CoCoSiA(ココシア)

好きな人と両思いになる方法を伝授!コレで男はイチコロになる11個のテクニック


恋をしてせっかく好きな人ができたなら、やっぱり両思いになりたいと思いますよね。

片思いをしているときも、それなりにその恋を楽しむことはできるとは思います。

しかし、その楽しさも、片思い期間が長くなればなるほど、「好き」という気持ちがどんどん募っていってだんだんと、辛さも増すばかり…。

「この恋だけは成就させたい」
「彼のことだけは諦めたくない!」
「どうしたら好きになってもらえるのかな?」

そんな恋する乙女の気持ちを応援して、今回は好きな人と両思いになる方法をご紹介していきたいと思います。

好きな男性をイチコロにするテクニックを使えば、今まであなたにあまり関心がなかった彼もあなたのことを好きになるかもしれませんよ♩

その恋、諦めるにはまだ早い!
いざ、レクチャー♩

好きな人と両想いになる11個の方法

好きな人ができたので、その彼と両思いになりたいと願ったとき、たとえばただ待っているだけ、ただ見つめているだけで、向こうのほうからアプローチしてくれたら、それほど幸せなことはありません。

女性はわりと恋愛に消極的な人が多いので、自分からアプローチできない人もきっと多いとは思います。

しかし現実は、自分から行動しないと何も前に進まないことのほうが多いですよね。

「両思いになりたい」「恋人になりたい」と思える好きな人がいるのなら、怖がらずに自分から行動をしていきましょう。

それでは具体的に、好きな人と両思いになるためには一体どんな方法があるのか?

この場合、社会人の大人が対象でも、学生さんでも同じ恋愛テクニックが必要になるので、ぜひ参考にしてみてください。

まだこれらのテクニックを実践したことがない場合は、絶対に効果が期待できるのですぐに実践してみてくださいね♩

会う回数・時間を増やす


彼のことを意識するあまり、自分から会いにいったり話かけたりするのが恥ずかしくてなかなか出来ない…という女性は多いと思います。

「願わくば向こうから話かけてきてくれないかな?」
「偶然会えないかな?」

そんなあま〜い思考をもし持っているのなら、それは逆効果です!

好きな人に意識してもらうには、自分から積極的にまずは会う回数を増やしましょう。

最初はその時間が少しでも構いません。

たとえば、2週間に1度しか会わない女性というのはやはり彼のなかで印象が薄くなりがちです。

それが1週間に1度は会う相手になったり、3日に1度は会話する女性になれば、名前と顔を覚えてくれたり、「頻繁に会う相手」」だと認識されるので、彼のなかでも印象がだんだん強くなっていきます。

会う回数が増えたら、少しずつ会話する時間も自然と増やしていくことができるので、そうなればもっと意識してもらえる機会が増えますよね。

会う回数と会話の時間が長くすることで、自然と仲良くなることができるので、そうなれば「連絡先交換」が自然とできたり、「遊びの誘い」のきっかけに繋がったりもするので、いいことしかありません!

いきなり距離感を詰めすぎると相手も引いてしまう場合があるので、少しずつ近づいていくのが最適でしょう。

あだ名を付けて呼ぶ

職場や学校などでの呼び名は、あまり仲良くない相手の場合「苗字」と「さん付け」で呼ぶことが定番になりがちですよね。

それを、好きな男性なら苗字ではなく、あだ名で呼ぶようになればステップアップ成功です♩

あだ名を付けて呼ぶことは、より親しい仲にならないと抵抗があるかもしれませんが、あだ名を付けて呼ぶことで一気に距離感が近くなります。

もし周りからあだ名で呼ばれることの多い彼なら、周りのみんなが呼んでいる呼び名に便乗して、自分も一緒に呼んでしまったほうが良いでしょう。

あだ名がない場合でも、たとえば苗字ではなく下の名前のほうで呼んでみたりするだけで、彼のほうもドキッとするはず!
名前の呼び方ひとつで親しみやすさが全然変わってくるので、ぜひ試してみてください♩

聞き上手になる


男性は聞き上手の女性に好感を抱く生き物です。

とくに男性は自分の話をするのが好きですよね。

それがたとえば「俺の武勇伝」のような話だったり、「ちょっとした自慢話」や「仕事の話」だったりした場合は、とにかく笑顔で話を聞きましょう。

相槌をうつ場合は、「すごーい」「本当に尊敬します」と言った言葉を挟んだりして、好きな彼の良き理解者であり味方であるようにします。

男性は自分が褒められたり、認められることで自信をつける人が多いので、とにかく聞き上手になることで彼からの好感度をアップさせましょう♩

聞き上手になることで「こいつ、俺のことよくわかってるな」という印象を与えることができるので効果は抜群です。

【聞き上手になるには、こちらの記事もチェック!】

悩み相談をする

「いきなり好きな彼に悩み相談をするなんて重たすぎない?」と思うかもしれませんが、悩み相談をすることで彼からの印象がとてもよくなります。