最近若いカップルが思い出として撮る、カップル写真というのをご存知ですか?

一昔前は旅行に行った時や、自撮りで簡単にピースするポーズが当たり前でしたが、今現在ではピース以外に新しいポーズが出来ています。

人に見せるのにはさすがに恥ずかしいかもしれませんが、自分たちの思い出として残しておくなら良いかもしれませんね。

見せたがりな人は気にせず見せてくるので、それはそれでありではないでしょうか。

今回は仲の良い友達ではなく、恋人だからこそ出来る最強のカップル写真のおすすめポーズをご紹介致しましょう。

カップル写真を撮るのにオススメのポーズ10選

今流行りのカップル写真を撮るのにおすすめのポーズをご紹介致しましょう。

可愛いものから、シュールなもの、そしてダンスの振付ポーズなどが人気あります。

女性はともかく、男性がものによっては抵抗がある人もいるかもしれませんので、必ず事前に確認をとっておいて下さい。

時々男性が嫌がってポーズをしてくれない事もあります。

それが原因で喧嘩になってしまったカップルもいますが、なるべく相手の気持ちを尊重してあげましょうね。

1.ハートマーク


ポーズとしては一番ベタですが、やはりハートマークはカップル写真のポーズとしては鉄板ではないでしょうか。

お互いがハートマークを作っている写真は、誰が見てもカップルですものね。

これは男性が若い、そしてノリの良い人であればやってくれますが、ある程度年齢がいっている人はやってくれない確率は高いです。

ベタなポーズではあるのですが、男性はそもそもハートに抵抗がない人は少ないかもしれません。

ハートマークはそのままのポーズ自体、あなた自身への愛情が確かめられるポーズでもあります。

ただ恥かしいからしたくないという人もいるので、そこは理解しておいて下さいね。

私も同性ならまだ良いとは言えませんし、年齢が30代なので相当痛いです。

基本的に女性はカップル写真を友達や色んな人に見せまくるので、相手も覚悟して挑まないといけません。

ハートマークは、他のポーズの中で一番バカップル感を醸し出していると言っても良いでしょう。

ただ良い思い出になると思いますので、カップルのいる人は是非ハートマークでポーズを決めてみて下さい。

もっとラブラブ感を演出したいのであれば、背景をディズニーランドやクリスマスツリーなど、リア充感を出してみましょう。

私も昔ハートマークで写真を撮ろうと言われた事があるのですが、ハート自体に抵抗があって物凄く焦った記憶があります。

何年か前に芸人の楽しんごさんの「ラブ注入」というポーズが流行っていた時だったので、それを思い出してハートマークを作りましたね。

ハートマークに抵抗がある人は、「ラブ注入」をやったら意外といけます。

最近では両手でハートマークを作るよりも、片手のみで作るハートマークの方が流行っています。

片手のみの方が気軽で良いかもしれませんね。

お互いの手で作るハートマーク

各個人で作るハートマークよりも、お互いの手と手が合わさって作るハートマークの方が面白いものなんですよね。

このポーズは連帯感があるので、一緒にやると楽しいですし、嬉しい気持ちになります。

カップル写真として撮る時は周りから目立ってしまうので恥ずかしいかもしれませんが、仲睦まじく見れもらえますのでありです。

難しいポーズではないのですが、相手との身長差がありすぎると写真を撮る時は結構大変かもしれません。

一発オッケーなら良いのですけど、こだわる人はとことん拘ってしまうので、腰や腕が痛くなってきてしまいます。

ストレッチの伸びに近い体制なので最初は良いかもしれませんが、長時間経つと震えが止まりません。

なるべく早めにおわらせてあげて下さいね。

2.TTポーズ

韓国の女性アイドルグループのTWICE(トワイス)さんの楽曲TTの振り付けに、TTポーズと呼ばれる振り付けがあります。

このTTポーズというのは、よく携帯の文章に使う時の顔文字で泣いている意味を表しているのです。

要するに泣いているという事ですね。

ちょっと前にいろんな情報番組でTWICEさんの特集をやっていた時に、女子高生達の間で物凄く流行っていると話題になっていました。

どんなポーズかというと、顔の前に両手の親指と人差し指を下に向けてポーズをとるというものです。

これで顔文字の(TーT)形にしているのですね。

顔文字で悲しいを表してはいますが、特に悲しい時に使う訳ではありません。

TTポーズが可愛らしいとウケているだけなので、写真を撮るポーズに使用されているそうです。

このポーズであれば男性もしてくれるとは思いますが、男性側がTTポーズ自体を知らない可能性があります。

流行っているポーズと教えて上げるだけでも、良いかもしれません。

3.おそろコーデでポーズ

今現在ペアルックしている人って少なくなっています。

女性同士であればおそろコーデはよくある話なのですが、カップルの場合はあまりおそろいだと気付かれにくいかもしれません。

そもそも写真を撮る時に一番気にするのがポーズや顔なので、あまり服装をそこまで凝視している人っていないんですよね。

昔ならともかく、今は男女共に同じような服が出回ってしまっているので、そこまで服装に注目する人はいないと思って下さい。

おそろコーデを成功させたいのであれば、イベントを狙った方が良いですよ!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどのハロウィンイベントでは、ウオーリーやミニオンズなど男女一緒にしてもおかしくない格好の人がいるので、おそろコーデでポーズしやすいはずです。

私が過去に参加した時も、同じような格好をしている人がたくさんいました。

結構ウオーリーとその彼女ウェンダに扮しているカップルが多く、あっちこっちで自撮りをしたり他の観光客に写真を撮ってもらうようにお願いしている人もいたくらいですよ。

近年ハロウィンイベントは全国でも開催されているくらい人気があるものなので、誰もおそろコーデでポーズを撮っていてもおかしいと思う人はいないでしょう。

他の人に見せても、一番おそろいの格好をしていると思ってもらえますよ。

簡単なものであればパンツをジーパンにするとか、同じメーカーの靴を履くという手もあります。

しかし今はジーパンは誰もが履いていますし、靴もそこまで違いが分からないという人には難しいかもしれませんよ。

誰が見ても分かるようなおそろコーデの方が、後々思い出に残りやすいですしね。

二人のラブラブ感が満載のポーズに

ラブラブ感を表すのであれば、この中では一番おそろコーデでポーズがおすすめですよ。

自分が見てほっこりすると思うのであれば、おそろコーデでどんなポーズをやっても2人のラブラブ感は満載に見えますからね。

写真はそのままの通り、真実を写すと言われています。

たかが写真とは言え、ラブラブ感は伝わるものなのです。

4.キメ顔ポーズ

ピースやTTポーズなどではなく、キメ顔でポーズを撮るカップル写真もあります。

事前にお伝えいたしますが、決め顔ポーズはあまり親しい人以外には見せない方が良いですよ。

その理由はキメ顔ポーズをしている人は、大半自分素敵だと思っているナルシストが多いからです。

キメ顔のほとんどはよく見せたいと思っている人もいるので、他者から見てちょっとうっとうしいとしか思えないんですよね。

人に見せるのであればネタとしてやっている分には良いかもしれませんが、本気でやる分にはかなり痛々しいかもしれません。

決め顔ポーズは大学生までの学生さんであれば、良いなとは思います。

最近ではほっぺたに手を当てる虫歯ポーズや、髪の毛の一部を持つ髪持ち、手で口元を隠すてマスクなんてのもありますよ。

基本的に決め顔というのは、自分の欠点を隠すタメにあるものです。

例えば虫歯ポーズは頬を手に当てる事で、自分を小顔に見せるようにしています。

Instagramやfacebookなどで自撮り投稿している人は、キメ顔をしている人はとても多いですよ。

芸能人がやっているポーズに影響されて、自分でもやりたいという人が増えています。

二人でキメて仲良くポーズ

決め顔ポーズと言えば女性同士で撮るものだと思っている人もいますが、そんな事はありません。

最近では2人でキメて仲良くポーズを撮るという事が流行っています。

ポーズをキメての決め顔ではなく、あくまでも自然体を装いつつの決めポーズであれば最高です!
どのように自然体に持ち込むかですが、彼女ではなく彼にシャッターを押してもらう事で解決しますよ。

やはり女性と男性では背丈が違うので、背の低い人がシャッターを押してしまうとどうしても決めポーズが美しく写りません。

そして重要なのはここ、2人でキメて仲良くポーズを撮る時はカメラ目線ではなく、お互いを見るようにして下さい。

写真を撮る時はやはりカメラが気になってしまうとは思いますが、目線がかめらだとあざとく感じてしまうでしょう。

しかし目線がお互いに行っていると、お互いを思いやっていると感じ取れる写真になるので、2人でキメて仲良くポーズを取っても好印象に感じてもらえますよ。

基本的にはあまり他者からは好かれにくい決め顔ポーズですが、やり方を変えるだけでいくらでも印象を良く出来るのです。

是非試してみて下さいね。

5.ピースポーズ


ピースポーズと言えば、老若男女誰もが知っている全国共通のサインです。

一番不自然でないのがピースポーズですものね。

私も写真に写る時は、ピースポーズをする事が多いかもしれません。

ハイチーズを撮影者に声をかけてもらった時、とっさにしてしまうのはやはりこのポーズです。

今でこそ平和を意味するピースポーズですが、ピースポーズの元々の意味は勝利をアピールするVサインである事はご存知でしょうか?

他のポーズ以上に昔からあるものですが、ただオーストラリアやニュージランドなどの国でピースポーズをするとセクシャル的なものを意味しているそうです。

日本国内でしたら安全ですが、場所によっては失礼に当たるので注意しましょう。

両手でピースして手をクロス

時代が変われば色んなポーズが出来るようで、ピースポーズも大分様変わりしてきました。

若い世代では普通のピースマークだけではなく、色んなバリエーションのピースも存在しています。

両手でピースして手をクロスしている人をたまに見かけますが、そのほとんどはバンドマンの影響だそうです。

イメージ的には芸能人のDAIGOさんが良くやっているウィッシュがイメージしやすいのではないかと思います。

ちょっとロックぽいピースがカッコイイのかもしれませんね。

6.乙女ポーズ

乙女ポーズとはなんぞやと頭を捻る人もいるでしょう。

どちらかと言うとエクササイズで有名になってきていますが、よく少女漫画にあるような両手で輪郭を隠すようなポーズを指します。

昔は分かりませんでしたが、あのポーズを乙女ポーズと呼ぶのだそうです。

漫画でしか見た事ないでしょうが、結構やっている人多いんですよ。

ハートマークよりも乙女感を表しているので、可愛らしさは増しますね。

両手で輪郭を隠すようにポーズ

乙女ポーズという名前なので、女性限定ではと感じてしまうかもしれませんが、意外と日常生活でもやっている男性もいますよ。

最近話題になりつつある将棋の羽生名人が、両手で輪郭を隠すようにポーズをしている事が有名になっています。

羽生名人自身かなりよいお年を召されているのですが、可愛さを狙っている訳ではないのであざとくは感じませんね。

乙女ポーズをしている写真は平常時ではなく、将棋やチェスをされている時なので、どちらかと言えば考えを決めている時にされているようです。

このポーズは主に可愛らしさをアピールするというより、憂いを帯びた姿を現しているかもしれません。

私も日常生活でちょっとした時に、乙女ポーズをとってしまう事があります。

乙女ポーズで写真を撮る時の注意点として、決め顔をしているとあざとく感じてしまうので嫌悪してしまいそうですが、普通の自然体で撮ると柔らかい印象になりますよ。

7.躍動感満載のポーズ

躍動感満載のポーズって良いですよね。

絵に書いた美男美女やモデルさんがやると、とても絵になります。

躍動感満載のポーズってどんなの?という人は、みんなでジャンプをする場面をイメージしてみて下さい。

そもそも躍動感とは生き生きしている、動きが分かる状態であるという意味になります。

動きが分かる状態であればヨガやポールダンスをしている写真が、一番躍動感を感じれると思いますよ。

誰が見ても元気があって良いなと思うようなポーズなので、見ている人も元気をもらえます。

躍動感満載のポーズは一番絵になりますからね。

二人で揃えることで踊っているようなポーズ

躍動感満載のポーズならでは、2人で揃えていることで踊っているようなポーズを演出すると、より躍動感を感じやすいでしょう。

強いて言うのであれば宝塚歌劇団の決めポーズみたいな感じでしょうか。

踊っているポーズは若々しさとスタイリッシュ感も表現できるので、とてもカッコいいです!
他の人も影響されて結構やりたいと望む人もいるくらいですよ。

学生さんなら運動会の時の創作ダンスなどの後が良いかもしれません。

8.おんぶやだっこでポーズ

女性の一番の憧れ写真と言えば、おんぶやだっこでポーズして写真を撮る事でしょう!
若い頃は私もお姫様だっこに憧れたものです。

おんぶやだっこでポーズの写真は、他のポーズ以上に仲良し度が強調されており、誰が見ても羨むカップルだと思ってもらう事が出来ます。

他のどのポーズよりも密着度が高い為ラブラブ感は伝わりやすいのですが、このポーズは男女共にかなりの注意点があるのは何となく想像つくのではないでしょうか。

1つ目の注意点として、そもそも男性に体力と筋力がないとどうしようもありませんよね。

女性よりは基礎体力と筋力はあるとは言え、中々1発でポーズを決められるものでもないので、持続力が必要となります。

その上でおんぶやだっこポーズに挑もうとするものなら、かなり体力が削られてしまうので、最低限鍛えておいた方が良いでしょう。

2つ目の注意点として、女性の体重が大きな要になってきます。

当然体重が重たいと、男性は持ち上げるのですらしんどくなってしまうので、重たいと自覚のある人はダイエットが必要です。

重い物を持ち上げるのって最初は良いですけど、後々になって腰や腕に負担がかかってしまうので無理のないようにして下さい。

昔女はいつでもお姫様だっこされても良いように、痩せておいた方が良いという言葉が出回っていましたが、本当にその通りかもしれませんね。

付き合っていると、いつお姫様だっこされるか分かりませんよ。

3つ目の注意点としては、薄着での撮影が好ましいです。

当然ウエイトの問題でもあるのですが、厚着をしてしまうと動きにくいという難点もあります。

もこもこしていると余計にしんどいんですよね。

コートを着る時期でなければ大丈夫だと思います。

体力と筋力に自信のある男性なら良いかもしれませんが、最近ではマッチ棒のように細すぎる男性もいますので、相手の事を考慮してあげて下さいね。

9.ガオーポーズ

ガオーポーズというのはそのままの意味で、爪を立てて威嚇しているライオンのようなポーズです。

最近はInstagramやfacebookなどに自撮りしている有名人もたくさんいるので、TTポーズ同様ガオーポーズも真似する女性が多くなっています。

威嚇していると言ってもそこまで怖いものではなく、いたずらっ子みたいなポーズだと思って下さい。

ピースポーズの変わりにやっている人も多いのですよ。

ガオーポーズは可愛らしい人がやるととても似合っていますが、地味めな人がやると無理している感があるので、あまりカッコ付けず自然体で挑むのがおすすめです。

10.歌舞伎風ポーズ

歌舞伎風ポーズは他のポーズと異なり、かなり個性的かもしれません。

たまーにネタでやっている人も多いのですが、歌舞伎風のポーズを撮る場合は、出来るだけ歌舞伎の公演場前などでやった方が良いですよ。

その理由は2つあります・
まず1つ目は、学生時代自然学校に行って仲良かったグループで写真を取りました。

グループの内のぽっちゃりした子が、何故か全員で歌舞伎風のポーズで写真を撮ろうと言い出したのです。

正直な話、物凄く微妙だったのですが、仕方なくみんなで歌舞伎風ポーズを取りました。

自然学校語、出来上がった写真を見て心底焦りましたね。

全員歌舞伎風ポーズを取っているはずなのに、言い出しっぺの子の体型のせいでどうしてもお相撲さんの張り手にしか見えませんでした。

現像された写真を見たグループの子達が、何とも言えない顔をしていたのは言うまでもありません。

当の本人だけは気にせず喜んでましたけどね。

歌舞伎ポーズを撮る時の注意点としては、出来るだけ痩せておいた方が良いです!
ぽっちゃりしていると本当にネタになってしまいます。

私は関西県の人間なのですが、結構ミソカスにネタにされますよ。

2つ目の理由は何年か前に、ゴールデンボンバーというビジュアル系エアーバンドが流行っていましたよね。

私自身は流行りだした頃のファンなのですが、その当時よくテレビの歌番組でも流れていた「女々しくて」という曲の振り付けの最後でメンバーさんが歌舞伎ポーズで決めるというのをしていたのです。

当時恋人以上だった人と、調子に乗ってゴールデンボンバーのマネをして歌舞伎風ポーズをやって写真を撮ったのですが、数日後ふられました。

別に歌舞伎風ポーズが原因だった訳ではありません。

私があまりにもゴールデンボンバーの事ばっかり言いすぎていたので、気持ち悪くなってしまったみたいです。

当時私の他にもゴールデンボンバーに憧れて、歌舞伎風ポーズをしている人はたくさんいました。

今ではさすがにブームが落ち着いているので、歌舞伎風ポーズで写真を撮っても何も言われないと思いますが、お互いの体型には気を付けて下さいね。

カップル写真をとるのにオススメのスポット

カップル写真をとるのにオススメのスポットを案内致します。

ポーズも大切ですが、背景もこだわった方が良いですよ。

やはりカップルと言えばここでデートして、間や最後に写真を撮るのが定番かもしれません。

遊びに行った時や旅行に行った時、是非カップル写真を撮って下さいね。

ディズニーランド

老若男女が共通して楽しめる夢の国と言えば、やはりディズニーランドをおいて他はないでしょう。

ディズニーランドならミッキーマウスやミニーちゃんのヘアバンドなどを付けている人も多く、被り物していても誰も文句を言う事はありません。

どうしてもディズニーランドに行くと、自分も子供に返ってしまうような気持ちになるので、躍動感のあるポーズや素敵なポーズで写真を撮りたくなってしまうのですよね。

ディズニーランドは様々なスポットも多いので、色んな場所で写真撮影を楽しむ事が出来ます。

中には隠れミッキーなどコアなファンしか分からないものもあるので、それを全部探し当てて写真撮影するのも面白いですよ。

子供だったらランド、大人向けだったらシーかもしれません。

その時期に開催されているイベントもとても豊富で、可愛いキャラクターもランド内にいるので、ポーズを真似してとるのも良いでしょう。

夢の国にいるせいか、色んな意味で羞恥心が薄くなってしまうため、可愛いポーズをしても何の抵抗もなくなります。

普段写真を撮る時に相手が渋っているのであれば、是非ディズニーランドでカップル写真をここぞとばかりに撮ってみてはいかがでしょう。

素敵なキャラクターに囲まれての撮影なら、ポーズを撮ってくれる確率は高いですよ!

スカイツリー

今や東京タワーになりかわっての日本を代表とするシンボルと言えば、スカイツリーでしょうね。

スカイツリーは子供向けというよりかは、大人向けのスポットかもしれません。

それはスカイツリーがとても高いという理由もありますが、出来上がるまでに3年ほどかかったという歴史がありますからね。

スカイツリーでの写真撮影スポットは、やはりスカイツリー全体が写るアングルで撮るのが最高です。

アングルが下からなので、どうしても顔が大きく見えてしまうという難点もありますが、スカイツリーなどの観光スポットで写真を取る場合は、主役が自分達ではなくスポットが主役だと思って下さい。

スポットに集点を当てておかないと、自分達があぶれてしまうので、下手に目立たせずポーズも控えめにしておいた方が、思い出に残りやすくなります。

恋人とたくさん思い出を作りたい!

恋人とたくさん思い出を作りたいと思うのは、とても良い事です!
思い出がたくさんある方が幸せですからね。

私も旦那ともっとたくさんの思い出を作っておけば良かったなと少しだけ後悔しています。

思い出はいつでも作れるものかもしれませんが、加齢は誰にも止める事が出来ません。

若い瞬間は今しかないのです。

いつでも出来るではなく、後からこうすれば良かったと思わないで済むように、今の内に恋人とたくさん思い出を作りましょうね。

写真は何年経っても残るもの

写真は何年経っても残るものなので、写真を見て記憶が蘇る事も出来ます。

記憶はいつでも思い出せるものではなく、いつまでも自分の手元においておけるのが写真ですからね。

ただ最近やたらと多いのが、写真アプリで修正している人が増えている点です。

プリクラでも目を大きくしたり美白にしたりという機能を好む女性は多いのですが、結構問題になっている部分も増えてきています。

自分をよく見せたいがために写真を加工ししすぎた結果、空間が歪みすぎてたまたま写真に写っていた通行人の胴体がびよーんと伸びてしまい、人間離れするというケースが相次いでいるのです。

人間以外にも足を長く見せるために加工したせいで、たまたま写っていた車のタイヤの大きさが異常に大きすぎてしまう事もありました。

自分は良いかもしれませんが、かなり不気味ですよ!

分かる人には加工していると一発でバレてしまうので、下手に加工するのは止めましょう。

どんな写真でも自分は自分なのです。

加工をしてしまうと思い出に残りにくくなってしまうので、ありのままの自分で行って下さいね。

飾らない写真の方が美しいです。

おしゃれな写真をSNSに投稿する人も

SNSなどでおしゃれなカップル写真を投稿する人が増えてきています。

やっぱり写真は誰かに見せたいですからね。

しかしSNSに投稿しても、自分の親しい友達のみに見せるだけにしておきましょう。

頻繁におしゃれな写真をSNSに投稿していると、他者から批判を買いやすくなってしまいます。

正直な話、恋人との思い出は自己満足でしかないので、頻繁にSNSにに投稿していると自慢したいのかなと思われてしまうものです。

他者が興味ある事であれば良いのですが、近況報告やラブラブしている場面なんかはちょっと嫌になってきてしまいますからね。

おしゃれな写真をSNSに投稿するのが悪いとは言いませんが、ほどほどにしておいた方が無難ですよ。

まとめ

男性はともかく、女性はカップル写真を見せたがる生き物です。

やっぱり見せたいですからね。

自分たちで楽しんでいるのであれば構わないのですが、Instagramやfacebookなどに投稿したり、あっちこっちに見せびらかしている人も少なくありません。

知り合いでカップル写真を見せて来た女性がいたのですが、そんなに親しくない分自慢したいのかなとしか思えませんでした。

見る分にはスゴイとは思いますが、何でも控えめに見せておかないと、恋人がいない人からはリア充パーンしろと思われてしまうでしょう。

ただ私自身カップル写真というものを撮った事がありません。

その理由は旦那や歴代彼氏が全員写真を撮られるのが嫌いな人だからです。

恐らくイケてない男性は写真が苦手、イケている男子やナルシスト男子は写真に抵抗がないと思います。

ポーズを撮ってくれる男性はごくわずかかもしれませんが、なるべく付き合いたての頃に撮っておくのがおすすめですよ!

付き合いが1年以上経ってしまうと、関係が安定してきてしまうので、撮らせてもらえない確率は高くなってしまいます。