。

このようにして言葉を用いることでシャカリキと言う言葉を夢中になっているという状況を言い表すことができます。

3. 「父は家族のためにシャカリキになって働いている」

次にご紹介する例文は父は家族のためにシャカリキになって働いていると言う言葉です。

しゃかりきという言葉は何かに対して一生懸命になったり集中しているさまを言い表す言葉なので、この例文の場合はお父さんは家族のために無我夢中になって働いていると捉えることができます。

家族を養っていくためには当然ながらお金が必要ですしお金を稼ぐのであればたくさん仕事を行わなければいけません。

どんなにつらかったとしても家族を助けていくためには必要なことですし、多少なり自分が無理をしてでも働いてお金を稼がなければいけないという強い気持ちを表した言葉です。

こう言った言葉以外でも仕事に集中して取り組んでいる人を第三者がシャカリキになって働いているという言葉を用いて表現することもできますので、現実の世界でもしゃかりきと言う言葉を用いることが簡単な例の一つです。

5. 漫画のタイトルにもなっている

先ほどご紹介したように漫画のタイトルとして用いられているしゃかりきという言葉なので、そこから幅広い知名度に繋がっている事も考えられ、しゃかりきと言う言葉を知らなかったたくさんの若者が知る機会になっています。

特にスポーツが好きな男性の方が見る機会が多い漫画だったこともありスポーツの世界などで活躍している人がしゃかりきと言う言葉を多く用いるきっかけに繋がっています。

しゃかりきという言葉自体もあまり使われることがなく珍しい言葉だったりするのでわざと使ってみたいと思う方も多く存在していることからよく用いられるきっかけの一つの理由です。

6. お笑いコンビ名にもなっている

お笑いが好きな方であれば知っている方も多いと思いますが若手芸人で注目されているお笑いコンビにしゃかりきというコンビが存在しています。

しゃかりきと言うお笑いコンビは光と言うボケ担当の熊本県出身の1987年6月21日生まれの男性と、 ツッコミを担当しているおっくんという1989年2月28日生まれの男性の二人組のコンビです。

最近ではめまぐるしく活躍をしておりテレビ番組としてはダウンタウンのガキの使いにあらへんでやツギクルモンにも出演を果たしているなどかなり知名度の高い番組に出演していることもあり、 今話題のお笑いコンビとなっています。

またもう一つ有名な話としては俳優で大きな活躍をしている高良健吾さんが存在していますが高良健吾さんとなんと同級生で友達であるということをテレビ番組で発表しているなど様々な話題を呼んでいるコンビです。

その活躍ぶりからしゃかりきが若いコンビの中でも初の単独ライブなどを行っており、だまって俺についてこい!!と言う単独ライブで成功しています。

実際にどういうお笑いを行っているのかと言いますと太ももものまでと言う様なネタを披露しており漫才などにも定評がありますのでこれから一層ブレイクの予感がするコンビです。

しゃかりきのお笑いネタが気になる方は動画投稿サイトなどでも名前を検索すれば出てくると思いますので一度見てみてください。

7. 歌の歌詞にも使われている

しゃかりきと言う言葉は歌の歌詞などにも用いられていることがあります。

歌の歌詞の中にも用いられていたりした事により一層しゃかりきと言う言葉が有名になるきっかけにつながっているといえます。

また、実際に取り入れている歌手グループがかなり認知度が高く、たくさんのファンが存在していた事からも知るきっかけになった方も今でも多いです。

実際にしゃかりきという言葉を用いられた歌について簡単にご紹介します。

1. しゃかりきコロンブス

しゃかりきと言う言葉が用いられている歌は、 光genji のパラダイス銀河です。

光GENJIの歌パラダイス銀河の歌詞の中に大人は見えないしゃかりきコロンブスという歌詞が用いられておりこの歌手が一躍しゃかりきと言う言葉を有名にしたきっかけにもなっています。

しゃかりきコロンブスという意味合いとしてはよく分からない方も多いかもしれませんが、用いられてる歌手としては大人は見えないしゃかりきコロンブス夢の島までは探せないと言う歌詞なので、解釈によると大人がどんなに一生懸命になったとしても夢の島を見つけることはできないという意味合いになっています。

ここで用いられているコロンブスと言うのは著名人のコロンブスをさしておりコロンブスという言葉は何かを探す人の例えとして用いられているので音のがどんなに一生懸命になって探したとしてもという意味合いとして捉えることができます。

ちなみに今の若い方は知らない方も多いので光GENJIを簡単に説明すると、 1980年代終盤から1990年代前半に活動していた日本の男性アイドルグループでありジャニーズ事務所からデビューしているグループです。

ジャニーズ事務所といえば美少年がたくさん在籍していることでも知られており今の若い形でもジャニーズのファンの方がたくさんいますよね。

今活躍しているジャニーズ事務所のアイドルは山下智久さんや tokio、 亀梨和也さん、 hey say jumpなどのたくさんの人気なアイドルが存在しており、芸能界でも一大勢力となっています。

当時においても光GENJIに在籍している人はかなり有名な方が多く、その中でもひときわ存在感があったのが、諸星和己さんです。

諸星和己さんは現在は46歳ですが今でも輝くルックスを持っており、人気の芸能人です。

元々は既存のグループ5人組のGENJIと2人組の光というグループが合併して光GENJIが結成されました。

今では色々と有名な chage and aska が楽曲を提供した作品でレコードデビューをしているなど当時はローラースケートを履いて踊ったりバク転などもこなしたりするなどアクロバティックなパフォーマンスもたくさんの人に受けてデビューしてすぐに人気が急上昇していた伝説のグループです。

社会現象として取り上げられたりすることがあるなど、かなりの知名度があったので、そのグループの代表的な歌の歌詞といえばやはり知名度が広がらないわけがないですよね。

ここでしゃかりきという言葉を初めて知ったという方もかなり多いはずです。

他にも若者によく使われる言葉をご紹介

ここまではしゃかりきと言う言葉の意味について簡単にご紹介していきましたが、ここからは他にもしゃかりきと言う言葉以外に若者がよく使っている言葉を簡単にご紹介していきます。

若者が使っている言葉はたくさん存在しており様々な新しい言葉が早いペースで生み出されているのでなかなか全てを理解するのが難しいかもしれませんが主要な言葉については理解しておくことでコミュニケーションを図る際にも円滑なコミュニケーションができるようになるのでこの機会に理解してください。

1. 逸般人

まずはじめにご紹介する若者によく使われる言葉は逸般人という言葉です。

逸般人は読み方としては一般人と言う言葉なのですが、一般人ではなく、逸脱した人という言い合いを持っています。

具体的にどういう事かといいますと、意味合いとしては掲示板上などにおいて、おまいらという言葉に対しての一般人という言葉であったり、腐女子やオタクなどを指し示したり、隠れオタクなどを言い表す言葉の総称になっています。

また、一般人なのに逸脱したような桁外れな能力を持っている人の事を指し示す言葉だったりもします。

なかなか理解していない方にとっては難しい言葉かもしれませんが、もともと若者言葉は2ちゃんねるなどのインターネット用語だったり、インターネットスラングから生まれている言葉なので、オタク文化やインターネット上での掲示板で生まれる事などが多く、それが理由で意味合いとしてもインターネットをする上で多くみかけるオタクや腐女子などを対象にした言葉が多いです。

この腐女子という言葉もインターネットスラングなので、そもそもの意味を理解していないと逸般人という言葉の理解も難しいと思います。

もともとはオタクという立場が世間であまり認知されずに、マイナスな印象を受けられる言葉だったので、自虐的に自分を指し示したり、常人には到底不可能な事を簡単に行ったり、自分ではプロと言わないにしても、プロ並みの技術を持った人などを呼ぶ事が起源とされています。

あなたの周りにも何かに対してプロのライセンスは持っていないにしても高い技術力を持っている人がいるかと思いますのでそのような方については逸般人と呼ぶ事ができます。

2. 今北産業

次にご紹介する若者によく使われる言葉は今北産業です。

今北産業とはインターネット掲示板2ちゃんねるなどでよく用いられているネットスラングであり、意味合いとしては仕事の形態を表すような言葉ではなく、今北とは、今ここに来たという意味合いであり、産業という言葉は、三行でこの掲示板の内容を伝えてくれという意味合いです。

要するに掲示板などはたくさんの人たちのコメントが並んでいる場所になるので上から下まで一気になしに見ていると時間がかかってしまいます。

なので今この掲示板に来たのだがこの掲示板の内容詳しく知りたいから長いと嫌だから3行で説明してくれないかという意味合いとして捉えることができます。

今ここに来たんだけど、三行でここで起こっていることを説明してくれと言う意味合いと全く同じですがこのように入力すると長くなってしまうので、たった一言で、今北産業という言葉で全てを説明することができるのです。

知っている人からするとごく当たり前の言葉ですが知らない人からすると全くもって意味が分かりません。

現実世界においてはなかなか用いられることがないかもしれませんが、比較的最近は line でグループチャットなどを行っておりたくさんの人が一気に返事をしたりするので内容が曖昧になってしまったり長くなってしまっていることがあるのでその時に今北産業という言葉を使うと誰かが説明してくれる可能性があるかもしれませんね。

3. オトメン

次にご紹介する若者言葉の一つとしてオトメンという言葉があります。

オトメンと言う言葉は以前ドラマなどでも用いられていた事がある言葉なのですが、 結論から言うと少女と言う言葉と男性を意味するmenという言葉が組み合わさった合成的な言葉です。

ここまで説明するとある程度予想がつくかもしれませんが、昔と比べて比較的最近は外見の面においては中性的な顔をしている男性がモテるようになっています。

なので中性的な男性は女性的な面も持っていると考えた時に、男性であるにも関わらず乙女的な趣味は考えを持っており料理や裁縫など家事全般に才能を発揮するような男性のことをオトメンと言う言葉で指し示す様になりました。

なので付き合っている男性が料理が上手であったりすると彼氏ってオトメンんだよねと言う様な形で表現したりすることができます。

乙女チックな男性のことを総称してオトメンという言葉で用いることもありますので、かなり幅広い意味合いを持っていると考えることができます。

【オトメンについては、こちらの記事もチェック!】

4. 亀レス

次にご紹介する若者言葉は亀レスです。

亀レスという言葉はインターネットなどをよく見ている方はご存知かと思いますがその名前の通り亀の様なレスをするということです。

まず着目していただきたいのが亀という生物ですが、亀という生物は歩くのが遅い生き物ですよね。

なので、亀=遅いという事を理解して、レスというのはレスポンスの略称であり、掲示板などで誰かが誰かに質問をしたりする事や、その返事をする事などを意味しています。

これを踏まえた上で亀レスと言う言葉の意味は掲示板なのでかなり前に話をしていた内容について返事を書いたりすることでありその返事を書くこと自体の意味合いとして用いられています。

なのでその名前の通り亀のように遅いレスポンスを行っているという言葉の略称と認識してください。

5. 塩対応

次にご紹介する若者言葉は塩対応です。

塩対応は比較的若者以外でも知っている方はかなり多いと思います。

塩対応はその名前の通り、塩を連想させるような対応をする事で、具体的には塩のようにしょっぱい対応を行うという事なので、そっけなかったりするような対応の事を指し示しています。

それ以外にも、相手をなめているというような意味合いで連想される場合などもあります。

反対語には皆さんもご存知かと思いますが、神対応という言葉が存在します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はしゃかりきと言う言葉やその他の若者言葉について簡単にご紹介しました。

比較的多く用いられる場合もあれば雨に用いられないような言葉も存在していますが、ある程度の言葉の意味を知っておく事で、話についていけないという事もなくすことが出来ますし、面白い意味合いを持っている言葉も多いので、こういう言葉があるんだ、くらいに把握しておけばいざ聞いた時には理解する事もたやすいので、便利です。

この機会に若者言葉の面白さも感じていただくとより理解が深まりますよ。