CoCoSiA(ココシア)

面白いサイト13選!これを見てるだけで楽しくてあっという間に時間がすぎる!


ネットサーフィンという言葉があるように、ついついネットを見ていると時間を忘れて長時間パソコンの前に向かってしまうものです。

ちょっとした空き時間に暇つぶしに見ていたつもりが、見ているうちにものすごく時間がたっていた!なんて経験ありませんか?

それで家事やら勉強やらをする時間がすっかりなくなって困ってしまったり、つい夜更かししてしまったなんてことにもなったりもします。

世の中にはそれくらいハマってしまうサイトがいくつもあるんですよね。

今回は、そんな数あるサイトの中から面白いサイトをいくつか厳選して紹介してみたいと思います。

面白いサイト13選!これを見てるだけで楽しくてあっという間に時間がすぎる!

ウィキペディア

ウィキペディアとは、非営利団体の財団が主催しているサイトです。

誰でも無料で自由に投稿することができます。

有料のサービスや広告なども一切なく、完全に寄付金のみによってまかなわれているサイトです。

最近は寄付金が集まらないのか、寄付金を募集する文章が頻繁に見られるようになりましたね。

ウィキペディアは、自由に投稿でき、なおかつ誰でも無償で利用することができます。

複製や改変も自由です。

しかし、その自由さゆえにインターネット上では信憑性が低くなってしまっています。

誰もが自由に書き込み出来るということは、間違った知識を持った人も投稿できるということです。

思い込みや誤解をしたままで文章を投稿してしまうと、それを鵜呑みにして拡散してしまう人も出てきます。

実際にウィキペディアに載っている芸能人の中には、間違った情報が載っているということを公言している人もいるくらいです。

インターネット上での百科事典を作ることがウィキペディアの最終目標であるようですが、現在、ウィキペディアは一切信用出来ないサイトとなりつつあります。

ただ、こういった情報もあるんだなぁと思う程度に見ることは良いことであると思いますので、参考程度であれば見る価値はあるかと思います。

性格診断セブン

性格診断セブンとは、性格診断を応用してさまざまな面白い診断項目を作っているサイトです。

なかなかに当たり、なおかつ面白い回答になるところが人気の一つでもあります。

診断内容はさまざまあり、現在は全部で13個です。

当たっていて楽しい、なんて声もよく聞かれます。

単純な性格診断から、適職診断、相性診断などなど、いろいろあって全部試したくなります。

一つだけの性格診断を活用するだけでも十分に楽しめますが、もっと本格的に自分の性格診断をしたい場合には、複数の性格診断を行ってそれを総合して判断するとより正確な結果が出てきます。

例えば、辛口性格診断をして自分の性格をある程度把握してから適職診断を行うとより自分に合った仕事を見つけることができます。

性格診断には、簡易版と精度重視版があります。

簡易版の質問数は12個、精度重視版の質問数は36個ということで、とりあえず気軽に試してみたい人は簡易版を、しっかりじっくりと自分の性格を診断したい方は精度重視版をやってみるといいと思います。

36個も質問があって大変そうだと思う方もいるかもしれませんが、質問に対してAとBの2つの答えがあり、どちらの答えに自分の感じが近いかを選ぶだけですので、非常に簡単です。

答えの中には、自分がどんな状況で動揺してしまうのかや、不満が溜まるとどんな行動を起こしてしまうのかということあ書いてあります。

また、アドバイスも書いてあるので、とても参考になります。

ちなみに質問はどの診断でも同じですので、何個もまとめて回答しようとするとちょっと飽きてしまうかもしれません。

虚構新聞

虚構新聞とは、その言葉の通り嘘が多く含まれている記事ばかりで構成されている新聞のことです。

最初は、エイプリルフール限定の嘘ニュースとして始まったようですが、それが次第に記事数が増え、新聞という形になったようです。

記事は大部分が嘘ではありますが、ごくごく一部に真実が含まれていることが多く、それが余計に真実味を帯びていて人気になっています。

嘘ニュースではありながら、本気にしてしまう人がいないとも限らないので、ちゃんと嘘ニュースであることは随所に記載されています。

タイトル脇にも書いてありますし、転載しようとすると嘘の記事であることがわかるようになっています。

しかし、それでも本気にしてしまう人はとても多く、幾度となく削除要請が出されているようです。

虚構新聞を知っている人であれば「あ、この記事は嘘だな。おもしろいな」だけで済みますが、虚構新聞を知らない人はつい本気にしてしまうでしょう。

また、一部分の文章だけを転載したり、見出しだけ見てしまったりすれば、それが嘘であるとは判断できません。

虚構新聞の記事をつい鵜呑みにしてしまって、取り上げてしまったメディアもいたようです。

新聞自体、実際の新聞と同じように作られているため、ちらっと見ただけではついつい信じてしまいそうな作りになっています。

虚構新聞を書いている人は一般の男性のようで、UKさんと言います。

趣味で書いているようなもの…と話しているようで、儲けや批判などは一切気にせず、あくまで趣味として楽しんで書いているものであるようです。

嘘で書いている新聞ですが、時にその嘘が本当になってしまうこともあります。

そんな時はちゃんと「お詫び」として、このような誤報をお伝えしてしまったと謝罪しています。

こんなところも虚構新聞の意義を徹底していていいですね。