最近、JKや若い子たちたちが、会話の中で「それな!」って言っているのを聞いたことがありませんか??

「ん・・・??何が”それな”!?」って思っているみなさん。

「それな」の意味わかっていないと、若者たちから白い目で見られるかもしれませんよ。

もし、自分はまだ若いと思っている人がいて、でも「それな!」の意味がいまいちわかっていないみなさんも、おじさん&おばさん扱いされぬよう、ここで密かに意味を確認しておきましょう!

最近よく耳にする「それな」ってどういう意味?

電車がカフェなど、ふとした時に若い人たちの会話を聞いていることってありませんか?

おじさん、おばさんになると、JKの会話って内容が面白かったり、かわいかったり、今の若い子たちはこんなこと考えているんだ~って参考になったりしますよね。

その会話の中で、若い子しか使っていないような言葉があったりして、「それってどうゆう意味??」って思ってしまうこともあるのではないでしょうか?

過去にはいろいろなギャル語といわれるものも登場していましたが、最近のJK語にもついていくのが大変。

というか、ついていくことはもはや無理でも、よく耳にする言葉はおさえておくといいかもしれません。

その中でも、最近よく耳にするのは若者たちが使っている「それな!」っていうフレーズ。

ネットの書き込みや、SNS、そしてスタンプにまで登場しているフレーズですが、「それな!」って何が!?って思っていしまっている人は意外にも多いのではないでしょうか!?

よく、関西人は「ほんまそれな~」なんてフレーズ使いますが、それとはまた別の若者言葉です。

最近、ドラマなどでも「それな!」って言っているシーンなんかもあったりしましたが、どのようなニュアンスで使っている言葉なのかいまいちわからない、という人もいました。

でも、実際に今かなり使われている言葉であることに間違いはありません。

だって、Twitterでは「それな」だらけですから・・・。

もし、自分だけわからないとしたらちょっと恥ずかしいというか、焦る気持ちですが、実は結構わからない人が多いのがこのフレーズですのでご安心ください。

若者のいない家庭や大人だけの社会ではよくわからないフレーズだからこそ、みんな検索しているのですから・・・。

では、早速その意味なのですが、じつは、いたってシンプルなんです。

「それな!」というのは、「そうだね!」「たしかに!」「それいいね!」「そのとおり!」というような賛同するような意味です。

つまり、相手の言ったことに対して同意しているとき、賛成のとき、肯定したときなどに使います。

何かに賛成しているときに使える相槌としてけっこう万能なんですね。

でももし、安易に「それな!」を使って、若者に笑われたり、白い目で見られたりしないように、ぜひ正解な使い方をマスターしていきましょう!

「それな」についてどれくらい知ってる?

「それな!」って言葉、どこかで聞いたことがあるという人から、自分も使っているという人まで様々だとは思いますが、あなたは「それな」についてどのくらい知っていますか?

まずは、どこでどんな風に使われているのか、さらに語源や広まったきっかけについて、ちょっと調べてみましょう!

1. 語源は?

語源については、はっきりとしたことがわからないのが、JK語のスラング。

2ちゃんねるから始まった、という説もあるようだし、逆に2ちゃんねるではあまり使われていない、という人もいます。

でも一度テレビ(シューイチのコーナー)で、「それな」が2ちゃんねるからうまれたことばで、今どきの女子高生たちの間で話題になっている、と取り上げられたことがありました。

ほかの有力な情報としては、もともとは関西弁からだということです。

あれ、やっぱ「ほんまそれな~」と一緒じゃん!と思った方もいるかもしれませんが、一緒ではありません。

もしかしたらそこから発生したスラングなのかもしれませんが、本当にそうかはわかりません。

関西弁の「せやな」とか「そやな」が元になっている、という説もあります。

だから、関西弁なのだという人もいますが、普通の関西人は「それな」とはいわないような・・・。

ただ言葉の語感と意味が似ているので、そのような説は説得力があるのです。

ということで、「それな」の語源については諸説ありますが、はっきりとはわからないまでも2ちゃんねるから、もしくは関西弁が元、という説が有力ですね。

2. 広まったきっかけは?

では、この「それな」がこんなに全国的に若者の間で広まり、使われるようになったのはどうしてなのでしょうか?
それには2つの要素が関係しているとみられています。

1つ目はテレビです。

先ほども少し触れましたが、ニュースなどでも「それな」について、「若者の流行語」として取り上げられていました。

2015年には、めざましテレビで最新女子高生流行語ランキングの1位としても選ばれ、どんどんと広まりが加速したようです。

さらに、若い世代の芸能人などがテレビで使っていることも影響があるようです。

そして、2つめの要素としてSNSがあげられます。

SNSである投稿をリツイートするときに、「それな」をつけている人がかなりいますよね。

だから、Twitter上では「それな」だらけがドバーっと並んだりもしているわけです。

SNS上で使いやすいことや、みんなが使ったこと、そしてテレビの影響が相まって、全国的に広まったようです。

3. 誰が使っているの?

実際、この「それな」って誰が使っているの!?と言われると、大方、大学生か高校生ですね。

若者言葉ですから同然ですけど・・・。

若者たちは、結構な頻度で会話の中でこのフレーズを入れています。

さらに、大学生・高校生でなくとも、SNS上では大人たちも使っています。

これを使うだけでいっきに若者っぽくなったりしちゃうかも。

4. LINEスタンプでは頻出!

「それな」はSNS上でも多発しているフレーズですが、TwitterのみならずLINEでもかなり使われています。

それも、LINEで欠かせないスタンプでも「それな」が頻出中です!
もし、機会があったら試してみてほしいのですが、LINEスタンプを探せるサイトなどで「それな」を検索すると、数えきれないほどでてきます。

かわいいキャラが言っているスタンプから、シュールなスタンプや、野口英世などの著名人が言っているスタンプなんかもあって、大人も十分使える「それな」スタンプだらけですよ。

そのほとんどは、あの一発逆「ゲッツ」のような指さしポーズのもので、かなりノリのいいスタンプで、使い始めたらかなり多用してしまいそうな万能スタンプです。

5. 流行語大賞にも選ばれた

先ほども少し紹介しましたが、2015年の女子高生流行語大賞で、みごと第一位に輝いたのも「それな」なんです。

つねに時代を象徴し、その時代の最先端を走り抜けていくJKたちですが、彼女たちが使うJK語もその時代を象徴するものですよね。

2015年には、一位の「それな」につづき、第二位が「あーね」、第三位が「ワンチャン」、第四位が「とりま」、第五位が「パリピ」という結果になりました。

この中で、意味がちゃんと分かる言葉がいくつあったでしょうか??
「チョベリバ」なんかはわかるのに・・・という90年代を生きてきた世代にとったら、自分って年をとったんだな、ってつくづく感じる結果かもしれませんが、今時JKたちにとったら当たり前すぎるフレーズなんですね。

どんな時に使う?使い方事例を文例で紹介!

では、ここからが本番です!
意味と語源や広まったきっかけなどを知ることができましたが、実際に使うとなるとどこでどうやって、使えばいいのか、という問題がでてきます。

なのでここからは早速、「それな」をどんな時に使うことができるのか、ということを例文とともにチェックしていきましょう!

1. 相槌の意味合い

まず、相槌としての「それな」の使い方ができます。

「ああ、そうだね」「そのとおりだね」ということを言うときに、一言「それな」といえばいいのです。

簡単ですね。

でも、相槌として非常に簡単なゆえに問題もあったりします。

同意していることを意味するフレーズなので、相手の話を聞いているようで聞いていない時とかでも「それな」という相槌を打っておけばいいか、というようなてきとうな感覚で使うことがけっこうあります。

「うん」とか「ああ」といった返事よりも、相手の話を肯定していることを感じさせる相槌だから、相手の受け取り方もちがい、使いやすいということです。

だから、返答に困ったときや返答するのがめんどくさいときなどにも、「それな」を使うこともおおく、非常に便利であると同時に”もっとも残酷な相槌の一つ”とまで言われています。

例えば、「今日○○があってさ~、○○だったんだよ。」→「それな」。

これで終了です。

あれこれと考えることなくして、たったの3文字で相槌ができるわけです。