家族という存在がいますよね。

家族というのは常に自分自身の周りにいて成長をして一人で出て行くというような事もあるかもしれませんが、家族が大事だと思うのは歳を取ってから解ることだと思います。

そんな中で家庭が楽しいというようなところもあるでしょう。

家族と仲が良いというのはとても良いことであり、その様な家庭になりたいと思う人もいるかもしれません。

ですが中には家族との仲が悪いというのもあるのではないでしょうか。

よく喧嘩をしてしまう、そのまま喧嘩をして出て行ってしまったなんていう事もあると思います。

家族というものは誰よりも大切な存在だと思います。

ですがその家族とあまり上手くいかないという家庭もあると思います。

今回はそんな家庭を楽しく円満にさせるための10個の工夫についてお話をしたいと思います。

本当は仲良くしたいのについ喧嘩をしてしまう、喧嘩するほど仲が良いとも言いますが、その様なことはない!なんていう家庭もあるかもしれません。

それほど個人個人思うことが違ったりするのです。

それは当然のことですが、一緒にいる家族とは仲良く過ごしたいと誰もが思うのです。

どんな事があっても家族は変わりありません。

その中で喧嘩があったり、時には助け合ったりとする場所のことを家庭と言います。

家族がいなければこの家庭というものが成り立たないという事になるのです。

どんな事があっても楽しくしたいと思う人もいるでしょう。

ではどの様な工夫というものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

この記事の目次

家族円満な家庭の特徴

家族円満な家庭の特徴というのはどの様なものがあると思いますか?

家族というのは常に一緒にいるという事になりますが、その家族とよく喧嘩をしてしまうという人はあまり一緒にいたくないと思うことが多いかもしれません。

また、母親とは話しをするが父親とはあまり話さないという家庭もあるでしょう。

父親というのは一家の大黒柱な存在で、忙しい、怖いというようなイメージを持ちやすいです。

ですがあくまでイメージでしかありません。

円満な家庭の特徴としては誰もが相手のことを考えてよく知っているというような事があります。

一緒に暮らす上で相手のことを知っておくという事でより会話なども多くなるのではないでしょうか?そして笑いも絶えません。

何よりも家族といると楽しいという雰囲気を与えてくれます。

周りから見てもあの家族は笑顔が絶えないと思う家庭もあるのではないでしょうか?あの様に明るくなれたらと考える家庭もいるかもしれません。

ですが工夫をする事でその様になれるのであればしてみたいですよね。

家族円満な家庭というのはどのくらいの割合でいるのでしょうか?家族全員が仲が良いという家庭はとても少ないように思えます。

ですがそれはお互いが相手のことを考えているというのが第一です。

家族円満な家庭というのは一緒にいて不快感などを与えない事が多く、見ているこちら側も楽しそうだなと思えるような家庭です。

ではどの様な特徴があるのでしょうか?

いくつか見てみたいと思います。

家族円満な家庭の特徴1:笑顔が絶えない


笑顔が絶えないというのはとても良いことですよね。

何かがあっても直ぐに笑顔が出るような人になりたいと思う人もいるのではないでしょうか?笑顔が絶えないというのは家族と笑いあうことができるという事です。

笑顔がある家庭というのは明るい未来も持っています。

特に毎日1回は笑いがあるというのはとても良いことだと思いませんか?時には悲しいことであったり、嫌なこともあるかもしれません。

ですが直ぐにでも笑顔が出るというような家庭は、とても明るいと感じるはずです。

笑顔というのは相手も元気にしてくれるので、お互いがその笑顔で支えあうという事もできるのではないでしょうか?

家族円満な家庭の特徴の代表的なものとしてこの「笑顔が絶えない」というのは重要な特徴なのです。

家族円満な家庭の特徴2:みんながお互いを思い合っている

みんながお互いを思いあっているというのも特徴の1つです。

お互いを思い合うというのはどの様なことを言うのかというと、何かいつもとおかしいと感じたり、顔色が悪いと感じることがありますよね。

その時に直ぐにかけつけたり、心配をしたりとする事ができるというような気配りができるという事です。

家族全員がその様な状態だと、お互いを思い合って行動ができるのでとても良い特徴なのです。

例として母親が体調不良で寝込んでいるとなった際に、家事などを分担して協力をして行動ができるのかという事です。

よくその様な事がマンガやアニメ、ドラマなどでありませんか?母親の家事などの大変さが解るというような描写があったと思いますが、お互いが思い合っているからこそその様に思うのです。

その時に他のことを考えていたり、家族の心配などができないというような状態だと円満な家庭を作るというのは難しくなるでしょう。

家庭というのは1人では決してできないものであり、必ず誰かと暮らすという事になります。

お互いを思い合うというのは重要な特徴なので、忘れないようにしましょう!

家族円満な家庭の特徴3:会話が多い

お互いを思いあったり、笑顔が絶えないという状態の時は必ず会話というものがはいりますよね。

笑い話であったり、心配する事があるというのは行動では伝わらない時もあります。

円満な家庭というのは特に会話が多いです。

お互いの情報を発信しているという事で、家族とのコミュニケーションを取ることができます。

最近の家庭ではこの会話がとても少ないというようなところも多いです。

食事を一緒に取るという事も少なく、一緒に食事をしていても喋ることがないなんていうような家庭もあるのではないでしょうか?円満な家庭というのは会話があるからこそ成り立つものです。

会話が多ければ多いほどより相手のことを知ることができます。

喋らないというような事が無いので、お互いがどの様な状態なのかと話すことができたり、時には笑い話なども気軽にできるという事です。

よくレストランなどでその様な家族を見たことはありませんか?楽しく喋りながら食事をしている家族というのも多いはずです。

会話が多いというのはとても良いことであり、円満な家庭の特徴の1つとも言えるのではないでしょうか?

家族円満な家庭の特徴4:よく家族みんなで出かける

家族の仲が良いとみんなで出かけたりすることも多いと思います。

例えば買い物に行くとなった場合でも家族全員で出かけるという事が多いという家庭はいませんか?

学生の頃は多かったけれど社会人となった今ではその様なことが無いというような人もいるかもしれません。

ですがまれに家族で出かけると楽しいと感じることもあるのではないでしょうか?それは昔がその様な状態であるからこそだと思うのです。

円満な家庭というのは皆で行動をする事が多いので、家族で出かけて外食や買い物をしたり、どこかに遊びに行くというような事もあると思います。

それほど仲が良いということなのです。

この様な特徴もあるという事を覚えておくようにしましょう。

家族円満な家庭の特徴5:夫婦同士も兄弟同士も仲がいい


家族間の仲の良さというのは例えば親と子供は仲が良いけれど、夫婦同士、兄弟同士はよく喧嘩をして仲が悪いというような家庭もいると思います。

ですが円満な家庭というのは夫婦同氏や兄弟同士も仲が良いのです。

喧嘩するほど仲が良いというような言葉はありますが、喧嘩をしている最中というのはお互いが嫌な気持ちをしているという事になります。

ですがその様なこともなく、普通に会話をしたり、楽しく一緒に何かをするというような事が多いのではないでしょうか?

それは家族全員に限らず、兄弟で一緒にゲームをする、夫婦で旅行に行くというような事もあると思います。

それほど仲が良い家族というのは、家族全員ではなく、夫婦同士、兄弟同士の仲の良さというものがあるからこそなのです。

家族円満な家庭の特徴6:家の中が賑やかである

家の中が賑やかな家庭がありますよね。

その様な家庭はとても明るいと感じることはありませんか?例えば家の側を通っているといつも笑い声が聞こえてきたり、仲の良い会話が聞こえてきたりするような家族がいると思います。

その様な家庭は楽しく円満な家庭を過ごしているような家庭である可能性が高いのです。

常にという訳ではありませんが、賑やかな家族というのは、明るいイメージが強いですよね。

「明るい」というのは周りをも明るくしてくれるので、皆が明るいと賑やかになるというのはとても良いことなのです。

家族円満な家庭の特徴7:お互いのことをよく知っている

何よりも家庭が円満なところの特徴としてお互いのことをよく知っているという事があると思います。

例えば何かあると情報を共有するような家族もいると思いますが、お互いのことを知っておくことで相手が何を考えているのか、今はどうしてほしいのかという様なことを考えることができるようになります。

これは会話が多いからこそお互いのことを知ることができるのです。

行動だけでは解らないことというのが多いですよね。

お互いのことを知るということは、相手のことを思い合っているからこそできることです。

よく会話をしないというような家庭もあり、親がどの様な仕事をしているのか知らないという人もいるでしょう。

ですがお互いのことをよく知ることで、知らないというような事を無くし、家族と過ごすのが楽しいと思えるような環境になるのです。

それは自然となるものなので、いつも家庭が明るいという所は、お互いのことをよく知っているというような家族だという事になるのです。

お互いのことを知らなければ会話もなく、何かあってもそのままだというような事が多いでしょう。

円満な家庭の代表的な特徴としてお互いのことをよく知っているというような事があるので、必ず覚えておくようにしましょう!

家庭を楽しく円満にさせる10個の工夫

では家庭を楽しく円満にさせる工夫というのはどの様なことがあるのでしょうか?その工夫というのは、今どの様な状況かを考える必要があります。

家庭が円満でないと感じる部分はどこにあるのかというような事を考えることで、何を改善すれば良いという点が見つかるのです。

例えば会話などが全くなく、いつも静かだというような所では会話を増やすというような事ができると思います。

この会話というのはお互いのことを知る良い方法でもあり、お互いのことを話すことでより家族のことを知ることができるでしょう。

そしてよくあるのが、家族のことが嫌いだという人です。

相手を非難してしまうという人もいるのではないでしょうか?

「この様なところが嫌いだ」「話したくない」というような会話をするような所もあるかもしれません。

ですがその様なマイナスな発言というのは得になることはありません。

その様な人だと割り切って相手のことを知る必要があります。

相手のことが嫌いだという感情があっても円満にしたいというような事は難しいのです。

家庭を楽しく円満にさせるにはとにかく相手のことを好きにならないと始まりません。

ではその家庭を楽しく円満にさせる10個の工夫について詳しく見てみたいと思います。

家庭を楽しく円満にしたいという家族は多いはずです。

この10個の工夫に気をつけて、家庭を円満にさせてみてはいかがでしょうか?

家庭を楽しく円満にさせる工夫1:会話を増やす

家庭を楽しく円満にさせる工夫の1つとして会話を増やすというような事があります。

会話というのは先ほども言ったようにお互いのことを知るよい方法の1つです。

行動だけでは伝わらない部分もあり、会話があるからこそお互いのことを知ることができるのです。

会話無しでは生活をする上でも難しいですよね。

一人暮らしであれば会話をするという事がないと思いますが、家族と暮らすとなれば話は別です。

必ず誰かと喋る機会があるはずです。

その会話を些細な事でも増やすことで円満にさせることができます。

これは自分が意識をすることで自然と相手も会話をしてくるようになるのです。

よく人見知りという言葉を聞くと思いますが、その人見知りの人と友達となる場合は会話を増やしたり一緒に行動をする事でお互いが打ち解けあい、友達というような形になると思います。

そのキッカケと少し似ていますが、会話をしてお互いを打ち解けあうことで、自然と相手から会話が飛んでくるというような事になるのです。

会話を増やすというような事は難しい方法ではなく、誰でも気軽にできる方法なので、まずは家族との会話を増やしてみてはいかがでしょうか?

お互いの話を聞き合う

お互いの話を聞き合うというような時間はとても大切です。

会話を増やすことでお互いの話をすると思いますが、相手の話を聞いて自分の話を聞いてもらうというような環境が大切になります。

お互い話を聞き合うことで相手のことを知る良い機会にもなるのです。

会話というのはそれほど相手のことを知る手段でもあります。

お互いが聞き合うようになるにはまずは会話を増やすことから始めないといけませんが、直ぐにお互い話合うというのは難しく、時間がかかると思います。

ですがこれをする事でお互いのことを知れるので、家庭を円満にさせることもできるのです。

会話が少ないと感じる家庭は、まずはお互いの話を聞き合うような時間を作ってみてはどうでしょうか?ご飯を一緒に食べる際に会話をするというような事でも良いでしょう。

お互いの話を聞きあってみてください。

家庭を楽しく円満にさせる工夫2:相手を非難しない

よく家族との仲が悪いという中の原因の中に相手の事が嫌いな家族という人がいます。

家族の中の誰かが嫌いで話したくない、話さないというような環境があると思います。

円満な家庭を作る際には相手を非難しない事が大事になります。

例えばワガママなどは良いですが、「話したくない」「話すと気分が悪い」というようなことを相手に言わないようにする事も大切なのです。

マイナスな発言というのは相手をもマイナスにしてしまい、自分自身もマイナスな印象になってしまうのです。

相手を非難してしまえばしてしまうほど、相手のことをより更にマイナスな印象を持ってしまうでしょう。

そうならないために相手を非難しない事が大切になるのです。

マイナスの言葉は何の得にもならない

マイナスの言葉というのは何の得にもなりません。

マイナスな印象というのは発言をしたり行動をしたりする事で、更にマイナスな印象を与えてしまいます。

例えばいつも非難をしていたりする人と友達になろうとは思いませんよね。

この人はいつも人のことを非難したり、批判までもしてしまうような人とは関わりたくないと思うのが普通です。

それと同じように家族にもその様なことを与えてしまったり、他でもマイナスな言葉を言っているというような人は基本的に得になるというような事は一切無いのです。

家族間では特に、マイナスな言葉というのはずっとついてくるでしょう。

言ってしまったら相手はその言葉をずっと覚えているかもしれません。

言った本人はスッキリしていても、相手から少し距離を置かれるというような状況になってしまうこともあるかもしれません。

相手を非難してしまいがちな人はまずは非難を辞めることから始めてみてはどうでしょうか?相手の欠点なども受け止めなければならない時もあるのです。

家庭を楽しく円満にさせる工夫3:思いやりの気持ちを大切にする

何よりも大事な事があります!それは思いやりというものです!円満な家庭というのは思いやりがあるからこそ成り立つものです。

では思いやりというのはどの様なことを言うのでしょうか?いろいろな思いやりというのがありますよね。

愛情を持つ、感謝をする心を持つというような事も思いやりの1つだと思います。

その思いやりというものを普段家族と過ごす中で感じたり思ったりしていますか?

思いやりの気持ちがあればあるほど、相手に対して非難することも無くなり、常に相手のことを考えて動いたり発言をしたりできるようになると思います。

明るく楽しい家族というのはその思いやりの気持ちがとても強いです。

どんな事があっても家族という繋がりは変わりませんよね。

思いやりの気持ちがとても大事になるので、その気持ちを大切にすることで楽しく円満な家庭を築くことができるのではないでしょうか?

ではその思いやりというのは具体的にどの様な気持ちのことを言うのか、その3つについて詳しく見てみたいと思います。

愛情を持つ

愛情を持つというのは何よりも大事なことです。

家族の愛というのは何よりも繋がりが強いですよね。

普段の生活でも愛情を持って行動をすることで、相手のことを考えることができると思います。

よくお互いを支えあうような夫婦になりたい、カップルにもなりたいというような人が多いと思いますが、それと同じことを家族にすることが大事になります。

何よりも家族が好きだというような気持ちは決して恥ずかしいことではありません。

とても大切な事なのです。

家族と喧嘩をする事があったりしても非難だけはしないようにしましょう。

そして何より愛情を持つことが大事になるのです。

感謝する

感謝をする事も大切です。

今こうしていられるのも家族のおかげだと考えるとその感謝という気持ちが出てくるのではないでしょうか?感謝をする事で家族との関係を更に深めることもでき、円満な家庭を作ることもできるのです。

感謝をするというのはどんな事でも、親に何かをしてもらったり、ちょっと手助けをしてもらったりしたことでも感謝をしなくてはいけません。

よく部屋を勝手に掃除されるというような事もあると思いますが「しなくてもいいよ!」と非難したりするのではなく「ありがとう、でも自分でするから大丈夫だよ」というようにまずは感謝をする事が大事になるのです。

学生の頃はよくあったのではないでしょうか?感謝をする事は決して忘れないようにしましょう。

尊敬する

お互いを尊敬しあうことも大事です。

それは兄弟間であっても夫婦間であっても同じことです。

尊敬をする事でお互いをより切磋琢磨する環境をも作ることができます。

尊敬というのは敬うことであり、よく会社などでは使われたり、尊敬する態度で接するというような事があると思いますが、それは家族の間でも同じことなのです。

尊敬する気持ちも大切になるので覚えておくようにしましょう。

家庭を楽しく円満にさせる工夫4:他人と比較しない

他人と比較しないようにしましょう。

他の家庭は他の家庭、自分の家庭は自分の家庭と割り切ることも時には大切です。

よく比較をしてしまったり、子供達が「A君の家はこうなのに!」というような事を言ったりするというような事がありませんか?

それぞれの家庭は皆同じと思わないのはありますが、比較をしてしまっては意味がありません。

比較をしてしまうと貧富の差であったり、子供達の成績の差などその様なことを考えるとマイナスになる一方になります。

比較をしないことで自分達の家族は自分達だと割り切ることが必要になるのです。

うちはうち、よそはよそ

人というのはよく比較をしてしまいます。

特に相手のことを苦手としていたり嫌いだと思えば思うほど比較をしてしまいますよね。

ですがその比較を家族間でもするというのはしないようにしましょう。

家族間の比較というのは、違うのが当たり前なので割り切る必要があるのです。

「うちはうち、よそはよそだから」というような考えが大切です。

家族間での問題などでよく友人や同僚がいろいろと言ったりもしますが、他の人が言うような立場というのは一切なく、自分達でどうにかしないといけません。

うちはうちだと割り切る必要があるという事を覚えておくようにしましょう。

家庭を楽しく円満にさせる工夫5:ユーモアを入れる

ユーモアを入れることも大切になります。

ユーモアというのはいわゆる楽しさという事です。

楽しさというのは家族を一緒に明るくさせてくれます。

楽しいとずっとその時が続いて欲しいと感じることが多いですよね。

ユーモアというのは簡単に言うと一発ギャグやダジャレに近いです。

よく父親がダジャレなどを言ったりするといったような事はありませんか?

最初は「何を言っているんだか」と思っていてもその楽しさというのが次第にわかってくる時ってありますよね。

その様なユーモアさを入れることで家庭を円満にさせることもできるのです。

明るく楽しい家なら帰りたくなる

明るく楽しい家であれば帰りたくなるというのもあるでしょう。

普段友達と遊んでいても寄り道をして帰るのではなく、明るく楽しい家であれば直ぐに帰りたいとも思うはずです。

働いていて子供もいるという父親と同じような気持ちになることも多いでしょう。

早く帰りたいというのは愛しい我が子に早く会いたいという気持ちもあると思います。

特に新婚さんではその様な気持ちになることでしょう。

明るく楽しいと思えるユーモアのある家庭であれば尚更です。

直ぐに帰ろう、用事を済ませたらまっすぐに帰ろうと思うようになるのはこの様なところもあるという事を覚えておきましょう。

家庭を楽しく円満にさせる工夫6:自分の意見を無理に通さない

自分の意見を無理に通さないというのも円満にさせる工夫の1つです。

自分の意見をよく通してしまいがちですが、自分だけではありませんよね。

一緒に暮らす家族がいるので、その家族の意見も聞かなくてはいけません。

それを無理に通すのであればワガママになってしまったり、お互いのことを考えられていないという事になります。

自分の意見を無理に通さないように心がけることで円満な家庭を作ることもできるので、覚えておきましょう。

相手の意見も尊重する

相手の意見も尊重をする事が大切になります。

相手の意見というのは自分の意見と違った意見になる事が多いです。

相手の意見も尊重をする事で相手がどの様な考えなのかを知ることができますよね。

特に相手の意見を聞き流すのではなく、尊重もする事が大切です。

「この様に言われてもこうだから」というような無理に意見を通したり自分を主張するような人もいると思いますが、相手の意見も尊重をしてあげることが大切になるので覚えておくようにしましょう。

家庭を楽しく円満にさせる工夫7:感情で動かない

感情で動かないことも大切です。

時には冷静になって考えることも大切でしょう。

よく感情的になって行動をしたり言動を言ったりする人がいますが、相手のことを考えるのであれば感情で動かないことが大切にもなるのです。

家族との喧嘩というのは決して無いとは言い切れないですよね。

ちょっとした一言で大喧嘩にもなったりします。

その時に感情的になって酷いことを言ってしまったりしないようにする事が大事になるのです。

感情で動いてしまわないように注意をするようにしましょう。

まずは一息、深呼吸

感情的になってしまったとなった場合はまずは一息、深呼吸をする事が大切になります。

言い合いというのはお互いがストレスを溜め込んでしまう原因にもなり、家族といることが嫌になるというような事にもなりかねません。

まずは落ち着くことが大切です。

どんなに嫌な事があっても落ち着いて冷静になり、ずっと引きずらないようにしましょう。

家庭を楽しく円満にさせる工夫8:高望みをしない

高望みをしないという事も大切になります。

高望みをしてしまうと様々な愚痴に発展してしまう可能性があります。

よく比較をしてしまう人にありがちな事ですが、貧富の差を感じてしまうと高望みをしてしまいます。

より裕福に暮らしたいという気持ちがあるのは良いのですが、それを望んでしまうと時には逆効果になってしまうので注意をするようにしましょう。

今ある幸せを大切に

今ある幸せを大切にする事で、家庭を円満に保つことができます。

今が幸せであるならばそれ以上のことを高望みしないようにする事も大切なのです。

家庭を楽しく円満にさせる工夫9:プライドを傷つけない

お互いのプライドを傷つけないようにする事も大切です。

これはよく子供と親との間で起こってしまうのですが「言われなくてもわかってる!」というようなことを言われた場合はプライドを傷つけてしまったという可能性が高いです。

わかっていてもこうなってしまうというような事があるので、それを時には受け入れる必要があります。

これは難しいことですが、傷つけないことでお互いを保つようにもなるので、相手を傷つけるような事は言わないようにしましょう。

親しい中でも配慮する

これは家族に限らず親しい中でも配慮する事が大切になります。

どんな仲であってもプライドというものは誰もがあると思います。

それを傷つけてしまうと一気に険悪になったりしてしまいますよね。

そこから更にどんどん悪くなっていくというような事が多いです。

特に人間関係ではこの様なことが多いので注意をするようにしましょう。

家庭を楽しく円満にさせる工夫10:サービス精神を持つ

サービス精神を持つことで家庭を楽しく円満にする事もできます。

サービス精神というのは相手のために行動をするという事です。

相手が今掃除をしているから手伝おうというような考えもサービス精神ですよね。

相手が今何かをしているのでその手助けをするということも時には大事なので覚えておきましょう。

相手のために尽くす

相手のために尽くすという行動は難しいです。

ですが相手のために行動をする事で家族間を仲良く保つことができます。

最初は難しいと思いますが、サービス精神を忘れないようにして行動をするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?家庭を楽しく円満にさせるための10個の工夫についてお話をしました。

最近の家庭では様々な問題などがあり、時には他からこの様な状態だと聞くこともあるでしょう。

ですが相手は相手、自分は自分と割り切る必要があり、家庭が円満であればそれ以上の高望みなどをしないようにする事も大切です。

周りから言われてというのではなく、家族間の問題や悩みというのは家族間のことなので、それを第一に考えて楽しく円満な家庭を作るようにしましょう!