CoCoSiA(ココシア)

ヤンデレな人の8個の特徴


もしかしたらあなたの恋や友人が「ヤンデレ」だったりするかもしれません。

ヤンデレの人とお付き合いしていると色々なことで不自由になりがちですよね。

この記事では、ヤンデレの性格の人の特徴をご紹介いたします!

あなたの恋人や友人のことを「ヤンデレなのか?」とうすうす感じていた方は、ぜひこれからの項目でチェックしてみてください。

また、ヤンデレの人は普通にしていてもそうされる相手は苦痛に感じてしまうこともあります。

これからそのようなヤンデレ体質の人とのお付き合いを考え直すきっかけになれば幸いです。

この記事の目次

ヤンデレとはどんな人か

ヤンデレな人はどんな人か考えている

ゲームやアニメなどが流行りだしてから、ツンデレだとかヤンデレだとかいう言葉が世の中に出回るようになって来ました。

ゲームやアニメが好きな人は、ツンデレやヤンデレという言葉はとても身近なものかもしれません。

しかし、きっとそれはアニメやマンガの世界のキャラクターの性質としてのものでしょう。

実は、私たち人間が生きている三次元の世界でも「ヤンデレ」体質の人が存在するのです。

では、ヤンデレとはどのような意味を持っているのでしょうか?

ヤンデレの「ヤン」は「病んでいる」の略語です。

「デレ」はその言葉の通り、デレデレしていることを表しています。

要するに、精神的にはなんらかで病んでいる状態で誰かのことを愛したり、好きでいる状態のことを指します。

また、相手のことが好きすぎた結果として病んでしまうという意味として捉えることもあります。

「病んでいる」ときくと、どのような人を思い浮かべますか?

病んでいる人というのは、正常の人が判断することを出来なかったり、人とは違ったマイナスの方向へ物事を捉えてしまいがちなんですね。

ですから、その精神的な「病み」によって、ヤンデレ体質の人と付き合っている人は違和感だったり、不自由を感じやすいのです。

簡単に言えば、普通ではないということですね。

ヤンデレな人の8個の特徴

では、これからヤンデレ体質の人の特徴を8個ご紹介していきます!

ヤンデレ体質の人というのは、ほとんどの場合に自分がヤンデレ体質だということを分かっていません。

しかし、そのヤンデレ体質の人と交流がある人はなんらかで違和感だったり、不自由を感じやすいのですね。

特に相手と親密な関係になる恋人関係になるとその傾向が高まります。

ヤンデレ体質の人は、自分の気づかない間に病んでいる性格のせいで相手のことを苦しめてしまっている、ということにも気づいていないのです。

あなたももしかしたらヤンデレ体質なのかもしれません。

大好きな人に嫌われないためにも、ぜひヤンデレ体質の特徴をチェックしておきましょう。

そしてあてはまる箇所があれば、改善していきましょう。

はじめは受け入れられないかもしれませんが、ヤンデレ体質の特徴を改善することができれば成長につなげられますよ。

また、今お付き合いしている恋人や友人がヤンデレ体質かもしれないと疑問に感じている方も、ぜひ8個の項目でチェックしていただきたいです。

もしも度が過ぎるようであれば、今後のお付き合いをしっかり考えていかなければならないかもしれません。

さっそくヤンデレ体質の人の特徴を見ていきましょう。

ヤンデレ女性の特徴

ヤンデレな人な女性

まずは、ヤンデレ体質の女性の特徴を4つ見ていきましょう!

ヤンデレ体質の女性は、一見病んでいるように見えて、女性を守りたい!と感じている男性にとっては魅力的に見えてしまうものです。

しかし、いざお付き合いをし始めたら自立していないことが分かるかもしれません。

また、あなたのことを全て知ろうとするので、たとえ恋人同士であっても窮屈に感じてしまうこともあるでしょう。

これらは、特にヤンデレ体質の女性に見られる特徴ですが、ヤンデレ体質の男性にも見られる特徴でもあるので合わせてチェックしてみてください。

1.相手に尽くす

男性は、尽くしてくれる女性が大好きですね。

「あなたのためならなんでもする!」なんていう女性がいれば、今後の将来のことも考えて相手に好感を持ちやすいはずです。

だって、尽くしてくれない女性と結婚しても先が思いやられるだけですからね。

ヤンデレ体質の女性は、ほぼ相手に尽くすことが普通であり、そんな女性を好きな男性は多いようです。

いつも相手の立場に立ち、相手がしてほしいことを察し、なんでもやってくれるので男性としては居心地がいいですよね。

はじめは、このような尽くしてくれる性格からヤンデレ体質の女性を好きになってしまった人もいるかもしれません。

それは、あなたのことをちゃんと愛してくれているから、好きでいてくれるからしてくれるんですよね。