牡牛座の性格といわれて、どんなイメージを持ちますか?

牛だから、のんびりなイメージでしょうか?

それとも逆に闘牛をイメージするでしょうか?

血液型と違って、星座で性格をイメージしたことのない人もいると思います。

星座によってもそれぞれ色々な特徴がでてきます。

そのため、身近な人が牡牛座な人も、自分自身が牡牛座だという人も、性格と合っているか見てみてください。

今回はそんな牡牛座に注目していきたいと思います。

牡牛座の人を解析してみよう!

まずは、性格を見ていく前に、牡牛座とは?というところから見ていきましょう。

牡牛座とは、冬に見られる星座の一つです。

オリオン座の右上に輝いているアルデバランという一等星を目印になっている星座です。

牡牛座の概要

牡牛座の神話は、ゼウスが草原で花を摘むフェニキアの女王エウロパに一目惚れをして、白い牡牛に変身して、エウロパに近づいて擦り寄るのだそう。

そして、エウロパはそんな牡牛に気を許し、跨った瞬間にいきなり走り出して、エウロパを海の向こうの島まで連れていってしまうのです。

その後、島に着いたところで牡牛から戻り、ゼウスは正体を明かしたといわれています。

そこで、「なぜこのようなことをしたのか」とエウロパが問うと、ゼウスは「心配することはない。

愛ゆえにお前を迎えにきた」と言ったんだとか。

ゼウスはその後、その島でエイロパと結婚し家庭を築き、エウロパに近づくために変身した牡牛を、形として星座に残したとされています。

その地をエウロパ=ヨーロッパと名付けました。

牡牛座にはこのような神話があります。

この神話のように、牡牛座には恋に情熱的な部分があるのかもしれません。

いつからいつの間に生まれた人?

おうし座は、4月20日~5月20日の間の一ヶ月間に生まれた人のことが当てはまります。

自分の星座や身近な人の星座は分かっても、星座の期間は知らない人が多いのではないでしょうか。

おうし座はおひつじ座の次の星座というのは、知っている人も多いかもしれません。

英語で言うと?

おうし座を英語で言うと、『Taurus』(タウラス、トーラス)です。

 

牡牛座の人の特徴を見てみよう


おうし座の基本的な性格は、その場での勢いや雰囲気で判断するよりも、先のことを考えて冷静な行動にでることが多いようです。

また、争いが苦手な部分もあり、自分を抑えてしまったりして、ストレスを溜め込みやすいという面も。

しかし、そんな周りを見て冷静な面とは逆に、一度決めたら貫き通す一面もあります。

ただ、こういった内面を外に出すことはないため、あまり知らない人もいると思います。

そんな冷静さと意志の固さを兼ね備えた、おうし座の具体的な特徴をここから見ていきましょう。

冷静でクールなものの見方をする

おうし座の人が大切にしていることは、安定です。

そのため、精神的にとても落ち着いていて、地に足がついた行動をするので、周りからはいつも冷静でクールな意見をすると思われやすいんだとか。

そして、おっとりとしたマイペースの部分があるため、自分の生活や仕事、人間関係などの周りの環境が、安定することを求めているため、落ち着いた態度に見えるのです。

また、そういった周りに流されない冷静でクールなものの見方をするので、リスク管理にも優れていて、周囲からの信頼も厚くなる傾向にあるようです。

好き嫌いが激しい

幼い頃から、自分の好みや身の回りのものにこだわりの強いおうし座は、食べ物や着るもの、周りの人に対してもはっきりとした好き嫌いがある人が多いです。

そして、おうし座には頑固な人が多いという側面もあります。

そのため、通常であれば敵を作ってしまうことも考えられますが、おうし座の人は基本的にマイペースで穏やかな人が多いので、仮に厳しいことを伝えたとしても、相手にあまり嫌な気持ちにさせないことが強みだといえるでしょう。

また、あえて口に出したりあからさまに態度に出さないので、気付かれにくいという特徴もあります。

しかし、たとえ見えなかったとしても、内側には好き嫌いがはっきりしている部分があるのは、たしかです。

小さい時から大人っぽい

マイペースでこだわりが強く、穏やかな性格の人が多いおうし座は、幼い頃から大人っぽく見られがちです。

おうし座の人自身は、自分の思うままに行動していたとしても、いつも元気な子よりも自分のペースを持っていて、落ち着いた子のほうが大人っぽく見えるでしょう。

また、安定を求める部分もあるので、無理に自分の意見を通そうとすることも、あまりありません。

さらに、競争を嫌う一面もあるため、おもちゃの取り合いなどになれば、さっと渡してしまうこともあるんだそうです。

そういった面から、小さいときから大人っぽく見られがちなのでしょう。

このような大人っぽさは大人になってからも変わらずにいる人が多いようです。

根にもってずっと恨む


普段は大人っぽいと言われることの多いおうし座ですが、実は過去のことをいつまでも根に持ち、ずっと恨みを抱え続けているという面もあります。

基本がおっとりとしてマイペースなので、怒りを感じる度に一回一回表に出して解決したり、どこかでストレス発散するということはせず、限界になるまで怒りを溜めてしまうタイプが多いんだとか。

そのため、その怒りが限界を迎え、相手のちょっとした言動によって、一気に爆発してしまい、周囲を驚かせます。

「あの時のあの言動もおかしいと思ったし、あの時だってムカついた!」と、今まで溜めてきたものを相手に言いますが、おうし座の怒りの内容は何年にも渡ることもあります。

なかなかそんなに前のことを覚えている人もいないと思います。

相手のその忘れてしまったということさえも、おうし座の怒りは積み重なり、更なる逆鱗を呼んでしまうことも大いにあるそうです。

もし、おうし座の怒りの爆発の矛先になってしまったり、怒りの爆発を目の当たりにしたときには、とりあえず謝ることがおすすめです。

覚えていなくてもまず謝って、おうし座の怒りを静めることを優先しましょう。

人をあまり信用しない

頑固でこだわりが強く、好き嫌いも激しいのがおうし座の特徴です。

そのため、人の言うことをあまり信用しようとしません。

それは、おうし座がコツコツと積み上げてきた実績や自分の考えによって成功した過去があるので、結果的に自分の考え方が一番正しく、周りは周りと判断してしまう面もあるんです。

そういった基本的な性格があるので、周りからのアドバイスや言葉を信用しないという風に言われてしまうんだそうです。

また、おうし座という星座自体、自分の日常生活の安全と平和を守ることを大事にする星座なんだそうで、安全や平和を邪魔しようとされることに、物凄い反抗します。

なので、儲け話などのリスクの高い話には、手を出そうとはしません。

そういった性格から、詐欺にあってしまったり、損を被ってしまう可能性は低いです。

しかし、マイペースで人は人、自分は自分という考えが軸にあるので、普段の話の内容も信用しようとせず、反応も薄いのが特徴です。

ただ、とても真面目でマイペースからくる行動なので、お堅い人に見えることもありますが、分かってあげることが必要かもしれません。

芸術的センスが高い

また、おうし座には愛と美と芸術の星とも言われているほど、センスが多い一面も。

優れた五感の持ち主が多く、表現力にも長けている人が多いんです。

表現力が豊かなことから、小説などの執筆活動で活躍する人もいれば、絵画や音楽、ファッションの分野など、センスが必要とされる場面で、優れた五感の全てを使って、精一杯楽しもうとするところもあります。

さらに中には料理で活躍するという人も牡牛座の人がたくさんいるんだとか。

優れた五感の中でも、舌の感覚を生かして、繊細で美しい料理や飾りつけで、人々を魅了する才能もあります。

また、商業のセンスに長けている人もいるので、貿易関係やバイヤーなどのマーケティングの分野で才能を発揮することも。

そして、その際には冷静でクールな精神面を併せ持っているため、事業を立て直す力もあるのです。

あまり人前には出たがらないマイペースな牡牛座ですが、センスが必要な場面でアドバイスをもらってみると、とても良い案を出してくれるかもしれませんよ。

器用

芸術的なセンスだけでなく、優れた五感から手先が器用なのも特徴です。

そのため、料理の飾り付けなども手が込んでいて繊細なものも得意な人が多いんです。

また、優れたセンスや豊かな表現力を手先の器用さで表現できることも、そういった分野で活躍している人が多い要因かもしれません。

そして、表現力と器用さを武器に、俳優や女優として活躍している人もいます。

それについては、最後におうし座の芸能人を紹介していますので、それを元に特徴をつかむことも手かもしれません。

努力家

自分の信念を持ち、そのためにはコツコツと地道に努力していくことができるタイプです。

また、自分の生活範囲の安全や平和を守るための努力も惜しみません。

こういった特徴は、生活を守るためや信念を貫くためだけではありません。

人との付き合いでも同様の価値観を持っているため、結婚などで誓いを立てれば、忠実に守りますし、家族を大切にしたり守ったりすることにも最大限の努力をします。

そして、意志が固く一度決めたことは守り通そうとする性格の人が多いので、何事においても自分自身に甘くなってしまったり、つい妥協してしまったりすることもほとんどないのです。

このようなコツコツと積み上げていく努力家なところも、誠実で頼りがいのある人間だと思われるのかもしれません。

人をよく観察する

人は人、自分は自分といった考えを持ち、マイペースですが、周りはきちんと見ています。

自分の周りの変化を嫌う性格、安全や平和を守るための努力を惜しまない性格なので、その分周りをよく観察し、誰がどんなことを考えているのか、行動しているのかを見極めます。

そして、人をよく観察するからこそ、様々な怒りを溜め込み、一気に爆発してしまうといった面も。

周りの空気や雰囲気に自然と溶け込み、悪目立ちしてしまわずにいられることも、牡牛座の強みです。

細かいことを気にする

こだわりが強く、頑固者のおうし座は人が気にしないような細かいことに、物凄くこだわりをもっていて、気にすることがあります。

自分のルールや信念に少しでも逸れてしまうと、気になって仕方なくなってしまうのです。

しかし、人は人、自分は自分と考えられたり、空気を読むことにも優れているので、最悪自分だけ逸れずに守ればいいと思っている部分もあるかもしれません。

また、おうし座の人はセンスが良かったりする特徴もあるので、基本的には思うような結果を得られることのほうが多いようです。

完璧主義

妥協することができないのは、おうし座の良い点であり、悪い点でもあるかもしれません。

自分の考えによって動いていて、自分に対しての妥協や甘い部分がないため、完璧主義だと思われがちです。

しかし、おうし座の人にとってはそれが普通のこと。

自分の生活空間を過ごしやすく保つために、ただしていることなので、本人は苦労しているという気はありません。

努力家でマイペース、我慢強い特徴もあるからこそ、完璧主義でも人当たりが良く、嫌な気持ちになる人が少ないといえるでしょう。

人への気配りが細かい

周りをよく見ているので、気配り上手な人が多いのもおうし座の特徴だといえます。

また、完璧主義な面から細かいところにまで気を配れるので、おうし座の人は「あなたがいると助かる。」と言われる機会も多いのかもしれません。

そのため、上司や先輩、年上から可愛がられる場面も多いのでは?

そして、気配り上手な人は異性からも人気がありますよね。

なので、おうし座の人には、男女関係なくモテるといった羨ましい面もあります。

しかし、こだわりが強く、好き嫌いも激しいので、簡単に流されてしまうことなく、自分の目でじっくり納得いくまで見極める力も兼ね備えているんだとか。

ネガティブになりがち

怒りを溜め込む特徴があるので、そのときの言動で自分が悪かった点などを見つけてしまうと、ネガティブになってしまうこともあります。

しかし、そのネガティブ要素のほとんどが、相手はさほど気にしていないことであったりもします。

ただ、それを直接伝えることもあまりないため、自分の中で悶々とネガティブに陥り、ずっと後悔を繰り返してしまったりするんだとか。

基本的な性格は、周りをよく見るマイペースで空気を読むことも得意な人が多いので、様々なことでネガティブになってしまうことはなく、一つのことをネチネチと気にして、ネガティブから脱することができないようです。