CoCoSiA(ココシア)

演技だなと思う女性の仕草10選(続き4)

もちろん全ての女性がそうだと言うわけではありませんが、男性には見抜けないこともあります。

仕草以外にの女性がする演技1:モテない演技

すごくモテるのに「私なんて全然モテないから」と言う女性は意外と多いです。

モテてしまうとライバルが多いと思うわけですよね。

そうなると男性も諦めムードになってしまうところですが、モテないアピールをする事で自分にもチャンスがあるかもと思わせる事ができます。

または「そんな事ないでしょうものすごくモテるでしょう」と相手に言ってもらいたいための場合もあります。

女性は褒めて欲しい願望もあるんですね。

そこは男性も同じだとは思うのですが、唯一違うのは女性はモテないことまで演技として演じてしまう女優というところでしょうか。

男性には理解が難しいかもしれませんね。

美人の女性の方がこのセリフを言う事が多いのかもしれません。

それは謙遜からなのか演技なのかは男性の見る目次第でしょう。

仕草以外の女性がする演技2:下ネタが苦手な演技

普段はものすごく下ネタ好きなのに男性の前では下ネタは苦手な演技をする事があります。

それはやはり下品に見られたくないと言う願望でしょうか。

普段ふざけあってるような仲間とならまだしも、意中の男性の前などでは清純な乙女のようなイメージを持たせたいと思う人もいるでしょう。

たしかに下ネタが好きであまりノリのいい女性を男性は好まないかもしれませんね。

仕草以外の女性がする演技3:育ちが良い演技

普段はガサツで親しみ満載のタイプなのに、まるでお嬢様育ちかのように振る舞い見事な演技をする女性もいます。

エリート男性の前ではやはりお嬢様である必要があるかもしれません。

本当の育ちは随所で出てしまうものですが、一定の期間ならその演技は完璧にこなせるなんて女性もいるでしょう。

玉の輿に乗るためなら女優並みの演技ができてしまうのかもしれません。

側で見ている友人からすると脱帽かもしれないですね。

仕草以外の女性がする演技4:相手に興味がある演技

相手にそんなに興味があるわけではないのに興味があるように演じる事もあります。

なんのため?と思うかもしれませんが、どんな相手であれやはりチヤホヤされていたい気持ちが強いと男性が自分に興味を持たせるようにするためには、まずは女性の方から男性に興味があると思わせる必要があるのでしょう。

どんな相手であっても自分の虜にさせたい。

そんな願望があるとこんな演技をする事もあります。

仕草以外の女性がする演技5:か弱い女性の演技

普段は気が強いのにか弱い女性の演技をする事があります。

やはり男性は強い女性よりも守ってあげたくなるようなタイプの女性の方が好みの人も多いでしょう。

初めはか弱い演技をしておかないと敬遠されてしまっては何も始まりませんからね。

結婚したら全然違ってたなんて男性の話も耳にしたことはないでしょうか。

初めは大抵か弱い女性を演じる人が多いかもしれません。

本当にか弱い女性もいるのですが、やはり女性の方が男性よりも強い人の方が多いように思います。

これでは恋の発展も難しいですからね。

程度にもよりますが、大抵強さは隠している場合が多いと言えるかもしれません。

仕草以外の女性がする演技6:泣く演技

絶対なくことなんてないない‼︎と言うようなら鉄の女性であっても意中の男性の前ではホロリと涙を流す事もあるかもしれません。

男性からすれば女性に泣かれるのは困る人も多いと思うのですが、例えば映画やドラマを見ていて流す涙など優しい子なんだななんて思わせてしまえばこっちのもんと心の中で思っている可能性があります。

この人も泣くことがあるんだなんて、ギャップに弱い男性も多いでしょう。

涙を流すことで女性のか弱さを感じさせることができるのであれば泣く演技だってできてしまいます。

仕草以外の女性がする演技7:お酒が弱い演技

普段は酒豪なのに酔ってしまったなんて言われたら男性はドキッとしませんか?

お酒が強い女性ではか弱さを出すことは難しいかもしれませんが、僕が介抱してあげないとと男性に思ってもらう必要がある場合にはお酒が弱い演技だってできてしまいます。

仕草以外の女性がする演技8:純粋(ピュア)な演技

やはり男性は純粋に見える女性は可愛いと思うものではないでしょうか。

もしどれだけ男性経験を持っていようとも純粋な女性の演技ができてしまう事もあるでしょう。

どうやれば純粋な子に見えるのかどうかもしっかり計算できていると言えるでしょう。

仕草以外の女性がする演技9:天然な演技

天然な子は可愛い印象がありますよね。