過去に体験したという記憶があいまいながらも確実に体験したことがあるという感覚に襲われることをデジャブと言います。

皆さんの中で、初めて訪れる土地なのに、ここ前に来たことがある!初めて体験することなのに、前にも体験したことがあると言った感覚を体験したことはないでしょうか?

おそらくあるという方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

近年、このデジャブを体験される方が増えてきていると言われています。

物が便利になって昔よりも現実感を感じることが多くなったように思える世の中ですが、実はスピリチュアルな体験も年々増加傾向にあり、最近ではその要因もあって自己啓発の本の売れ行きが上がっています。

しかし、いざデジャブとは?と聞かれた時に具体的に答えれられる人は少ないのが現状です。

起こるとは言われているものの、感覚的なものなので、人ぞれぞれによって違いがあり、また、抽象的なものなので、絶対的な定義ができないのです。

過去にフロイトなどの心理学者も研究に励んだほどと言われているほど、未だに謎に満ちている現象と言えるでしょう。

それゆえに何かの前触れでは?などの不吉なことに捉えてしまう人もいらっしゃるほどです。

そこで今回こちらの記事では、このデジャブについていろいろと情報をまとめましたので、ぜひ、改めてデジャブを知っていただければと思います。

言葉は知っているという方が多いと思いますので、ぜひ、この記事を参考にデジャブについて詳しくなっていただけましたら幸いです。

では、ぜひ、じっくりどうぞ!

体験したことある?デジャブの現象

友人や知人など複数にデジャブを体験したことがあるかと問うと、たいてい一人ぐらいは体験したことがあると答えると思います。

それだけデジャブは日常茶飯事的に起きている現象とも言えます。

しかし、絶対的な定義がないので、実は起きていても気づいていない人もいらっしゃるのです。

また、体験したことがあるという錯覚故に、正夢や予知夢と勘違いされる方もいらっしゃいます。

正夢や予知夢もほぼ似たような感じのことなのですが、これは見てから起きてはっと気づくことであって、デジャブは起きた時に前にも似たようなことがと言った感じの感覚に襲われるのです。

つまり、記憶にはないけど、初めてではないと言った難しい感覚なのです。

これは言葉で説明しても、ではどのような感覚なのか?

もしくはどのような感じ方なのかというのを具体的に表すことができないのです。

おそらく体験したことがあると言う方も、その時にどのように感じたのかなどを説明しても曖昧な感じかもしくは抽象的な表現が多くなってしまう可能性が非常に高いのです。

このようにデジャブは実際に体験している人は多くいますが、それが何なのか?という部分までは確信に至っていないのです。

故にどういったものと言った感じに絶対的に定義出来ないのです。

デジャブって何?


そもそもデジャブとは言いますと、日本語では既視感と言われていて、デジャブと言う言葉事態はフランス語になります。

フランスの心理学者がアメリカのシカゴ大学での研究所にそのワードで記されています。

初めてのことなのに初めてでない感覚であり、一見するとただの物忘れでないかと言われることもありますが、このデジャブを起こす感覚の神経が、物忘れや夢などの神経と違った道から伝わってくると言われているので、物忘れなどではないと言われています。

感覚的には初めてのことでも、確実に体験したことがあるという感覚なので、凄く不思議な感覚に襲われるのです。

原因は様々ですが、心理学者のフロイト曰く、無意識のうちに見たもの体験したものは記憶では残らなくても無意識で残るために、デジャブの感覚を引き起こすのではないかと言われています。

また、最近では潜在意識の働きが強すぎることから引き起こしているのではないかと言われています。

つまり、普段何気なく口にしていることや無意識に考えてしまうことに潜在意識が反応して、そのようなことを口にする場面や無意識に考えてしまう場面を引き起こしている。

所謂、引き寄せの法則ではないかとも言われています。

現在でも研究が進行している事柄であるので、どれが絶対とは言えませんが、心理的な側面が影響していることが予想はできますね。

デジャブの起源はフランス

デジャブはフランス語と言いましたが、起源もフランスで、フランスの心理学者でもある「エミール・ブワラック」が提唱したものであり、和訳すると「すでに見たもの」という意味であります。

研究から一貫しているのが年齢を重ねるごとにデジャブを体験する数が減っていると言うことです。

特にデジャブが盛んなのは、15~25歳です。

理由はわかりませんがこの時期に多いらしいです。

日本に目を向けると、15歳は感情の起伏が一番激しい時期であり、また、25歳あたりだと働きだして悩む時期でもあるので、もしかしたらそれが影響しているのかもしれませんね。

しかし、絶対的にまとめることができないのでなんとも言えませんが、まだ未完成の時に起こりやすい感じがします。

また、最近では前世の記憶を持ったまま生まれてくる人が多いと言われている世の中です。

もしかしたら、前世の記憶がデジャブを起こす原因になっているのかもしれません。

よく、体は変わっても魂は変わらないと言われることもあるので、もしかしたらこの部分がデジャブに大きく影響を及ぼしているのかもしれませんよ。

デジャブは3パターン

それでは多くの方が体験したことがあるというデジャブについてですが、最も多い体験談をまとめてみましたので、それに基づいて説明していきたいと思います。

大きくピックアップして3個ありますので、ぜひ、じっくりお読みになっていただけましたらと思います。

もしかしたら、知らない所でデジャブを体験をしていたなんてこともあるかもしれませんよ。

たとえ体験していたとしてもデジャブは悪いことではありません。

これまでになかった神秘的なことなので、不吉と思ってしまう方が多いだけです。

要は捉え方の問題です。

デジャブが起きてもあなたがしっかりポジティブに捉えることができたら、デジャブは不吉なものでも何でもありません。

人間は不思議なことに起きたことをマイナス的な感じに話してしまう癖が自然と身についてしまっているのです。

これはテレビや雑誌などのメディアの影響でもあります。

しかし、それを克服するのも自分次第です。

まずは、デジャブのパターンについて理解していきましょう。

前世での体験

先ほどの文章でも説明したように生命は輪廻転生すると言われていて、人間から人間に生まれ変わることもできると言われています。

体は死んでも魂は死なずと言った感じです。

そのため、以前は前世の記憶なども消して生まれ変わって来ていた人たちが多かったのですが、最近では前世の記憶を持ったまま生まれ変わってくる人が増えてきていると言われています。

生まれる前から母親の顔を見ていたと言う人もいらっしゃるほどです。

しかし、ほとんどの方は年齢を重ねるごとに前世の記憶を失っていくようです。

その代わりに新しい記憶を入れていくようなので…しかし、自分でわからなくても前世の記憶を持ったまま生まれてきた人が現実で何かを体験した時に、前にも体験したことがあるという感覚に襲われるのがもしかしたら、この前世の記憶が原因ではないかとも言われています。

自分では思い返せなくても、潜在意識や無意識の中に前世の記憶がしっかり入っているケースがあるらしく、そのことがデジャブの体験になってしまうと言われています。

予知夢

先に起こることを予見して夢で見させてくれることを予知夢と言いますが、この主な原因が潜在意識ないし無意識と言われています。

また、起きた時にあの時の夢だと言った感じに正夢に似たような感覚になることで有名です。

では、デジャブとどう関係しているのかと言いますと、デジャブは起きた時に体験したことがあるという感覚に襲われるのですが、予知夢は夢の中でもかなり現実感のあるような感覚に襲われるために、目が覚めた時に今のはもしかして予知夢と言った感じに捉えることが起きるのです。

しかし、その後にそれが起きるかどうかはわからないので、ほとんどの人は、忘れてしまうことが多いのです。

ただ、忘れても潜在意識ないし、無意識には確実に残っているので、それを引き起こしてしまう危険性が高いのです。

つまり、デジャブとして起きた時には予知夢だったと気づけば予知夢で処理されますが、気づかないとデジャブの感覚になってしまうのです。

物忘れのような感じではありますが、夢は虚像のようなものなので、現実的な物のような感覚で覚えておくことが難しいのです。

故に、デジャブになってしまう可能性が高いのです。

トラウマ

過去に体験したことを引きずって前に踏み出せない。

それが原因で今の自分になってしまっているなどの心の傷のことをトラウマと言います。

最近ではこのトラウマが日常的な感じで使われ始めているのが気になります。

ひとえに心の問題などに注目が行っているとも言えますが、ほとんどはただの言い訳材料にしているケースが多いです。

特に嫌なことが起きる度にトラウマだ。

とか、先へ進めない言い訳をトラウマと言ったりしている若い人々が多いです。

これは、心の問題であるがゆえに、トラウマと言うと、それ以上に相手が自分へ入ってこないと思って壁を作っているのです。

では、このトラウマとデジャブですが、どう関係しているのかと言いますと、トラウマは過去の体験を引っ張ります。

何か嫌なことが起きれば、ほとんどをトラウマを原因にしてしまうのです。

しかし、この時に過去とつながりがなくてもトラウマにしてしまうケースもあってそれがデジャブと同じような感じになっています。

要は初めての体験ではない。

それはトラウマによってそのような感覚になっているだけで、それがデジャブになってしまっているのです。

過去に引っ張られている人に多いデジャブのパターンです。

デジャブが起きる原因

ここまでなんとなくデジャブに関して理解ができたと思いますが、では、実際なぜデジャブが起こるのかと言いますと、具体的な定義や絶対的な定義がありません。

しかし、体験した人の経験談から統計的に見るとある程度原因が分けられることがあります。

そこでここからはデジャブが起きる原因について説明していきたいと思います。

大きくピックアップして8個ありますので、しっかり理解しましょう!もしかしたらその原因が既にあなたに起きているかもしれませんよ。

また、いきなりすべてを理解しようとは思わないでください。

すべてを理解するのが難しいです。

まずはあなたにとって身近なもの、もしくは読んでいてビビット来たものなどから理解するようにしましょう。

原因が分かればデジャブにおびえる必要はありません。

また、西欧人はデジャブを神秘的な物と捉えているので起きると幸運だと思うそうですよ。

ぜひ、私たちもそのような感じになりましょう。

人間の脳が起こす錯覚


人間の脳は人間が思っている以上に発達していて、時には理解不能なことを起こすとも言われています。

特に顕著なのが幽霊などの心霊現象です。

同じ場所で見た見ないなどのことが起きるのは実は脳の働きによるものではないかと言われています。

見たと言う人は脳に幽霊が見えるという考えと実際に見えた時の絵を想像しているので、脳に何かしらのショックが行くと実際に見えてしまうと言われています。

ただ、これは、脳に刺激が行ったことで目の前に想像していた絵を起こしたと言われています。

所謂電気ショックなどでこのようなことが起きると言われています。

では、デジャブはと言うと、脳の片隅に無意識的な感じで残されている考えなどが大きくなって脳に刺激を受けた時に起こると言われています。

要は目の前で起きたことが脳では前にも体験したという感覚の信号を送ってしまうのです。

つまり、体験したことがなくても想像する頻度が高いと脳に残って、あたかも体験したかのような感覚の信号を送ってしまい、デジャブになってしまうと言われています。

日常的なことを想像してばかりいると、デジャブが起こりやすいとも言われています。

予知夢

見た後に起こる夢を予知夢と言いますが、この場合見た夢が凄く現実感のあるものの場合にご自身で予知夢と思わないといけないのです。

そこで予知夢と思わずに後になって起きた時に気づいた時は正夢になってしまうのです。

では、なぜそのような夢を見させられるかと言いますと、これも潜在意識ないし、無意識が働いているという結果になります。

潜在意識はあなたが思ったことや口にしたことを記憶しています。

その頻度が高いと、そのような考え方や言葉を口にしてしまう場面を引き起こしてしまうと言われています。

また、無意識は自分が知らないと所で見た聞いた体験したことを知らないまま記憶してしまっていることになるので、自分で記憶を掘り下げても気づかないのです。

しかし、脳はしっかり覚えているので、その集合体が夢に影響を与えて夢で見てしまうと言ったことを起こすそうです。

予知夢は凄く現実感があるので、予知夢だと思うことができますが、いつ起きるかは予測できません。

つまり、忘れた頃に起きて、デジャブの感覚になってしまうことがあるのです。

人間の両目による認知の差

人間は目で見たものをしっかり記憶する能力はありますが、それは見たものだけを記憶するのであって、実際には自分で考えているものやことにしか目が行かないのです。

ここで両目による視野の範囲に入っている物が100個あったとしても実際に記憶として認知されているものはかなり少ないと言われています。

しかし、脳や無意識にはしっかり記憶されているので、その記憶が後に起きたとした時にデジャブのような感覚に襲われてしまうのです。

視力が悪いから見える範囲が狭いと言っても範囲の中で捉えている物は視野が広い人よりも多くある可能性があります。

つまり、デジャブを引き起こすケースが多い人は視野の広さは関係なく、物をどれだけ見ているかが影響されます。

自分の考えにこだわって見ている人は、捉えているものの数が少ないので、デジャブを起こす確率が高いと言われています。

なぜなら、無意識や脳に残っている記憶が多いからです。

その分、ご自身の記憶が少ないのでそうなってしまっているのです。

思い込み

思いこみは良くないと言いますが、それは大きく影響するからです。

よく、思い込みをすると決めつけになってしまい周囲の意見を拾えなくなるからということでマイナス的な感じに捉える人はいますが、実際はそうではなく、思い込みをする人は気持ちの力が強いので、思いこむだけでそれを現実に引き起こしてしまうパワーがあるからです。

特に保守的な人はそのような人を好みません。

なぜなら自分の地位を揺らぐ存在になってしまう危険性があるからです。

では、思い込みからデジャブに行ってしまうのはと言うと、思いこむだけで脳や無意識、そして潜在意識にも記憶されるのでその思いが強いことで現実に引き起こすので、体験したことがなくてもしっかり記憶に残っていることで、あたかも体験したような感覚になってしまうのです。

最近ではこの現象を先に未来を経験させたといい、ワープの現象に似ていると言います。

ワープは先に思いを伝達して物体を移動させると言われているため、そのように捉えられています。

脳の混乱

人間の脳は無数の記憶が固まっていると言われています。

つまり、情報などは循環するものと言われているので、いつまでも脳に記憶を残してると腐ってしまうのです。

とはいえ、自分自身でも思い返すことができない記憶はずっと脳に残ってしまいます。

そこで脳はそのような記憶を排除するために、現実に引き起こして思い出させて、脳から処理しようという働きを起こすと言われています。

これがデジャブになってしまっているとも言われています。

ある意味、いつまでも古い記憶を残したままでいると脳がショートしてしまい、無理にでも現実に引き起こそうとするらしいので、デジャブが活発になる時期があると言う人もいます。

特に15~25歳に起きるのも様々な情報が行き交う時期でもあるので、インプットアウトプットを活発にしないと脳が飽和状態になってデジャブを起こして脳を整理しようと混乱することがあると言われています。

これが詰め込み世代の悪しき例と言われる原因にもなったと言われています。

無意識の記憶

先ほど何度も出てきている無意識と言うワードですが、これがデジャブと大きく関係していると説いたのが心理学者のフロイトです。

フロイトはデジャブの原因を無意識にあるのではないかと説いています。

無意識の記憶はご自身で思い起こすことができないので、実際にその記憶のことが現実に起きた時に「初めてではない」という感覚になるのは無意識だからと言われています。

つまり、意識していなくても人間は無意識で多くのことを記憶していると言われています。

その記憶を循環させるためにも現実引き起こしてデジャブのような体験をしてその記憶を排除させて飽和状態を解除しようとすると言われています。

つまり、デジャブは私たちの無意識の記憶が原因になってしまっているケースも考えられるのです。

無意識の記憶と言われても抽象的な感じなので、どうなのかと思いますが、人間は視野の中で見ていないものでもしっかり記憶されるらしいです。

脳の記憶エラー

これは前文の無意識や潜在意識が大きく影響しているのですが、要は飽和状態になっているので記エラーが生じてしまうことがあるのです。

実際には体験していなくても脳が記憶で溢れてしまったために実際に体験した物と認識してその感覚を信号として送ってしまっていると言われています。

つまり、脳の働きが鈍くなったり、限界が生じると記憶エラーを起こして、それがデジャブに繋がってしまうのです。

特に若い時は新しい体験が多いので、次から次へと新しい記憶が挿入されるので脳がマヒしてしまうことがあるのです。

年齢を重ねるにつれデジャブが減るのはこのことが影響しているのではないでしょうか?

また、若い時は新しいものに触れることを好みましたが、年齢を重ねると変に悟ったようになって、新しい物を拒むことがあるので、脳も飽和状態にならないと言われています。

睡眠障害

睡眠をしっかり取らないと現実の世界でも居心地が悪くなってしまいます。

酷い場合は、夢か現実かわからなくなってしまうことがあります。

そうなった時に起きるのが、デジャブです。

現実起きたこと初めてのことが夢のような感覚であり、またかと言った感じに捉えてしまいます。

また、睡眠障害は脳を休めていないので、脳が正常に働いていない危険性が非常に高いです。

さらに体も休まっていないので、心身ともにおかしくなってしまうとも言われています。

体のサイクルが崩れるので幻聴などを見てしまうなどと言ったこともあるようです。

また、その幻聴がデジャブになってしまうと言うこともあります。

要はそのようにしておかしいなと思わせて、しっかり睡眠をとってもらうようにしないといけないと脳や体が働くようです。

このようなことがあるから、デジャブをネガティブに捉えてしまうらしいです。

デジャブが起きやすい人の特徴5つ

デジャブが起きる原因はいかがでしたでしょうか?

もしくは既にその予兆があると言った方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、そもそもそのような原因を引き起こしてしまう理由があると思います。

つまりはデジャブが起きやすい特徴があると考えられています。

ここからはデジャブが起きやすいと人の特徴を説明していきます。

大きくピックアップして5個ありますので、気になるものから理解していきましょう!もしかしたら既に特徴が備わっていると言う人もいらっしゃるかもしれませんね。

15~25歳の若者

主にデジャブが起きやすい年代がこの15~25歳と言われています。

なぜこの時期に多いのかと言うと、予想としては、まず新しいことに触れる機会が多い時期なので、何でも記憶してしまって脳が飽和状態になりやすい時期だからと言われています。

また、記憶だけでなく、人付き合いや環境の変化などいろいろと体験する時期でもあるためにいろいろと影響を受けやすいために無意識や潜在意識も働いてしまい、そのためにデジャブを引き起こすと言われています。

強いストレスを受けている人

ストレスが溜まる人はそれをなくそうと体と心が働くので、デジャブの体験を引き越して嫌な記憶を消したり、忘れさせるようにします。

また、デジャブのような体験をさせることでストレスの原因となる考えから遠ざけようとするのです。

ストレスは体や心にかなりの悪影響を及ぼすものなので、それをなくすために脳が働いてしまうと考えられています。

デジャブが増えてきている時は、もしかしたらストレスが溜まっているのかもしれませんよ。

行動範囲が広い人

行動が範囲が広い人は見ている物が多いので、自然と無意識の記憶が増えていきます。

よって、デジャブを引き起こしやすいと言われています。

しかし、これは前文のストレスと違い、脳が記憶の整理をしていると言うことになります。

要はこの人は行動範囲が広いから脳が飽和状態だとストレスを溜めこんでしまうと認識して、なるべく飽和状態にさせないように働くのでデジャブが起きると言われています。

このようなタイプの人は、デジャブが起きるとワクワクするそうですよ。

旅行好き

旅行が好きな人は旅先でもデジャブを起こすことがあるらしいです。

要は行ってみたいという思いが強すぎて脳や無意識、潜在意識が働いてデジャブを引き起こすと言われています。

また、旅行をすることで視界に入るものが旅行しない人よりも数が多いので、そのことが原因でデジャブを体験するのではないかと言われています。

要は行動の数が多いだけでデジャブの数に比例すると言われます。

年齢を重ねてデジャブが減るのは、実は行動の数が減るからではないかと言われています。

統合失調症の初期症状の可能性も

精神障害の1つである統合失調症は症状によってはデジャブと関係しているのではないかとも言われています。

そもそも統合失調症は精神や思考のバランスが保つことができなくて起きる症状で、外から見ると異常者のように見えます。

薬を多用したり、常に何かに脅えているような感じもするので、他者と付き合うのが難しいと言われています。

しかし、それがデジャブを起こしやすいかと言うと、厳密は絶対とは言えません。

考えられることとしては、何かを体験した時に酷く怯えるのは体験したことないのに、初めての感覚に襲われないからおびえてしまうと言われています。

つまり、デジャブの感覚に耐えきれないのです。

それが酷い場合に統合失調症に影響するのではないかと言われているのです。

精神的・肉体的な疲労を感じやすい人

精神的にも肉体的にも疲労を感じやすい人はデジャブを引き起こすと言われています。

これは拾うが溜まりすぎて無気力になってしまい、脳が働いていない状態になってしまっている可能性が高いので、デジャブを引き起こすことで脳の働きを目覚めさせようとするのです。

働きすぎは良くないと言うのは、心も体もわかっているようです。

デジャブが起こった時の対処法

デジャブが起きやすい人の特徴がわかったので、ここからはデジャブが起きた時にどう対処すれば良いのかを説明していきます。

デジャブを不吉な物と考えている人は多いですが、そうではありません。

要はあなたの気持ちの持ちようです。

つまり、デジャブでおびえる必要はないのです。

しっかりデジャブと向き合うために対象法を理解しましょう。

頻繁に起こるなら医療機関で診てもらう

あまりにも頻繁に起こるようであるのならば、専門の医療機関に診てもらうことをおススメします。

悪いものではないと言っても起きる頻度が多いと落ち着かないと言う方もいらっしゃいますので、それで体調を崩しても意味がありません。

もしかしたら、疲労やストレスが原因になっている可能性もありますので、ここは素直に医師を頼りましょう。

ゆっくりと休む

休憩をしてリフレッシュすることをおススメします。

要はくどいくらいにデジャブが起きると言うのは、休めとサインを送っている可能性もあります。

心と体はあなた以上にあなたの体のことを分かっています。

たまにはすべてを忘れてリフレッシュしましょう。

デジャブは病気ではない?!

デジャブを病気と思っている方はいらっしゃいますが、病気ではありません。

デジャブは抽象的なものなので、病気にしてしまうのは危険です。

要は記憶の整理や無意識の働きが大きく影響しているだけです。

デジャブが起きた時に病気と思うと余計に悪化してしまいます。

病気と考えるのは辞めましょう。

デジャブの原因、解決できた?(まとめ)

デジャブに関する情報はいかがでしたでしょうか?お役に立ちましたでしょうか?

間違ってもデジャブはマイナスなものではありません。

起きた時には原因や理由がしっかりあります。

まずはそこを考えるようにしましょう。