CoCoSiA(ココシア)

好きな人と両想いになる8個の方法。...(続き2)

そうすると、きっと相手の中でもあなたの株がぐんと上がるはずですよ。

3.共通点を作る


恋愛が始まる一つのきっかけとして、お互いに共通点があるということが挙げられます。
そして、共通点というのは作ることすらできます。

共通点があれば、お互い話が弾みますしデートに行く口実を作ることも簡単です。

例えば、映画鑑賞が好きなら映画に誘うことが出来ますし、ドライブが好きならドライブに行くことが出来ます。

好きなアーティストや料理なんかが一緒だと、それに関する会話をたくさんすることが出来ますし、料理なんかは一緒にレストランを探すこともできますね。

もし相手と共通点が無くても大丈夫です。

自分が合わせてしまえばいいのです。

嫌いなものを好きだと嘘をつくのは難しいですが、特に興味のないものに対して興味があるというのは、何の害もありませんよね。

もっとも、好きな人が興味のあるものや好きなものは、あなた自身も気になるはずです。
なんでもいいので共通点を作って、相手との距離を縮めるきっかけを手に入れましょう。

共通点が多ければ多いほど会う回数も多くなる

共通点が多ければ多いほど、デートやみんなで遊ぶ回数は増えていきます。

先ほども言ったように、料理や好きなレストランが同じであればそこに行くという口実で合うことが出来ますし、共通の友達が多ければ一緒に遊ぶことだってできます。

また、共通の話題がたくさんあればあるほど会話が弾んで楽しい時間を過ごすことが出来るので、相手ももっとあなたと遊びたいと思うはずです。

共通点があるだけで恋愛は想像以上にやりやすくなるのです。

しかし、あからさまな嘘をつくことは辞めましょう。

絶対に嫌いな食べ物を好きだと言っていざ食べに行ったときにばれてしまった・・・なんてなると、相手からは信用されなくなってしまいます。

あくまでも、合わせやすい共通点を探すようにしましょう。

4.身だしなみに気をつける

恋人を選ぶ基準として、身だしなみの良さというものがあります。

身だしなみが悪い人はいくら顔がかっこよくてもだらしない人に見えてしまいますし、自分とあまりにも違うタイプのファッションや、異常に奇抜な髪形なんかは女性から嫌われてしまいます。

身だしなみというのは一社会人として非常に大切な要素です。

特に、相手がまだあまりお互いを知らないとなれば、相手があなたを判断する方法はその身だしなみになります。

そこがだらしなければ、だらしない男なのだと思われてしまうのです。

ファッションも自分のアイデンティティーを表す一つです。

しっかり身だしなみに気を付けて、相手に引かれないようにしてくださいね。

清潔感を出す

また、恋人に求めることの上位に常に位置している要素、それは清潔感です。

特に男性は何よりも清潔感が大切だと言っても過言ではありません。

清潔感があれば、何歳になってもかっこいい男性でいられるのです。

男性は女性よりも清潔さや臭いなんかに気を配っていない人が多いので、その中で清潔な部屋、清潔なファッションを守っている男性はとても素敵に見えます。

髪の毛なんかも、脂っこくなくさっぱりしている方が、綺麗に見えて印象がいいです。

また、香水の匂いがする男性よりも、シャツの洗いたてのような新鮮なにおいがする男性の方が素敵です。

シャツのしわがしっかりとアイロンがけされていたりという面も、女性はちゃんと見ています。

ヘアスタイルを変えてみるのも効果的

もしどうしても清潔感やきちんとした雰囲気が作れないという場合は、ヘアスタイルを変えてみるのも効果的かもしれません。

女性ですら、髪の毛が傷んでいたりしっかりととかされていなかったら清潔感が無くて不潔な女性に見られてしまいます。

まずは、その頭が金髪や赤髪など奇抜な色に染まっていないか、そしてプリンになっていないかを確認しましょう。

黒髪の男性は、フケがついていないか、髪の毛が長すぎないかもちゃんと確認するようにしてください。

髪の毛の量が多すぎる人も、だらしなく見られてしまいがちです。

美容師で相談して、清潔な雰囲気のある髪形にしてもらうと良いでしょう。

同じような洋服を着ない

毎日同じような洋服を着るのもあまり印象はよくありません。

いつも同じ組み合わせで同じようなファッションをしていると、服を全然持っていない人だと思われてしまいます。

また、ファッションには全く興味が無いようにも見え、それはつまり女性に対しても興味が無いように思われてしまうのです。

女性が恋をすると髪の毛や服装を頑張るのと同じで、男性もまた恋をすると両想いになるために努力をしなければいけないのです。

いくら恋愛は心だと言っても、始まりはやはり見た目から入るものです。

女性に受けがよさそうなファッションを勉強して、いつもの服装に少しだけ変化を加えてみてください。