CoCoSiA(ココシア)

陰キャとはどんな人?12個の特徴とそこから抜け出す方法を紹介します


アナタは自分のことを陰キャだと思ったことはありますか?

もしかしたら、陰キャを卒業したいと思っている人もいるかもしれませんね。

今回は陰キャとはどんな人なのか、陰キャの特徴、そして陰キャが陽キャになるためにはどうすれば良いのかをご紹介したいと思います。

この記事を読んで陰キャを抜け出しましょう!

この記事の目次

陰キャを脱出して陽キャを目指そう

あの子って陰キャだよね、なんて言葉を聞いたことはありませんか?

その言葉を聞く度に「私もそう思われているかも!?」とドキっとするそこのアナタ!!これを読めばそんな心配をせずに人生をエンジョイできるはず。

また、陽キャとしてキラキラ生きていきたい!という人にもぜひ読んでいただきたいです♪それでは陰キャの意味や使い方からご紹介します♪

陰キャとは?

陰キャとは、クラスや会社の集団の中で「イケてない」集団に入っており、最近の言葉で言うと「ウェイ系」ではない人のこと。

また、性格自体が暗いということに加え、見た目や行動による暗さや「オタクっぽさ」も陰キャと呼ばれる人の特徴の一つです。

どんなキャラ?

「話してみれば明るいけど見た目が暗すぎる」や、「イイやつだけど動きがオタクっぽい」、「言動がとにかく暗い!」や、「自称陰キャ」など陰キャと言ってもさまざまな種類のキャラがいます。

しかし、基本的には悪いイメージやマイナスイメージなことが多いです。

使い方

「陰キャ」という言葉はよく耳にしますが、実際はどうやって使うのでしょうか?

例えば、「あのーなんだっけいつも教室の隅にいるあの子!」なんてときに「あー陰キャの〇〇でしょ?」などと使われることがあります。

基本的にマイナスイメージで使われることが多いようですね。

逆に自分に対する自虐ネタとして「俺、陰キャだから~」と言う人もいるようですが、その場合の多くが陽キャたちによるネタの1つであり、実際に陰キャが自分のことを言うと、周りの人たちは少し困惑することもあります。

類義語・対義語

陰キャに似た言葉はどんな言葉があるでしょうか?

「ぼっち」や「根暗」「非リア」などがあげられます。やはりここでもマイナスな言葉が多く使われていますね。

逆に反対の意味を持つ言葉としては「リア充」「陽キャ」「パリピ」などいろいろな言い方があります。

若い人たちの言葉って面白いですよね。

陰キャの12個の特徴

陽キャになるには、まず陰キャの特徴を知る必要があります。

ここからは、陰キャたちの特徴をまとめてみました。

たくさん当てはまったら陰キャと思われている可能性大!自分が陰キャかもしれない…と心配な人は要チェックです☆

1.とにかく暗いイメージ……

とにかく暗いイメージというが陰キャの特徴のひとつです。

全てにおいて暗いイメージがある、見た目からして暗さが全面に出てる。

髪の毛がボサボサだったり前髪が長くて顔にかかっている。喋ってもボソボソ話すから暗さが倍増する。声は低く聞き取りにくい場合が多い。

普通に歩いているだけで先生や友達、上司などから「大丈夫か?」と心配されることがある。

また、「元気?」と聞かれることも多い。なぜだかわからないが心配されがち。

たしかに「陰キャ」と言うくらいですから、暗いイメージはありますよね。

「クール」と「暗い」は紙一重な気もしますが、陰キャの暗さはイヤ~な暗さがあるのではないかと思います。

友達になるのであれば、サバサバしていたり、フレンドリーな明るい人の方が良いですよね。

あれ、今自分暗いかな?と思ったら少し笑いのネタを入れたり、明るい話題に変えて方向転換することが重要。

できれば、暗さから抜け出して、できればクールだと思われたいですね…。

暗い顔をしている人について詳細はこちら >

2.悩みや不安が多い

陰キャの人は悩みや不安が多い傾向にあります。

人前に出るときは常に不安げな顔で自信のなさが全面に出ている。

まわりの目を常に気にしていて、ささいなことでもすぐ悩んでしまう。

誰かに相談すると「そんなこと気にしなくていいよ」と言われてしまうことが多い。