最近テレビで、ある女性芸能人が、「好きな男性のタイプは?」と聞かれ、「面白い人が良いです」とお答えになっていました。

もちろん、「テレビ的な回答」と言われてしまってはそれまでですが、

世間には結構、「イケメンよりも、面白い人が良い」と言う女性が多いんですよ。

確かに「さらに顔も良い」、「顔が良ければ尚更」と言う事になってきてしまうかも知れませんが、

「面白い」ということは「それだけ男としてアドバンテージがあること」は確実です。

そこで今回は、面白い人の特徴・共通項を見出して、皆に好かれる面白い人というものを分析していきたいと思います。

下手に人間関係に傷を作らない為にも、「笑って乗り切れるような明るい振舞い」ができるようになりたいですよね。

️面白い人は飲み会に引っ張りだこの人気者!

「面白い人」はさまざまなシーンで重宝されます。

特にドンチャン騒ぎするような「飲み会」では、その面白さの真骨頂が発揮され、周囲の盛り上がりや、楽しさを大きく左右するような重要な存在になるのです。

皆さんも一緒に飲む人は「面白い人」の方が良いのではないでしょうか?

度が過ぎるとちょっとうるさいなとか思うかも知れませんが、それはそれで「面白くない人」と分類されると思うので、やはり「面白い人」と一緒に飲みたいはずです。

特徴を掴んで面白い人の仲間入りしよう!

さて、ではその飲み会にも「引っ張りだこ」になれるような面白い人になるためにはどうすればいいのでしょうか?

正直、面白い人になろうと思って成るのは「無理」だと思います。

いわゆる「プロ」の話ですよ?

面白い人になろうと、「ユニーク教室」なんて通っているような人はその時点でもう、「負け」でしょう。

ではどうすればいいか?「面白い人」には直接成れなくても、「それに近い人」には頑張ればなれるかも知れません。

そのためには「面白い人の共通する何か」を実践してみることにより、「擬似的に面白い人」になれるのではないかと思います。

中には「あなた自身に向かない特徴もある」と思います。

いわゆる「キャラじゃないこと」ですね。

そういった一種の客観性を考える事が出来れば、「自分を面白い人の特徴と比較」し、

「自分のキャラに合っているかどうかを分析」し、治せる事は治して、最終的に「面白い人に近づくこと」が完了するのだと思います。

では次から実践的なところをまとめていきたいと思います。

️面白い人の特徴17個!

面白い人に近づくために、ここからさまざまな特徴を挙げていきます。