CoCoSiA(ココシア)

頂くと「戴く」「いただく」はどう使い分けるべき?分かりやすく解説します!


日本語には、同じ読み方、音でも、漢字の違う言葉があります。

例えば「恋」と「鯉」。

「神」と「髪」や「紙」などがありますね。

漢字が違うと当然意味も変わります。

名詞などは分かりやすいですが、今回のテーマである「頂く」「戴く」「いただく」は、一見同じ使い方で問題ないように感じる人も多いでしょう。

しかし、やはりそれぞれで意味や使い方が違うのです。

今回は「頂く」、「戴く」、「いただく」の意味や使い方について詳しくお伝えします。

同じ読み方で使う場面が違ってくる日本語

冒頭でお伝えしたように、日本語は同じ読み方、音でも違う意味の言葉が多くあります。

同じ読み方でも言葉の意味が違うと、使う場面は変わります。

「頂く」、「戴く」、「いただく」も、それぞれ使う場面が変わります。

しかし、正しくその使い分けができる人は少ないかも知れませんね。

間違った使い方をしているかも

実際にメールや手紙などで、この「頂く」、「戴く」、「いただく」の間違った使い方をしているかも知れません。

会話であれば音が同じなので問題ありませんが、字として書く場合は間違いが残ります。

知らず知らずのうちに間違った使い方をしているケースは意外とあるのではないでしょうか?

「頂く」「戴く」「いただく」に意味の違いはあるの?

「頂く」、「戴く」、「いただく」に正しい使い方があるということは、文字の違いだけではなく、意味の違いもあるということでしょうか?

「鯉」と「恋」の意味が違うように、文字が違えば意味が変わるであろうことは容易に想像できます。

実際にこの3種類の言葉には、意味の違いがあるようです。

音としての意味は、「頭の上にのせる」、「主君を敬い仕える」といったものがあります。

さらに漢字の違いで「もらう」や「食べる」の謙譲語としての意味もあります。

以下で詳しく説明しましょう。

「頂く」の意味

この「頂」という漢字を使用した場合の頂くの意味は、「食べる、飲む」、「もらう」の謙譲語として使用します。

常用漢字のため、使用する頻度が高い漢字です。

例として、「おいしい料理を頂く」「夕食を先に頂く」といった使い方ができます。

「戴く」の意味

こちらの漢字の戴くは、食べるという意味はありません。

この漢字では「もらう」「ありがたく受ける」といった意味の言葉として使用します。

「戴」という漢字自体が常用外の漢字なので、あまり使用する機会がありませんが、正しく意味を伝えるためには使用するべきでしょう。

例として「卒業証書を戴く」や「高価なお土産を戴く」などが使用できるでしょう。

似たような文章でも、漢字が変わると意味が変わります。

以下のような例が分かりやすいでしょう。

「お土産のケーキを頂く」「お土産のケーキを戴く」。

この二つの例文の意味の違いが分かるでしょうか?

最初の分は食べるという意味の「頂く」を使用しているので、「お土産のケーキを食べる」という意味の例文です。

二つ目の文の「お土産のケーキを戴く」の意味は、ありがたく受けるという意味のある「戴く」を使用しているので、「お土産のケーキをありがたく受け取る」という意味があります。

「いただく」の意味

さて、最後に漢字を使用していないひらがなで表記された「いただく」の意味ですが、こちらは補助動詞として使用されます。

例えば「お越しいただきありがとうございます。」「ご覧いただく」などの表現が可能です。

補助動詞として使用する場合は、ひらがなを使用すると、文部科学省が指定しているので、ひらがなの使用が正しいといえます。

「頂く」「戴く」「いただく」の使い分け方


前章で「頂く」「戴く」「いただく」の意味の違いをお伝えしました。

この章ではさらに詳しく掘り下げて、それぞれの使い方についてお伝えし、使い分け方ができるようにしてゆきます。

正しく使い分けができれば、あなたの文章力もアップします。

そうすれば、プレゼンやメールの質も上がり、評価につながる可能性もあります。

「頂く」と「いただく」の違い

「頂く」と「いただく」は、よく同じような意味合いで使われています。