年齢を重ね社会人になると様々な難しい言葉などを扱う機会が多くなると思います。

なので、学生として過ごしてきた人にとっては、難しい言葉遣いや言葉の知識を身につけるということはとても大変なことだと感じるようになると思います。

それくらい、今まで用いなかったような言葉などを用いる機会は社会人になると圧倒的に増えてくるようになるからです。

しかし、だからといって言葉の意味をわからないままに放置してしまうと、必ず自分自身が困ってしまう場面がやってくると思います。

例えば、一人前の社会人として知っていて当たり前の言葉くらいは扱えるようにしておかないと、場合によっては相手との信頼関係に傷がつく可能性もあります。

また、それ以外にもビジネスの場面などにおいて、当たり前の言葉の意味を理解していないような人に対して、何かをお願いしたりするのは不安になると思います。

なので、難しい言葉であったとしても、社会人として知っていて当たり前の言葉などに関しては早い段階で覚えておく必要性があります。

そこで、今回は社会人になると比較的頻繁に用いることになる難しい言葉の一つであるご健勝をテーマにして、ご健勝という言葉の意味や使い方をご紹介していきます。

「ご健勝」しっかり使えてる?

まだ学生として過ごしている方に関しては。

ご健勝という言葉をなかなか日常的に聞いたりすることは少ないかと思います。

しかしながら、社会人として仕事に携わっている人に関してはご健勝という言葉を耳にしたことがある、という方はとても多いと思います。

それぐらいご健勝という言葉は社会人になると、見たり聞いたりすることがとても増えてくる言葉になります。

なので、早い段階でご健勝という言葉の意味を知っておくことによって正しい認識や正しい使い方を身に着けることができるようになるはずです。

しかし、ご健勝という言葉は毎日用いるような言葉ではなく、挨拶の言葉として用いられたりするような言葉です。

なので、結果的に考えてみると毎日聞いたりするわけではない分、人によって理解に差が生まれやすい言葉でもあると言えます。

つまり、差が生まれやすいということは、人によっては正しい認識を持っていない場合なども多くなりますので、よく注意をしておかないといけない単語でもあるということです。

もしもご健勝という言葉の意味を正しく認識していなかったり、説明することができないと感じているのであれば、この機会にご健勝という言葉の正しい意味を把握してみましょう。

「ご健勝」の基本

ご健勝という言葉の意味や使い方を知っていただくためには、まずはご健勝という言葉が基本的にどういう言葉なのかということを理解する必要性があります。

先ほどお伝えしたようにご健勝という言葉は相手に対する挨拶として用いられたりする場合がほとんどです。

逆に考えてみると相手に対する挨拶以外で用いられたりする機会というのはそこまで多くはない言葉であると考えることができます。

では、挨拶に用いることが多いということを踏まえて考えてみると、ご健勝という言葉はビジネスにおける連絡の際に用いる場合が多いということに気がつくようになります。

ビジネスにおける連絡は様々な方法がありますが、一般的にはスピーチをする場面や、手紙やメール、はがきなどのツールを利用する際に使用される状況が挙げられます。

挨拶は相手との信頼関係を形成したり、コミュニケーションの大切な要因にもなりますので、特に注意しておかなければいけない存在でもあります。

この挨拶が間違っていたり、失礼な印象を与えてしまうと相手に対して非常に悪印象になってしまいますので注意が必要です。

その基本的な部分も踏まえたうえで、改めてここからはご健勝という言葉が持っている基本的な意味についてご紹介していきたいと思います。

意味

ご健勝という言葉がどのような意味を持っているのかと言いますと「健康で体が丈夫なこと」という意味を持っています。

つまり、言い換えてみれば相手に対する健康を願って使うような言葉であるということになります。

相手に対して挨拶をする時には相手のことを思った言葉などを添えたりすることがとても多いと思います。

その中の一つとしてご健勝という言葉が選ばれてよく頻繁に使われているということになるのです。

また、ご健勝という漢字に着目して考えてみるとそこまでご紹介した意味はかけ離れた意味ではないことはすぐにわかると思います。

健康の健が使用されており、勝利の勝という言葉が選ばれていますので、健康ですぐれているさまを言い表している単語として広く認識されています。

これがご健勝という言葉の基本的な意味であり、一般的にたくさんの方が用いている意味であると考えることができますので、覚えておきましょう。

動詞

ご健勝という言葉に関しては形容動詞の一つとして考えられており、形容動詞は日本語の品詞の中の一つとして考えられています。

そしてご健勝という言葉は健勝という言葉が単語であり、その前に「ご」が使用されていることによって丁寧語として扱われているようになっています。

もちろん健勝という言葉とご健勝という言葉は意味が変わるようなものではなく、同じような意味で使用することができます。

ただ、注意していただきたいのが正式な場でのあいさつなどであったり、目上の相手に対して言葉を用いる際には丁寧語の形に変化させてあげる必要性があります。

どういうことかといいますと、自分が相手の立場になって考えてみればすぐにわかることです。

例えば、あなたが自分よりも目下の立場の人間から健勝~という言葉を用いられるとおそらく少し見下されたような、タメグチを聞かれたような印象になると思います。

なので、相手によって言葉の使い方などに関してはよく注意をするようにしておいてください。

言葉はきちんとした正しい使い方を行わないと、場合によっては相手との信頼関係に大きな傷がつく可能性がある存在です。

なので、ちょっとした言葉遣いがきっかけで思いもよらない展開になる可能性もあるほど大きな力を持っているということを覚えておかなければいけません。

その点を十分注意した上で、正しい使い方、そして意味などを理解することの重要性もよく考えておきましょう。

「ご健勝」と似ている言葉

ご健勝という言葉の意味合いについて簡単にご紹介していきましたが、ここからはご健勝という言葉とかなり似ている言葉についてご紹介していきたいと思います。

先ほどもお伝えした通りご健勝という言葉が持っている意味は「健康で体が丈夫なこと」という意味になります。

また、挨拶などでよく使用されるという特性なども考慮して考えてみると、非常に意味合いや使用方法などが似ているような言葉が存在しています。

似た意味の言葉などをある程度理解しておくということは、しっかりと言葉を使い分けられるようにもなりますし、幅広い引き出しを身に着けるということにもつながります。

なので、関連性のある言葉などについてはある程度認識を持っておいたほうが絶対に自分自身のスキルとして役に立つようになります。

特にビジネスでのあいさつなどで用いられるような重要性の高い言葉に関しては、一人前の社会人としてその知識を身に着けておく必要性があります。

だからこそ、この機会に似たような意味の言葉を正しく覚えておくようにしてください。

ご多幸

ご健勝という言葉とかなり似ている言葉として「ご多幸」という言葉が挙げられます。

使用されている漢字などから考えてみると意味合いが似ているとは思えないような言葉に感じるかもしれませんね。

では、なぜご健勝という言葉とご多幸という言葉が似ているのかということについて簡単にご紹介していきたいと思います。

まずご健勝という言葉とご多幸という言葉が似ている意味だと考えられる理由としてはどちらの言葉も挨拶として使用されるということが一つ目の理由です。

ご健勝という言葉がスピーチや挨拶などで使用されたりするということに対して、ご多幸という言葉に関してもまったく同様の使い方をされる言葉なのです。

そして、もう二つ目の理由としては意味合い自体もかなり似ている意味で使用されるからということが挙げられます。

どういうことかといいますと、ご健勝は相手の健康を願って使われるような言葉であり、ご多幸という言葉は相手の幸せを願って使われるような言葉です。

細かい意味合いに関しては若干の違いがありますが、どちらの言葉も相手のことを思っているという点に関しては全く同様の意味を持っています。

なので、細かい意味合いは違えど、使用方法や根本的な感情などが似ているため、結果的にはかなり似ている存在の言葉であると考えることができます。

使い分けは?


ご健勝という言葉とかなり意味合いが似ている言葉としてご多幸という言葉をご紹介していきました。

どちらの言葉も挨拶として使われたりするという状況を踏まえて考えてみると、この二つの言葉をどのようにして使い分ければいいのか疑問に感じる方もいると思います。

しかしながらこの二つの言葉に関しては使い分けなどはそこまで難しくありません。

そもそもこの二つの言葉自体は根本的な意味合いは違う意味になりますので、場合によってはこの二つの言葉を組み合わせて使ったとしても全く問題がない使い方になります。

社会人の方であれば一度は聞いたことがあると思いますが、「ご健勝ご多幸をお祈り申し上げます」という例文聞いたことがあると思います。

この例文の意味としては「相手に対する健康や幸せを祈っております」という意味合いになります。

このようにこの二つの言葉については使い分けて使うこともできますし、場合によってはセットで用いることも十分可能であるということになります。

もしも使い分けたいと思うのであれば、使い分けの基準としては相手に対する健康の気持ちが強いのか、幸せな気持ちが強いのかということを踏まえて考えるようにしてください。

なので、明確に使い分けをしなければいけないような扱いが難しい言葉ではありませんので、自分の気持ちに正直になり言葉を選択するようにしてみてください。

「ご健勝」の例文!正しく使おう!


ここまではご健勝という言葉と似ているような言葉などについてご紹介していきましたが、ここからはご健勝という言葉の具体的な使い方についてご紹介していきます。

言葉の意味を正しく理解していたとしても、正しい使い方ができていなければ言葉をマスターしているとは言えません。

間違った言葉の使い方をしてしまうことにより、場合によっては間違った意思疎通が行われてしまい、信頼関係が失われてしまう可能性などは十分考えられます。

なので、意味だけではなく、正しい使い方を知り、正しい使用方法で相手と意思疎通を図ることが重要であるということを忘れないでください。

そこで、ここからはご健勝という言葉を交えた例文をいくつかご紹介し、例文の意味などについても併せて解説していきたいと思います。

前文で使用する場合

まずはじめにご紹介するご健勝という言葉を使った例文のうち、まずは前文で使用する際の例文をご紹介していきます。

ご健勝という言葉を前文で使用した例文には「ご健勝のこととお慶び申し上げます」という例文が挙げられます。

これはご健勝という言葉を使った例文の中でもかなり一般的な言葉だと考えることができます。

ちなみに、この例文の意味としては簡単に言えば「お元気で何より」という意味として考えることができます。

ビジネスの場面で用いられる挨拶としても一般的な言葉になりますので、この機会に例文やご健勝という言葉の使い方についても合わせて覚えておくようにしてください。

この例文を覚えておけばビジネスの場面で適切な挨拶としてこの例文を用いることができるようになるはずです。

末文で使用する場合

次にご紹介するご健勝という言葉を使った例文のうち、次は末文で使用する際の例文をご紹介していきます。

ご健勝という言葉を末文で使用した例文には「皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます」という例文が挙げられます。

これはどのような例文かと言いますと、これまでご健勝という言葉が用いられた挨拶の言葉に関しては初めのあいさつの言葉で用いられるものばかりでした。

しかし、この例文に関しては、挨拶の言葉ではなく締めの言葉としての役割を持っている言葉です。

なので、スピーチなどの締めの言葉として使用されることが多いので、始まりの挨拶などと併せて覚えておくようにしてください。

転勤で使用する場合

次にご紹介するご健勝という言葉を使った例文は転勤で使用する場合の例文です。

社会人として仕事を行っている方であれば必ず一度くらいは遭遇したことがあると思いますが、社会人になると転勤で離れた場所に行かなければいけなくなる場合がいます。

そうなった場合、慣れ親しんだ場所から離れるということになりますので、当然ながら同じ職場の人に対して挨拶などを行ったりしなければいけない場合があります。

そのような場面で用いることができる例文になりますので、こちらも併せて覚えておくようにしましょう。

転勤などの状況の場合は「皆様のご健勝ご多幸をお祈り申し上げます」という例文を組み合わせて使用することができます。

これまでにご紹介したご健勝を用いた例文とほぼ変わりはありませんので、そこまで難しくない例文だと思います。

そもそもご健勝という言葉を組み合わせた挨拶の言葉に関しては様々な場面で用いることができる利便性が高い言葉です。

幅広い状況で使用することができる言葉なので、この表現方法を一つ覚えておくことによって様々な状況で対応することができますので覚えておくようにしておきましょう。

転居で使用する場合

次にご紹介するご健勝という言葉を使った例文は転居で使用する場合の例文です。

長い人生を過ごしていれば引っ越しをしたりするようなことがあると思いますが、引っ越しをする場合にお世話になった人に対して連絡をしたりすることもあると思います。

そのような場合に挨拶の言葉として用いたりする例文になりますので覚えておくようにしてください。

ご健勝という言葉を転居で使用する際の例文としては「益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」というような例文で使用できます。

このように挨拶の言葉として使用するようにすれば、転居という状況に適した表現方法としてご健勝という言葉を扱えるようになりますので、覚えておいてください。

「ご健勝」の類義語・同義語

ここまではご健勝という言葉の正しい使い方を例文を交えて具体的にご紹介していきました。

ある程度ご健勝という言葉の使い方について理解いただけたところで、ここからは改めてご健勝という言葉の類義語や同義語などについてご紹介していきたいと思います。

先程ご健勝という言葉に似ている言葉としてご多幸という言葉をご紹介していきました。

しかしながら、ご健勝という言葉の類義語や同義語などに関してはご多幸という言葉以外にも様々な言葉が存在しています。

これからご紹介する言葉はどれもビジネスの場面において非常に重要性が高い言葉ばかりですし、どれも挨拶の言葉として用いられる割合が非常に高い言葉ばかりです。

なので、知っておくことによってビジネスの知識である引き出しをたくさん身に着けられるようになりますので、この機会にセットで覚えておくようにしてください。

ご清祥

まずはじめにご紹介するご健勝という言葉の類義語・同義語としては「ご清祥」という言葉が挙げられます。

ご清祥という言葉はどのような意味を持っている言葉なのかと考えてみると「相手が健康で幸せなことを祝福する」という意味を持っている言葉として知られています。

つまり、簡単にお伝えするとすればお元気そうで良かったですという言葉の意味として考えることができます。

また、健康で幸せなことを祝福するという言葉を考えてみれば先ほどご紹介したご健勝やご多幸という言葉を組み合わせた意味になるということもすぐにわかるはずです。

そもそもの言葉の意味の中に相手が健康であることという言葉が入っていますので、ご清祥という言葉とご健勝という言葉がかなり似ている意味であるということは明白です。

なのでご清祥という言葉とご健勝という言葉は類義語であり同義語であると考えることができます。

ちなみにご清祥という言葉で相手に対して挨拶をしようとするのであれば「ますますご清祥のこととお慶び申し上げます」という例文などを使用することができます。

この例文の形もあいさつなどで見かけたことがあるという方は多いと思います。

挨拶の冒頭などで使用されたりする場合が多いので、難しい言葉ですが意味はそこまで難しくありませんのでこの機会に覚えておくようにしましょう。

ご清栄

次にご紹介するご健勝という言葉の類義語・同義語としては「ご清栄」という言葉が挙げられます。

ご清栄という言葉はどのような意味を持っている言葉なのかと考えてみると「健康と繁栄の両方を祝う言葉」という意味を持っている言葉です。

ご清栄という言葉に関してもビジネスの場面において挨拶をしたりするときによく用いられたりする言葉として考えることができます。

ビジネスの場面で挨拶をする言葉ということと、そもそもの意味の中に相手の健康を祝う意味が含まれていますので、ご健勝という言葉とかなり近い意味を持っている言葉です。

なのでご健勝という言葉とご清栄という言葉に関しては類義語であり同義語であると考えることができます。

ご清栄という言葉を使い、もしもビジネスの場面で挨拶をしたりするのであれば「ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」という意味になります。

先ほどご紹介したご清祥という言葉と取り換えるだけで簡単にビジネスの挨拶として用いることができるようになりますので、覚えておくと使い分けが便利ですよ。

しかし、ビジネスの場面において細かく几帳面に使い分ける必要性はあまりなく、的外れな意味合いではなければどの言葉でも使用できますので難しく考えないようにしてください。

ご隆昌

次にご紹介するご健勝という言葉の類義語・同義語としては「ご隆昌」という言葉が挙げられます。

ご隆昌という言葉は(ごりゅうしょう)という読み方をする言葉ですが、ご隆昌という言葉の意味は「盛んで勢いがある」という意味があります。

つまり相手を褒め称えたりする場合に用いられたりする言葉であると言えます。

この言葉に関してもビジネスの場面において相手に対する挨拶として用いられたりする場合が多く、定番の例文として用いられたりすることが多いです。

つまりこれまでご紹介してきたご健勝という言葉やご多幸という言葉、ご清栄という言葉などと同じような状況で用いられたりする場合が多いということになります。

意味としてはご健勝という言葉と少し違いがありますが、挨拶の言葉として使用されるという点においては同じなので類義語であると考えることができます。

もしもご隆昌という言葉挨拶として使う場合は例文として「ますますご隆昌のこととお喜び申し上げます」というような例文として使用することができます。

挨拶の言葉として、文章のトップに出てくるような言葉になりますので、これまでご紹介してきた言葉とセットで覚えておくようにしましょう。

ご隆盛

次にご紹介するご健勝という言葉の類義語・同義語としては「ご隆盛」という言葉が挙げられます。

ご隆盛という言葉は(ごりゅうせい)という読み方をする言葉ですが、ご隆盛という言葉の意味は「勢いがあり、盛んで経済的に豊かである」という意味があります。

若干の意味の違いがありますが、ほとんど先ほどご紹介したご隆昌という言葉とほぼ同じ意味であると考えることができます。

なので、結果的にご健勝という言葉とは類義語の関係性にあると考えられます。

使用するべき細かい状況としては先ほどご紹介したご隆昌という言葉とそこまで変わりませんので、ビジネスの挨拶として用いられるのが一般的だと覚えておいてください。

「ご健勝」は天皇陛下が使う

ここまでのご健勝という言葉の類義語や同義語などについてご紹介していきました。

ある程度ご健勝という言葉と似ている言葉や同じ意味を持っている言葉を理解いただけたと思いますが、さらにご健勝という言葉について掘り下げてご紹介していきたいと思います。

ご健勝という言葉に関しては知ってる人は知っていますが実は天皇陛下が使っている言葉であると考えることができます。

なぜかと言いますと天皇陛下が過去に晩餐会を行った際に述べた挨拶の言葉の一部分でご健勝という言葉が使われていたということが判明しているからです。

どのような表現方法を用いたのか気になる方もいると思いますので、2016年にフィリピンでの晩餐会の挨拶を一部抜粋してご紹介していきます。

「大統領閣下並びに御姉上の御健勝と、フィリピン国民の幸せを祈り、杯を上げたいと思います。」という風に御健勝という言葉を天皇陛下は使用されていました。

つまり、ご健勝という言葉は天皇陛下のような立場がある人も使用している言葉であると考えることができます。

なので、正式な場でも十分通用する美しい言葉であるということを覚えておきましょう。

「ご健勝」の注意点

ご健勝という言葉に関する意味や使い方、そして様々な特徴などをご紹介していきましたが、最後にご健勝という言葉の注意点についてご紹介していきたいと思います。

ご健勝という言葉に関しては使用する際に注意しておかなければいけない点などがいくつか存在しています。

もしも注意点を踏まえずにご健勝という言葉を使ってしまった場合、場合によっては間違った使用方法をしてしまう可能性も考えられます。

また、相手と会話をしたりする際にうまく意思疎通が行えなかったりするような可能性もありますので必ず注意点については気をつけておかなければいけません。

あまり日常的に頻繁に用いる言葉ではないですが、先ほどもご紹介したようにビジネス上で使用される言葉なので、十分に注意するべき言葉でもあります。

なので、それらを踏まえた上でこれからご紹介する注意点を確認してみてください。

頻繁に多用しない

まずはじめにご紹介するご健勝という言葉の注意点としては「頻繁に多用しない」という注意点が挙げられます。

これはどのような意味なのかと考えてみると、そもそも挨拶の言葉としてご健勝という言葉は使われるようになります。

なので、むやみやたらに何度もご健勝という言葉を頻繁に用いるべきではないという意味になります。

基本的に考えて相手に対して連絡をしたりする際にいきなり用件に入るのは失礼なのでまずは挨拶の言葉を頭に持ってくるのが礼儀になります。

なので、ご健勝という言葉を使った挨拶文まずは一度使い、それ以降は何度も同じような表現を多用しないということを注意するようにしてください。

また、更に注意していただきたい点としては挨拶の言葉として非常に利便性が高い言葉なので様々な場面で同じような表現方法してしまわないようにするということです。

これはどういうことかと言いますと、確かにご健勝という言葉は様々な場面で表現することができる言葉ですが、あくまで使用するべき状況、使用してはいけない状況があります。

具体的な使い分けの判断基準としてはご健勝という言葉は個人や家族の健康を祝う言葉であり、企業や組織に対して用いるべき言葉ではないという考え方が判断基準になります。

ビジネス上で用いたりする表現方法ではありますが、あくまで個人に対しての使用方法になりますので、企業対象で使用するようなことはしないようにしてください。

企業に対して「ますますご健勝のことと~」というような挨拶をした場合、相手に対して失礼な表現方法になりますので、必ず使う相手を確認して使用するようにしてください。

電話では使用しない

次にご紹介するご健勝という言葉の注意点としては「電話では使用しない」という注意点が挙げられます。

これはどういうことかといいますと、ご健勝という言葉は挨拶の言葉として用いられてはいますがあくまで電話では使用するべきではないということになります。

挨拶の言葉としてスピーチなどを行ったりする際に用いられていますので、ついつい日常会話などでも使用してしまいがちになりますが必ず使わないようにしてください。

あくまでご健勝という言葉に関しては相手に対する挨拶の言葉として適した状況や場面などで用いるべき言葉です。

なので、ご健勝という言葉を日常会話や電話上などで用いてしまうと、違和感を感じさせてしまうような会話になってしまいます。

なので、丁寧な言葉だと思ってあえて使用したいたという方に関しては、今後は日常会話などではご健勝という言葉は使わないようにしてください。

「ご健勝」は手紙を用いて使用しよう(まとめ)

今回はご健勝という言葉をテーマにして、ご健勝という言葉の意味や使い方などについてご紹介していきました。

ご健勝という言葉に関しては何度もお伝えしている通り、ビジネス上の挨拶として頻繁に用いたりする言葉です。

日常的に何度も聞いたりするような言葉ではありませんが、ビジネスに携わっている人間であれば必ず一定間隔で耳にしたりする言葉でもあります。

なので、必ず意味を把握していない方や使い方がわからなかった方は、この機会に正しい意味や使い方をマスターできるようにしておいてください。

スピーチや手紙、そしてメールなどでご健勝という言葉に関する挨拶などは必ず使用したりする機会がありますので、社会人として必ず必要な知識につながります。

それなりに立場になった時に知らないと想像以上に恥ずかしい状況になってしまう可能性がありますので、必ず覚えて、活用できるようにしてくださいね。