人生を言うものを考えたときに、自分の人生の計画をどのように立てていますか?

人生というのはとても長いものではありますが、だからと言って一律にずっとその生き方を続けることはできないでしょう。

人の人生は自分で決めることができますが、だからと言って、周囲から影響を受けないわけではありません。

また、自分の生きている年齢によって生き方が異なってくるのは当たり前の話だからです。

ずっと同じ生き方をすることができないのは不便ではありますが、だからこそ、自分の生き方を柔軟に変えてその場その場に対応して生きていくことで、変化のある楽しい人生を歩むことができるようになります。

上手な人生計画を立てるためには、まずはライフステージについて考えてみると良いのではないでしょうか。

ライフステージを的確にとらえることで、自分の人生の中で明確に生き方の目標を持って生きることができるでしょう。

現代では時代の所為もあるのか、若者たちが何となく漂流して生きているような印象も受けます。

これは自分たちの所為だけではなく就職難で会ったり晩婚化であったりと不安定な時代であるということも一因ですが、その中でもきちんと意志を持って生きている人もいます。

きちんと自分のライフステージの中で気を付けるべき時に気を付け、変化に乗り遅れないようにするために、ここではライフステージそのものについて学んでみることにしましょう。

そもそもライフステージとはどのようなものなのか、人生の中でのライフステージとはどのような段階でできているのかについて見てみることにしましょう。

ライフステージとは?


ライフステージとは、そもそもいったいどのようなものなのでしょうか。

ライフステージと言う言葉を聞いたことがあったとしても、何となく自分の人生の中で実用している人は少ないでしょう。

学校の生活などの時間でラフ畏怖ステージという概念を学ぶことはあっても、それが自分の人生の中で明確に意識されることは少ないからです。

また、保険の説明書の中ではよく使われていますから、ライフステージと言う言葉になじみのないという人は少ないかもしれませんが、それでは、ライフステージと言う言葉がどのようなものなのかを説明はできますか?

そう言われると、ライフステージという言葉についてなじみがある人であったとしても、何となくどういうことなのだろうとモヤモヤしてくるのではないでしょうか。

ここではそもそもライフステージとは、いったいどのようなものなのかという点について詳しくご説明します。

人生の節目ごとに段階に分けること

ライフステージとは「ライフ=生活」、「ステージ=段階」という意味であって、人生の節目ごとに段階を分けていくことを言います。

最もその段階というのは、一つずつ上に上がっていくと言うわけではありませんし、年齢で決まっているわけでもありません。

年齢が上がっていくことにライフステージの変化に遭遇する確率は高くなりますが、だからと言って、そのステージに進めなければ落伍者という扱いになるわけではないのです。

どちらにせよ、人生の節目ごとに段階に分けていくことがライフステージの考え方となります。

人生の節目、というのがライフステージの変化の境目に当たりますから、例えばそれは神学の境目であったり、結婚や出産というイベントであったりと様々です。

よくあるのは、進学、就職、結婚、出産、退職などではないでしょうか。

人によっては転職などもそれに当たるかもしれません。

もっと細かく分けていくと例えば一人暮らしを始めることなども入るかもしれませんが、一般的に人生の環境をがらりと変えるほどの新しい変化というと、結婚や就職などがまずは頭に思い浮かぶものなのではないでしょうか。

ライフサイクルにおける一定期間の生活状況

ライフステージというのは、ライフサイクルにおける一定期間の生活状況のことも言います。

つまり、ライフステージのある段階にいる人の生活状況や暮らしぶりのことですね。

ステージそのもののこともライフステージと言いますが、その中で生きている人の生き方であったり人生そのものもライフステージというのです。

一定期間というのは、やはりライフステージの特性に合わせており、あるイベントによって自分の生活状況が変化してから、次のイベントで大きく状況が変化するところまでを言うのです。

この間の生活状況というのは、もちろん、その場で生きている人間にとっては変化があるところかもしれませんが、何かを変えるほどの大きな変化ではなく、長い目で見ると一定の暮らしぶりです。

恋人ができた、仕事でちょっと地位が上がったという程度の変化は一定期間の生活状況の中では一律のものとなってしまい、あまり変化に含まれることはありません。

人生において変化のあること

変化のない人生はつまらないものです。

ライフステージというのは、人生は変化するものであると考えて設定されているものだと言えるでしょう。

人生において変化がある、何か変わりがあるということがあれば、それは、ライフステージに則った人生を送っていると考えられるのではないでしょうか。

例えば日本人の場合には、進学や就職などの大きな変化があるはずです。

これによって変化のある人生を送っていると言うだけで、ライフステージという考え方の中に組み込まれてしまうということです。

ライフステージと言う言葉は知っていても、何となく自分の人生の中で実践的に考えるものではなかったという人はたくさんいるでしょう。

ですが、いつの間にか変化のある人生の中で組み込まれてしまっているのがライフステージというものなのです。

学生のライフステージ


ここからは、いくつかのライフステージの中での生き方について見てみることにしましょう。

ライフステージとは上記のように、比較的長い期間のことを言います。

ある決定的なイベントがなければ、違うステージに行くことはできないのです。

それでは、まずは学生のライフステージについて見てみることにしましょう。

自分の意思とは関係なく、日本には義務教育がありますから、気が付けば小学生で学生と呼ばれる身分になっていたということがあるでしょう。

そのままずっと順調にいけば大学生くらいまで一般的には学生を続けるわけですので、平均的に考えると16年近くは学生でいる期間だということになります。

もちろん、院生になって勉強を続けるようなことがあれば、さらに2年、もしくは5年が追加されていくので、20年以上学生という身分になっている人もいるのではないでしょうか。

この長い期間は人生の中ではどのような時期であり、どのような生き方をするものだと思いますか?誰もが一度は通るはずの学生という時代の生き方、ライフステージについて見てみることにしましょう。

学生期とは

学生期とはいったいどのような期間のことを言うのでしょうか。

簡単に言えばやはり、学生という身分を名乗ることができる期間のことを言います。

一般的には学生の身分はとても若く、7歳から大体22歳くらいまで続くものです。

もちろんそれ以上続く人もいますが、どちらにしても20代くらいまでの若い時期を学生という身分で過ごすということになりますね。

この時期は若いというだけあって、色々なことに対して不安定でもあり、色々なことを模索するような時期でもあります。

学生という身分の中でもライフステージはいくつかの段階に分かれており、その最終的な目標は自分の生き方を見つけることということ、そして自分という人間を確立するための下地を作ることにあるでしょう。

自分がどういった人間で何をしたいのか、というのは深い問いなので、なかなか答えることはできないかもしれません。

ですが、言葉にできないながらも、きちんとその答えを作り出そうと考えているのが学生期なのです。

探索段階

学生のライフステージの最初にあるのは探索段階です。

若いころは、自分の前にいくつもの選択肢が広がっていますよね。

何をしても良いし、何を選択しても構わないという状態です。

その中で、何が自分に合っているのかというのは考えてみなければわかりません。

もしかすると自分が全く考えていなかった選択肢の中に適性があるかもしれませんし、自分の可能性を見つけることができるかもしれません。

探索段階では学生は様々な選択肢に触れて、どれが自分に合っているのか、どのような道を歩みたいのか、そして選択を進める中で「自分はどういう生き方をする人間なのか」ということについて考え始めるようになります。

暫定期

学生期の人間はたくさんの選択肢の中でもがくようになりますが、だからと言って、ずっともがき続けているわけではありません。

きちんと自分の中で「これかもしれない」というものを見つけ出すようになります。

やはり人間には好みがありますから、自分の気に入った選択肢の中で暫定的に「自分はこれを選んだ人間だ」「このようなタイプの人間なのだ」ということを決めるのです。

これはもちろん最終決定と言うわけではなく、しばらくはそうした人間として生きてみて、自分がどのような状態になるのかなどを見ていく段階になります。

まだ不安定な感覚はありますが、暫定的に決めているので、選択肢しかなかったような状態よりははっきりした生き方をするようになります。

移行期

暫定した決定が変わることもままあります。

長い「学生期」の中では年齢の変化もありますから、考え方はすぐに変わってしまって当たり前です。

どうして昔の自分がこんな生き方をしていたか分からない、と思ってしまう人はとても多いでしょう。

それは、学生期というライフステージの中で移行期が合ったからです。

稀に、若いころから全く変わらないという人もいるのですが、ほとんどの人の場合には、一度暫定的に決めた生き方を違う生き方に移行させていくものです。

これは何度も起こるものであり、決して一度きりと言うわけではありません。

生き方がすぐにゆるゆると変わっていくので、学生期は何となく不安定なように周りには見えてしまいますが、これも学生期というライフステージの中は珍しいことではありません。

試行期

学生期には試行期と呼ばれる時期もあります。

新しく変えた生き方や生活状況が本当に自分に合っているものなのか?ということを試行する時期のことです。

きちんと試して見なければ最終決定には至らないでしょう。

自分の一度しかない人生の中での選択なのですから、きちんと自分の中でしっくりくるまでその生き方を試してみるという時期があります。

学生のライフステージで注意すること

学生のライフステージの中では、いくつか注意しなければいけないこともあります。

不安定でとても曖昧な時期ではありますが、その中でもきっちりと決めておかなければいけないことがあるのです。

学生のライフステージの中で注意するべきこと、ここだけはしっかりしておかなければいけないことなどをいくつかご紹介します。

自分の価値観などを決める

まずは学生のライフステージの中では、自分の価値観というものを決めましょう。

これがなければ、すぐに人に流されて意志のない人間として見られてしまうことになります。

価値観というのは難しいものですが、自分の根底に流れている「何に対して価値を見出して生きていくか」ということだと言えるでしょう。

この価値観が合わない人間とはうまくやっていくのが難しくなりますし、価値観が合っている人間を見つけると意気投合することが多いのは、根底に流れているものが同じかどうかという深いところでの理解が関係しているからです。

この価値観というのは、そう簡単に変えられるものではなく、また、そう簡単に作ることができるものではありません。

そのため、頭の柔らかい学生期のうちにきちんと色々なことについて深く考えて、何に価値を見出して生きていくかということを決めなければいけません。

様々なことを経験する

学生期には比較的自由になる時間が多くあります。

この時期に様々なことを体験しているかどうかで、人生の深みが変わってくるのです。

その後の期間になってしまうと、自分のために生きる時間というのが限られてしまうので、様々なことを経験することができなくなりますし、様々なことを経験しようとしてもできない自分がもどかしくなるでしょう。

学生というとても豊かな時間の中では、自分がしたいと思っていることをすべて経験できるようにしておきましょう。

それは、自分という人間を決める中ではとても大切なこととなります。

アイデンティティを確率する

自分がどのような人間であるのかという、人間として生きる中で根底に関わってくる部分がアイデンティティです。

自分とは何かという深い哲学的な問いにはなってしまうのですが、アイデンティティがない人間は、曖昧で不安定なまま生きなければいけなくなってしまいますし、生きる意味を失ってしまうという欠点もあります。

強固に「これが自分だ」と言えるような生き方、考え方を確立してアイデンティティを持っているということは、その後の人生の中ではとても大切なポイントとなるはずです。