私たちが普段過ごしている日常の中でとてつもなく厳しい状況というものは様々な面で存在すると言えます。

例えば、これまで生きてきた人生の中で、とても大変なだった状況を経験したことがあるという方は多くの方が該当すると思います。

仕事でとても大変な経験をしたことがあるという方もいると思いますし、プライベートなどでも大変な状況を経験したことがあるという方はいるはずです。

その大変な状況を経験し、乗り越えることによって私たちは成長していきますし、人生においてとても大事な要素であると考えることはできます。

しかし、人生の中には二度と経験したくないレベルの大変なことであったり、元から無理だとわかっているような、非常に困難を極めるようなことは多く存在しています。

なるべくであれば経験したくないことですが、どうしようもないときというものは必ず存在してます。

そこで、今回は無理ゲーという言葉をテーマにして、無理ゲーという言葉の意味や使い方、そして実際に無理ゲーなゲームについてまとめてご紹介していきたいと思います。

️若者が使う、無理ゲーって何?

あなたはそもそも無理ゲーという言葉を聞いたことがありますか?

年齢が若い方であったり、ゲームが好きな方、そしてインターネットをよく利用される方に関しては知っている言葉だと思います。

しかし、その逆にそれなりの年齢の方であったり、普段ゲームやインターネットあまりされない方については聞き慣れない言葉だと思います。

つまり、無理ゲーとは普段の日常会話の中では聞きなれない言葉ですが、インターネット上ではよく聞いたりするような言葉のひとつであると考えることができます。

しかし、最近では現実世界でも時々使用されるくらいに認知度が高まっている言葉であり、若者言葉の一つであるとも考えることができます。

無理ゲーという言葉だけに限らず、若者言葉に関しては非常に様々な言葉が存在しており、様々な状況で使用されつつあります。

また、今の時代はインターネットを使って行う様々なコミュニケーション方法が発達しており、インターネット上で言葉が生まれるようなことなども珍しいことではありません。

無理ゲーという言葉もそれと同じように生まれた言葉であり、これからもどんどん新しい言葉が生まれていくことが予想されます。

絶対に知っておかなくてはいけないような言葉ではありませんが、今の時代の中ではネット上のコミュニケーションを行う場合を想定すると知っておいて損はない言葉です。

ネット上でのつながりが多くなった今だからこそ、インターネット用語などに関してはある程度知っておいたほうがコミュニケーションで困ることは少なくなります。

なので、もしも無理ゲーという言葉を知らない場合は、今回をきっかけに無理ゲーをはじめ、インターネット上の言葉などを知るきっかけとして活用してみてください。

️無理ゲーってどういう意味?


無理ゲーという言葉を知らない方にとってはどのような状況で使われる言葉なのかということ自体がよく分からないと思います。

そもそも、インターネット用語に関してはインターネット上で生まれた言葉ということもあり、かなり簡略化された言葉が多いです。

なので、どのような状況で使用するのかということであったり、そもそもどのような意味を持っている言葉なのかということ自体がわかりづらい言葉が多いです。

だからこそ、意味が分からなかったり、理解されにくかったりする性質を持っている言葉が多いと考えることができます。

しかしながらインターネット用語は逆に意味を知ってみると非常に様々な状況で使用できる利便性が高い言葉であったりする場合なども多いです。

なので、かなり実用性に富んだ言葉である場合なども多く存在しています。

実際に似たような存在であるビジネス用語などに関しても、意味が難しいものなどが多かったりしますが、知っていると非常に便利に使用することができます。

インターネット用語も全く同様なので、この機会に知らないインターネット用語を知り、様々な状況で積極的に使用してみてください。

簡単に意思疎通を行うことができ、状況を伝えることなども可能になりますので、言葉の引き出しを増やすという意味でも意味を理解してみましょう。

基本的な意味

まずは、簡単に無理ゲーという言葉の意味についてご紹介していきたいと思います。

無理ゲーという言葉はどのような言葉の意味なのかといいますと「クリアすることが無理であったり無謀なゲームのこと」を意味している言葉です。

一般的に考えてゲームの中には簡単にクリアすることができるゲームもあれば、クリアすること自体が非常に困難を極めるようなゲームなども存在しています。

つまり、ゲームの中でも後者にあたるようなゲームのことを指し示している言葉であると考えることができます。

しかしながらここで注意していただきたい点としては、勘違いしやすい言葉であるということを考えておかなければいけません。

どういうことかと言いますと、単純にただ難しいゲームのことを指し示している言葉ではないということです。

ゲームの中にはクリアすることが難しいゲームなども非常に多く存在していますが、あくまで無理ゲーとはクリアすることが難しいゲームのことを指し示している言葉ではないです。

ゲームをクリアすることがそもそも無理であったり、無謀を極めるような設定のものを指し示しているので、この区別を間違えないようにしておいてください。

誤って認識してしまうと、無理ゲーではないものを無理ゲーだと表現してしまう場合もありますので、その点は注意して区別するようにしてください。

無理ゲーの使い方

無理ゲーという言葉の基本的な意味をご紹介したところで、ここからは無理ゲーという言葉の具体的な使い方についてご紹介していきたいと思います。

無理ゲーという言葉の意味を理解しても、具体的な使い方がいまいちピンとこない方もとても多いと思います。

そもそも、インターネット上で用いるような言葉なので、日常生活の中で用いるということ自体想像することができないという方もとても多いのが事実です。

しかし、無理ゲーという言葉は日常生活の中でも比較的多用することができるような利便性の高い言葉でもあります。

意味を知り正しい使い方をしてみると意外と様々な状況で表現することができる言葉でもありますので、知っておいて損にはなりません。

なので、この機会に無理ゲーという言葉の具体的な使い方を知り、日常生活の中で使用してみるきっかけにしてください。

様々な状況別に無理ゲーの使い方についてご紹介していきます。

仕事場で使う時


まずはじめにご紹介する無理ゲーという言葉の使い方として仕事場で使う状況が挙げられます。

無理ゲーという言葉はインターネット上で生まれた言葉でもありますのでなかなか現実世界で用いるということがわかりづらく感じる方もいるはずです。

しかし、無理ゲーという言葉はインターネット上だけで使ったり、ゲームの世界だけで用いられたりするような言葉ではありません。

今一度無理ゲーという言葉の基本的な意味を思い出していただくと、無理ゲーという言葉の意味は「クリアすることが無理であったり無謀なゲーム」という意味が存在しています。

つまり、現実世界においてもクリアすることが無理な状況を指し示すことが可能であるということになります。

ではこの意味合いを仕事場で用いるということを考えた時にどのような状況に当てはまるのかということをご紹介していきます。

例えば仕事場で使う場合、ある状況下において何かをすることがとても困難な時に使用されるようになります。

具体的には、達成することができないようなノルマを課されてしまったときなどを想像していただくとわかりやすいと思います。

また、状況としてかなり厳しい立ち位置に立たされている時のことを想像していただくと、より様々な状況に該当するということもお分かりいただけるはずです。

このように、達成することや、そもそも状況的にかなり厳しい状況である場合に無理ゲーという言葉を仕事場において使用することができるということになります。

先ほどもお伝えした通りに長い人生を歩んで行けば仕事場において非常に厳しい立ち位置に立たされたりするということは誰しもが必ず経験することです。

そのような状況を一言で表すことができるということを考えてみると非常に利便性が高い言葉であるということは明白です。

なので、仕事場においても広い状況で使用することができるという言葉になるので、もしも該当する状況があれば、ぜひ使ってみてください。

日常生活で使う時

次にご紹介する無理ゲーという言葉の使い方として日常生活で使う状況が挙げられます。

無理ゲーという言葉は様々な状況で言い表すことができる言葉になりますので、当然ながら仕事場に限らず日常生活の中においても表現することができる言葉です。

では具体的に日常生活の中で無理ゲーという言葉を表現することができる状況としてはどのような状況があるのかご紹介していきます。

日常生活の中で無理ゲーという言葉を使う場合は先ほどと同じように、基本的には非常に厳しい立ち位置に立たされたりする状況で用いることができます。

または、可能性がかなり低いことが予想されることに対して使用したりすることができるということになります。

なので、仕事場で使う場合と全く同じ状況で用いることができるということになります。

該当する状況としては非常に多岐にわたりますし、個人的な感覚のを含めると様々なことに対して用いることができるということになります。

例えば早起きをすることが苦手な人に関しては毎朝5時に起きるということはかなり無理ゲーであると判断をすることができますよね。

それ以外にもご飯が大好きな人が糖質制限を行ったり、ご飯は一日に一杯までということに関しては無理ゲーであると判断をすることができますし、表現できます。

このように、考え方次第によっては様々なことに対して無理ゲーという言葉を使って表現することができます。

特にどういう状況の時にしか用いることができないという制約や制限などは存在していませんので、自由に幅広い状況で使用することができます。

なので個人的な感覚と絡めながら様々なことに対して用いてみると非常に自由な表現をすることができるといえるので、積極的に使用してみてください。

無理ゲーの同義語

無理ゲーという言葉で表現することができる状況を様々ご紹介していきましたが、ここからは無理ゲーという言葉の同義語についてご紹介していきたいと思います。

無理ゲーという言葉は一見すると難しい表現や意味にとらえられがちですが、意外と意味を知ってみるととても簡単な意味合いの言葉であるということがわかります。

では、無理ゲーという言葉の意味とどのような言葉が同義語に当たるのか、ここからは簡単にご紹介していきますので、確認してみてください。

そもそも無理ゲーという言葉の持っている意味としては単純にクリアすることが難しいという言葉の意味になります。

つまり無理ゲーという言葉と同じような意味を持っている同義語は「難しい」という言葉が同義語に当たると考えることができます。

達成することが難しいノルマを課されたりすることも、自分自身が大きな苦痛を伴うようなことを行ったりすることも全ては難しいという言葉に行き着くようになります。

つまり、無理ゲーという言葉は言い換えてみれば難しいという言葉と全く同じような意味合いとして用いることができるということになります。

なので日常生活の中で自分自身が難しいと感じることはすべて無理ゲーという言葉で表現することができるということになります。

それを踏まえて考えてみると改めて無理ゲーという言葉で表現することができることは非常に多岐にわたるということがよくわかりいただけるはずです。

自分自身が日常的に使っている言葉と絡めて同じような意味合いであるとセットで覚えてみると、より分かりやすいですし、理解しやすくなります。

なので無理という言葉と難しいという言葉をセットで覚えてみるとより理解が深まりますので覚えておくようにしてください。

無理ゲーの対義語

無理ゲーという言葉の同義語についてご紹介しましたが、ここからは反対に無理ゲーという言葉の対義語についてご紹介していきたいと思います。

無理ゲーという言葉の対義語を考えてみると、様々な言葉が思いつくようになります。

ただ、一番簡単に想像する方法としては、難しいという言葉の反対の意味を想像していただければ非常にわかりやすくなるはずです。

では、無理ゲーという言葉の対義語はどのような言葉が存在しているのか簡単にご紹介します。

無理ゲーという言葉の対義語に関しては「簡単」という言葉の意味合いが該当すると考えることができます。

そもそも無理ゲーは達成することが難しいことになりますので、その反対のことを考えてみると達成することが簡単であるということになります。

つまり自分自身が何かをするにおいて非常に楽な立ち位置であったり、難易度が低いことを表す言葉が対義語になるといえます。

それを踏まえて考えてみると、対義語としては簡単という言葉は一番わかりやすい言葉として存在するようになるはずです。

ちなみに、簡単という言葉を同じようにインターネット用語で表現するとなると、「ヌルゲー」という言葉で表現することができます。

ヌルゲーとはどういう意味かといいますと、達成することが簡単すぎてぬるいゲームのことを意味しています。

つまり、インターネット用語で対義語を想像してみると「ヌルゲー」、私たちが一般的に使用している言葉で考えてみると「簡単」という言葉が該当するようになります。

これを理解していると、どちらの場合でも簡単に一言で言い表すことができるようになりますので、覚えておきましょう。

️実際にある無理ゲー5選

無理ゲーという言葉の同義語や対義語などについてご紹介していきました。

ある程度無理ゲーという言葉の概要などがお分かりいただけたところで、ここからは実際に存在している無理ゲーについてご紹介していきたいと思います。

もともと無理ゲーという言葉はクリアすることが無理なゲームのことを意味している言葉です。

つまり無理ゲーとは状況を指し示す言葉というよりかはゲーム自体のことを指し示されて表現されていた言葉です。

それを踏まえた上で実際にクリアすることができないほど難しいゲームについてご紹介していきたいと思いますので、ゲーム好きな方はチャレンジしてみてください。

たけしの挑戦状

実際に存在している無理ゲーの一つとして「たけしの挑戦状」が存在しています。

たけしの挑戦状は1986年12月10日にスクエアエニックスが発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフトとして知られています。

こちらはタレントであるビートたけしが監修した作品として知られており、基本的にはアドベンチャーゲームとして知られています。

どのような世界観なのかと言いますと、主人公は薄汚れた街並みの中に住む世帯持ちのしがないサラリーマンとして設定されています。

そしてそのサラリーマンが様々な行動を行っていくことを自分自身が選択していき、ゲームを進めていくようになります。

ではなぜこのゲームが無理ゲーと呼ばれているのかと言いますと、正しい選択をすることができなければその時点でゲームオーバーになってしまうからです。

また、今では考えられないかもしれませんが主人公の名前を付ける画面で場合によってはゲームオーバーになってしまう可能性などもあります。

このように正しい選択をすることが、初めてプレイをする段階ではなかなか理解できないため、結果的に無理ゲーの一つとして該当している理由になっています。

スペランカー

次にご紹介する実際に存在している無理ゲーの一つとして「スペランカー」が挙げられます。

スペランカーは1983年に発売されたゲームソフトであり迷宮の最下層を目指すアクションゲームとして知られています。

内容としてはヘルメットをつけた洞窟探検家を操作して洞窟最下層にある財宝を探すという目的が存在しています。

ではなぜスペランカーが無理ゲーであると判断されているのかというと、想像以上に簡単にゲームオーバーになってしまうからだと言えます。

具体的に説明すると、例えば一定の高さから落下しただけで簡単にゲームオーバーになってしまったり、障害物などが多く設定されており、操作性が困難であることが理由です。

実際にゲームをプレイしたいゲームの動画を見ればすぐにわかると思いますが、非常に長いのが難しく設定されておりこの難しさの一つの特徴であると語られています。

なので、これらの理由からスペランカーは無理ゲーであると判断をされていると言えます。

魔界村

次にご紹介する実際に存在している無理ゲーの一つとして「魔界村」が挙げられます。

魔界村は1985年にCAPCOMから稼働されたアーケードゲームとして知られており、横スクロールアクションゲームでもあります。

ではなぜ魔界村がここまで難しい無理ゲーの一つとして判断をされているのかと言いますと、理由としてはたくさんの魔物が出現してしまうということが挙げられます。

たくさんの魔物が出現してしまうことによって自分自身が操作をした場所に魔物が出現してゲームオーバーになってしまったりするということも多く存在しています。

なかなかその点が予測がつかないということが難易度を高めてしまっている一つの理由になり、それ以外にも攻略が難しい敵の存在なども理由として挙げられます。

これらの理由から、攻略をすることがとても難しいので、無理ゲーであると考えられていると言えます。

しかしながら、非常にやりがいがあるゲームとしても認識されており、単に難しいだけではなく、楽しいという感覚も味合わせてくれる魅力的なゲームであると言えます。

エルナークの財宝

次にご紹介する実際に存在している無理ゲーの一つとして「エルナークの財宝」が挙げられます。

エルナークの財宝は謎解き要素が存在しているアクションゲームとして知られており、主人公がナイフを使って敵を倒しながら友人と財宝を探すという目的を持っています。

なぜエルナークの財宝がこれほどまでに難易度が高いゲームであると判断されているのかと言いますと、単純に難易度が高いということが理由に挙げられます。

そもそもこのゲームに関してはあからさまに難易度の設定が理不尽な設定になっており、普通にゲームをクリアすること自体が難しくなっています。

また、それだけではなくこのゲームに関してはなんと説明書に平然と嘘の記述をしているという点も存在しています。

これらの理由も存在しておりなんと発売されてから13年後になるまで確固たるクリア情報が世の中に出回らなかったという恐るべき逸話も存在しています。

それ以外にもゲームを進めていくうえで明らかにヒント不足な状況なども存在しており、それらがさらにゲームを難しくしくしてしまっていると考えられます。

なので、エルナークの財宝は明らかに無理ゲーであると判断をすることができます。

高橋名人の冒険島

次にご紹介する実際に存在している無理ゲーの一つとして「高橋名人の冒険島」が挙げられます。

高橋名人の冒険島は1986年9月12日にコナミデジタルエンタテインメントが発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフトです。

なぜこのゲームが無理ゲーだと言われるのかと言いますと、理由としては極悪なほどのゲーム設定が理由になっています。

具体的には、移動性能がとても難しくかなりのテクニックを要さないとクリアすることができないのが主な理由になっています。

それ以外にも様々なギミックや障害物などがゲームの難易度を上げており、無理ゲーだといわれる所以になっています。

️無理ゲーの特徴

ここまでは実際に存在している無理ゲーについてご紹介していきました。

ある程度無理ゲーを知ったところで、ここからは無理ゲーに該当している特徴についてご紹介していきたいと思います。

無理ゲーに関してはよく考えてみると共通する特徴というものがいくつか存在しています。

この特徴を理解いただくことによって、どういうものが無理ゲーに該当するのかということなどがよくお分かりいただけるようになります。

なので簡単に無理ゲーの特徴をいくつかご紹介していきたいと思いますので参考にしてみてください。

昔のゲームに多い

まずはじめにご紹介する無理ゲーの特徴としては「昔のゲームに多い」ということが挙げられます。

これに関しては先ほどご紹介した現実に存在している無理ゲーを考えていただければすぐに理解いただけるはずです。

どちらかといえば最近発売されているような新しいゲームというよりかは過去に発売されたような昔のゲームが無理ゲーに位置づけられています。

なぜ現在のゲームは無理ゲーが少なく、昔のゲームは無理ゲーが多いのかということが不思議に感じる方もいらっしゃるはずです。

決定的な理由というものに関しては明確に存在していませんが、考えられる理由としては昔のゲームは今ほど精密に作られていない場合が多いからだと言えます。

実際にゲームが好きな方であればすぐにお分かりいただけると思いますが、昔のゲームは今のゲームと比べてあまり精密ではありません。

実際に、昔のゲームに関しては開発者のミスなどが多く存在していたりして、バグであったり裏技なども多かったりして、かなりあらっぽい作りになっていることが多いです。

ミスによって致命的なバグが発生していたり、致命的な裏技などが存在するゲームなども多く存在しており、今のゲームでは考えられないようなものが多いです。

当然ながら新しいものを発売する場合、前例などがないものは失敗なども多くなります。

それらを考慮すると当然昔のゲームにおいても、人為的な失敗や設定ミスなどがあるのもおかしくはありません。

なので、結果的に昔のゲームのほうが圧倒的に無理ゲーは多く、一つの特徴として考えることができるといえます。

クリアできる人は10人以下

次にご紹介する無理ゲーの特徴としては「クリアできる人は10人以下」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、そもそも無理ゲーという言葉はクリアすることが難しいゲームのことを意味しています。

しかし、ただ難しいゲームではなく、難しすぎるということが一つの特徴になっていますので、ちょっと難しいものなどに関しては該当しません。

つまり、非常に難しくそもそもクリアすることができる人間が圧倒的に少ない事が一つの条件であると考えることができます。

それを踏まえて考えるとクリアできる人数はまさに10人以下になってしまうという一つの基準が存在すると考えることができます。

ただ単に難しいと感じるだけでは無理ゲーではなく、圧倒的な困難を極めるようなものが無理ゲーに該当するようになります。

なので、この点に関して理解した上で無理ゲーを想像してみると、難しいと無理ゲーの明確な違いを見出すことができるはずです。

ほとんどがロールプレイングゲームor謎解き

次にご紹介する無理ゲーの特徴としては「ほとんどがロールプレイングゲームor謎解き」ということが挙げられます。

これに関しては先ほどご紹介した無理ゲーを考えてみればすぐにお分かりになるはずです。

実際に先ほどご紹介した無理ゲーに関してはロールプレイングゲームや謎解きのゲームなどが圧倒的な割合を占めています。

では、なぜロールプレイングゲームや謎解きのゲームが無理ゲーとして多いのかということが不思議に感じると思います。

その理由としては、ロールプレイングゲームや謎解きに関しては難易度が自然と高くなりやすく、無理な設定を出されたときに困難を極めることが多いからです。

具体的にはロールプレイングゲームであれば明らかに勝つことができないような敵が設定されていることが多いです。

謎解きに関しては、明らかに正解できないレベルの高い問題が設定されていたり、そもそも答えを知っていないと回答することができないレベルのものだったりすることが多いです。

なので、先ほどご紹介した無理ゲーの特徴としてはほとんどがほとんどがロールプレイングゲームor謎解きであるということが一つの共通点に該当するようになります。

️無理ゲーに挑戦してみては?(まとめ)

今回は無理ゲーをテーマにして無理ゲーという言葉の意味や使い方などをご紹介していきました。

無理ゲーという言葉を知らなかった方も意外と意味を知ってみると、とても簡単な言葉であるということがおわかりいただけたと思います。

もしも今まで無理ゲーという言葉を使っていなかったのであれば、これからは積極的に日常生活の中で無理ゲーという言葉を活用してみましょう。

また、ゲーム好きな方は今回ご紹介した無理ゲーに是非チャレンジして楽しい時間を過ごしてみてくださいね。