CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

演技だなと思う女性の仕草10選


演技とはどういう事をいうのでしょうか。

文字通り演じるということではないかと思うのですが女性というのは男性の前、特に好意を抱く男性や興味を抱いた男性の前では多少の演技をすることもあります。

この記事では、演技だなと思う女性の仕草についてご紹介していきたいと思います。

この記事の目次

演技だなと思う女性の仕草10選

あなたの周りにはこんな仕草をする女性はいないでしょうか?

「それ演技?」「全然違うんですけど」と思わず突っ込みたくなるような行為や仕草をする人です。

しかし男性には意外とそれが演技だとは気付かれていないことも多いです。

「普段と全然別人なんですけど」と言いたくなるのは同性からの視点ですね。

男性が演技をすることもあるかもしれませんが、やはり圧倒的に女性の方が演技をする傾向があります。

この演技をするという行動は、もしかしたら女性ならではの思考かもしれません。

どのような演技があるのか特徴を10個あげてみます。

演技だなと思う女性の仕草1:前髪をかき上げる

ひと昔前ワンレングスという髪型がとても流行りました。

ただのロングではなく前髪も後ろも同じくらいの長さのヘアスタイルです。

略してワンレンですが、前髪をかきあげる仕草がなんとも色っぽい感じでワンレンの女性はほとんどの人がこの髪をかきあげる仕草をしたものです。

今でもロングヘアの女性なら髪をかきあげ仕草をする人はいるでしょうか。

少しミステリアスな雰囲気の中ある女性が髪をかきあげる仕草は大人の女を匂わせる行為でもありますね。

いかにしてさりげなく前髪をかきあげる事が出来るのかがカギでしょうか。

でも髪の毛の清潔感は大事でしょうね。

綺麗な髪で前髪をかき上げる仕草をみてドキっとする男性も多いと思います。

女性特有の色気を表現する時に使う仕草と言えるのではないでしょうか。

しかしあまり回数をやりすぎると逆効果になってしまう可能性もあります。

演技だなと思う女性の仕草2:上目使い

少しうつむいた姿勢からの上目使いは男性は好きな仕草のひとつなのではないでしょうか。

甘えたような目でじっと見られたらドキドキしてしまう男性は多いと思います。

前髪をかき上げながら上目使いなんてされたら男性はコロッと気持ちを持っていかれてしまうかもしれませんね。

男性が好きな行動を把握していると言ってもいいのではないでしょうか。

この仕草は男性を落としたいときにも使うのかもしれないですね。

演技だなと思う女性の仕草3:過剰なボディタッチ


やたらとボデータッチをするということはセックスアピールと取られてしまうかもしれません。

それを狙っての行動なのか軽い男性ならそんな解釈をしてしまう可能性があります。

しかしこのボディータッチは軽い女の子に見えてしまうため、あまりよく思わない男性も中にはいるようです。

もちろん軽い気持ちで誘っているのなら別ですが、好意を表すためにやたらと男性へのボディータッチをする事はどんな風に取るかは相手次第です。

少し注意が必要かもしれません。

もしかしたら思いのほか敬遠されてしまう可能性もあります。

演技だなと思う女性の仕草4:小首を傾げる

この行動は子供っぽ過ぎると逆効果なのでしょうか?

もしかしたら演技しているぐらいなのでどの角度ぐらいがちょうどいいのかわかってやっている人もいるかもしれませんね。

少し小首を傾げる仕草はなんとも可愛らしさを感じさせる行動と言えます。

少し上目遣いで小首を傾げられたらクラっとしてしまう男性もいるかもしれませんね。

演技だなと思う女性の仕草5:頬を膨らませて怒る


同性から見たら引かれてしまいそうな行動ですが、ひと昔前ぶりっ子と呼ばれるタイプの人にこの仕草がよくありました。

こういう仕草をする女性が好きな男性もいるでしょう。

しかしこの仕草もひとつ間違うと引かれてしまいことにもなりかねませんので注意はいるかとも思います。

可愛く見えるのでこういう行動をする人もいるのでしょうか。

頬を膨らませて怒る女性をみてかわいいと思うのであれば、なんでも言う通りにいてあげたいと思うのが男性の心理として働くかもしれません。

逆にこのぶりっこと思える仕草が苦手な男性だった場合は、苦手意識を持たせてしまったり敬遠される可能性もあります。

この仕草に関しては男性の中でも意見が分かれますが、女性からすると反感を買う可能性があります。

女性はあまりぶりっこタイプの女性を好ましく思わない傾向にあるのかもしれません。

演技だなと思う女性の仕草6:腕を組む時に胸を押し当てる

すっと腕を組むときに胸を押し付けられたらドキドキしますよね。

この行動をされたら男性は意識せずにはいられないのではないでしょうか?

腕を組んだ状態で上目遣いの視線を投げかけられたら男性は思わず抱きしめてしまうかもしれませんね。

最後の一押しに女性が取る行為のように思います。

相当の自信があるのかよほどその男性のことを落としたいのかどちらかでしょうか。

まだ関係が浅い人にこの行動をするというのはかなり大胆ですね。

過剰にボディータッチをする行動をこえていますが、みんなと過ごしている時でも勢いでこの大胆な行動ができてしまう女性もいるでしょう。

完全に周囲の女性から見るとお口あんぐり状態かもしれません。

しかしこれもセックスアピールにとられかねませんので気をつけましょう。

演技だなと思う女性の仕草7:クロスして髪を耳にかける

髪をクロスして耳にかける行為は思いがけず男性にとって色っぽさを感じさせる行動です。

例えば右の耳に髪をかけるときに左手を使い顔の前で手がクロスになっていますよね。

男性にはこのクロスする行動はないようです。

髪を耳にかけるときに見えるうなじなどでドキッとする男性も多いでしょう。

ロングヘアやセミロングの髪型の女性ができる行動ですね。

耳に髪をかける行為が好きな男性は多いかもしれませんね。

いつもは髪の毛で隠れていた耳やうなじがチラッと見える。

これこそに意味があるんですね。

あまり何度も何度もやってしまうと髪の毛が邪魔なのかと思われてしまうので回数には気をつけましょう。

演技だなと思う女性の仕草8:ゴムを咥えながら髪をまとめる

髪の長い女性がゴムで髪をまとめる行動も男性は好きなのではないでしょうか。

反対にまとめ髪から髪を解く瞬間が好きな男性もいるかもしれませんね。

髪をまとめている時の真剣な表情に色っぽさを感じる男性もいるようです。

ゴムを口に咥えるとキュッと真剣な表情になるんでしょうか。

男性にうなじを見せるように髪をまとめる行動は演技でしている場合なら見せる角度も計算の上でしょうか。

うまくいけば男性の気持ちを引きつけられそうですね。

しかし男性の皆さんは意外とこのゴムを口に咥えて髪をまとめる仕草が好きなようです。

演技だなと思う女性の仕草9:女の子走り

小走りで少し腕を振りながら一生懸命走ってくる姿に男性はキュンとくるようです。

ヒールなど履いているときには小走りになりますよね。

しかしこの女の子走りやはり可愛く健気に走る必要があるかもしれませんね。

相手の前に着いたときには軽く息切れする仕草も付け加えると完璧かもしれません。

「お待たせ」なんて可愛く言われたら男性は「全然待ってないよ」と答えるのでしょうか。

少しわざとらしく感じるようにも思えますが、男性にしてみればなんとも可愛いと思えるのかもしれないんですね。

演技だなと思う女性の仕草10:胸元を引っ張って扇ぐ

もともと胸元が開いている服なのに暑い暑いと胸元を引っ張って扇ぐ人っていますよね。

見えそうになる胸元に男性は思わず釘付けになってしまいそうですね。

女性同士でならまだしも男性の前でこの行為をするのは演技や計算と言われても仕方ありませんが、なんともセクシーさを醸し出す行為ですね。

男性は思わず胸元に目がいってしまっても仕方ないかもしれません。

女性に今にも胸元が見えそうな仕草をされてしまっては男性の心理として内心穏やかでもいられないでしょう。

「この人演技してるなぁ」と思った事ありませんか?

女性から見ているとこの人演技しているなぁと見抜けてしまうのは同性ならではの勘ではないでしょうか。

男性からすると「演技だなぁ」とはなかなか思わないかもしれません。

というのも普段のその人を知っているからこそ演技だと見抜けることもありますよね。

男性も演技だと見抜けるだけの眼を持っている人もいるかもしれません。

その演技の度合いによってその演技に乗ってしまうか引いてしまうのか分かれるのかもしれませんね。

男性にしてみれば演技とわかっても自分の為に演じてくれていることに喜びを感じる人もいるでしょう。

反対に完全に演技だと引いてしまうこともあるかもしれませんね。

バレないと思っていても結構バレている

本人は演技している事はバレていないと思っている事が多いのではないでしょうか。

しっかりと計算の上の行動であればバレてるなんて疑いもしないかもしれません。それが意外とバレていたりする可能性もあります。

演技の度合いにもよるかと思うのですが、やはり普段の自分ではない行動をするということはどこか無理がある可能性もありますよね。

その無理が時々ふっと見えたりするものです。

また無理をしてるとしんどいこともありますよね。

演技するならとことんの演技で貫く必要もありますので結構大変なのではと思います。

それでも演技してしまうのが女心なのかもしれません。

しかしその演技はしっかりバレている可能性があります。

どうせ演じるのであれば完璧な演技で相手を最後まで信じさせてみましょう!

演技だと分かっても男性はキュンとしちゃう

演技だとわかっていてもキュンときてしまうのが男性の心理ではないでしょうか。

女性からみたら見え見えの行動パターンであっても、素直に受け止めるのが男性の純粋さと言えるかもしれませんね。

演技をする女性は男性の心理や好みの行動パターンをしっかり熟知している人が多いように思います。

男性にしてみれば好意のない相手に対して演技はしないだろうと思うので、自分に好意を抱いてくれている事に気が付く人もいるでしょう。

演技とは言えキュンとしてしまう男性がいる限り女性の演技力はどんどん磨かれていくのかもしれません。

なぜ演技するのか

そもそもなぜ演技をするのでしょうか。

女性なら多かれ少なかれ色んな場面で演技をする事はあるかもしれません。

それが女心と言うものであると言ってしまえば聞こえはいいかもしれませんが、あまりにも度が過ぎると男性からも引かれてしまう可能性があります。

同性から見てやり過ぎの演技は困りものですが、女性なら好きな男性や意中の男性に対して多少の演技をする事もあるのではないでしょうか。

ではなぜ演技をするのか掘り下げてみたいと思います。

モテる為

やはりモテたいと思うのは男性も女性も同じではないでしょうか。

女性の方がもしかしたらモテたい願望も強く行動に移す勇気があるのかもしれませんね。

細かいところに考えが回る女性ならではの計算の高さやしたたかさが演技という形で出せるのではないでしょうか。

常にモテていたい、誰からも注目されていたいという気持ちの現れから演技をして理想の女性を演じてしまうのかもしれません。

意中の男性にアピールする為

意中の男性へのアピールのための場合もあります。

自分から告白なんてしたくない。

かといって伝わらないのも嫌、相手に自分に好意を持たせたいなんて言う気持ちもはたらくでしょうか。

アピールのために演技をする事もあります。

相手の好みによって演技も変わるかもしれません。

演技ではあれ意中の男性に好意を持ってもらうためにはあの手この手でアピールする事もあるでしょう。

彼に振り向いてもらいたい一心でなんて気持ちがあるのかもしれません。

男性の好みの女性像を演じる事で自分に振り向いてもらいたい気持ちの現れなのかもしれませんね。

チヤホヤされたい

やはり他の女性よりもチヤホヤされていたい願望が強ければ強いほど演技にも磨きがかかり大胆な行動に移すなんて事もあるかもしれませんね。

意中の男性だけでは満足できずいつもモテていたい。

男性に囲まれていたい願望もあるのかもしれません。

コンパなどに行っても男性にいつもチヤホヤされている女性もいると思います。

その場限りでも大丈夫。自分が目立っていたい。なんて気持ちも働いているのかもしれません。

綺麗な自信のある女性の方がチヤホヤされていることにも慣れているのでそれが実行されないと不満を持つのかもしれませんね。

可愛い子だと思ってもらいたい

この子可愛いなと思ってもらいたい気持ちから普段の自分とは違うキャラを演じる事もあるでしょう。

意中の男性の前では可愛い子を演じる事ができるのも女性ならではかもしれません。

そんなに演技してほんとうの自分は疲れないの?と思われるかもしれませんが、相手から好きになってもらえばこっちのもんなんて思っているかもしれませんね。

ちょっと怖いように思いますが、男性は意外と単純なところもあるのでその人に惹かれてしまうといざ違うタイプであったとしても好きになってしまえば関係なくなるのかもしれませんね。

仕草以外にも女性がする演技がある

女性が演技をするのは何も仕草だけではありません。

存在そのものを演技する事もあります。

まだ仕草を演じるのは可愛いもの本来の自分とは全くの別人にだってなれちゃう事もあります。

もちろん全ての女性がそうだと言うわけではありませんが、男性には見抜けないこともあります。

仕草以外にの女性がする演技1:モテない演技

すごくモテるのに「私なんて全然モテないから」と言う女性は意外と多いです。

モテてしまうとライバルが多いと思うわけですよね。

そうなると男性も諦めムードになってしまうところですが、モテないアピールをする事で自分にもチャンスがあるかもと思わせる事ができます。

または「そんな事ないでしょうものすごくモテるでしょう」と相手に言ってもらいたいための場合もあります。

女性は褒めて欲しい願望もあるんですね。

そこは男性も同じだとは思うのですが、唯一違うのは女性はモテないことまで演技として演じてしまう女優というところでしょうか。

男性には理解が難しいかもしれませんね。

美人の女性の方がこのセリフを言う事が多いのかもしれません。

それは謙遜からなのか演技なのかは男性の見る目次第でしょう。

仕草以外の女性がする演技2:下ネタが苦手な演技

普段はものすごく下ネタ好きなのに男性の前では下ネタは苦手な演技をする事があります。

それはやはり下品に見られたくないと言う願望でしょうか。

普段ふざけあってるような仲間とならまだしも、意中の男性の前などでは清純な乙女のようなイメージを持たせたいと思う人もいるでしょう。

たしかに下ネタが好きであまりノリのいい女性を男性は好まないかもしれませんね。

仕草以外の女性がする演技3:育ちが良い演技

普段はガサツで親しみ満載のタイプなのに、まるでお嬢様育ちかのように振る舞い見事な演技をする女性もいます。

エリート男性の前ではやはりお嬢様である必要があるかもしれません。

本当の育ちは随所で出てしまうものですが、一定の期間ならその演技は完璧にこなせるなんて女性もいるでしょう。

玉の輿に乗るためなら女優並みの演技ができてしまうのかもしれません。

側で見ている友人からすると脱帽かもしれないですね。

仕草以外の女性がする演技4:相手に興味がある演技

相手にそんなに興味があるわけではないのに興味があるように演じる事もあります。

なんのため?と思うかもしれませんが、どんな相手であれやはりチヤホヤされていたい気持ちが強いと男性が自分に興味を持たせるようにするためには、まずは女性の方から男性に興味があると思わせる必要があるのでしょう。

どんな相手であっても自分の虜にさせたい。

そんな願望があるとこんな演技をする事もあります。

仕草以外の女性がする演技5:か弱い女性の演技

普段は気が強いのにか弱い女性の演技をする事があります。

やはり男性は強い女性よりも守ってあげたくなるようなタイプの女性の方が好みの人も多いでしょう。

初めはか弱い演技をしておかないと敬遠されてしまっては何も始まりませんからね。

結婚したら全然違ってたなんて男性の話も耳にしたことはないでしょうか。

初めは大抵か弱い女性を演じる人が多いかもしれません。

本当にか弱い女性もいるのですが、やはり女性の方が男性よりも強い人の方が多いように思います。

これでは恋の発展も難しいですからね。

程度にもよりますが、大抵強さは隠している場合が多いと言えるかもしれません。

仕草以外の女性がする演技6:泣く演技

絶対なくことなんてないない‼︎と言うようなら鉄の女性であっても意中の男性の前ではホロリと涙を流す事もあるかもしれません。

男性からすれば女性に泣かれるのは困る人も多いと思うのですが、例えば映画やドラマを見ていて流す涙など優しい子なんだななんて思わせてしまえばこっちのもんと心の中で思っている可能性があります。

この人も泣くことがあるんだなんて、ギャップに弱い男性も多いでしょう。

涙を流すことで女性のか弱さを感じさせることができるのであれば泣く演技だってできてしまいます。

仕草以外の女性がする演技7:お酒が弱い演技

普段は酒豪なのに酔ってしまったなんて言われたら男性はドキッとしませんか?

お酒が強い女性ではか弱さを出すことは難しいかもしれませんが、僕が介抱してあげないとと男性に思ってもらう必要がある場合にはお酒が弱い演技だってできてしまいます。

仕草以外の女性がする演技8:純粋(ピュア)な演技

やはり男性は純粋に見える女性は可愛いと思うものではないでしょうか。

もしどれだけ男性経験を持っていようとも純粋な女性の演技ができてしまう事もあるでしょう。

どうやれば純粋な子に見えるのかどうかもしっかり計算できていると言えるでしょう。

仕草以外の女性がする演技9:天然な演技

天然な子は可愛い印象がありますよね。

この可愛らしさを印象づけるために天然なところがあると演技でアピールすることがあります。

なんでも知っている女性よりも少し男性から「自分がいないとダメなんだな」なんて思ってもらうためには必要な天然さと言うものがあるのでしょう。

天然のふりをするのは少し疲れてしまうような気もしますが、可愛いと思わせるためにはその辺りは苦痛にはならないのかもしれません。

多少の演技は良いけど程々に

多くの女性は、初対面の人やまだそんなに関係性が出来ていない男性の前では素のままの自分を出すことは少ないでしょう。

特に気になる異性の前などでは、少しでも良く見られたいと思う気持ちがあるのも不思議ではありません。

意中の相手がどんなタイプの女性が好きなのかも分からなければ、あの手この手と変えてみる事もあるでしょう。

もし好みのタイプがわかっているのであれば、多少の演技で自分も相手の好みのタイプに近づこうとするのもおかしい事ではありませんね。

しかしあまりにも度がすぎるほどの演技では全く別人のようになってしまいます。

あまり自分とかけ離れた自分を演じ過ぎて本当の自分を見失わないようにしましょう。

演技はやはり演技です。

どこかで無理が出てきて、思わぬ方向に展開してしまうなんて事もあるかもしれません。

何事も程々にしておきましょう。

そのままの姿を好きになってくれる相手との方が幸せが掴めるものです。

ページトップ