友達と何気ない会話をしているときに、「うちの相方がさ~」と言っていて、誰のことを指しているのかわからず、しばらく頭の中が「???」になってしまい、話の内容から“恋人”のことを指しているのかと分かったりした経験ある人もいるのではないでしょうか。

また、自分が恋人のことを“相方”と呼ぶ人もいると思います。

そう呼んでいることに様々な考えがあると思いますが、周りからどう思われているのか気になるひともいるはずです。

今回はそんな恋人を“相方”と呼ぶことについてまとめていきます。

アリ派とナシ派でくっきり分かれるようなので、その両面の理由を調べ、お伝えしていきますので、参考にしてみてください。

恋人を”相方”って呼ぶ人いますよね

“相方”というと、どんな場面を想像しますか?

多くの人が一番に浮かぶのは、お笑いコンビなどの相方ではないでしょうか。

もしかしたら、“相方”という言葉を一番使っているのはお笑い芸人かもしれません。

しかし、最近カップルの間でも“相方”という言葉で表す人もいるそうです。

“相方”の意味

“相方”という意味を調べてみると、一番に「一緒に物事をする人。」と出てきました。

そのほかにも「パートナー。相手。相棒。」という言葉も書いてあります。

そして、「近年は若者を中心に恋人や配偶者をこう呼ぶこともある。」ということまで。

“相方”という言葉には、広い意味があり、恋人のことをそう呼んでも“パートナー”や“一緒に物事をする人”には間違いはないように思いますね。

若い人の間で流行している

調べた際にも出てきたように、恋人を“相方”というのは若い人のほうが多いようです。

若い人の間では、実に様々な流行がとても速く伝わり、浸透しますよね。

その発端は読者モデルなどの有名人のこともあれば、ネット上などの場合もあると思います。

しかし、はじめがどこだったとしても、浸透して実際に使うようになると、その輪はどんどん広まっていくような気がしませんか。

この恋人を“相方”と呼ぶことも、この流行の波の結果だといえるかもしれません。

主に20〜30代の男女に見られる

この“相方”呼び、主に使っているのは20代や30代の男女が多いんだとか。

この年代は周りにだんだんと結婚する人も増えてきたりするので、もしかしたら“相方”と呼ぶ人が増えているのかも。

“彼”や“彼氏”と呼ぶと、「結婚はしないの?」と思われたり、恥ずかしく感じたりする人もいるそうです。

また結婚した旦那さんに対して“相方”と呼ぶ人もいるでしょう。

結婚する前からの友人などに彼のことを“旦那”と呼ぶことに恥ずかしさや、違和感などを感じることもあるのかもしれません。

ツイッターなどSNSでよく目にする


実際に飲み会や女子会の場で使っている人もいますが、一番目にするのはツイッターやインスタグラムなどのSNSですよね。

「相方と◯年◯カ月」や「相方さんから誕生日プレゼントもらった」などと、当然のように“相方”と呼ぶ投稿を見たことある人も多いのではないかと思います。

“彼氏”や“旦那”と表現することに抵抗のある人や、そういった呼び方にいやらしさを感じる人もいるんだとか。

恥ずかしさなどから、お笑い芸人のコンビのように“相方”と呼ぶことが浸透していったのかもしれないですね。

実際のところみんなはどう思っているのか

この“相方”呼びですが、実は同年代の中でも共感できるという意見と、意味が分からないと言われることとが、大きく半々程度なんです。

自分の性格的に“彼氏”というよりも“相方”と呼ぶほうがしっくりくるからという意見や、フレンドリーな関係に聞こえるという風にも言われています。

しかし、逆の意見では漫才師や刑事ドラマなどを連想してしまうといった意見や、異性として見ていないような印象を受けるといった意見もあり、人それぞれ思うことにより、アリかナシか言われると、結論は難しいと思います。

ただ、仲間内で“相方”と使っている人が他にもいる場合や、昔からの友人で恥ずかしくてという場合は、分かってもらえるかもしれませんね。

また、アニメや二次元が好きな人のほうが、比較的“相方”と呼ぶことに抵抗がないんだそうです。

恋人を相方と呼ぶ8個の心理・理由

ここからは、実際に恋人のことを“相方”と呼ぶ人の8個の理由や特徴、心理などをご紹介していきます。

様々な理由がありますが、“相方”と呼ぶことに抵抗がある人も、共感できる部分があるかもしれません。

また、“相方”呼びに対して、抵抗や気持ちに変化がでてくることもあると思います。

あまり言葉の意味などを深く考えず、“こう思う人もいるんだな。

”という気持ちで見ていくことがおすすめです。

彼女・彼氏は気恥ずかしさがある

付き合い始めだったり、幼い頃からの幼なじみなどと話すときに、“相方”と呼んでしまう人の中には恥ずかしいと感じる人もいるんだそうです。

たしかに、付き合ったばかりの際は一つ一つのことが恥ずかしく感じてしまったり、周りの目が気になってしまったりする人もいますよね。

“彼氏・彼女”と恋人感を出すことに「自分らしくない。」と感じたり、「のろけているみたいで恥ずかしい。」と感じている人も多いようです。

また、恋人という存在から縁遠い頃や、自分のことをよく知っている人に対して、改めて“彼氏・彼女”という言葉を使ったりすることに、むずがゆさや恥ずかしさを感じてしまう人は、“相方”と呼ぶことで、恥ずかしさを和らげていることがあるんだとか。

そしてこれは彼氏や彼女だけの話ではないはずです。

彼氏や彼女から、結婚して“夫婦”という新たな形になった場合も、改めて“旦那・奥さん”などと友達に話すことに恥ずかしく思ってしまうこともあるんだと思います。

人生のパートナー的存在として見ている

恥ずかしさとは逆に、“彼氏・彼女”以上の存在として見ている場合にも、“相方”という言葉を使うことがあるようです。

彼氏や彼女というと、学生の間でも使う言葉ですし、軽い言葉に聞こえてしまう人もいるようです。

そのため、恋人の枠を超えて人生のパートナーとして受け止めている場合、あえて“相方”という言葉を使うんだとか。

たしかに相方というのは、一緒に物事をする人などを指します。

また、お笑い芸人が相方と使うように、苦楽を共にし、他の人とは違う絆で結ばれた関係のことを表現したいという気持ちの表れかもしれません。

恋人よりも強い結びつきを強調

恋人が結び付きが弱いというわけではありませんが、別れてしまうカップルももちろんいますよね。

自分たたちはそんな別れてしまったりする関係ではないんだということを強調したい場合に、“相方”のほうが強い結びつきがあると感じられるということもあるそうです。

また、“彼氏・彼女”という言葉と存在がちぐはぐなときに、“相方”という呼び方がパートナーという意味あいや相棒という意味で、ぴったりくるカップルもいるのではないでしょうか。

元々仕事などを一緒にしていたり、お店などを経営していて、恋愛以外デモパートナーの場合は、“相方”という呼び方がしっくりくるという人も多いんだそうです。

人と違う感じを出したい

彼氏・彼女と呼ぶよりも、特別感や人と違った感じを出したいという心理から、“相方”と使うこともあるんだとか。

恋人のことを呼ぶときに、多くの人は“彼氏・彼女”や“彼”などと呼ぶのではないでしょうか。

そんなとき、人と違った感じを出したいと“相方”と呼ぶんだそうです。

あなたの周りにもいるのではないでしょうか。

人と違った服装をしたり、考え方や生き方をする人です。

恋人の呼び方も一番自分らしいものや、周りとは違う感じを出したいと思ったときに、“相方”がしっくりきたという人も。

周りもそうだからなんとなく

すでに周りが“相方”と呼んでいて、それにつられて自分も恋人を“相方”と呼ぶようになったなんて人も。

たしかに周りがそう呼んでいると、そのほうがいいような気がしてくる人もいると思います。

とくに“彼氏・彼女”と呼ぶことに元々多少の抵抗があった人や、最近周りに結婚した人、自分が結婚したなど状況が変わったタイミングで、それまで“彼氏・彼女”と呼んでいたけど“相方”と呼ぶようになったり。

一緒にいる時間が長いと、言葉遣いや方言、口癖などが移ってしまうこともありますよね。

その中で自然と“相方”と呼ぶようになっていた人もいると思います。

また、憧れの有名人やおしゃれな人が使っていると、魅力を感じたりすることもあるのかもしれません。

そういった強い考えや何かがあって“相方”を選んだ人だけではないようですね。

フランクな感じが出る

彼氏や彼女と呼ぶと、男女関係が協調されすぎるので、“相方”と呼ぶほうがフランクで話しやすいという人もいます。

“相方”という言葉自体に、性別を示す意味は一つもありませんよね。

男性が男性を呼ぶときもありますし、女性が女性を呼ぶときにも使います。

そして、もちろん男性が女性を、女性が男性を呼ぶときに使ってもおかしくはない言葉ですよね。

そのため、使いやすく、いやらしい感じがせず、フランクな感じを出せるからという理由から“相方”という言葉に落ち着いたとい人もいるのでしょう。

ジェンダー的な理由

ジェンダーレスという言葉を知っている人も多いと思います。

このジェンダーレスという言葉は男女を平等に「男女の性差をなくそう」という考え方が軸になっています。

最近ではファッションやモデルの紹介などの場面で目にすることが多いかもしれません。

この時の意味は「男女の境界のないファッション」という意味で使われます。

このように呼び方でも、男女で呼び方が違うことに差別的な意味を感じたりして、男女で同じ呼び方のできる“相方”を選ぶこともあるようです。

ラブラブよりも仲良し度が強い

どうしても彼氏や彼女って男女交際を連想するので、ラブラブなイメージがついて回ると思います。

たしかに、付き合い始めで「彼氏ができた」と報告すると、興味津々に質問攻めにあったり、「彼女ができた」と言ったら冷やかされたり、変に盛り上げられてしまったりしたこともあると思います。

そのため、ラブラブ度よりも仲良し度をアピールしたいときに意識的に使ったりするそうです。

元々友達だったり、仲間内で仲良くしていたりすると、ラブラブ感を出して“彼氏・彼女”と呼ぶよりも“相方”がしっくりくるなんてこともあるのかもしれません。

さらに、何年も付き合っているというような長期間付き合っているカップルは、今さら“彼氏・彼女”と呼ぶのも恥ずかしかったり、違和感があることもあるようで、長年一緒に色々してきて、苦しいことも楽しいことも共にしてきたから“相方”と呼ぶほうが二人の関係性にはぴったりという意見もあります。

惚気ても嫌味がない感じがする


恋人の話をしたくても惚気ているようで嫌だと感じ、恋人の話をするときになるべく自然にしようと“相方”と呼ぶことも。

恋人のいない人が多かったり、最近失恋した人がいるなど、なかなか恋人の話をしにくいこともあると思います。

でも、恋人の話をしたいときや、どうしても話の流れで恋人の話題になってしまったときなど、困ったときに使う人もいるんです。

「彼氏がねー」というよりも「相方がさー」のほうが嫌気がないように感じる人もいるでしょう。

惚気たかったり聞いてほしいことがあっても、恥ずかしかったりする人は、“相方”を使うことで恋愛関係を意識させずに話したいという思いから、“相方”を使うのかもしれませんね。

男性の中には、恋人の話をすること自体に乗り気ではない人も意外といます。

そんな人がそうしても話さなくてはならなかったり、みんなに知ってほしいことがあるときに“相方”と使ったりすることも多いようです。

恋人を相方と呼ぶことに対するみんなの本音

恋人を“相方”と呼ぶ人たちの色々な考え方や理由などをご紹介してきました。

“相方”という呼び方ひとつにも、人それぞれ色々な理由があったり、そう呼ぶ意味があります。

恋人とひとくくりに言っても、付き合い方や人は違いますから、当たり前と言われればそうかもしれません。

“相方”と呼んでいる人の気持ちは分かっていただけたと思いますが、実際にそれを目の前で聞いた人たちはどう感じているのでしょう。

はじめにお話したように、“相方”と呼ぶことに関しては賛成派と反対派が大きく分かれます。

そこで、ここからは賛成派と反対派のそれぞれが感じていることをご紹介していこうと思います。

人によって感じ方も違うので、「そんな意図はないのに。」思うこともあるかもしれません。

ただ、あくまでこう感じる人もいるというだけなので、人によって変えるだけでも大丈夫な場合もあるはずです。

恋人を相方呼び賛成派

まずは恋人を“相方”と呼ぶことに対して、賛成だという人の意見から見ていきます。

実際に“相方”と呼んでいる人ももちろんこちら側だと思いますが、感じていることが同じとは限りませんよね。

自分が呼ぶことに対して、こんな風に思ってもらえているんだと分かると思います。

サッパリしてて良い

彼氏や彼女と呼ぶよりも恋愛関係を意識させない“相方”のほうがさっぱりしていて、サバサバした子には合うという意見です。

ボーイッシュな子やそれまで彼氏に興味もなかった子の口から、いきなり「彼氏が~」なんて聞いたら、驚く人もいると思います。

そんなときはあえて“相方”と呼ぶことで、さっぱりした感じが出て、その子らしくて良いと思う人もいるようです。

また、男性の場合も恋人の話をあまりしたがらない人や聞きたがらない人もいますし、そんなときは“相方”と使うことで、異性感を減らすことができるなんて効果もあるのかもしれません。

仲が良いんだなと思う

“相方”と呼べる関係だということに、中の良さを感じる人もいます。

お笑い芸人を連想する人が多いことから、いつも一緒にいたりして、価値観やフィーリングなどが合って一緒にいるんだろうなという印象をもつ人もいるんだとか。

たしかに“彼氏・彼女”という呼び方だと、男女の関係って感じで、いやだなと感じる人や、いわれる側も想像してしまってなんだか聞きたくないといった人もいます。

そんなときは“相方”という対象を限定しない言い方をすることにより、嫌な感じを減らして仲の良さを感じ取ってくれる人もいるそうです。

かわいいと思う

中には可愛らしいと感じる人も。

“相方”と呼ぶ人の中に、恥ずかしさなどから“相方”と呼んでいる人がいると説明しました。

それが相手に伝わった場合、人によっては恥ずかしがって可愛いと受け取られることもあるんだとか。

それが年下やあまり異性の印象がない人が使った場合、初々しくて可愛いと取られることもあるようです。

もし、キャラじゃない等の理由で“相方”と呼んでいるという人は、「恥ずかしくて“相方”って呼んでいるのかな。初々しくて可愛いな。」と思われているかもしれませんね。

対等な関係なのかなと感じる

中には“相方”と呼んでいる人と同じように、“彼氏・彼女”と呼ぶことに対して、違和感や嫌な感じを持っている人もいます。

そして、そういった人たちの中には“彼氏・彼女”と呼ぶことで、上下関係があるように見えてしまう人や、男女差別を感じてしまう人も。

彼氏と呼ばれるのはもちろん男性ですよね。

その逆で彼女は女性です。

この“彼”の後につく言葉が女性だけ女ということが引っかかってしまう人や、彼氏には“彼”という呼び方もあるなど、気になる人はどこまでも気になってしまったりします。

しかし、その点“相方”は男女同じで、老若男女誰に対しても使える呼び方ですよね。

そのため、恋人を“相方”と呼ぶことに男女平等を感じ、賛成する人もいるかもしれません。

特に何も感じない

そして、賛成派の中には特に何も感じないという人もいます。

もしかしたら、賛成派の中で一番多いかもしれません。

呼び方が“彼氏・彼女”であっても、“相方”であっても、結局は同じ人のことを指しますよね。

そして、その人は付き合っていたり結婚をしていたりする人というのも変わりませんよね。

なので、呼び方がなんであろうとそこまで気にならないという人だってもちろんいます。

そういった人にとって、呼び方とはそこまでのものということです。

それは人によって良い意味にも悪い意味にもなりますが、反対されているわけではないので、悪いことではないでしょう。

まあ、こういった意見の人は、比較的付き合いの長い相手に対して思うことも多いようで、問題は呼び方よりも話の内容なのかもしれませんね。

恋人を相方呼び反対派

ここからは逆に恋人を“相方”呼ぶことに対して反対派の人の意見をご紹介していきます。

賛成派と反対派と実は半々くらいなんだとか。

そのため、何気なく使っている“相方”という言葉に対して、あまり良い印象を持っていないという人も、周りにはきっといるはずです。

中には一つの友人グループ内で、恋人のことを“相方”ということに対して、良い印象を持つ賛成派と、あまり良く思わない反対派の両方いるなんてこともあるでしょう。

ですから、この反対派の意見をもとに、周りにこういった考えをしそうな友人がいたら、その人の前では気を付けたほうがいいかもしれません。

きちんと考えたうえでの“相方”呼びだったとしても、それがスムーズに伝わることは少ないと思ったほうがいいでしょう。

違和感しか感じない

反対派の多くは、恋人は“彼氏・彼女”という呼び方があるにもかかわらず、あえて“相方”と呼ぶことに違和感を感じるんだそうです。

無理して呼んでいるのではないかと思う人や、これまでの呼び方からわざわざ変える必要があるのかと疑問に思う人など様々です。

たしかに、これまではお笑い芸人が話す場面などの、恋人のことを指す以外のときに使っていた言葉を、いきなり恋人に対して使っているのを聞いたら、「え?」って思う人もいるでしょう。

しかし、“相方”と呼んでいることの意味を伝えたら、「そういう意味だったのね。」と、すとんと落ちるかもしれません。

サバサバアピールに見える

次の反対派の意見は、サバサバしているアピールにわざと“相方”と呼んでいるのでは?と考えて、嫌な印象を受けることもあるそうです。

たしかに、キャラではないや、自分らしくない、ラブラブを出したくない人など、“相方”と呼ぶことを選んだ人の中には、サバサバしている自分のイメージや、ボーイッシュなイメージを壊したくないといった気持ちや、それまでにそういったキャラだったから、いきなり恋する乙女感を出せないという人もいるはずです。

そういった気持ちを察した人の中には、無理にアピールして見えると感じる人もいるんだとか。

もしかしたら、そんなに気にしなくとも、周りは恋する乙女になったあなたを待っているのかもしれません。

友達が幸せなのを笑う人もいないはずですし、本当にあなたのことを思っていたら、快くその変化を受け入れてくれるのではないでしょうか。

一度話してみたら、意外とお互いに感じていたことが和解できて、あなたも変に意識しなくても堂々と惚気られるようになるかもしれませんよ。

お笑いコンビなの?と思う

相方=お笑い芸人というのは、どうしても誰でも感じてしまうことだと思います。

そのため、恋人を“相方”と呼ぶことに対して、「お笑い芸人にでもなるの?」と少しバカにしてしまうなんて人もいるんだそうです。

たしかに、最近恋人のことを“相方”と呼ぶ人が増えてきましたが、今でも一番耳にするのはやっぱりお笑い芸人だと思います。

なので、そう思われてしまうのは、どうしても仕方ないことなのかもしれません。

もちろん“相方”と呼んでいる人の中には、お笑いコンビのように楽しくワイワイした付き合いだからこそ、あえて“相方”と呼んでいる人もいるでしょう。

正直気持ち悪い

中には気持ち悪いと感じる人までいるんだとか。

こういった印象を持つ人は、あえて“彼氏・彼女”と呼んでいることを、自分たちに酔っているのではないか?と感じたり、かっこつけているのかな?と思ったりしているようです。

そして、こう感じる対象はどちらかというと異性の友人が“相方”と呼んでいることに対してかもしれません。

もし、自分が彼氏や彼女の友達に“相方”と呼ばれていたら、かっこつけていたり、自分たちの世界に溺れていると思われてイヤだなと感じたりするということから、気持ち悪いと感じることもあるはずです。

しかし、さすがに気持ち悪いと感じていたら、多少は顔に出ると思いますし、もし“相方”と呼んだときに顔がぴくっと動いたりしたら、もしかしたら嫌な気持ちにさせているのかな?と気にすることも必要かもしれません。

そして、理由を話せばわかってくれることもきっとあるはずです。

少しオタク感が出る

最初のほうでも少し触れましたが、オタクだったり二次元の世界が好きな人は、意外とスムーズに“相方”という呼び方を使います。

オタクの人が使う“相方”は恋人でない場合もあるようです。

一緒にマンガを作ったり、コミケに一緒に行ったりなど、行動をいつも共にしている人のことを“相方”と呼んだりもするんだとか。

そして、「オタクに彼氏ってイメージないし、あえて言う必要もないから。」という理由で“相方”と呼んでいる人もいるといいます。

また「彼氏だと生々しいから。」なんて意見も。

たしかに、オタクの人のほうが“相方”に対して、抵抗がなさそうです。

そんなオタク事情などを知っていると、“相方”と呼ぶことが「オタクっぽい」と感じられてしまうのも、仕方のないことなのかもしれません。

ただ、実際にオタクだったり二次元が好きな人も多いと思いので、そう感じられたところで気にしないという人も多いのではないでしょうか。

なんかイラっとする

なんとも抽象的ですが、理由はいまいち分からないけど、なんとなくイラっとするなんて人も多いんです。

これに関しては、対処法もそれぞれだと思います。

もしかしたら、彼氏・彼女と呼んだところで、イラっとするのは変わらないかもしれません。

また、他の理由があるとも考えられます。

しかし、自分たちの世界に入り込んでいるなどの理由から、イラっとしているのであれば、“相方”
と呼ぶのをやめて、普通に彼氏・彼女と呼ぶことで、解消される可能性もあります。

もしかしたら、仲の良い友達が少し遠くに行ってしまったような感じがして、寂しかったり、恋人にちょっと嫉妬してしまっているのかもしれませんね。

普通に呼べばいいのにと思う

単刀直入にまどろっこしいと感じている人もいます。

彼氏・彼女とという呼び方があるのに、なぜあえて“相方”という呼び方を使うのか意味が分からないと思う人ももちろんいるんです。

たしかに、なぜわざわざ?と感じるのも無理はないかもしれません。

彼氏・彼女と呼ぶことに抵抗がない人からしたら、わざわざ違う言い方でオブラートに包もうとする必要なんてないのに。

なんて思うのでしょうね。

自分が相方と呼ばれてたら嫌

最後はシンプルに自分は“相方”と呼ばれたら嫌だなと感じる人です。

彼氏・彼女という呼び方にとくに違和感もなく、受け入れている人からしたら、お笑い芸人の相方として、ちょっと笑われるためにそう呼ばれているのかなと思うかもしれません。

また、実際に呼ばれているのを目にしたら、自分が恋人だというのをなるべくオブラートに包んで、隠したいのかな。

自慢の恋人ではないのかなと、不安に感じてしまうことすらあると思います。

そういった不安などを考えると、“相方”と呼ぶ前に二人の仲で話しておいたほうがいいかもしれません。

中には、恋人自身が“相方”と呼ぶことに反対や抵抗がある可能性だってないとはいえません。

誰がどう思おうと関係ないと考えている人もいるかもしれませんが、このように考える人もいることを分かっておくこともプラスになることもあるでしょう。

恋人への相方呼び、あなたはどう思う?

今回の恋人を“相方”と呼ぶことについて、あなたは賛成派になりましたか?

それとも反対派になりましたか?

人それぞれ共感する部分や理解できない部分はあったと思います。

しかし、付き合い方も人それぞれ違うように、呼び方も色々あってもおかしくないですよね。

また、恋人の呼び方は“相方”だけが賛否両論というわけではありません。

中には“ダー(ダーリンの略)”や“彼ぴっぴ”なんてものも存在します。

恋人の呼び方はその人の自由だと思います。

ただ、少しでも気持ちよく恋人との話を聞いてもらうために、呼び方にも工夫が必要なことがあるかもしれませんね。