友達と何気ない会話をしているときに、「うちの相方がさ~」と言っていて、誰のことを指しているのかわからず、しばらく頭の中が「???」になってしまい、話の内容から“恋人”のことを指しているのかと分かったりした経験ある人もいるのではないでしょうか。

また、自分が恋人のことを“相方”と呼ぶ人もいると思います。

そう呼んでいることに様々な考えがあると思いますが、周りからどう思われているのか気になるひともいるはずです。

今回はそんな恋人を“相方”と呼ぶことについてまとめていきます。

アリ派とナシ派でくっきり分かれるようなので、その両面の理由を調べ、お伝えしていきますので、参考にしてみてください。

恋人を”相方”って呼ぶ人いますよね

“相方”というと、どんな場面を想像しますか?

多くの人が一番に浮かぶのは、お笑いコンビなどの相方ではないでしょうか。

もしかしたら、“相方”という言葉を一番使っているのはお笑い芸人かもしれません。

しかし、最近カップルの間でも“相方”という言葉で表す人もいるそうです。

“相方”の意味

“相方”という意味を調べてみると、一番に「一緒に物事をする人。」と出てきました。

そのほかにも「パートナー。相手。相棒。」という言葉も書いてあります。

そして、「近年は若者を中心に恋人や配偶者をこう呼ぶこともある。」ということまで。

“相方”という言葉には、広い意味があり、恋人のことをそう呼んでも“パートナー”や“一緒に物事をする人”には間違いはないように思いますね。

若い人の間で流行している

調べた際にも出てきたように、恋人を“相方”というのは若い人のほうが多いようです。

若い人の間では、実に様々な流行がとても速く伝わり、浸透しますよね。

その発端は読者モデルなどの有名人のこともあれば、ネット上などの場合もあると思います。

しかし、はじめがどこだったとしても、浸透して実際に使うようになると、その輪はどんどん広まっていくような気がしませんか。

この恋人を“相方”と呼ぶことも、この流行の波の結果だといえるかもしれません。

主に20〜30代の男女に見られる

この“相方”呼び、主に使っているのは20代や30代の男女が多いんだとか。

この年代は周りにだんだんと結婚する人も増えてきたりするので、もしかしたら“相方”と呼ぶ人が増えているのかも。

“彼”や“彼氏”と呼ぶと、「結婚はしないの?」と思われたり、恥ずかしく感じたりする人もいるそうです。

また結婚した旦那さんに対して“相方”と呼ぶ人もいるでしょう。

結婚する前からの友人などに彼のことを“旦那”と呼ぶことに恥ずかしさや、違和感などを感じることもあるのかもしれません。

ツイッターなどSNSでよく目にする


実際に飲み会や女子会の場で使っている人もいますが、一番目にするのはツイッターやインスタグラムなどのSNSですよね。

「相方と◯年◯カ月」や「相方さんから誕生日プレゼントもらった」などと、当然のように“相方”と呼ぶ投稿を見たことある人も多いのではないかと思います。

“彼氏”や“旦那”と表現することに抵抗のある人や、そういった呼び方にいやらしさを感じる人もいるんだとか。

恥ずかしさなどから、お笑い芸人のコンビのように“相方”と呼ぶことが浸透していったのかもしれないですね。

実際のところみんなはどう思っているのか

この“相方”呼びですが、実は同年代の中でも共感できるという意見と、意味が分からないと言われることとが、大きく半々程度なんです。

自分の性格的に“彼氏”というよりも“相方”と呼ぶほうがしっくりくるからという意見や、フレンドリーな関係に聞こえるという風にも言われています。

しかし、逆の意見では漫才師や刑事ドラマなどを連想してしまうといった意見や、異性として見ていないような印象を受けるといった意見もあり、人それぞれ思うことにより、アリかナシか言われると、結論は難しいと思います。

ただ、仲間内で“相方”と使っている人が他にもいる場合や、昔からの友人で恥ずかしくてという場合は、分かってもらえるかもしれませんね。

また、アニメや二次元が好きな人のほうが、比較的“相方”と呼ぶことに抵抗がないんだそうです。

恋人を相方と呼ぶ8個の心理・理由

ここからは、実際に恋人のことを“相方”と呼ぶ人の8個の理由や特徴、心理などをご紹介していきます。

様々な理由がありますが、“相方”と呼ぶことに抵抗がある人も、共感できる部分があるかもしれません。

また、“相方”呼びに対して、抵抗や気持ちに変化がでてくることもあると思います。

あまり言葉の意味などを深く考えず、“こう思う人もいるんだな。

”という気持ちで見ていくことがおすすめです。

彼女・彼氏は気恥ずかしさがある

付き合い始めだったり、幼い頃からの幼なじみなどと話すときに、“相方”と呼んでしまう人の中には恥ずかしいと感じる人もいるんだそうです。

たしかに、付き合ったばかりの際は一つ一つのことが恥ずかしく感じてしまったり、周りの目が気になってしまったりする人もいますよね。

“彼氏・彼女”と恋人感を出すことに「自分らしくない。」と感じたり、「のろけているみたいで恥ずかしい。」と感じている人も多いようです。

また、恋人という存在から縁遠い頃や、自分のことをよく知っている人に対して、改めて“彼氏・彼女”という言葉を使ったりすることに、むずがゆさや恥ずかしさを感じてしまう人は、“相方”と呼ぶことで、恥ずかしさを和らげていることがあるんだとか。

そしてこれは彼氏や彼女だけの話ではないはずです。

彼氏や彼女から、結婚して“夫婦”という新たな形になった場合も、改めて“旦那・奥さん”などと友達に話すことに恥ずかしく思ってしまうこともあるんだと思います。

人生のパートナー的存在として見ている

恥ずかしさとは逆に、“彼氏・彼女”以上の存在として見ている場合にも、“相方”という言葉を使うことがあるようです。

彼氏や彼女というと、学生の間でも使う言葉ですし、軽い言葉に聞こえてしまう人もいるようです。

そのため、恋人の枠を超えて人生のパートナーとして受け止めている場合、あえて“相方”という言葉を使うんだとか。

たしかに相方というのは、一緒に物事をする人などを指します。

また、お笑い芸人が相方と使うように、苦楽を共にし、他の人とは違う絆で結ばれた関係のことを表現したいという気持ちの表れかもしれません。

恋人よりも強い結びつきを強調

恋人が結び付きが弱いというわけではありませんが、別れてしまうカップルももちろんいますよね。

自分たたちはそんな別れてしまったりする関係ではないんだということを強調したい場合に、“相方”のほうが強い結びつきがあると感じられるということもあるそうです。

また、“彼氏・彼女”という言葉と存在がちぐはぐなときに、“相方”という呼び方がパートナーという意味あいや相棒という意味で、ぴったりくるカップルもいるのではないでしょうか。

元々仕事などを一緒にしていたり、お店などを経営していて、恋愛以外デモパートナーの場合は、“相方”という呼び方がしっくりくるという人も多いんだそうです。

人と違う感じを出したい

彼氏・彼女と呼ぶよりも、特別感や人と違った感じを出したいという心理から、“相方”と使うこともあるんだとか。

恋人のことを呼ぶときに、多くの人は“彼氏・彼女”や“彼”などと呼ぶのではないでしょうか。

そんなとき、人と違った感じを出したいと“相方”と呼ぶんだそうです。

あなたの周りにもいるのではないでしょうか。

人と違った服装をしたり、考え方や生き方をする人です。

恋人の呼び方も一番自分らしいものや、周りとは違う感じを出したいと思ったときに、“相方”がしっくりきたという人も。

周りもそうだからなんとなく

すでに周りが“相方”と呼んでいて、それにつられて自分も恋人を“相方”と呼ぶようになったなんて人も。

たしかに周りがそう呼んでいると、そのほうがいいような気がしてくる人もいると思います。

とくに“彼氏・彼女”と呼ぶことに元々多少の抵抗があった人や、最近周りに結婚した人、自分が結婚したなど状況が変わったタイミングで、それまで“彼氏・彼女”と呼んでいたけど“相方”と呼ぶようになったり。

一緒にいる時間が長いと、言葉遣いや方言、口癖などが移ってしまうこともありますよね。

その中で自然と“相方”と呼ぶようになっていた人もいると思います。

また、憧れの有名人やおしゃれな人が使っていると、魅力を感じたりすることもあるのかもしれません。

そういった強い考えや何かがあって“相方”を選んだ人だけではないようですね。

フランクな感じが出る

彼氏や彼女と呼ぶと、男女関係が協調されすぎるので、“相方”と呼ぶほうがフランクで話しやすいという人もいます。

“相方”という言葉自体に、性別を示す意味は一つもありませんよね。

男性が男性を呼ぶときもありますし、女性が女性を呼ぶときにも使います。

そして、もちろん男性が女性を、女性が男性を呼ぶときに使ってもおかしくはない言葉ですよね。

そのため、使いやすく、いやらしい感じがせず、フランクな感じを出せるからという理由から“相方”という言葉に落ち着いたとい人もいるのでしょう。

ジェンダー的な理由

ジェンダーレスという言葉を知っている人も多いと思います。

このジェンダーレスという言葉は男女を平等に「男女の性差をなくそう」という考え方が軸になっています。

最近ではファッションやモデルの紹介などの場面で目にすることが多いかもしれません。

この時の意味は「男女の境界のないファッション」という意味で使われます。

このように呼び方でも、男女で呼び方が違うことに差別的な意味を感じたりして、男女で同じ呼び方のできる“相方”を選ぶこともあるようです。

ラブラブよりも仲良し度が強い

どうしても彼氏や彼女って男女交際を連想するので、ラブラブなイメージがついて回ると思います。

たしかに、付き合い始めで「彼氏ができた」と報告すると、興味津々に質問攻めにあったり、「彼女ができた」と言ったら冷やかされたり、変に盛り上げられてしまったりしたこともあると思います。

そのため、ラブラブ度よりも仲良し度をアピールしたいときに意識的に使ったりするそうです。

元々友達だったり、仲間内で仲良くしていたりすると、ラブラブ感を出して“彼氏・彼女”と呼ぶよりも“相方”がしっくりくるなんてこともあるのかもしれません。

さらに、何年も付き合っているというような長期間付き合っているカップルは、今さら“彼氏・彼女”と呼ぶのも恥ずかしかったり、違和感があることもあるようで、長年一緒に色々してきて、苦しいことも楽しいことも共にしてきたから“相方”と呼ぶほうが二人の関係性にはぴったりという意見もあります。

惚気ても嫌味がない感じがする


恋人の話をしたくても惚気ているようで嫌だと感じ、恋人の話をするときになるべく自然にしようと“相方”と呼ぶことも。

恋人のいない人が多かったり、最近失恋した人がいるなど、なかなか恋人の話をしにくいこともあると思います。

でも、恋人の話をしたいときや、どうしても話の流れで恋人の話題になってしまったときなど、困ったときに使う人もいるんです。

「彼氏がねー」というよりも「相方がさー」のほうが嫌気がないように感じる人もいるでしょう。

惚気たかったり聞いてほしいことがあっても、恥ずかしかったりする人は、“相方”を使うことで恋愛関係を意識させずに話したいという思いから、“相方”を使うのかもしれませんね。

男性の中には、恋人の話をすること自体に乗り気ではない人も意外といます。

そんな人がそうしても話さなくてはならなかったり、みんなに知ってほしいことがあるときに“相方”と使ったりすることも多いようです。

恋人を相方と呼ぶことに対するみんなの本音

恋人を“相方”と呼ぶ人たちの色々な考え方や理由などをご紹介してきました。

“相方”という呼び方ひとつにも、人それぞれ色々な理由があったり、そう呼ぶ意味があります。

恋人とひとくくりに言っても、付き合い方や人は違いますから、当たり前と言われればそうかもしれません。

“相方”と呼んでいる人の気持ちは分かっていただけたと思いますが、実際にそれを目の前で聞いた人たちはどう感じているのでしょう。

はじめにお話したように、“相方”と呼ぶことに関しては賛成派と反対派が大きく分かれます。

そこで、ここからは賛成派と反対派のそれぞれが感じていることをご紹介していこうと思います。

人によって感じ方も違うので、「そんな意図はないのに。」思うこともあるかもしれません。

ただ、あくまでこう感じる人もいるというだけなので、人によって変えるだけでも大丈夫な場合もあるはずです。