CoCoSiA(ココシア)

牡牛座のあるあるな特徴とは?おうし座の有名人から考えてみる!


牡牛座の性格といわれて、どんなイメージを持ちますか?

牛だから、のんびりなイメージでしょうか?

それとも逆に闘牛をイメージするでしょうか?

血液型と違って、星座で性格をイメージしたことのない人もいると思います。

星座によってもそれぞれ色々な特徴がでてきます。

そのため、身近な人が牡牛座な人も、自分自身が牡牛座だという人も、性格と合っているか見てみてください。

今回はそんな牡牛座に注目していきたいと思います。

牡牛座の人を解析してみよう!

まずは、性格を見ていく前に、牡牛座とは?というところから見ていきましょう。

牡牛座とは、冬に見られる星座の一つです。

オリオン座の右上に輝いているアルデバランという一等星を目印になっている星座です。

牡牛座の概要

牡牛座の神話は、ゼウスが草原で花を摘むフェニキアの女王エウロパに一目惚れをして、白い牡牛に変身して、エウロパに近づいて擦り寄るのだそう。

そして、エウロパはそんな牡牛に気を許し、跨った瞬間にいきなり走り出して、エウロパを海の向こうの島まで連れていってしまうのです。

その後、島に着いたところで牡牛から戻り、ゼウスは正体を明かしたといわれています。

そこで、「なぜこのようなことをしたのか」とエウロパが問うと、ゼウスは「心配することはない。

愛ゆえにお前を迎えにきた」と言ったんだとか。

ゼウスはその後、その島でエイロパと結婚し家庭を築き、エウロパに近づくために変身した牡牛を、形として星座に残したとされています。

その地をエウロパ=ヨーロッパと名付けました。

牡牛座にはこのような神話があります。

この神話のように、牡牛座には恋に情熱的な部分があるのかもしれません。

いつからいつの間に生まれた人?

おうし座は、4月20日~5月20日の間の一ヶ月間に生まれた人のことが当てはまります。

自分の星座や身近な人の星座は分かっても、星座の期間は知らない人が多いのではないでしょうか。

おうし座はおひつじ座の次の星座というのは、知っている人も多いかもしれません。

英語で言うと?

おうし座を英語で言うと、『Taurus』(タウラス、トーラス)です。

 

牡牛座の人の特徴を見てみよう


おうし座の基本的な性格は、その場での勢いや雰囲気で判断するよりも、先のことを考えて冷静な行動にでることが多いようです。

また、争いが苦手な部分もあり、自分を抑えてしまったりして、ストレスを溜め込みやすいという面も。

しかし、そんな周りを見て冷静な面とは逆に、一度決めたら貫き通す一面もあります。

ただ、こういった内面を外に出すことはないため、あまり知らない人もいると思います。

そんな冷静さと意志の固さを兼ね備えた、おうし座の具体的な特徴をここから見ていきましょう。

冷静でクールなものの見方をする

おうし座の人が大切にしていることは、安定です。

そのため、精神的にとても落ち着いていて、地に足がついた行動をするので、周りからはいつも冷静でクールな意見をすると思われやすいんだとか。

そして、おっとりとしたマイペースの部分があるため、自分の生活や仕事、人間関係などの周りの環境が、安定することを求めているため、落ち着いた態度に見えるのです。

また、そういった周りに流されない冷静でクールなものの見方をするので、リスク管理にも優れていて、周囲からの信頼も厚くなる傾向にあるようです。

好き嫌いが激しい

幼い頃から、自分の好みや身の回りのものにこだわりの強いおうし座は、食べ物や着るもの、周りの人に対してもはっきりとした好き嫌いがある人が多いです。

そして、おうし座には頑固な人が多いという側面もあります。

そのため、通常であれば敵を作ってしまうことも考えられますが、おうし座の人は基本的にマイペースで穏やかな人が多いので、仮に厳しいことを伝えたとしても、相手にあまり嫌な気持ちにさせないことが強みだといえるでしょう。

また、あえて口に出したりあからさまに態度に出さないので、気付かれにくいという特徴もあります。

しかし、たとえ見えなかったとしても、内側には好き嫌いがはっきりしている部分があるのは、たしかです。

小さい時から大人っぽい

マイペースでこだわりが強く、穏やかな性格の人が多いおうし座は、幼い頃から大人っぽく見られがちです。

おうし座の人自身は、自分の思うままに行動していたとしても、いつも元気な子よりも自分のペースを持っていて、落ち着いた子のほうが大人っぽく見えるでしょう。

また、安定を求める部分もあるので、無理に自分の意見を通そうとすることも、あまりありません。