CoCoSiA(ココシア)

負のオーラが出ている人の10個の特...(続き4)

そんなこともあり、体が重く感じやすい人も多いでしょう。

さらに、少しの体調不良で具合が悪いと感じやすかったりもします。

一般的には、ゆっくり一晩休んで気持ちを入れ換えてやる気を出せれば元気になることができるでしょう。

しかし、負のオーラを持っている人の場合は、気持ちを入れ換えたり、やる気をなかなか出せないために、長く体調不良が続いてしまうのです。

失敗する事が増える

負のオーラを持っている人は自分に自信がなく、常に失敗を恐れてしまうため、余計に気が動転して失敗する事が増えてしまいます。

失敗を繰り返せば繰り返すほどどんどん深みにはまり、手のつけられないほど混乱してしまうこともあるかもしれません。

気分もさらに落ち込み、1日中ずっと暗いテンションで過ごしてしまうこともあるでしょう。

周りが注意してもさらに落ち込む場合もあるため、このような場合は、強く注意するのではなく、優しくなだめるようにするとうまく対処出来る事が多いようです。

自分に自信がなくなる

負のオーラを持っている人は、元々自分に自信がありませんが、些細なことでさらに自分に自信がなくなっていきます。

説明した通り、失敗を繰り返してしまった場合や、注意されたりした場合もそうです。

まず人に否定されたりすると、元々自分でわかっていたことなので余計に気持ちが落ち込んだり、心が萎縮してしまうのです。

そのため、元々なかった自分への自信が、さらになくなってしまうのです。

負のオーラを払拭する方法

では、負のオーラを持っている人が負のオーラを払拭するにはどのようにしたらいいのでしょうか。

負のオーラはその人の雰囲気や仕草や性格により現れるものですが、仕草や性格はなかなか変えることができません。

しかし、気持ちの持ち様一つ変えるだけで、負のオーラを払拭することが出来る場合もあります。

ここから一つ一つ説明します。

プラス思考を心がける

まず、何かあった場合、すぐにマイナス思考になるのではなく、プラス思考を心掛けることが大切です。

もちろんマイナス思考になってしまってもいいですが、そのような場合は、長い間マイナス思考のままでいるのではなく、ある程度落ち込んだらプラス思考に頭を切り換えていきましょう。

それができると、自然に負のオーラが少しずつ払拭されていきます。

プラス思考になると人は前向きになり、気持ちが軽くなりやる気が出てきます。

すぐには難しいですが、自分でマイナス思考になってしまっていたら、あえて逆の事を考えてみてください。

その内容がたとえ自分には無理なことでも、それがプラス思考になります。

身だしなみを整える

負のオーラを払拭するために一番早く簡単に出来ることが、身だしなみを整えることです。

髪の毛が長い場合は短く切ったり、きれいに結わいたり、白髪が目立つ場合はきれいに染めたりしましょう。

男性なら無精髭が生えてしまっている場合は、きれいに剃ったりすることから始めてみてください。

服装も明るい色合いのものを着てみたり、あまりにも着古しているような洋服は捨てて、新しい洋服を新調してみましょう。

靴も汚れている場合はきれいに洗ったり、形が崩れてしまっているような場合は買い換えるのもいいでしょう。

見た目をきれいに整えるだけで、その人の性格を知らなくても負のオーラを感じずらくなります。

見た目は思っている以上に大切で、第一印象で全てが決まると言われているように、性格よりもまずは見た目なのです。

見た目は良し悪しではなく、清潔感が一番好印象でもあるのです。

環境を変える

転職して環境を変えるのもいいですが、すぐに転職することは難しい場合もあります。

転職のように、大きな環境の変化ではなく、小さな環境の変化をしてみることもおすすめです。

昼休みは、外の空気を吸いがてらランチをしたり、仕事後に寄り道してみたり、今までとは違う些細なことを生活習慣に取り入れましょう。

そうすることで、気分転換になったり気持ちがリフレッシュできるのでおすすめです。

資格を取得する

簡単な資格でも難しい資格でもいいのでなにか目標を作り、挑戦してみることもおすすめです。

やる気が出ない場合もありますが、何か一つでも興味を持って努力することは、必ず自分の為になります。

また、何かに取り組む姿勢が負のオーラを払拭する可能性もあります。

学校に通わなくても取得できる資格もたくさんあります。

毎日仕事後に勉強する時間をとって取得している人も多いので、是非チャレンジしてみてください。

簡単な目標を立てる

資格もそうですが、簡単な目標を立てることが負のオーラを払拭でき、やる気も出せて毎日の生活に覇気が出るでしょう。

睡眠を8時間とるでもいいですし、食事を3食しっかりとるなど、当たり前の目標からでいいので自分が取り組める目標を立ててみてください。

姿勢を正す

負のオーラを持っている人でも、姿勢を正せばそこまで負のオーラを強く強調せずにすみます。