男性のみなさん、彼女さんがいるとしたら彼女さんとのお付き合いはうまくいっていますか?

もしかしたら、うまくやっていきたいのになかなかうまくいかない人もいるかもしれません。

ただ、それは必ずしも彼氏である皆さんのせいではない可能性も非常に高いです。

自分としてはうまくやりたいと思っているのに、彼女の求めているハードルが非常に高いと感じたり、接する距離感の違いからしんどい思いしてる可能性も高いのです。

その熱量が同じであれば全く苦痛ではないのだけれど、彼女の方が思いの比重が高いと言うことになると、皆さんも負担に感じていくことでしょう。

では、彼女が重いと感じたとしたらどのように接していったらいいのかを、今回は取り上げていきます。

彼女が重いと感じた事ありませんか?

前の項で彼女のことがしんどく思うと言うことがないかと言うお話をしましたが、このような言い方をすると非常にしっくりとくるのではないのでしょうか?

「彼女が重いと感じた事はありませんか?」

重いと言うと、非常にしっくりきますよね。

彼女の方が、愛情豊かで色々と構いたがるけれど、自分がそれについていけずしんどいというものです。

これは、感性の問題ですのでどちらが悪いと言うわけでは無いのですが、できれば彼女との適切な距離間を築いていきたいと思いますよね。

いろいろな人がいるので一概には言えませんが、その重いと感じる行動について、改善してもらう方法はなきにしもあらずです。

その方法などを含めて色々と見ていきましょう。

多くの男性は距離が近過ぎるのを嫌う


男性と女性と一口で区切ってもいろいろな人がいますので、もちろん一概には言えません。

ですが、男性は基本的にものに興味がいく傾向にあり、女性は人に興味がいく傾向にあります。

例えば、著者は子育てをしていますが、小さい子を見ているとそれは顕著に現れます。

電車などを喜んで見に見に行くのは圧倒的に男の子が多いです。

それに対し女の子は見向きもしない子が多いですよね。

それに対し、女の子は小さい赤ちゃんに興味があり赤ちゃんがいたら喜んで見に行く子が多いです。

でも男の子はそこまで小さい子に興味がない子も多いです。

このように、興味を持つ対象は男女で違いがあります。

それは、成長したからといってそこまで大きく変わるものではありません。

女性は人に興味を持つ傾向に高いので、もし恋人ができればその恋人に興味を全て持っていかれるような人が多いのです。

ですので、女性は友情とそのような恋人関係の付き合いのバランスがうまく取れない人が多いのも特徴です。

それに対し男性は誰にでも適切に距離感を持って付き合うことができる人が多いです。

ですので、その差で男性は女性のそのかまいすぎるような距離感をうっとうしく感じるというような差が生まれてくる傾向にあるのです。

窮屈さを感じだんだん嫌になる

付き合い始めの時、非常にラブラブな時はそこまで感じない人も多いようです。

ですが、だんだんとそのような感情も落ち着いてきた頃に、だんだんと彼女の距離感が近すぎるように感じて、だんだんと窮屈さを感じてくる事もよく見受けられる傾向にあります。

そして、彼が離れていくということでますます危機感を募らせていた彼女がさらに距離を詰めてくるというような悪循環を生む一面があります。

もしかしたら、そのように距離感を感じたことにより浮気を疑われ、色々と束縛が厳しくなることもあるのではないのでしょうか?

では、次の項では重いと感じる女性の特徴を見ていきましょう。

もしかしたら彼女のことが重いと感じ始めている皆さんがそう思うのは下記のような理由があるからかもしれません。

「重いな…」と思う女性の14個の特徴

著者は女性ですので、こんな事でも重いと感じられてしまうのかと少々驚いたところがあります。

ですので、女性陣は良かれと思って無意識のうちにやっていることもあるのかもしれませんね。

そして、男性陣は、こんなに色々とやってくれてるのになんだかしんどく感じて申し訳がないと思っている人もいるのかもしれません。

ですが、やはり男性はそのように感じるのはある意味自然なことなのかもしれませんね。

では、重いなと感じる女性の14個の特徴を見ていきましょう。

1、連絡を頻繁にしてくる

恋人関係ですので、連絡がないのは考えものです。

それは自然消滅を狙っていると思われても仕方がないところがあります。

でも、その連絡の頻度も考えもので、あまりにも心頻繁だと彼も負担に感じ始めてくるところがあります。

なんというか、見張られているような気がすると感じる人もいるようですね。

もし、その連絡の頻度が多くしんどく感じているのであれば、彼女のタイプにもよりますが言えばわかるタイプな人だったら、素直に頻度を減らしてほしいと言ってみるのもありかもしれません。

ですが、そこで「浮気してるんじゃないか?」と言われたり泣かれるようだと少々しんどいところがありますよね。

そのような時は、「忙しくてあまり返信ができない」とか「連絡ができない」と言い、LINEであれば、時折既読スルーを用いても良いのではないのでしょうか?

忙しいと言うことを言っておけば、浮気を疑われると言う心配も減る可能性があります。

ただ、疑い深い人だと、そこでまた疑惑を強めてしまうかも知れませんね…。

2、世話焼き好き

女性は人に興味がある人が多いので、やはり世話焼きな人が多いです。

確かに、それが良い方向に行く時は良いのですが、あまりにも世話を焼きすぎ距離感が近すぎるように感じると考えものです。

それぐらい自分でできるのにと思ってしまうところもあるかもしれません。

いろいろと調べていくと、世話焼きな女性は付き合いはじめは非常に良いのですが、だんだんとお母さんのように見られてしまうというところがあるようです。

ですので女性陣の皆さん、世話好きな人は、ほどほどにしておきましょう。

3、頼んでないのに家事をする


家事をするという行為自体は悪くありません。

そもそも全く家事ができないと言うのも考えものですので、女性陣の皆さんも家事をすること自体を問題視しているのではないと言うことを理解しましょう。

それでなぜ重いと言われてしまうのかと言うと、「頼んでもいないのに」と言うのが大きなところです。

先程の世話好きにも当たるのでしょうが、男性陣に頼まれて家事をするのならまだしも頼んでもいないのに家事をするということになると、世話を焼かれている感が出てきて重く感じるところがあるようです。

4、LINE等の返信を催促してくる

世話好きとか頼んでいないのに家事をするのは、まだやってあげたい気持ちがあるからこそというのがあり、そこまで感じが悪くは思えない人も多いのではないのでしょうか?

実際に、彼女が世話焼きなところが重荷になって別れた人は、後悔しているという人も多いようです。

ですがLINEなどの返信を催促してくる彼女だと、だんだんとこちらの都合あまり考えてくれていないように見えて重荷に感じてくるようです。

やはり、そのようなメールの返信やLINEの返信等は、その人のペースがあります。

著者も、どちらかと言うとLINEやメールの返事は遅い方です。

それは何故かと言うと、その人のことがあまり関心がないわけではなく、文章にすると普通に言葉にするより冷たく感じるように思うことがあるので、やはり言葉選びに慎重になるからです。

実際に文章を書いて、本当にこれで大丈夫かを後で読み返すことで返信が遅くなるところがあります。

そのようなところに催促があると、だんだんと重荷になるというのは女性の著者でも理解できます。

5、高価なプレゼントを贈る

高価なプレゼントくれるんだったらいいじゃないかと思ってしまうかもしれませんが、やはり、大抵の人はその高価なプレゼントの裏にある思惑を感じ重く感じてしまうところがあるようです。

やはり、恋人関係はもちろんのこといろいろな関係を見ていても、お金を払ったり何か負担している側の方がおのずと立場が強くなってきます。

具体例を挙げると、著者のママ友の中に経済的に苦しくご主人のご家族と同居しているご家庭がありました。

食費なども色々と負担してもらっていたようです。

やはり、どんなにそのママさんが気が強い人であっても、お金を払ってもらっていると言う立場上反論できないこともあり、円形脱毛症が見られるほどにストレスを溜めていました。

そのような関係は、恋人関係でも見られることがあります。

高価なプレゼントを送ってもらっているのだから、これぐらいの事はやってほしいと思っていたり、彼女のほうの発言権が強くなるところはあるのではないのでしょうか?

そのようなところが、重く感じる要因の1つなのかもしれません。

6、忙しいと言っても会いたがる

こちらも、都合を押し付けられているようで、彼女が重く感じてしまう要因の1つです。

ちょっと距離感が近く言えば分かるタイプであれば「忙しいからごめんね。」と言えば納得してくれるところがあります。

でも、厄介なのが忙しいといっても会いたがる彼女のことです。

このような人だと、どのように対処したらいいかというのは女性である著者も悩むところです。

同性でも難しいのだから、異性だとなおさらでしょう。

やはり忙しいことを説明した上で「忙しいから会えないけど、気持ちが離れているわけではない」ことをこんこんと説得するしかないのかもしれませんね。

7、愛情確認が頻繁

やはり恋人同士ですので愛情表現がしっかりとあるのは嬉しいことです。

ですが、この愛情表現や愛情確認が頻繁だとだんだんと重くなってきます。

なんだか信頼されていないように思ってしまうところがあるのです。

ですので、そのような愛情確認が頻繁な状態だとしたら、もしかしたら皆さんの態度に「もしかしたら自分は愛されていないのではないか」と不安に感じているところがあるのかもしれません。

もしそうだったら、しっかりと言葉で愛情を伝えてあげて、本当にそう思っているから信頼してほしい!と強く気持ちを言ってみるのも良いのかもしれません。

ちょっと照れくさいかもしれませんが、そういうことで愛情確認の頻繁さは減るかもしれませんよ。

8、結婚の話ばかりする

女性としては、大好きな彼とずっと一緒にいたいから結婚したいと思うのは当然のことです。

ですが、結婚の話ばかりとなると考えものです。

確かに、彼が好きだから一緒にいたい気持ちで結婚のことを言うのかもしれませんが、なんだかそれを強制されているとなるとだんだんとしんどくなってくるのは女性の著者でも納得のいくところです。

ともすれば中には専業主婦になり、働かずに生活したいのがミエミエな人だと、だんだんと自分が金づるになってしまったかのような感じになりますよね。

ですので、ゆくゆくは結婚をと考えているのであれば、「きちんと結婚について考えているからそんなに頻繁にその話ばかりしないでくれ。」と言ってみるのも良いかもしれません。

9、異常に記念日に拘る

女性は記念日が好きな人が多いです。(ちなみに著者は女性だけど記念日には興味がありません…。)

そのような点から著者はどちらかと言うと、世の男性よりな考えかもしれませんが、記念日は少しぐらいだったらまだしも、こだわり過ぎるとだんだんと重くなってきます。

例えば中には初めて手をつないだ日とか初めてデートした日と言うような細やかな記念日までにもこだわる人がいます。

それを、言葉に出して言うのであればまだしも、「今日は何の日だと思う?」と聞き、答えられないと怒るようなことがあると男性もだんだんとその女性が重く感じられるようになってきます。

10、自分の考えを言わない

やはり、付き合っていくにあたっても、色々と自分の考えを言い合うところはあります。

ですが、その自分の考えを言わないのも困りものです。

著者も、若い頃そのような点では覚えがあります。

否定されて続けて育っているとと自分の考えをなかなか言えなくなるところはあります。

ですので、そのような女性になってしまった過程を実際に体験しているので、なかなかいいにくいところがありますが、やはり、そのようなところは付き合っていく上では男性は困ってしまいますよね。

もしできれば、どんな考えでも言ってくれれば良いと言う寛大な態度を持って接してくれたら非常にありがたいです。

そうすることでだんだんと自分の考えを言えるようになっていくかもしれませんね。

11、過剰な嫉妬をする

やはり、恋人ですので少々の嫉妬あります。

ただその嫉妬も過剰になりすぎるとだんだんと辛くなってくるところがあります。

とあるドラマで見たことがあるのですが、精神疾患を疑われるほどに嫉妬深い奥さんがいて、当初は全く問題のない家庭だったのに、だんだんと他の心優しい女性に心を奪われていく過程が再現されたドラマがあり、過剰な嫉妬はこのように本当に家庭が壊れてしまうのだと実感したところがありました。

著者は女性ですので、どちらかと言うと女性の目線から見てしまうところがありますが、その時は「さすがにこの女性はひど過ぎる!そりゃ男性も浮気するかもね。」と思ってしまったものです。

確かに、浮気はよくないのかもしれません。

だけど、だんだんとそのように縛り続けることによって、だんだんと外に癒しを求めてしまうところがあるのかなと思います。

12、勝手にスマホを見る

スマホと言うのは、著者は女性ではあるけれど、特にやましいものを見ていなくても勝手にスマホを見られると気恥ずかしいものです。

やはり、中には、そこまで良い趣味とは言えないのかなと思うようなものを除き見てしまう時もあります。

著者の話で言うと、ついつい炎上している掲示板は見てしまいますね^^;。

このように、特に疚しくなくても気恥ずかしいのはあります。

それは男性でも一緒なのではないのでしょうか?

だけど、それを勝手に見られると言うと、プライバシーを侵害されているような感じがして、たとえ恋人同士であってもかなり嫌なものがあります。

13、束縛が激しい

そして、このスマホの事にも通じるものがありますが、束縛が激しいとだんだんと重く感じ、その女性から逃れたくなるものです。

先ほども触れたように、ドラマでも束縛の激しい妻から逃げる夫と言うドラマがありました。

やはり、「離れたくない!」と思うがあまりにひどく執着することにより、逆に離れてしまうという現象が多々あるのです。

著者は、子育て経験がありますが、やはりそれは親子関係でも言えることで、下の子がとにかく母親である著者に執着する子でした。

やはり、しつこく来られるともう離れて欲しい!と思ってしまう事はあります。

やはり子供なので可愛いのですが、ずっと一緒でずっとべったりとなると少々参ってしまうところがあります。

親子でもそうなので、恋人同士だとなおのことです。

14、すぐ泣く

涙は女の武器なんてよく言われますよね。

でもその武器をしょっちゅう行使され続けると男性はだんだんと嫌になってくるところがあるのではないのでしょうか?

男性も、やはり女性が泣くと言うのはあまり気持ちの良いものではありません。

それを、繰り返しと言うことになるとだんだんと嫌になり、彼女が重く感じられてしまうのです。

重い彼女に対して男性側が取れる対策

やはり、せっかくお互いに好きになって付き合った恋人同士ですので、何とかして仲良くやっていきたいものですよね。

ですので、取れる対策であればとってみましょう。

そして、後の項でも触れますが、もしどうしてもダメだったら別々の人生を歩むのもありです。

決して自分1人で我慢する必要はありません。

ですがせっかく対応できて、それで改善できるのであればその改善策を試してみるのも手でしょう。

1人でも打ち込める趣味を一緒に探す

基本的に彼女が重いと思ってしまうのは、彼氏である皆さんに比重がかかっているからです。

もし、人に頼るのではなく1人でも打ち込める趣味があれば、そちらのほうに比重が傾けば、重いと言うような事は改善されるかもしれません。

ですので、そのような1人でも打ち込めるような趣味を一緒に探してあげましょう。

今の依存する対象は、彼氏である皆さんです。

ですのでその依存対象である皆さんが、趣味を一緒にやろうと誘うと、案外すんなりと「じゃあ、やる!」と言うような回答が得られるのではないのでしょうか?

彼氏意外に夢中なものを作る

基本的に、彼氏である皆さんが彼女を想いと感じるのは、彼氏である皆さんに集中しているからです。

よく、依存症の改善として、いろいろなものに趣味を分散させると言うものがあります。

ですので、そのような依存するものや趣味を分散させることによって、彼氏である皆さんに関心が集中することがなくなります。

2、自分も重い人間になる

そして、依存症の解消として趣味を分散させると言うものもありますが、とことん依存対象についていろいろと根詰めさせるという手もあります。

例えばネットサーフィンが止められない人であれば、もう満足したなと言うところでネット止めるのではなく、「もうしんどい!もうやりたくない!」と思うまで存分にネットをすることを矯正するという一見荒療法にしか見えないような手で改善されることがあるといいます。

もう一つの具体例は、パチンコが止められなかった人がパチンコやめられた理由は、パチンコで負けて悔しい思いをしたからというのがあるのです。

ですので、ここは彼女さんに彼氏である皆さんのことで少々苦い思いをしてもらうのはどうでしょうか?

とは言っても意地悪をする必要はありません。

思い切って自分も重い重い人間になるのです。

連絡が頻繁なのであれば、こちらも連絡をさらに上回る回数で頻繁にしましょう。

そして、連絡を強制されるのであれば、こちらも輪をかけて連絡を強制しましょう。

かなり効果的な方法

やはり、自分がやってきたことというのはあまりよく分からないところがあります。

悪気なくやってしまうこともあるのです。

ですが自分がそうされる側になると初めてわかることもあります。

ですので、重い人間になり返すのは、思いのほか効果のある方法です。

もし、思い彼女に悩んでいるのであれば、逆にやり返しみましょう。

もしかしたら、一気に改善に向かうかもしれません。

3、言葉で愛情をしっかり伝える

そして、彼女が重くなってしまう理由というのは、もともとそのような性格的な傾向があるのもあるのかもしれません。

ただその一方で、皆さんの愛情を確かに感じ取っていないのもあるのではないのでしょうか?
もしこのまま自分が距離を詰めなければ、そのまま終わってしまうという不安感がそのようなやり方をさせてしまうのかもしれません。

著者は、昔母の異性の友人で正直嫌いな人がいました。

どうにかして距離を取りたいと思いました。

ですので、彼が出入り禁止になった時に一切彼のことについては触れずに過ごしました。

そうすると相手は著者から距離を開けられていると気づき、執着し始めたのです。

やはり、その彼は口でも「このままだともう終わってしまう。だけど、自分が頑張ることによって距離を詰められるのなら頑張る。」と言っていました。

重い人は、そのような心理状況からしつこくしてしまうところがあるようです。

自信を付けさせる

もし皆さんが、彼女のことを重く感じているけれど、彼女のことをちゃんと愛しているということであれば、しっかりと愛情を伝えて自信をつけさせてあげてください。

意外と、そのようなことで、そのような重いと感じさせられるような態度が改善されることがあります。

4、彼女の為に頑張っている姿勢を見せる

もし連絡の催促がしつこいとか、そのような場面が見受けられるのであれば、自分のために何かしたいと思う気持ちがなくなってしまったのでは?ひいては、自分に気持ちがなくなってしまったのでは?と不安になっているところがあるのです。

ですので、もし彼女への想いがまだあるのであれば、彼女のために頑張っている姿勢を見せてあげてください。

そうすることで、忙しくてもここまで自分との距離を詰めようと努力してくれてるというのがわかると彼女も非常に安心します。

彼女の思い態度は先ほども触れたように、性格の問題もあるのかもしれないけれど、案外彼氏である皆さんの態度に対する不安がある可能性もあります。

ですので、不安ということを解消することでその重い態度が改善するかもしれないのです。

我儘に答える彼氏を演出する

女性は、基本的に自分のために頑張ってくれる男性に胸キュンする人が多いです。

共感力が高い人が女性には多いですので、そのような頑張ってくれたことに非常に心を動かされる人が多いのです。

ですので、もちろん無理はいけませんが無理のない範囲でわがままに応える努力をしているところを見せてあげてください。

そうすることで、彼もこんなに頑張ってくれてると感動し、負担にならないように努力するという態度も見られるかもしれません。

5、彼女の会いたい気持ちは否定しない

そのように重い彼女であれば、「こんなに会いたいって言うなんてうざい!」と思ってしまうかもしれませんが、否定的な言葉かけないようにしましょう。

「こんなに好きなのにわかってくれない!」、「自分の気持ちをわかってくれない!」と意固地になってしまっかのせがあります。

重い状態と言うのは、そのような気持ちが懲りて固まっているところがありますのでまずは肯定的な言葉をかけ、彼女の気持ちをほぐしてあげましょう。

気持ちを受け止めた上で自分の気持ちを伝える

子育ての世界でも言われているように、もし自分の気持ちを伝えるとか、しつけをすると言う時に、基本的に相手の気持ちを受け止めた上で、話をすると話の内容が入りやすいところがあると言われています。

ですので、それを彼女にも応用しましょう。

彼女の会いたい気持ちを受け止め否定せず、そこまで好きでいてくれる気持ちに感謝しつつも、例えば忙しいのでどうしても難しいことを伝えるとすんなりと納得してくれることもあります。

6、別れの道を選ぶ

彼女のが重い原因としては、もしかしたら後天的なことであればそのような上記の対応で改善することもあるかもしれません。

皆さんにきちんと気持ちがあると知る事で安心していられるところがあれば、すんなりと態度を改善することもできるのかもしれません。

ただ、残念ながらそのような一時的な彼氏の態度だけで改善しないこともあるのです。

それは、幼少期からの積み重ねでそうなってしまったケースです。

母親や父親との関係性の積み重ねから、そのようにしつこくすることが習慣づいてしまっている可能性があるのです。

そのような場合だと、彼氏である皆さんがどんなに頑張っても彼女の重い態度は改善しないかもしれません。

もし、彼女もそのような態度改善できそうになく、それを負担に思うということであれば、別れの道を選ぶのもありです。

重い彼女との別れの道を選ぶとなると少々茨の道になるかもしれません。

ですが、彼女もそうですが皆さんにも当然幸せになる権利があります。

ですので、罪悪感を感じる必要ありません。

彼女に懐柔されない様気を付ける

もし、生育上そのような性格が形成されていったと言うことになると、ともすれば懐柔することも息をするかのように自然に出来るかもしれません。

もしかしたら、はっきりと別れを口にした途端「死んでやる!」といい、こちらを従わせようとするかもしれません。

そのような時は、「別れると言ったことは取り消すから、死んでほしくない」などとは間違っても言ってはいけません。

そうすることで、死ぬと言えばすぐに態度を翻すと学んでしまうからです。

理想的な回答としては「君が死んでしまうのは嫌だと思う。だけど、別れるか別れないか話は別だ!」と言うように、別れと彼女さんが死ぬ事は別だということをはっきりと言い続けることです。

【別れ方のポイントは、こちらの記事もチェック!】

長く付き合いたいなら歩み寄る姿勢を見せる事が大事

やはり、彼女と長く付き合っていくとか、ゆくゆくは結婚したいと言うことになれば、そのような重い態度にずっと我慢し続けるのは不可能に近いです。

どこかで破綻してしまいます。

我慢し続けるっていうのはやはり並大抵ではないのですね。

どちらかの心が壊れてしまうかもしれません。

ですので、もし彼女が重いと感じたら無理しないのが1番です。

いろいろな方法で、歩み寄りをしていくことが大切なのです。

重い人というのは、いろいろな人がいますが基本的に別れたくないからそのような態度をとるのです。

ですので、こうすれば彼氏である皆さんと別れずに済む事がわかると一気に改善する可能性が高いです。

ですので、お互いにできそうなことできそうにないことというのはしっかりとすり合わせをしておきましょう。