男性のみなさん、唐突ですが女性のどの部分が好きですか?

よく男性は女性の胸が空きなんて言われますが、女性の魅力はそこばかりではありません。

ともすれば胸よりお尻が好きという人もいます。

また、少々話は逸れますが、足が好きという人もいますよね。

男性が女性の好きな部分は本当に多岐にわたります。

今回は特にお尻が好きなお尻フェチの方について取り上げてみましょう。

後の項に出ますが、なんとお尻が好きな人って男性ばかりではないのだとか。

著者は男性ですので、女性にそのような好みがある人がいることに驚きました。

ですが、よく考えてみれば女性にもそのような思考があっても当然ですよね。

では、今回はいろいろなお尻フェチの人を取り上げていきましょう。

フェチと聞いて何を思い浮かべますか?

最近、好みの異性のことを聞くと割と気軽に「フェチ」という言葉を聞く機会が増え増した。

皆さんは、どのフェチを思い浮かべますか?
いろいろと異性のパーツで好きなところを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

では、そもそもこのフェチとは何だと思いますか?

フェチとはそもそもフェティシズムの略で、執着、性的趣味などの意味合いを込めて使われるところがあります。

今回はお尻のフェチについて取り上げていきますが、「声フェチ」とか「においフェチ」というような言い方もします。

さらに最近の言葉では「〇〇萌え」という言い方もフェチに近い使われ方がされています。

様々なフェチが存在

先ほども少し上げたようにお尻以外にも様々なフェチがあります。

男性であれば大多数が胸フェチかお尻フェチに分かれる形になると言われています。

ですが、そればかりではなく男性側のフェチにもいろいろとあります。

例えばですが、うなじフェチという人も多いですね。

よく女性の好きなパーツは?と聞かれるとうなじを挙げる人がいます。

やはり細い首筋に女性らしさが表れるからかもしれませんね。

さらには髪フェチという人もいます。

こちらは髪型なども込みでショート派とロング派に分かれるようです。

ただ、フェチについて調べていくと意外にもこのような体のパーツのみではないようです。

男性のフェチの一つとして「メガネフェチ」なるものがあるようですね。

メガネ女子が好きな人もいるようです。

昔、メガネをかけている女子は「メガネザル」とからかわれてメガネを嫌がっている子が多かったですが、このような現象もあるのですね。

なかでもお尻フェチの男性は多い


先ほども触れたように男性の大多数は胸フェチVSお尻フェチに分かれると言われています。

やはり女性らしいパーツの代表格と言われているからでしょうか。

ちなみに著者は胸ですね(笑)。

ですが、同級生にはお尻フェチもいましたよ。

だれかは忘れましたが、とある演技派俳優の人もお尻フェチと言っていたのを思い出しました。

そんな人の特徴としては、やはり後ろ姿が好きで、お尻ばかりを見ている人が多いようですね(笑)。

そして、こちらは著者も知らなかったことですが(胸派ですので^^;)、年齢を重ねるごとにお尻が好きになるなんて話もあるようです。

また、割合的な話ですが、お尻が好きな男性はぽっちゃりな女性を好む傾向にあるのだとか。

いろいろなタイプがいるので一概には言えないけれど、結構ぽっちゃり好みな人は細身な男性かマッチョ系の男性が多い気がします。

女性でもお尻フェチの人はいる

お尻フェチはこのように男性だけかと思いきや意外にも女性にもお尻フェチがいるようです。

どうやら、男性らしく引き締まったお尻に魅力を感じるようですね。

著者のようにダルダルのお尻ではだめなようです(笑)。

実際にお尻フェチな女性の意見が書き込まれている掲示板を見ましたが、もちろん男性としての魅力としてお尻を見ている人も多いですが、特にそのような性的な意味合いではなく見ていると安心するというタイプの女性もいるようです。

所謂セラピー的な感じでしょうか?(笑)

後にどのようなお尻がいいのかを取り上げていきますが、女性は男性のお尻に肌のきめ細やかさも同時に求めているようです^^;。

どんなにきゅっとお尻が上がっていても肌が汚いと台無しなようですね。

どのように男性のお尻を楽しんでいるのかというと、見て楽しみ触って楽しんでいるようです。

さらにフェチな人はお尻の頬(って伝わりますかね^^;)をカプッと噛むなんて人までいるようです。

お尻の魅力

著者は先ほども言ったように胸派ですので、お尻派の詳しい心情は完璧に理解するのは難しいですが、いろいろと調べていくと下記のことに要約されるようですね。

先ほども触れたように年齢を重ねるとお尻派になる可能性が高いとのことですので、もう少し年齢が上がるとお尻派に生まれ変わるかもしれません^^;。

そのお尻派の予習としてどのようなところに魅力を感じるのかを、著者とともに見ていきましょう。

女性らしさを感じる


男性のお尻フェチの方の大多数が感じていることはやはり女性らしさです。

基本的に男性は寸胴であることが多いです。

でも、女性はウエストがくびれていてお尻の付近が豊かですよね。(中には女性でも寸胴という方もいらっしゃいますが…^^;。)

そして、若い方はお尻の筋肉がきゅっと上がっている人も多いようですね。

やはりそのようなところに女性らしい魅力を感じますよね。

柔らかそう

基本的に女性は男性に比べると脂肪分が多いところがあります。

それは、ホルモンの関係上、当然のことです。

ですので、男性はそのような女性の柔らかさが好きなのです。

男性が胸派とお尻派に分かれるのはそのようなところがあるからです。

お尻派の人も、女性の柔らかそうなお尻が好きと言う人も多いです。

もし、皆さんのお尻を触るの好きと言うような彼氏やご主人でしたら、心行くまで触らせてあげましょう。

基本的に男性は自分にない柔らかいところが好きなのです。

お尻フェチなら分かる!8個の共感ポイント

では、お尻フェチの人が、魅力を感じると言う共感ポイントはどこでしょうか?

こうして見てみると、8個もあるなんて少々驚きでもあります。

ただ、著者は基本的にお尻がそこまで興味はあるわけではありませんが、このようにして見てみると、お尻派の人がお尻が好きな理由がわかるような気がします。

1、肉感的

やはり、1番のポイントは肉感的なところです。

基本著者は胸派ではあるものの、そのような理由はよくわかりますね。

それは、何かのテレビで見たような気がしますが、女性の胸は、お尻よりも見やすいところにあるけれど、まるでお尻の形をしていますよね。

そのようなことで、男性に肉感的な感じを与えると言うところがあります。

また、猿の世界でもそれは同じです。

基本的に発情期になると、メスの猿のお尻が赤くなりますよね。

このようにして、異性にアピールをすると言うところがあるのです。

やはり、人間もサルから進化したと言う説もありますし、ある意味自然界で納得のいく原理だなと思います。

基本的に、くびれたウェストと豊かなヒップを見ると、肉感的な感じがするというのは納得がいきます。

2、セクシーさを感じる

やはり、先ほども触れたように、引き締まったウエストと肉感的なヒップラインは男性にはないセクシーさを感じます。

いろいろと、調べているとお尻は基本的に服を着ることで隠れる部分ではあるものの、やはり大きさや形はズボンを履いているとなにげにわかるものです。

また、タイトなスカートを履いてもそれは明らかですよね。

ですので、よく女性の好きな服装について男性にアンケートをとると、やはりタイトなスカートにセクシーさを感じる人が多いようですね。

ヒップラインが出るのはもちろんですが、太ももの肉感的なところもよくわかるからなのではないのでしょうか?

3、触り心地が良い

やはり、恋人の唯一の特権である「お尻を触る」と言う行為ですが、この触り心地が良いという理由でお尻フェチな人も多いようです。

普通お尻を見ず知らずの女性触ると痴漢で捕まってしまいます。

だけど、特定の女性であればお尻を触るということができ、その触り心地が良いっていうのは非常に男性にとって嬉しいところなのですね。

やはり、きめ細やかく、柔らかいお尻が人気のようですね。

色々と調べていくと、大きさのことに関しては、大きい方が好きと言う人とコンパクトのお尻が好きな人とに分かれるようですね。

ですので大きさの問題なくても、やはり触り心地の良いお尻を目指してみるのも一案です。

4、丸みに惹かれる

お尻の大きさについては色々と好みがあるようですが、やはり基本的に男性は女性特有の丸みのあるお尻に惹かれるようです。

確かに、女性はそこそこ肉付きがいい位が方がいいです。

もちろん限度はありますが、女性は色々とダイエットして細身であることを保とうとしますが、案外男性がそこまで細さについては求めていないことが多いです。

ぽっちゃりといっても、もちろんかなり肥満度が高いっていうのは論外です。

だけど、胸やお尻はそこそこにあり、肉付きもちょうどいい位がいいですね。

例えるのなら、女優の深田恭子とかその辺の人です。

彼女は、男性からも人気がありますよね。

それはやはりちょうどいい肉付きであることからです。

彼女のお尻については、見たことも触ったこともないのでわかりませんが、多分おしりもちょうどいい位なのでしょう。

5、もみ応えがある

また、女性のお尻が大きいのがいいとか小さいほうがいいと言うのもありますが、きめ細やかで、柔らかければいいというものではなく、そこそこのハリがあるお尻が圧倒的な人気です。

若い人であれば特に心配はありません。

ただやはり年齢を重ねると、重力に従ってだんだんと垂れてくる少々残念な一面があります。

ただ、ヒップに関してもエクササイズでそのような垂れてきがちになるお尻を保つ事はできるようです。

ですので、お尻フェチの彼氏やご主人がいるということであれば、そのもみごたえのあるお尻を目指しましょう。

6、胸とは違う女性らしさを感じる

基本的に男性は胸派の人が多いです。

ですが、やはり胸とは違う女性らしさを感じることでお尻にも魅力を感じている人が多いようですね。

やはり、女性にも男性のお尻のフェチと言う人がいるいますが、彼女たちは断然、筋肉質なお尻を望んでいることが多いです。

ですが、男性の女性の好みの尻はと言うと、柔らかい感じや丸み帯びた女性らしさを求めていることが多いです。

ですので、胸とは違う女性らしさと言うのに惹かれる男性が多いです。

やはり、細いウエストラインに行って豊かなヒップっていうのは女性らしさ特有です。

男性でもたまにくびれがある人がいるにはいますが、基本的に男性は寸胴な人が多いです。

だからこそ、女性らしさをアピールすることができるというのも、お尻の魅力の1つのようです。

7、エロさを感じる

先ほども少し触れたように、進化する前だった猿の時代からずっと、お尻は性的なパーツの1つでした。

今も、他の猿を見ていると、発情期にはお尻が赤くなるなど、性的なパーツして外せないところがあります。

ですので、人間もまた、お尻は赤くこそならないものの、お尻の形などでエロさを感じるのはあります。

やはり、お尻も、ズボンなどを履くと隠せないパーツになりますし、タイトスカートなどを履いても形に出ます。

ですので、そこで女性らしさを感じるところがあるのです。

8、キュッと引き締まっている

先ほども触れたように残念ながら重力に従って食べてくるという特徴はあるものの、やはり若い方ですとちょっと引き締まっている人が多いようです。

ですので、重力に逆らってちょっと上がっているのはお尻に魅力を感じる男性が多いですね。

ただ、では年齢を重ねてしまったらもう駄目かというとそうでもないです。

お尻の筋肉が引きしまって上がるっていうのはちゃんとストレッチがあるようですね。

後に詳しく触れますが、色々とエクササイズがあり、エクササイズをすることできゅっと引き締まった
お尻にすることができます。

ですので、食事制限でどうにかお尻を痩せようとするのではなく、そのようなストレッチをして、お尻の筋肉を鍛えると言うのが正解なようです。

食事制限ではないところがまた嬉しいですね。

お尻フェチが好きな理想のお尻

さて、胸派の人であっても、お尻に性的な魅力を全く感じないのかと言うとそうでもない人も多いです。

お尻は基本的に後ろにあるのでご本人でなかなか見るって言うのも難しいでしょう。

では、どのようなお尻を目指していったらいいのかということで、お尻フェチの方が好きなお尻についてリサーチしていきましょう。

上向きのお尻

お尻の大きさについては好みが分かれるので、そうでもないのですが、やはり皆が皆上向きのお尻に良さを見出すことが多いようですね。

それは、やはり上向きのお尻っていうのは若さの象徴だからかもしれません。

確かに、年齢を重ねた美しさというのはあるのかもしれません。

ですがやはり男性は若い女性に魅力を感じるようにプログラミングされています。

それは何故かと言うと、やはり子供を産み能力は、残念ながら若ければ若いほど良いと言うところがあり、年齢を重ねるとだんだんと難しくなるところがあります。

実際にデータ的にも年齢を重ねている方の出産ほど障害を持ったお子さんが生まれやすいというデータがあります。

それは、卵子や精子などが作られる段階などでエラーが発生しやすいからと言われています。

ですので、このような上向きのお尻っていうのは子供産む能力が高いということを示すことになるのかもしれません。

確かに年齢は誰しもが年を重ねるのでどうしようもありません。

ですが、お尻のことに関してだけ言うと、もちろんエクササイズでお尻は鍛えられますし、仮に年齢を重ねていてもきゅっと上向きな魅力的なお尻の人はいます。

ですので年齢を理由に諦めるの早頃です。

丁度良い大きさのお尻

大きさについては色々と好みが分かれます。

コンパクトなお尻が好きと言う人、大きいお尻が好きと言う人それぞれです。

ただ、やはり皆個人的な好みの差はあっても、たいていはある程度ちょうどよい大きさのお尻を求めていることが多いです。

例えばコンパクトなお尻が好きという人であっても、ガリガリのお尻がいいかと言うとそうでもありません。

そして、大きいお尻が好きな人であっても、非常に太っていて本当にただ単に大きいだけのお尻に魅力を感じるかというとそうでもないのです。

やはり、好みの差はあるとは言っても、そこそこのちょうど良いお尻を求めているところがあります。

弾力があるお尻

そして、やはり肌の弾力もまた年齢が出ます。

ですので、肌の弾力がある人の方が若く見えるのです。

それは顔の肌についても同じなのではないのでしょうか?ですので、女性は色々とはりの肌のハリを取り戻すような基礎化粧品に魅力を見いだすのでしょう。

お尻についてもそれは例外では無いようです。

ですので、お尻についても弾力のあるお尻を求める人が多いようですね。

そして、筋力を鍛えることによっても弾力のあるお尻はできます。

ですので、努力次第で、この弾力のあるお汁を手に入れるのは難しくないようですね。

綺麗なお椀型

お尻フェチな人であれば、きれいなおわん型の尻に惹かれる人が圧倒的に多いです。

やはり、先程の特徴をまとめて見ても、そのようなお尻の持ち主は必然的にお椀形になってくるはずです。

それは、上向きのお尻で、ちょうどよい大きさ、なおかつ弾力のあるお尻と言うと、間違っても四角のお尻はできませんよね。

そして、たるんでいても、きれいなお椀形にはなりません。

という事は、形としては綺麗なお椀形になるようなお尻を目指していくのが正解なのでしょう。

お尻フェチな人の特徴

では、お尻フェチな人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?
今までは、お尻の事について取り上げてきましたが、今度はこのお尻フェチな人に目を向けていきましょう。

後姿が好き

可愛い顔が好きな人と言う人や、胸が好きな人は圧倒的に前を見ます。

確かにどちらも、女性の前側を見ないとわかりません。

ただ、お尻フェチな人は後ろ姿が好きと言う人が多いです。

ですので、後ろ姿ばかりを見るとか、上半身より下半身を見ると言うことであれば、お尻フェチな人でほぼ確定とみて間違いないです。

ですので、もし好きな男性がいるということであれば、彼の視線をこっそりとチェックしてみましょう。

後ろ姿の時っていうのはなかなかチェックが難しいですが、なにげに視線を感じると言うことであれば彼もひょっとしたらお尻フェチかもしれません。

また、協力者がいるのでしたら、さりげなくさん好きな男性がどの辺を見てそうかをチェックしてもらうのもいいかもしれません。

むっつり

また、お尻フェチな人むっつりな人が多いと言われています。

それはなぜかというのを調べていると面白い情報が見つかりました。

それは、後ろ姿だと、やはりよほど視線を感じると言うことがないと気づくことができません。

ですので、心おきなく女性の後ろ姿をチェックできると言うことで、むっつりであることが多いといわれています。

確かにそう言われると納得がいきますね。

よく、女性が露出度の高い服を着ると目のやり場に困ると言うことがありますよね。

でも、お尻であれば、その女性に気づかれないようにチェックするというか、見る事はできます。

心おきなく見ることができる事のは、お尻フェチの人にとっては嬉しいのかもしれませんね。

ぽっちゃり体型好き

こちらも面白いデータなのですが、お尻が好きな人はぽっちゃり体型が好き、なおかつご自身もぽっちゃり体型と言う人も多いようです。

大きいお尻が好きな人や小さいお尻が好きと言う人はいますが、やはりお尻はある程度脂肪があるところです。

ですので、お尻が好きって言う人は、肉感的なお尻が好きなことから、比較的脂肪が多めな人が好きと言う事はあるようですね。

ですので、今ダイエットブームですので細い女性がもてはやされるものの、やはりそこそこにぽっちゃりとした芸能人の人も人気があります。

そこで、男性がイメージする好きなぽっちゃりな芸能人ですが、ランキングをチェックすると水卜アナウンサーが入っていました。

彼女位のぽっちゃりさんは男性が好むことが多いようですね。

【ぽっちゃり女子がモテる理由は、こちらの記事もチェック!】

幼児的な部分がある

さて、お尻フェチの人は幼児的なことがあると言うのは、こちらは意見が分かれるようです。

やはり、母親の象徴と言うことで、幼児性があると言うような見方をすることができる一方で、自分の子供を宿した欲しいと言う気持ちでお尻を好むと言うところから、幼児性が低いと言うような見方もあるのです。

どちらが本当かというのは難しいところがありますが、年配になるほどにお尻を好む傾向にあるという情報もありましたので、もしかしたら幼児的な部分があまりないほうが近いのかなとも思いますね。

お尻フェチが求めるお尻になる方法

お尻の事について色々と見て行きましたが、もしかしたら自分がそのような目指すお尻になれないのではないか?と不安に思ってる人もいるかもしれません。

ですが、がっかりする必要はありません。

お尻っていうのは、鍛えることでどうにでもなるのです。

お尻が上がっているっていうのは年齢的に若い人は特に何もしなくてもそのような傾向にあります。

だけど、やはり年齢を重ねるごとに重力に負けてしまうところがどうしてもあるのです。

ですので、お尻が垂れてくるのもある程度仕方がないところもあるのかもしれません。

でも、年齢を重ねても、筋肉を鍛えることでその重力に逆らうことができるのです。

ワイドスクワット

このような、ワイドスクワットと言う名前を聞くとあまりピンとこないところがありますよね。

スクワットは想像がついても、ワイドがつくと、そこでちょっとわからなくなるのです。

調べてみると、そこまで難しい意味はなくただ足を肩幅以上のに開いて行うスクワットのことをいいます。

こちらは、筋トレの難易度と言うと、初級レベルでそこまで難しくもなく、特に用具も必要ないことから比較的取り入れやすい運動です。

コツは、肩幅より、1.5倍から1.8倍ぐらいに両足を広げると言う立ち方をすることです。

全く足をそこまで開かないのはワイドスクワットとは呼びませんし、逆に足を広げすぎてもうまくできないところがあります。

そして、もう一つの骨はゆっくりと腰をおろしゆっくりと立ち上がるということです。

そんなに早急にやっても、筋力には効きません。

ですので、動きはゆっくりです。

そして、姿勢を正すように気をつけましょう。

そして、いろいろな体操もそのようなセットが多いですが、10回を3セットで行っていくと言うのがコツです。

もちろんバーベルを持ったりしてやるというかやり方もありますしが、女性ですしここは相撲スクワットと言われるようなワイドスクワットを行うと良いでしょう。

シングルレッグデッドリフト

こちらの名前だけを聞くとピンとこないところがありますが、検索していただくとすぐにわかります。

片足立ち、そこからかがめていくというやり方です。

ちょうどカタカナの「ス」が変形したような形に近いと言ったらわかりやすいでしょうか?

調べた情報によると、何かをタッチするなどと言う目的を持ってやると、うまくいくようです。

それはペットボトルでもいいですし、空き缶でも良いのでしょう。

こちらも、10回を3セットと言う割合でやっていくと良いでしょう。

ヒップリフト

上記の2つは、お尻だけではなく、太ももであったり、股関節に効くと言うようなエクササイズでした。

こちらは、もろにお尻に効果があるタイプのエクササイズです。

ヒップリフトにもいろいろな方法がありますが、ブリッジのやりかけ位な感じのヒップリフトが比較的やりやすいでしょう。

それは、仰向けになって、膝を45度位に曲げて手のひらを下に体の横に添えると言う方法です。

そして、ブリッチの一歩手前のように上げることでヒップリフトができます。

その方法ばかりではなく、上半身は完全に寝かせた状態で肩膝を曲げて立ち、もう一方の片足を伸ばすと言うようなエクササイズもあります。

そして、ヒップを起こすと言うようなエクササイズも、あります。

こちらも10回から15回を3回セットを目安にするようです。

こちらも、他のエクササイズと同様ゆっくりとやるということと、お尻の筋肉を使うということを意識することがコツなのだそうです。

やはり筋肉に効くやり方は、基本的にエクササイズもゆっくりとやるようにしたほうがいいのです。

とはいってもしんどいのでどうしても早くやってしまいたいと言う気持ちはありますが、本当にヒップに効くようにやろうと思うとゆっくりとやることが大切になるのですね。

プランク・レッグリフト

こちらは、腕立て伏せのような体型で行うエクササイズです。

こちらも、片足を上げるエクササイズがあります。

そして、さらに右肘を上げて床まで下げたら、今度は右膝を胸に近づけると言うエクササイズがあります。

確かにこれも知りに効きそうですね。

やはり、このようなエクササイズの方法は、写真などを見た方がはっきりと分かります。

ですので、一度プランク・レッグリフトで調べてみるのがオススメです。

このようなエクササイズの方法を検索していくとバランスボールを使ったエクササイズもあります。

確かにこのような方法も効果はありますが、基本的に用具が必要なことで、ある程度そのようなエクササイズに慣れている人の方が望ましいようですので、初めての方であればそのようなバランスボールを使わない方法で試してみましょう。

こちらも、やはり体操の基本で大体10回を3セット行うようにしてみてはいかがでしょうか?

著者の娘も、背骨がS字だと言うことで、整形外科から体操するように言われています。

それでも大体10回を3セットと言うものが多いですので、やはり体操の基本はそうなのでしょう。

お尻は胸にも負けない魅力を持っている

お尻フェチの事について色々と見てきましたがいかがでしたでしょうか?

色々と男性に胸派かお尻派かでアンケートをとると、結構胸派が多いです。

でも、お尻も魅力的で胸に負けないものを持っています。

そして、年齢を重ねるとだんだんとお尻派になると言うので、今後どのようになるのかというのも興味深いです。

ただ、そこまでお尻派ではないと言う人であっても、やはり全くお尻に興味がないと言うわけではないです。

触り心地が良いお尻と言うのは非常に魅力的ですし、やはり女性の性的なパーツの1つであるのは確かです。

女性の皆さんはついつい胸のバストトップの方のエクササイズ頑張りがちですが、お尻にも力を入れてみてはいかがでしょうか?