CoCoSiA(ココシア)

動物園デートをする時の7個の注意点とおすすめ動物園


動物園デートはカップルにとって定番ですよね。

今回は、そんな動物園デートするときの注意点をお伝えしていきます。

「動物園デートに注意点なんているの?」と思うかもしれませんが、案外動物園での落とし穴は多いようです。

また、カップルで動物園デートを楽しむ際のポイントや、気をつけなければならないこと、さらにもっと動物園デート楽しめる方法なども併せてご紹介していきます。

もし、大好きな人と動物園デートが決まっているのであれば、ぜひこちらの記事を参考に動物園デートをさらに楽しめる計画を立てて行きませんか?

️動物園デートはカップルの定番デートスポット


動物園デートは、カップルの定番デートスポットですよね。

普段見ることのできない動物を見たり、動物に触れることで、楽しい思い出になることは間違いないでしょう。

より親密になるチャンス!

動物園デートが成功すれば、より2人の関係が親密になるはずです。

2人で手を繋いで動物園を回ったり、動物との触れ合いコーナーで普段見れない相手の表情を見ることができるかもしれません。

お昼は彼女の作ったお弁当を食べても楽しいですよね。

2人で写真をたくさん撮ったりして思い出もたくさん残せるでしょう。

️【必須!】動物園デートでの注意点7個

では早速、動物園デートでの注意点についてお伝えしていきます。

動物園デートでの落とし穴や注意点を知っておくことで、よりよく動物園デートを楽しむことができるはずです。

1.動きやすい服装、歩きやすい靴で

まずは、女性であれば動きやすい服や歩きやすい靴などで出かけるようにしましょう。

初めてのデートが動物園デートだった場合でも、おしゃれに気合を入れたい気持ちはわかります。

しかし、動物園デートは歩くことが前提です。

気合いを入れすぎて場違いなファッションにならないように気を付けましょう。

おすすめなのは、ワンピースにスニーカーなど、カジュアルだけどさりげなく女性らしさをアピールできる服装です。

ピアスやネックレス、鞄などの小物でおしゃれを演出しても良いですね。

動きやすい服装や歩きやすい靴で出かけることで、動物園デートをより楽しむことができると思いますよ。

なるべく汚れていい服で行く

ブランドの服や靴、小物などは持ち歩かないようにしましょう。

万が一汚れてしまった場合、テンションが下がってしまいデートが台無しになってしまいます。

よそ行きデートのようなかしこまった服装より、デニムとTシャツのようなカジュアルで軽い感じのファッションの方が良いでしょう。

ヒールは厳禁

特にヒールは厳禁です。

ヒールで園内を歩き回れば絶対に疲れてしまいます。

また、靴擦れを起こして足を怪我してしまえば、彼氏に気を使わせてしまうでしょう。

最近ではコンバースのオールスターやフラットシューズ、ローヒールのパンプスなど女性の足にやさしいシューズや靴も、おしゃれなデザインで増えてきています。

これを機に、カジュアルで可愛らしい足元にしてみてはいかがでしょうか。

2.ロマンチックなシチュエーションは期待しない

動物園デートの場合、ロマンチックなシチュエーションは期待しないでおきましょう。

恋人とイチャイチャできるかも、いい雰囲気になれるかも、というのは動物園デートでは期待できません。

動物園には家族連れも多く、全体的にのんびりとした雰囲気なので、ロマンチックとはかけ離れています。

もしロマンチックなシチュエーションを求めるのであれば、夜の動物園やイルミネーションなど、季節によっては夜に開園している動物園もあるので調べるといいかもしれません。

3.シーズンによっては混雑することも

動物園は、シーズンによっては大混雑することも考えられます。

学校の夏休みや冬休み、春休みと重なる部分にはかなり多くの人が来場するでしょう。

また春の暖かい時期や、紅葉が綺麗な秋なども普段よりも混雑するかもしれません。

そのため、のんびりと動物園デートを楽しみたいと考えているなら、学校の休みと重ならない時期か平日に行くといいかもしれませんね。

4.動物アレルギーがないか確認しよう

動物園デートをする前に、デートの相手に動物アレルギーがないか確認しておきましょう。

犬や猫のアレルギーはよく聞くかもしれませんが、他にも鳥やうさぎなど様々な動物のアレルギーがあります。

もし相手がアレルギーなのであれば、動物園デートは諦めて、他に楽しいデートプランを考えましょう。

5.雨天の時の対処法も考えておこう