女性が思うバカな女は天然が入っている女性をイメージしますが、バカな女と天然は全く違うものです。

女性からしてみれば多少バカな女の方がモテる気がしますが、バカな女はもてているのではなく、遊ばれているだけです。

バカな女の特徴は幸せな勘違いです。

バカな女に対して周囲が笑っていることも気付かない、見下されていることにも気付かない、マイナスなイメージではなく全て自分にとって良い方向に考えること。

結果的にオイシイところは持って行かれるのがオチ。

バカな女は、どこまで行ってもバカな女と判断されてしまいます。

バカな女のままだと、いつまでたっても人生敗北です。

人生勝ち組になる為には、かしこい女になりましょう。

バカな女と思われたくない!

バカな女と思われてしまうと仕事でも人間付き合いでも利用されてしまいます。

「コイツはバカな女だから使える」と周囲は思ってしまうからです。

計算が出来ないとか、学校での勉強ができないから、バカな女なわけではありません。

学業がイマイチでも、大事なことは生きて行く為に必要な知恵があるかです。

学歴がないわりに仕事上では機転が働く人はいます。

場の空気を読めて、相手の気持ちが分る人は賢い女です。

たとえ学歴が高くても、コミュニケーション能力が高くなければ、現代社会においてはバカな女と見られてしまいます。

子供の頃に「あんたはバカね、こんな問題も分からないの」と親に怒られても、それはバカな女とは言いません。

社会に出るとバカな女は必ずいます。

バカな女と思われることは、人生半分を無駄にしていることです。

バカな女と思われない為に人生で賢く生きる知恵を養いましょう。

男性からは良い印象が持たれない


バカな女と天然な女を間違えている女がいますが、それこそバカな女です。

「天然ちゃん」は男性に好かれるイメージがある為、あえて天然を演じる女がいますが、バカな女が演じたところで、バカな部分は隠すことができない。

バカな女は男性から良い印象を持たれないのは、やはり発言や態度です。

遊びで付き合う程度なら、バカな女は深く考えないので後腐れがないでしょう。

本気で付き合いたいと思っている男性であれば、バカな女は確実に避けられます。

本気で付き合おうと思えば、友人や身内に紹介することを考えます。

いくら外見が良い女性でも一言しゃべればボロが出るのが言葉や態度です。

空気が読めない、コミュニケーション能力がないバカな女は致命的です。

バカな女の一言によって恥をかくことはもちろんですが、相手を怒らせてしまいます。

男性は面倒なことが基本的に苦手で避けるものです。

バカな女と一緒にいることは、面倒なことだらけです。

男性の約80%が賢い女性に好意を抱くという結果も

バカな女がもてると思っているのは、バカな女の勘違いです。

実は男性の約80%が賢い女性に好意を抱くという結果も出ています。

男性は女性に癒しを求める方が多いのです。

終始、危なっかしい女性に対して男性は癒しを求めることができません。

賢い女性だからこそ、相手の心を読み取ることができます。

賢い女性はキャリアウーマン的な性格がきつい女性をイメージしますが、それはあくまで性格がきつい女性であり、賢い女性とは言いません。

賢い女性はコミュニケーション能力が高く、敵を作らない女です。

誰か一人に孤立することがなく、満遍なく付き合うことができるのです。

多くの人間と出会うことはコミュニケーション能力も自然に高くなって行きます。

男性の友人、身内に関しても上手に付き合うことが出来るだけじゃなく、男性自身を疲れさせない賢さがあります。

賢い女性は、母親や女神のような存在です。

賢い女性と付き合うと他の女性に目が行くこともないのです。

しつこい男性が増える

バカな女は、引っかかりやすいと思われています。

バカな女は基本的に明確な言葉でイエスとノーを判断できません。

それは自分の気持ちをどう説明すれば良いか分からないからです。

バカな女は曖昧で優柔不断な態度をとってしまいます。

だからこそ、しつこい男性が増えるのです。

例えば、家を訪ねてくる勧誘もビシッと「いらない」と拒否をすれば、しつこく何度も訪問することはしません。

オレオレ詐欺も「お金を振り込みません、警察に電話します」と言えば、詐欺師は自分から電話を切ってしまいます。

曖昧な態度をとっていると、相手につけ込まれてしまいます。

バカな女は、しつこい男性は自分に好意を持っているからと勘違いしてしまいます。

しつこい男性は、落ちない女に対してしつこくしません。

「コイツは落ちる」と見下されているから、しつこくするのです。

意思表示をしっかりしないと、いつまでもしつこく付きまとわれることを覚悟しましょう。

遊びやすいと思われてしまう


バカな女は男性から見れば遊ぶ相手には最高です。

何故ならバカな女は、単純ですぐに引っかかるからです。

バカな女は男性から見れば、発言や行動で見て分るから、声をかけて落とすことも簡単です。

深く考えることがなく、その時のノリで楽しむことがバカな女です。

例えば合コンでバカな女を見つけて「可愛いね、この後、二人で飲まない?」と言われたら、「可愛い」と褒められたことだけに喜んで男性に着いて行ってしまう。

「好きだよ、付き合いたい」と言われたら、本当に好きで付き合いたいと思ってしまう。

ピュアと言えば、ピュアですが、他人を疑うすべを知らないのがバカな女です。

結果、適当に遊ばれて音信不通になるのがオチです。

バカな女の特徴とは?

バカな女は実に見た目で分りやすい特徴があります。

まず、会話をしていて「コイツ、バカな女だな」ということが分ります。

バカな女は、バカな自分を可愛いと思い、人気者だと自画自賛しているところです。

周囲に自分がバカな女と思われているなんて気付かない。

だからこそ、幸せな部分もあります。

自分が周囲からバカな女と思われていることを感じていたら、明るく生きることができません。

バカな女は、基本的に性格が暗くありません。

性格が暗い女は、自分のマイナス面を気付いているから、自信がなく塞ぎ込むのです。

バカな女は、ある意味ポジティブと言えます。

痛い目に合わないとバカは治らないと言いますが、まさにバカな女も同じことです。

話し方がバカっぽい

バカな女の特徴は、外見よりも話し方で判断されてしまいます。

相手のことを良く知らなくても、話し方によって「コイツ、バカな女だわ」と分ります。

バカな女の話し方の特徴は、語尾を伸ばし話のオチがない。

例えば「明日は暇だぁ~」「さむ~い」「お腹すいたねぇ~」等です。

最終的に「だから何?」と聞き返したくなります。

メリハリがない話を長々と続けるのも、バカな女の話し方の特徴です。

相手と会話しても、かみ合うことがありません。

何故、相手と話がかみ合うことがないのか?それは想像力が欠けているからです。

相手の話を聞いていないから、相手が何を求めているのかが分ります。

聞く能力がない人は頭で話をイメージすることができません。

どう話せば相手に面白いと思ってもらえるのか、印象を良くしてもらえるのか、自分を良く見せることが優先で相手の話を聞く余裕がないのです。

また、言葉遣いが悪いと「バカな女」と思われてしまいます。

言葉遣いが悪い女は基本的に注意をされてきていません。

親も言葉遣いが悪くても「大きな問題ではない、ウチの子は優しい子だから」と甘い気持ちでいるからこそ、言葉遣いを直すことをしません。

しかし、一歩外を出れば赤の他人です。

どんなに性格や良くて才能がある子供でも言葉遣いが悪いことで「バカな女」と思われてしまいます。

ぶりっこ

バカな女は、ぶりっこが多い。

その理由は、ぶりっこな女が男性にモテると思っているからです。

バカな女が思うモテるぶりっこは、語尾を伸ばすことや基本的に男性に頼ること。

バカな女いわく男性は頼られたい生き物と思っています。

たしかに頼られることは男性からすると嬉しいものですが限度にもよる。

バカな女は、頼る限度を超している。

例えば、与えられた仕事を当たり前のごとくやらないで男性に猫なで声で頼む。

バカな女は頼ることをはき違えているのです。

男性からすると頼られているのではなく使われている感覚。

今の時代ぶりっこな女はモテない。

昭和的考えが抜けないのがバカな女の特徴です。

空気が読めない

空気が読める女は女の中でもズバ抜けてランクが高いです。

当たり前ですがバカな女に空気が読めるはずもないのです。

バカな女は基本的に自分中心で世界が動いていると思っている。

だから自分の興味がない話は関係ないのです。

グループで集まっても会話の中心は常に自分じゃなきゃ納得できない。

自分以外が輪の中心になっていると露骨に不機嫌な態度になり空気を悪くする。

あげくに周囲がバカな女に気を使う。

このバカ女と思う場面が仲間同士のカラオケです。

バカな女は空気を読まずに自分の歌いたい曲を連続でいれる。

しかも自分が歌っているときは注目してもらいたい。

他人が歌っているときは全く聞いてないでスマホに夢中。

自分勝手なバカな女はグループ活動や複数人集まる場所に向いてない。

一般常識がない

バカな女は一般常識がない。

何故なら新聞も読まないニュースも見ない。

バカな女と付き合っている友達や彼氏も同じレベルの集まりだから、一般常識を知らなくても恥ずかしいと思っていない。

バカな女にとってニュースはスマホで知ることがほとんどです。

しかもエンタメニュース。

いくら学校の勉強が出来て大学に入っても世の中は一般常識がないとバカな女と見られる。

とくに就職をしてしまうと今の状況に満足してしまうもの。

新聞やニュースを見なくても問題ないと思っています。

試験勉強じゃあるまい、世の中のニュースを知っていても意味がないと思っているからです。

しかし職場関係の飲み会や大事な取引先との接待で一般常識がないと大失態を起こします。

バカな女と思われないために気を付ける9個のこと

バカな女だなと思われてしまうと名誉挽回することは難しいです。

バカな女と関わりたくないと思われてしまうから名誉挽回のチャンスを与えてくれません。

バカな女は人を遠ざけてしまいます。

それは恋愛関係でもビジネスでも同じです。

バカな女はコミュニケーション能力が低いと思われています。

人ミュニケーションが出来ない相手と一緒にいることは不快なことです。

大切な縁を途切れさせない為にもバカな女と思われないようにしましょう。

知識やマナーを身に付けておく

ちょっとした会話からバカな女だなとバレることがあります。

例えば政治的な話です。

アメリカの大統領が日本来日するね?と何げなく話を振られたときに、「え、そうなの?知らない。

アメリカの大統領って誰だっけ?あ、オバマさんだったよね」と返せば、突っ込みどころ満載です。

きっと相手は訂正するのも嫌になるはず。

本来、人間は話の腰を折られることが嫌いなもの。

チンプンカンプンな回答されることは話の腰を折ることと同じ。

水商売をしているホステスさんの中でも新宿や渋谷とはランクが違う銀座です。

銀座のホステスさんがグレード高い理由は、出勤前に新聞をチェックしていること。

年齢が上のお客様と会話することが多い銀座のホステスさんにとって、知識やマナーが分からないと商売することは出来ません。

若いから、可愛いからで通用する世界ではないのです。

知識やマナーを身に付けておくことは、勉強が出来ることではありません。

新聞をしっかり見ることで自然と知識は身に付き、マナーある行動を覚えて行きます。

最低限のことはできないといけない

弁護士や医師のように難しいことを覚える必要はありません。

有名大学に出ていなくてもバカな女とは思われません。

大事なことは、最低限のことを普通にできることです。

最低限のこととは、例えば日本の首都をすぐ言えることや総理大臣を言えることです。

この程度の質問に「えっと・・・誰だっけ?」と言っているようではバカな女と思われます。

読み書きにしても小学生レベルはクリアできて当たり前ですし、料理に関しても最低限できないといけない。

豚や鶏、牛の区別が付かない、魚の名前が全くわからない。

料理人じゃないので詳しく知る必要はありません、しかし最低限、区別はできないといけない。

頼りすぎない

男性は頼られることは好きですが、頼りすぎると腹立たしく思われます。

自分で出来ることは自分でする、それが今の時代です。

男女平等化が当たり前になりつつある今、男性に最初から頼ることはダメです。

頼りすぎるとズルいと思われてしまいます。

頼るにしても、最初から投げ出すのではなく自分で最低限できることをやりましょう。

相手が「手伝うよ」と声をかけられて、頼ることがベストです。

頼りすぎると日頃から助けてもらっている印象が強くなります。

たまに頼るからこそ、価値があるのです。

自分でできることは自分でする

10代であれば、ちょっと出来ないことでも「仕方ない」と助けてくれることもあります。

しかし社会に出ると男女平等が当たり前ですし、まして20代後半になっても「自分じゃできない」なんて甘えているようではバカな女と思われてしまいます。

男性は頑張っている女性に弱いものです。

自分でできるのに自分でやらないことは、最初から投げ出していることと同じです。

最低限、自分でできることは自分でするようにしましょう。

意外とチャレンジしてみると、自分でできないと思っていたこともできるようになります。

自分でやろうと思えるから様々なことが身に付き、賢い女になります。

最初から何もしないことは、学ぶ気持ちがないということ、覚えなくても誰かがやってくれと思って、現状維持で進歩することを望まないこと。

そのような女は賢い女に差をつけられることを分かってないのです。

私生活をしっかりする

私生活がしっかりしていない女は見た目にも表れます。

食生活も乱れ、部屋の掃除もしない行動が肌にでて、女子力がゼロ。

自分の中でキレイな服を着て化粧もバッチリしてエステに行っても私生活が乱れていると必ずボロが出てしまうものです。

職場のデスク周りがだらしない、バッグの中がゴチャゴチャ、肌荒れに悩まされることがあります。

私生活がしっかりしていると健康体でいることができます。

身の回りも日頃から整理整頓することができます。

自分では意識していないようで私生活の乱れは隠すことができません。

まずは私生活をすることを考えましょう。

生活習慣など

悪い生活習慣ほど、なかなか抜け出すことができません。

悪い生活習慣とは、夜更かしをすることや朝寝坊をすること、その他にもスマホから目が話せなくなることも悪い生活習慣です。

睡眠時間は美容関係にとって必要不可欠なものです。

夜更かしが当たり前になると腸内環境は乱れて、便秘を引き起こすだけじゃなく肌荒れやツヤがない髪にしてしまいます。

可愛い服を着こなしてブランド物のバッグを持っていても、肌の悩みは隠せないものです。

生活環境が良い女性は身のこなし方もスマートでテキパキとしています。

頭がボンヤリとすることがありません。

わざわざ高級ブランドで身を包む必要もないのです。

肌も美しく、機敏に動く姿は良い生活習慣をしている証です。

バカな女は、同性異性から見ても魅力がない女です。

家事などをできるようにしておく

顔が可愛いから付き合ってみたものの、家事などができないとバカな女とバレます。

例えば、彼氏の家に行ったときに料理を作りたくても作れません。

料理本を読んで学んだとしても、日頃から料理をしていない女の料理は食べてば分ります。

また家事を一切しないということは、だらしない性格です。

職場や彼氏の家にお泊りをしても、物を片付けない、手を洗っても水が飛び散ったまま等、だらしなさは見られてしまいます。

家事をしっかりできる女性は育てられ方がしっかりしていると思われるのです。

家事ができないことで身内や育った環境まで、だらしない人間と思われてしまうのです。

家の掃除や洗濯をしっかりする

家の掃除や洗濯をしっかりしている女性は家庭的と思われます。

それはやはり男性からして見れば、魅力的な女性で本気で付き合いたいと思うのです。

バカな女は「別に掃除や洗濯をしなくても誰かにバレるわけじゃない」と思っているかもしれませんが、行動に出てしまうのです。

家の掃除や洗濯をしないことが当たり前になると自分の身の回りを片付けることができない。

職場でもデスク周りが汚い、職場で使うパソコンや電話が汚れていても関係なしです。

服に毛玉ができても気付かない、ブラウスの袖が汚れていても分らないのです。

そんな姿を見ていると「家の掃除や洗濯もロクにできないバカな女なんだろう」と思われてしまいます。

普段から家の掃除や洗濯をしていれば、気づけるはずなのです。

主体性を持つ

主体性とは自ら責任を持って行動することです。

主体性がないことは、社会からも信用されなくなることです。

アッチコッチで意見を変えて、損得勘定ばかりしている女は最終的に何も得ることができません。

主体性を持つことはブレない自分を持つことです。

相手に信用されることが出来ないとコミュニケーションをとることができません。

本当の友達さえ作ることができないのです。

主体性を持つことは、自分を知ってもらうために大事なことです。

自分の考えや意見を言えるようにする

「揉め事に巻き込まれたくない」「めんどくさいから黙ってよう」と発言をしないで相手に流されていると、周囲の人は「主体性がないヤツだ」と思います。

最終的に主体性がない女はアッチに行けば意見を合わせる八方美人として嫌われます。

自分の考えや意見を言えるようにすることは、トラブルを起こすことではない。

賢い女は自分の考えや意見を伝えることで話をまとめることができるのです。

誰が正しいとか悪いではなく、考えや意見を言うことは話し合いをしていることです。

それだけ本気で物事に取り組んでいるからこそ、考えや意見は出るもの。

考えや意見を言わない女は逆に物事について興味がない証拠です。

考えや意見を言わないことで、自分が望んでいない結果になることがあります。

そこで、また嫌々な顔をして業務をこなさないと行けない。

最終的に自分の首を絞めていることになります。

【主体性がない人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

読書をする

読書から学ぶことができます。

あの名子役と言われた芦田真菜さんも読書が趣味で1ヶ月に何十冊も本を読むそうです。

読書をすることは頭を使い、想像力を働かせることです。

活字は苦手だからマンガなら大丈夫と言う人は、やはりバカな女と思われるでしょう。

たまに電車の中でもマンガを見ている人や職場のデスクにマンガを置いている人がいますが「頭良さそう」と思うでしょうか?イメージ的に頭が良い女とは思われません。

たしかにマンガも感動する内容や学ぶことができますが、やはり想像力を育てるために必要なのは読書です。

読書は活字も自然と頭に入ることができます。

読書をする女を見るとイメージ的に誰だって知的に見えるもの。

「読書をする機会が少なくなった」と思う女性は是非、読書をするようにしましょう。

小説やノンフィクションなど

読書の中でも種類は様々ありますが、おすすめは小説やノンフィクションです。

小説であれば読むほど展開が変わってきて、想像力が働きます。

小説は数分で終わるような内容ではありませんから、読む力も育てることができます。

小説を読みきった後は清々しい達成感をかんじることでしょう。

あまり字に馴れていない人はノンフィクションがおすすめです。

ノンフィクションは事実を元に描いている内容なので、より心に響くことができます。

読んでいるうちに内容に吸い込まれて感情移入することができます。

ノンフィクションは小説よりも読みやすく「もう読み終わった」という気持ちになるでしょう。

いきなり難しい長編小説を読むことは読書に対して苦手意識が出てしまいます。

普段、読書しないから自分に合っている内容がイマイチわからないという女性もノンフィクションを選ぶことで迷いなく読書に打ち込むことができます。

読書をするだけでバカな女のイメージを振り払うことが出来るかも知れません。

新聞を読む

新聞に目を通すことが合ってもテレビ欄程度の女性は多いですが、実は新聞は読まず嫌いの女性がほとんどです。

新聞イコールつまらないと思っていませんか?新聞を事細かに読んでいると学ぶことがたくさんあることに気付きます。

新聞を丁寧に読むと1時間はかかります。

それだけ豊富な情報量が書いてあるのです。

特に水商売の女は新聞を読まないと接客に差がついてしまう重要なことです。

地位の高い年上男性が来たときに政治的な話や経済の会話になることがあります。

そのときにポカーンとしているようでは、「この女はバカだな」と思われます。

水商売にかかわらず、職場の上司との付き合い、接待の場面でも新聞を読んでおけば間違いなく会話が盛り上がるはずです。

幅広い分野で知識を身に付けておく

バカな女の特徴は知識がないことです。

視野が狭く、知識も浅いため臨機応変に対応することができません。

学ぶ気持ちがないと知識は身に付いていきません。

特に年齢を重ねるほどに人間は「これでいい」と決めてしまい学ぶことをやめてしまします。

幅広い分野で知識を身に付けておくと様々な分野で応用することができます。

幅広い分野で知識を身に付けるのは、特に難しいことではありません。

常に頭で想像することを身につければ良いのです。

追究心があれば、自分から幅広い分野で知識を身に付けることができます。

言葉遣いに注意する

バカな女と相手に思わせてしまるのは外見ではなく、ほぼ言葉遣いで判断されます。

語尾を伸ばす、言葉遣いが悪い等は育ちが悪いイメージや頭が悪い印象を与えてしまいます。

例えば美味しい料理を食べて「うまい」と女性が言うことは、あまりイメージが良くない。

「マジで?」「〇〇だろう」「〇〇だからぁ~」等も育ちの悪さをイメージさせてしまいます。

友達同士で会話しているだけであればバレないと思っていますが、言葉遣いの悪さはチョットした瞬間に出てしまいます。

特にお酒が入って食事をしているときは、気も緩みがちです。

上司や接待、彼氏のご両親と食事中に、ついつい「この料理、うまいです」と言ってしまうかも知れません。

清楚な外見で女性らしい装いをしていても、言葉遣いの悪さで本性が見えてしまいます。

言葉遣いが悪いと「育ちが悪い」イコール両親をバカにされるのと一緒です。

また「友達も同じような人間なんだ」と類は友を呼び、普段その女性がどんな友人と付き合っているのか想像されます。

言葉遣いが悪いことは自分の問題だけじゃなく、両親や友人までも同類と思われてしまいます。

日頃から言葉遣いに気を付ける

気を張っているときは言葉遣いも注意することができますが、人間は24時間気を張っていることはできません。

気を抜いたときに日頃の言葉遣いの悪さが出てしまい、「バカな女だわ」と思われないように日頃から言葉遣いは注意しましょう。

少なくても社会人になり、言葉遣いが悪いと致命的なマイナスポイントになります。

言葉遣いが悪いまま、長年過ごしていると言葉遣いに気を付けても思わずポロリと発言してしまうことがあります。

悪い癖になっていることは、なかなか直せないものです。

言葉遣いに気を付ける方法は、言葉を発言する前にワンクッション置くことです。

声に出す前に言葉をイメージしてから、実際に声に出して発言しましょう。

日頃から言葉遣いに気を付けるチェックをすることで悪い癖も正すことができます。

裏表を作らない

日頃から大事なことは裏表を作らないことです。

人間は完璧な生き物ではありません、裏表を器用に使いこなすことはできない。

裏では言葉遣いや素行が悪いけれど、表向きは清楚で上品な女性を演じてもボロが出ます。

よくある話が表向きでは「野菜が好きでジャンクフードは食べることがない」と彼氏の前で言っても、家に帰り一人になれば野菜はジュースのみでファーストフードをマンガを読みながら食べていることは、女子にあるある現象です。

いくら表向きで理想を語っても、実際に行動がともなっていないとボロが出ます。

それは肌や化粧のノリです。

食生活が悪い、生活環境が良くないと肌が荒れたり、くすみやクマの原因を引き起こします。

また、裏では女性数人集まれば他人の悪口ばかり言っているのに、表向きでは優しい女性を演じていることもよくある話です。

ですが、他人の悪口を言っていると自分に必ず返ってくるものです。

同じように他人の悪口を言っている女性が「〇〇さんは優しくないよ、裏で悪口ばっかり言っている」と裏切ることもあります。

裏表にギャップがありすぎると信用性はゼロでバカな女となってしまいます。

ありのままの自分でいること

バカな女と呼ばれたくないのであれば、ありのままの自分でいることです。

理想の女性になりたいと思えば、理想の女性のように裏表がない人生を選ぶことです。

バカな女は余計なことばかりするからバカな女になるのです。

余計なことをせずに素直に生きていれば、それが素の自分です。

自分を上品に見せよう、頭良く見せようと思う邪心が表向きでは演技をさせてしまいます。

しかし演じることは疲れることです。

裏ではボロが出て、余計に発散してしまいます。

ありのままの自分でいることは、ストレスがかからないことです。

ストレスがないので他人に親切にすることができ、心も穏やかになります。

バカな女は自分を良く見せようと思う邪心から生まれてくるものです。

脱バカな女を目指そう!

バカな女の特徴は女性ならではの行動と言えるかも知れません。

女であれば誰だって自分を良く見せたいものです。

可愛いと思われたいから、語尾を伸ばし天然なフリをして相手の気を惹くこと。

しかし、その行動が異性や周囲からは可愛いとは思われていないのです。

自分だけが可愛いと思っていた行動が逆効果になっていることに気づかない。

バカな女と思われると恋愛も仕事も必ず損をしてしまいます。

「賢い女」と思われれば、恋愛も仕事も上々に勝ち組です。

もっと楽しい人生になるためには、頭を使うことです。

言葉遣いや第一印象だけで「バカな女」と思われることは損をしてします。

バカな女は変わることができます。

自分のNGな行動を把握した時点で脱バカな女をすることはできます。