大人になると、ついつい仕事や育児・家事などに終われ一日が終わってしまう事もめずらしい事ではありません。

しかしながら、本来人間は生きる為に仕事をしているのであり、仕事をする為に生きている訳ではありません。

その為、仕事などしなければならない事に全ての時間を使ってしまうのは、本来の理論からすれば本末転倒でしょう。

また、育児や家事なども勿論さぼる事は出来ません
し、仕事と比べてもより『生きる』と言う事に直結しているので、適当には出来ないでしょう。

ですが、それらだけの日々になってしまってはストレスがかかる事間違い無しです。

人生は、どれだけ楽しく過ごす事が出来るかどうかで、その価値が変わってくると言っても過言ではありません。

余りにも日々を忙しく過ごしていると、急に暇な時間が出来たとしても自分自身が何をしたいのか分からなくなってしまいます。

その為、せっかく出来た時間を、無駄にしてしまう事もあるかもしれません。

忙しい時こそ、時間は有効に使いましょう。

例えば、もしちょっとした空き時間が出来た時あなたならどうしますか?本を読んだり溜まったドラマを見たり。

買い物に出かけるなんて方も居るかもしれません。

ですが、中にはなんとなく携帯を眺めて居ただけで一日が終わってしまったなんて方も居るのでは無いでしょうか。

それは正に時間の無駄遣いです。

せっかく出来た時間は、是非有効に使用しましょう。

そんな時にお勧めなのが『遊ぶ』と言う事です。

それだけ?と思う方も居るかもしれませんが、それが以外にも様々な良い効果を発揮してくれる事が分かっています。

大人になると、意識していないと遊ぶと言う事をしなくなってしまいます。

しかしながら、思い切り遊ぶ事が出来るとその時自分の中にあったモヤモヤやストレスなどを軽減する事が出来ます。

子供の頃に出来て居た、当たり前に何かに没頭すると言う事は、実はとても良い効果を発揮していたのです。

そこで今回はおすすめの遊び方についてご紹介させて頂きます。

自分に合う方法を探して、思い切り遊んで見てはいかがでしょうか。

暇になってしまった時、ボーっとしているだけ?

時間は一日に24時間しかありません。

これは、子供でも大人でも同じ事です。

ですが、子供の頃は一日が長く感じていたのにも関わらず、大人になると一日があっという間に終わってしまうという経験をした事がある方は居ませんか?知らず知らずのうちに季節が過ぎていき、あっという間に一年経ってしまっているなんてこともあるかもしれません。

それだけ充実している日々を過ごす事が出来て居るとも言えますが、その反面流れに身を任せているだけとも言えるでしょう。

日々忙しく過ごしていると、急に暇になった時に何をして良いか分からなくなってしまう事はありませんか?何をしようかと考えているうちに終わってしまう事もあるでしょう。

更に、人によっては携帯を見つめるだけで終わる事もめずらしくないでしょう。

携帯はとても便利な道具です。

あの小さな箱の中には無数の情報が詰まっており、パソコンの変わりとして利用する事も出来るでしょう。

ですが、余りにも多くの情報が詰まっている事もあり、それで時間があっという間に過ぎてしまうのです。

たまにはいいかもしれませんがいつもいつもそれでは時間を有効に活用しているとは言えないでしょう。

暇になった時は、ただボーとするのでは無く自分の趣味の時間を作ったり普段出来ない事をしてみてはいかがでしょうか。

特にお勧めなのが、思い切り遊ぶという方法です。

思い切り遊ぶ事は、子供に許された権利です。

その為、大人になると次第に遊ぶ事が出来なくなってしまいます。

しかしながら、本来は大人こそ思い切り遊ぶべきです。

最近の世の中は、ストレスを多く抱える社会となっています。

その為、自分の中でモヤモヤと沢山の事を抱えて居る人も多く居るでしょう。

余りにも多くの事を悩み過ぎると、思考回路が上手く働かなくなり冷静な判断が出来なくなってしまう事もあるでしょう。

また、体に異常をきたしてしまう事もあるでしょう。

ですから、出来るだけ心に溜まったストレスは吐き出す事をお勧めします。

それを簡単にする方法が、思い切り遊ぶと言う事なのです。

1. 人生に無駄な時間は作ってはいけない

時間を大事に過ごす必要があるのです。

日々忙しい時を過ごして居る人は、急に暇な時間が出来てしまうと何をしたらいいのか分からなくなってしまう事があるかもしれません。

考える事が面倒になってしまいボーとしている間に一日が過ぎてしまう事もめずらしく無いでしょう。

また、今の時代多くの方が携帯電話を所持しています。

携帯電は暇つぶしのアイテムとしてはもってこいの商品です。

その為、ついそのまま携帯を見ているだけで一日が終わってしまうと言う事もめずらしい事では無いでしょう。

しかしながら、それは時間を無駄にしている行為と言えるでしょう。

せっかく出来た時間を有効活用する事が出来るかどうかは今後の人生にとって大きなポイントです。

自分の人生を楽しく有意義な物に出来るかどうかは自分自身にかかっています。

人生に無駄な時間はありません。

大事な時間を無駄にしてしまって居るのは自分自身だという事を忘れずに日々の時間を大事に過ごしていきましょう。

自分の心構え一つで、私たちの人生は全く違った美しさを見せてくれる事でしょう。

2. 遊びで時間を有意義にしよう

大人になると、つい日々に追われてしまい心から遊ぶ事が出来なくなってしまいます。

その為、気が付くと笑顔を忘れ淡々とした日々を過ごしてしまっている事もあるでしょう。

本来私たちは、仕事をする為に生きている訳ではありません。

育児や家事など、生活に直結している物もありますが、それだけをして日々を過ごすというのは決して楽しい事では無いでしょう。

日々を楽しく過ごす為には『遊び』が重要なのです。

子供の頃、私たちは当たり前の様に遊びを行っていました。

その為、暇な時間と言うものを感じる事もなく日々充実した時を楽しんでいたのでしょう。

しかしながら、大人になると他にやるべきことが出来てしまい、なかなか遊びに時間を割く事が出来なくなってしまいます。

子供の頃に感じる事が無かったストレスを多く感じる様になるのは、自分がしたい事では無くしなければならない事を優先して過ごして行かなければならないせいかもしれません。

そのせいで、日々のストレスがより一層溜まり、体に不調をきたしたり精神的に落ち込んだりしてしまう事もあるでしょう。

そんな状況を打破する為に必要なのが『遊び』です。

遊ぶ方法は何だって構いません。

自分が楽しいと感じる事を思い切りすれば良いのです。

本当に遊びが必要なのは、子供では無く大人なのかもしれません。

しなければならない事では無く、したい事を優先する事によって日々のストレスを軽減させる事が出来るかもしれません。

3. 人数や場所によって、遊びはいろいろ!


『遊び』をしようと言っても、その方法は無限にあり、いきなり言われても何をしたら良いのか分からなくなってしまうかもしれません。

遊びに定義はありません。

自分が楽しいと感じる事が出来る事であれば、どんな事をしたとしても問題ないのです。

なので、自由な発想で遊んでみましょう。

例えば、遊ぶ場所によっても内容は変わって来るでしょう。

部屋の中なのか。

車なのか外なのか。

それぞれ良い所があり、悪い所があります。

その為、まず遊ぶ場所によってもどういった内容の遊び方が出来るのかどうかが変わって来るでしょう。

更に、そこで重要となるのが参加する人数です。

一人で遊ぶのか二人なのか三人なのか。

それとももっと多くの人数なのか。

それによっても内容は大きく変わってきます。

いきなり、今すぐ遊びたいと思っても大人数を集める事は難しい事かもしれませんが、前もって分かっている時間なのであればそこに多くの友人や知人に参加して貰う事は可能かもしれません。

『遊び』をしましょう。

と言われると、以外にも多くの方は自分一人で行う事を想像します。

今の若い世代は、ゲームが普及した時代と共に過ごして居る事もあり遊ぶ=ゲームという考えの方も少なく無いでしょう。

そのせいで、時間が出来ると携帯をいじって時間が過ぎてしまうという人も居る程です。

ですが、子供の頃の遊びはそんな事は無かったはずです。

勿論、ゲームを楽しんだ人も居るでしょうが、友人と外で走り回ったりした事もあったはずです。

遊びとは、誰かと関わる為のものでもあります。

最近はコミュニケーションを取る事を苦手に感じている人も多く、なかなか自分から他人に関わる事が難しいと感じている人も少なくないでしょう。

しかし一方で、他人と関わる事でストレスを軽減させる事が出来るのもまた事実です。

多くの人と平等に仲良くなる必要は無いですが、自分の中で大事だと思える人には、積極的に関わるようにして行きましょう。

時間を持て余した時にやってみたい面白い遊び12選

いきなり遊んで見ようと言われても、まず何をしたら良いのか分からないという方っも大勢居る事でしょう。

それだけ長く、遊びというものから離れてしまって居るのです。

大人になると、頭が硬くなってしまい、多くの事を柔軟に考える事が出来なくなってしまいます。

その結果、遊んで良いよと言われても何をどうしたら良いのか分からなくなってしまうのです。

そこで今回は、そんな方々にもお勧めな誰でも楽しむ事が出来る遊びをご紹介させて頂きます。

どれもが、特別な道具は勿論お金のかからないものばかりです。

その為、思いついた時にいつでも気軽に楽しむ事が出来るでしょう。

せっかく時間が出来たけれど、何をしたら良いのか分からない。

いつもの日々を楽しい物にしたいけれど、どうしたら良いのか分からない。

そんな方は試して見てはいかがでしょうか。

1. 連想ゲーム

これは、昔からあるゲームです。

ルールはとても簡単。

何かお題を一つ決めて、それにまつわる事を言い合うゲームです。

例えば最初に『赤』から始まるとします。

すると、次の人は、『赤と言えばリンゴ』などとどの言葉から考える事の出来るイメージを話していけば良いのです。

この場合、人数は二人以上居ればゲームとしては成り立ちます。

しかしながら、ゲームをより楽しい物にするのであれば、4人以上で行う事をお勧めします。

これは何か物を必要とする訳では無く、向かい合ってする必要もありません。

その為、車の中などどこでも気軽に行う事が出来るでしょう。

車の中は、どうしても運転手の人は孤立してしまいがちです。

本来であれば、眠気を飛ばす為に一番しっかりとしていなければ行けない人なのにも関わらずついつい仲間に入る事が出来なくなってしまうのです。

ですが、このゲームであれば運転しながらであっても気軽に行う事が出来ます。

また、年齢を問わずに行う事が出来るゲームなので、家族揃って楽しむ事が出来るでしょう。

『暇だな』と感じた時にすぐにはじめる事が出来るゲームなので、隙間時間を有効活用する事が出来る所もおすすめのポイントです。

2. カタカナ語を使わないでしゃべる

私たちが普段使用している言葉の中には、気が付かない内に多くのカタカナが入っています。

その為、そのカタカナを使用せずに言葉を利用するだけで普段の日常がいきなり楽しいゲームに変化するのです。

ルールは簡単。

タダ単純に、カタカナを使用しないようにするだけです。

例えば『車にガソリンを入れる』という言葉は『ガソリン』という単語が使用されているので、アウトとなります。

いかにカタカナを使用せずに普段の日常会話を成功させる事が出来るかどうかが肝となります。

このゲームは、お正月の深夜番組などで毎年行われています。

その為、見たことがある方も大勢居るのでは無いでしょうか。

一見簡単そうに見えるゲームですが、単純だからこそ難しく分かって居てもなかなか上手く攻略する事が出来ないと言う事もあるでしょう。

二人で行う事が出来るゲームですが、出来ればそれをジャッジしてくれる人が居る事でゲームはおり一層盛り上がります。

現金を集める事は、法律的に良いのかどうか分かりませんが何かバツを用意しておいた方がより一層盛り上がる事でしょう。

3. スプーン曲げ

これは一世を風靡した遊びです。

昭和の時代を生きた人の中には、幼い頃にこれに夢中になった人も居るのでは無いでしょうか。

その当時、超能力者としてユリゲラーという人が人気となって居ました。

彼は超能力によって、スプーンを曲げる事が出来たのです。

今となっては、大きなビルを消したり出したりする事が出来る世界なので、スプーン程度では驚く人も少ないかもしれません。

しかしながら、当時としては大変大きな話題となりました。

彼のスプーン曲げを意識して、多くの人がそれを真似しました。

ユリゲラーは力で曲げているのでは無く、あくまでも超能力で曲げていると言います。

その為、実に簡単そうにスプーンを曲げる様子をTVで幾度となく放送していました。

今では、ユリゲラーのスプーン曲げ事態を知っている人も若い世代には殆ど居なくなりました。

しかし、ブームは繰り返す物です。

全く知らない世代の人が見たら、スプーン曲げも新しい物に見え、全く新しい気持ちて楽しむ事が出来るかもしれません。

また、スプーン曲げは一人で行う事が出来ます。

時間や場所なども気にする必要が無く、誰しもが思いついたままに行う事が出来ます。

その為、家に居る際にどうしても暇になってしまった時はスプーン曲げに挑戦してみてはいかがでしょうか。

以外にも新たな才能を発揮出来る事があるかもしれません。

4. 時限爆弾ゲーム

サスペンスドラマなどには、良く時限爆弾が登場します。

時限爆弾とは、仕掛けてすぐでは無く時間が経ってから爆発する仕掛けがしてある物です。

その為、作る事が難しくより高度な技術が必要となります。

TVの中の世界では、それを必死に解体する人の姿を良く見かける事があるでしょう。

時限爆弾を遊びに使うというのも、勿論本物を使用する訳ではありません。

例えば、時限爆弾に見立てた物を、参加メンバーで回していき、最後に持っていた人の負けという方法でゲームとして成立させる事も出来るでしょう。

時限爆弾の為に使用する物は何だって構いません。

携帯などに内臓されているアラームを使用する事によって、簡易的な時限爆弾をイメージさせる事が出来るのです。

このゲームは人数がある程度多い方が楽しむ事が出来るゲームです。

2人でも行う事は出来ますが、楽しいかどうかは微妙な所かもしれません。

5. ロシアンルーレット

これも昔から良く行われていたゲームの一つです。

元々は、拳銃の中に弾丸を一つだけ込めそれを自分のこめかみに当てて銃口を引く事によって、死んでしまうかもしれないというスリルを味わう物です。

主に度胸試しとして行われてる事が多く、ギャングなどが登場する映画などで度々登場してきたゲームです。

しかし実際は、拳銃の作りからどこに弾丸が仕込まれて居たかどうかは分かっていたといわれています。

その為、本当に行われていたゲームでは無くあくまでもフィクションとして行われていた可能性が高いと言われています。

このゲームを最近では、食品などを使って再現しています。

一見甘そうに見えるシュークリームの中身を一つだけ辛子にしたり、お寿司の中身のわさびを大量に入れて見たり。

そうする事で、誰が当たるか分からないスリルを楽しむ事が出来るのです。

スリルは人に楽しさを与える効果があります。

それはジェットコースターなどの絶叫系でも言える事でしょう。

その為、スリルを感じる事によって楽しいと感じる事が出来るのです。

このゲームは人数が多ければ多い程楽しむ事が出来るゲームです。

また、準備に時間がかかる事もあり、ホームパーティーなど多くの人が集まる時に行う事をお勧めします。

主催者は準備は大変かもしれませんが多くの人が一度に楽しむ事が出来、会話も弾ませる事が出来るので簡単でおすすめのゲームです。

6. 傘で玉入れ

子供の頃、傘で様々な遊びをして怒られた事はありませんか?『傘は挿すもの』として教えられて来た事でしょう。

しかしながら、大人になりそれをあえてゲームとして使用するのです。

傘を逆さにする事で、物を中に入れる事が出来るようになります。

その中にボールなどを入れる事によって、玉入れのような遊びをする事が出来るのです。

小さな子供たちにとって、高い所にボールを投げる事は意外と難しい物です。

なかなか届かずにウンザリしてしまうかもしれません。

そこで、傘を逆さにして使用する事で、多くの子供たちが楽しみながら玉入れをする事が出来る様になります。

かごに比べても、傘の方が受け口が大きくなっているので入れやすいという利点もあります。

傘を取り付ける方法はなんであっても構いません。

紐でつるして貼り付けてもいいかもしれませんね。

怪我の無いように遊んでください。

これは家で行うゲームというよりは、幼稚園や支援センターなど子供たちが多く集まる場所で行う事をお勧めします。

多くの子供たちが集まって行う事で、より楽しい時間を過ごす事が出来るでしょう。

チーム分けをして、対戦してみてはいかがでしょうか。

7. 伝言ゲーム

これも比較的昔から行われて居るゲームです。

何か言葉を決め、それを次々に伝言して行きます。

これだけ聞くと実に簡単なゲームです。

ですが、簡単なゲーム程意外と奥が深く、多くの人がムキになる程の面白さがあります。

このゲームの大事なポイントは、伝言する時間を少なくする事です。

長い時間を確保してしまうと、それだけ確実に伝言する事が出来ます。

1回伝える事が出来るかどうかの短い時間のみを確保する事が大事なのです。

そうする事によって、聞き間違いや勘違いが起こりやすくなります。

一度聞き間違いや勘違いが起こると、それを自分なりに修正しようとして更に文章を変えてしまう事があります。

それを繰り返していくうちに、最初の文章とは全く違った話に変わってしまうのです。

参加する人数は多ければ多い程楽しいでしょう。

数人では順調に伝言が出来てしまうので、面白くありません。

10人や20人などまとまった数で行う事をお勧め致します。

また、このゲームは文章だけでなく、絵でも行う事が出来ます。

ただし、書くものなどが必要になるで絵で伝言ゲームを行う場合には室内で行う事をお勧めします。

文章に比べ、絵の伝言ゲームのほうがより難易度が高く勘違いが多く起こりやすい状況になり、よりこのゲームの根本を楽しむ事が出来るでしょう。

8. 小豆つまみゲーム

これは、完全に一人で出来るゲームです。

その為、家に居う時無性に暇だなと感じた時などにお勧めです。

ルールと呼ぶような物も無く、基本的には箸と小豆さえあれば誰でも行う事が出来ます。

小豆を皿から皿へと移動させていくゲームです。

これを、数人で楽しむゲームにする為にはある程度のルールを設ける事が必要でしょう。

例えば、時間制限をして誰がどれだけ多くのマメを移動する事が出来るかどうかを競い合って見るのもいいかもしれません。

このゲームは、年齢に関係なく行う事が出来るのでこどもから大人まで家族揃って楽しむ事が出来るでしょう。

また、何かに没頭する事で人はストレスとなっている悩みを忘れる事が出来るとも言われています。

小豆ゲームは単純なゲームながらも、繊細さが必要となるゲームなので神経を集中しながらっゲームを進める事が出来ます。

何かに没頭したいときや無心になりたい時などに行って見てはいかがでしょうか。

9. ペットボトル輪投げ

今の時代、私たちの周りには多くのものが溢れています。

携帯電話やパソコンなどの電子機器も普及した事により、多くの情報も簡単に手に入れる事が出来る様になりました。

その結果、工夫して遊ぶ事が無くなってしまいました。

わざわざ工夫をしなくとも、その場にある物だけで簡単に時間を潰す事が出来てしまうからです。

しかしながら、すぐに手に入る物は、多くの場合簡単に秋てしまいます。

その為、常に新しい物を求める様になり深く考える事が無くなってしまいます。

また、刺激にも慣れてしまい楽しいと感じる事すら少なくなってしまうでしょう。

その点、自分で考え作り出したものには愛着が湧き多くの人が楽しみながら遊ぶ事が出来ます。

自分なりのルールを作ったりする事で、より自分たちにあったゲームを楽しむ事が出来るでしょう。

ゲームをする事だけでは無く、ゲームを作り出す段階から楽しむ事が出来ます。

その為、より多くの時間を使って楽しむ事が出来るのです。

自作のゲームには、無限の可能性があります。

自分の工夫次第で様々な遊びを体感する事が出来るでしょう。

材料はなんだて構いません。

身近にある物を利用して作って見てはいかがでしょうか。

子供と一緒に楽しむ事が出来る物と言えば、ペットボトルを使った輪投げです。

ペットボトルをいくつか集めてピンの様にすれば、あっという間に輪投げの台を作る事が出来ます。

輪投げに使用するわっかは、新聞紙を丸めても作れますし、それもどんなものであっても問題ありません。

輪投げは昔からある遊びですが、今の子供たちは意外とやる機会が少ない物です。

その為、大人が思っている以上に楽しむ事が出来るかもしれません。

その為、家族で楽しむ事が出来るでしょう。

輪投げは距離や輪の大きさを変える事で、難易度を簡単に変える事が出来ます。

色々なルールをつくり自分達オリジナルの遊びとして、発展させてみるのもいいかもしれませんね。

10. ストロー吹き矢

私たちの周りには、最先端の遊びが常にあります。

パソコンや携帯を使用すれば、常に新しい遊びを簡単に体験する事が出来るでしょう。

しかし、遊びはシンプルなものほど楽しむ事が出来る物です。

その為、昔流行ったような遊びはいつの時代、誰がやっても楽しむ事が出来る物でもあります。

例えば、時代劇の忍者の技として登場する吹き矢。

あれも現代風に加工する事によって、遊びとしての時間を楽しむ事が出来ます。

用意する道具は、ストローと紙・針などです。

針と紙を利用して自作の矢を作れば簡単に吹き矢を作る事が出来ます。

吹き矢を行う際に、得点ボードなどを作成すればよりゲーム要素があがり楽しむ事が出来るでしょう。

ストローの代わりに、紙で筒を作成すれば画鋲などを利用してより簡単に吹き矢を作る事も出来るでしょう。

ですが、それをする際は周りに人が居ないかどうかを確認し、無理の無い範囲で楽しむ事を忘れないようにしてください。

間違っても人に向けて打ってはイケません。

11. 写真撮影と加工

人によっては、多くの人と関わる事は気を使い疲れてしまうと言う人も居る事でしょう。

そんな方々は、遊びの時間が出来たとしても一人の時間を楽しみたいと感じるかもしれません。

何も、友達と楽しく過ごす事だけが人生の全てではありません。

一人だとしても、十分に楽しい時間を過ごす事は可能です。

例えば、最近人気のある過ごし方の一つに写真の加工と言うものがあります。

自分でとった写真を加工して、より綺麗な物に仕上げるのです。

それだけを繰り返す事も勿論楽しい事ですが、それを更にSNSなどにアップする事によって多くの方にそれを見て貰う事が出来ます。

その写真に対して良い反応があれば、嬉しい気持ちにもなる事でしょう。

写真は、一人で楽しむ遊びです。

ですが、写真をきっかけにする事で全く知らない人々友気軽に付き合うきっかけを持つ事が出来るかもしれません。

写真の専門知識をもたない方でも、アプリを利用する事によって簡単に加工を行う事が出来ます。

是非実践してみてください。

12. 工場見学

工場見学と言えば、子供の頃学校で行ったものを思い出す方も多いのではないでしょうか。

しかし、最近では大人向けの工場見学も沢山開催されています。

子供の頃は余り楽しむ事が出来なかった内容も、大人になった今だからこそ楽しむ事が出来る場合もあります。

知識や教養が深くなった事で、より一層工場見学を楽しむ事が出来るでしょう。

更に、自分の興味がある事がはっきりとしているので、自分の好みに合わせて見学場所を選ぶ事が出来るのも魅力の一つです。

また、工場見学の中には飲食系の物もあります。

子供の頃には飲む事が出来なかったビールの工場などの見学もする事が出来るので、ただ見るだけでは無く体全体で工場見学を楽しむ事が出来るでしょう。

子供の頃は、どうしても誰かにさせられる物でした。

しかし、大人になってからする勉強は自分が興味がある物のみを選んでする事が出来ます。

その為、より多くの知識を自分が望んだ分だけ手に入れる事が出来るでしょう。

それを手に入れたからと言って人生が変わる訳ではありませんが、少なくとも、楽しい時間を過ごす事は出来るでしょう。

人生は長い物です。

ですが、何も考えずに過ごして居ると実はあっという間に過ぎてしまう物でもあります。

より充実した人生を過ごす為にはただ受動的に多くの事を受け入れるのでは無く、自ら様々な事に興味を示し、積極的にかかわる事が重要です。

そうする事で、人生の内容をより濃いものにしていく事が出来るでしょう。

【ゲームのおすすめを知りたい人は、こちらの記事もチェック!】