CoCoSiA(ココシア)

頂くと「戴く」「いただく」はどう使...(続き2)

文章の流れで意味は通じるので、相手を困らせることもあまりありません。

しかし、意味の違いでお伝えしたように、本来はきっちりと使い分けるべきです。

「頂く」は主に何か食べ物を食べる際の使用する時に使用し、ひらがなでの使用を控えると、使い分けがしやすいでしょう。

動詞に付属し”いただく”と使う場合、ひらがな表記

先ほどお伝えしたように、ひらがなの「いただく」は、補助動詞として使用すると、文部科学省により指定されています。

つまり、動詞に付属して「いただく」を使用する場合は、ひらがな表記が原則であるということです。

「お乗り頂く」と、「乗る」という動詞に「頂く」を使用するのではなく、ひらがな表記で「お乗りいただく」と表記することが、「いただく」の正しい使い方です。

動詞の後にいただくを使用する場合はひらがな表記で、と覚えておきましょう。

「頂く」と「戴く」の違い

「頂く」と「戴く」も意味に違いがありました。

ここではさらにその違いについて詳しくお伝えします。

言葉の意味を覚えると表現の幅も広がります。

正しい使い分けをマスターして、より表現力のある文章を書けるようになりましょう。

漢字1つ違うだけで意味がガラリと変わる

「頂く」「戴く」。

漢字1つ違うだけですが、意味が変わります。

よく外国人の人は、日本語を勉強すると、漢字が特に難しいと感じるようです。

それには画数の多さ以外にも、こういった意味の変化と使い分けをする必要があるからでしょう。

私たち日本人にとっても難しい場合が多々あります。

しかし、一度覚えてしまえば、後は簡単です。

正しい使い分けを覚えて、正しい意味の文章を書けるようにしましょう。

「頂く」「戴く」「いただく」の例文

ここでは「頂く」「戴く」「いただく」の例文と、その文の説明をしてゆきます。

多くの例文を見ることで、体験的にそれぞれの違いや使い方が分かるようになるでしょう。

簡単なパターンが把握できたら、後は応用して自分で文章を作成することも簡単にできるでしょう。

美味しいごちそうを頂く

この文章は、ごちそうを食べる、という意味の文章ですね。

そのため食べる、という意味のある「頂く」を使用します。

ひらがなでも文章の流れとしては、意味は通じると思います。

しかし、正しい使い分けのためには「頂く」を使用しましょう。

正しく「頂く」と使用できれば、それだけで評価に差がつく可能性もあります。

お土産を頂いた

この場合も「頂」を使用しているので、食べるという意味で使われています。

つまりこの文は、お土産を食べた、という意味がある文章です。

因みにもし「戴いた」と、表記されていれば、お土産をありがたく受け取った、という意味の文章になります。

大分意味が変わりますね。

素晴らしい賞を戴く

こちらはありがたく受ける、という意味のある「戴く」を使用しているので、素晴らしい賞を受け取る、という意味の文章です。

あまり使わない漢字ですが、この際使い方を覚えて、正しく使い分けができるようになりましょう。

先日はお菓子を戴きありがとうございました。

こちらはお菓子を受け取った事に対するお礼の文章です。

もしも「頂く」を使用するとしたら、意味が変わります。

その場合の意味は「お菓子を食べた」という意味になるので、お礼の理由が変わってきますね。

微妙な使い分けができると、日本語でより豊かな表現ができるでしょう。

明日はお休みさせていただきます

この文章では補助動詞として使用しているので、ひらがな表記です。

主に店舗などでお客様に休みのお知らせを伝える場合などに使用されます。

時々「頂く」を使用している文章をみかけることもありますが、正しくはひらがな表記ですので、正しい使い分けができるようにしましょう。

動詞の後に使用する場合はひらがな表記です。

〇〇の件は△△にお願いさせていただきました

上の文章と同じく、補助動詞として使用しているのでひらがな表記です。