CoCoSiA(ココシア)

わがまま女がモテる13個の理由。男...(続き3)

また、このようなタイプの男性は結婚し子供が生まれてからもかなりいいパパになる可能性を秘めています。

甘えるのはほどほどに、男性が疲れてしまわないよう調整しながらわがままを言うようにしてみましょうね。

男としての威厳を保てる

男性を立てるようなわがままを言うことで、男性としての威厳を保つことができるようになります。

これまで、ちょっぴり頼りないと感じていた男性に対して家、もっとしっかりして欲しいと思う男性に対して、有効的なわがままを使ってみてはいかがでしょうか?

例えば、「もっと頼りがいのある彼氏がよかったな…。」など愚痴のようなことを言ってはいけません。

普段、めんどくさがり屋な彼氏であれば「今日のデートは遠出がしたい!だから、連れてって欲しいな…。」など、普段のデートでちょっぴりハードルの高いわがままを伝えてみましょう。

そうすることで、そのわがままを受け入れてくれたなら、きちんと彼氏を立てなければなりません。

例えば、「いつも、家でダラダラするデートばっかりだったから、今回遠出のデートができてすごくいい思い出になった!ありがとう。」などと、相手のことを褒めつつ、やればできることを伝えていきましょう。

笑顔で喜んでくれる

あなたがわがままを言った時に、彼氏があなたのわがままに答えてくれた後、あなたは必ずわがままを聞いてくれたことに対して、彼氏に反応していますか?

これができる女性ができない女性かで自分勝手なわがままかそうでないわがままなのかに分かれてしまいます。

特に、自分勝手なわがままな人であれば、わがままを言って聞いてくれた時点で満足し終わります。

しかし、ただわがままを言っている場合、相手があなたのわがままを聞いてくれた時、あなたが素直に喜ぶ姿を見て、嬉しく感じるのではないでしょうか?

特に、笑顔で喜ぶ姿や男性に対して「ありがとう」などと言葉をかけることで、喜ぶ姿やうれしい気持ちをアピールしていきましょう。

このように、笑顔で喜んでくれる姿は、かわいらしく見えるだけでなく、あなたが喜ぶ姿で彼に感謝も伝えましょう。

はしゃぐ姿がたまらない

わがままを聞いてくれた後に、子どものようにはしゃぐ姿がたまらなく可愛いと思えるところがあるようです。

これは、大人っぽい考えやプライドの高い男性に対してはあまり使うことができませんが、子供のように可愛い姿が好きな男性にとってはたまらない瞬間になるのではないでしょうか?

あなたのわがままを聞いてくれた時に、はしゃぐことで、彼の胸をキュンっとさせてみましょう。

しかし、わざとらしくはしゃぐ姿ややり過ぎなはしゃぐ姿を見せてしまっていては、残念な姿にしか見えません。

大人の女性とはいえども、はしゃぐ姿は醜い姿に見えることもあります。

ほどよく上品に、また可愛らしくはしゃぐ姿をアピールしてみましょう。

例えば、目をキラキラさせて感動している姿を見せたり、ちょっぴり大きい声で「やったー!」と言ってみたりするとほどよくかわいい姿に見えるかもしれませんね。

可愛いと思えるわがままの条件

それではここからは、かわいいと思えるわがままの条件について、いくつかお伝えしていきます。

男性は、女性のどのようなところを見て「かわいいわがままだな…。」と思えるのでしょうか?

ここからは、そんな男性の負担にならず、かわいいと思わせるわがままなポイントを押さえた条件について取り入れていきましょう。

ただのわがままは、相手を振り回す自己中心的な行動になります。

しかし、かわいいと思えるわがままはあなたの願いも叶いつつ、相手に可愛いと思わせることができますので一石二鳥になります。

やりすぎた若者より、ほどよくかわいいと思えるわがままを心がけていきましょう。

自分の生活に支障が出ない

男性の生活に支障が出ない程度のわがままを言ってみましょう。

つまり、男性の生活に支障が出ない程度のわがままとは、男性の負担にならないわがままなことを意味します。

さて、そんな男性の生活に支障が出ない程度のわがままとはどのような程度なのでしょうか?

ここからは、そんな生活に支障が出ない程度のわがままレベルについていくつかご紹介していきます。

この言動超えたわがままを言ってしまう事は、相手の男性のことを振り回す原因になってしまったり、あなたのわがままについていけないと思わせるレベルになってしまいますので、必ず生活に支障が出ないレベルのわがままを言うように注意していきましょう。

時間的な問題

まずは、時間的な問題のあるわがままになります。

つまり、長時間拘束したり時間のかかるようなわがままをしてしまうことで、相手の心労や負担になることが考えられます。

時間のない彼氏に対して、「遠出のデートがしたい」など、わがままレベルを超えています。

また、仕事が残っている彼氏に対して「今すぐ会いに来て。」や、寝ているときに「寂しいから会いたい。」など、時間に関わる問題で振り回されることにより、かわいいわがままの限度を超えてしまっていることが考えられます。

このように、時間的な問題を盛り込んだわがままは、相手の負担になるだけでなく、相手にとって苦痛だと思わせてしまう瞬間にもなってしまいます。

わがままを言う時に、いちどよく考えてから、時間的な問題がないかを含めわがままを言うようにしてください。

経済的な問題

経済的な問題の大きいわがままは、男性にとってかなり負担の大きいものになります。

特に一人暮らしをしている男性であれば、経済的な問題の大きいわがままを言われることで、かなり苦しい現状になることでしょう。

例えば、食事をしに行く際にも「怒って。」や、デートをしていても「〇〇が食べたいから、出して。」など、さらには「記念日なんだから、もっと豪華なところで食事をしたい。」など、小額な金額でも外食を繰り返していくことにより男性の経済的な負担はかなり大きいものになります。

普段は、節約して生活している彼氏であればなおさら厳しい問題になるでしょう。

彼氏のことを大切に思っているのであれば、彼氏の経済的な負担にならない程度にわがままを言うことと、基本的に経済的な負担をかけないようにしましょう。