非常識な人の8個の特徴や行動・言動のイメージ写真

あなたは「この人非常識だな…」という人に出会ったことがありますか?

今回は、非常識な人の特徴や行動・言動を詳しく解説していきます。

また、非常識と思われないために気を付けることも同時にご紹介します。

あなたも非常識と思われないために、非常識とは何かを学んでみてください。

非常識とは?

非常識の意味を考えている
非常識とは、「決められたルールを守れないこと」を言います。

私達は大人になるにつれて理性というものが出来上がってきます。

この理性が働いて、ルールを守ること、本能を抑えることが出来るんですよね。

みんなが本能に従って行動していたら世の中はメチャメチャになってしまいますね。

例えば、欲しいものがあったらお金を払ったりと、欲しい物を手に入れるためのは様々な社会のルールがあります。

そのルールを守らずに欲しいからと本能に任せて取ってしまう。

そんな世の中になってしまうと恐ろしいですね。

大人には本能に任せずルールを守る為にブレーキをかける力があって、その理性が働いて人は我慢することが出来ます。

これが動物と人間の違いです。

あなたは大人になれていますか?

自分は「非常識」な人じゃないか、診断で見てみませんか?【詳細はこちら →】

あなたは大丈夫?非常識な人の8個の特徴

非常識な人の特徴を考えている
自分では常識的と思っていても、もしかしたらいつの間にか非常識になっているかもしれません。

非常識な人の特徴や行動、言動などを8個ご紹介しますので、自分が非常識になっていないか確かめながら読んでみて下さい。

1.挨拶をしない

非常識な人が挨拶をしないでいる
挨拶をしないのは、信用を無くしてしまう非常識な行動と思われてしまいます。

挨拶をしないと何だか感じが悪いと思ってしまいますよね。

特に会って最初の挨拶はするとしないとでは、相手への印象は大違いです。

その後の行動などに影響が出てしまいます。

幼稚園、保育園、小学校・・・と学校や家、習い事、スポーツ等々あらゆる場所で何かを行う最初と最後には必ず挨拶をしますよね。

今迄生きてきた中で挨拶を経験したことがない人は、世の中(日本)には存在しないと思います。

その挨拶が出来ないということは、社会のルール(常識)が守れてないってことです。

おはようございます、こんにちは、こんばんは、おやすみなさい、最低限これぐらいの挨拶は受け答えしないと非常識な人という印象を与えてしまいます。

例えば、仕事では一緒に働く仲間との挨拶をすることによって、良い関係を築くことができ仕事をスムーズに進めることが出来ます。

取引先で挨拶をする事は信用に繋がりますよね。

逆に挨拶をしないと、「この人、挨拶も出来ないって仕事はまともにできるのかな?」「挨拶しないって、うちの会社をなめてるの?もうこの会社とは仕事しないでおこう」なんて信用問題になってしまうこともあります。

いくら能力やスキルを持っていても、披露する前に信用を無くしてしまっては、披露する場所さえ与えられないでしょう。

挨拶にはすごい力があり、挨拶をあなたから先にすると相手の警戒心はやわらいで「この人は敵じゃないんだ」と思い、その後の対応が変わります。

自分は「非常識」な人じゃないか、診断で見てみませんか?【詳細はこちら →】

2.謝らない

非常識な人が謝らないでいる
社会のルールとして、「悪いことをしたら謝る」と小さい時に親に言われて育ちましたよね。

幼稚園や保育園、小学校でも学んできました。

なのに、非常識な人は悪いことをしても自分から謝ることをしません。

謝らない人は、自分に自信がなく、相手より優位に立ちたい、なめられないようにしなくてはと思っているため謝らないと言われています。

プライドが高く、自分がミスしたことを認めないことが多いので、そんな人に対して周りは非常識な人だと思ってしまいます。

3.順番を守らない

非常識な人が順番を守らないでいる
順番を待つために長い時間かけて貴重な時間を使うわけですから、順番を守るのは当たり前のことです。

しかし、非常識な人は順番を守らずに横入りしたり、並んでいる人を無視したりと、自分のことしか考えません。

順番を守らない人は、決められた順番を守らなくてはいけないと思っていても早く食べたい、早く手に入れたいと言う欲求を理性で抑えられない人です。

周りの人の目もありますし普通の感覚なら出来ないことですが、そんなことを気にしないのが非常識な人です。

トラブルに巻き込まれないためにも、人間として大人になりきれていない可愛そうな人だなと思ってそのような人とは関わらないようにした方が良いでしょう。

周りの事を考えず割り込む

非常識な人が周りを気にせず割り込んでいる
非常識な人は、周りの目なんて気にしないで平気で割り込みをします。

これは周りの事が見えていない自分勝手な自己中な人に多い行動です。

また、周りの人からスゴイ人なんだと思われたいけど、方法を間違えてしまった人というケースもあります。

堂々と順番を守らない人は、案外周りからは「あ~なんだ、順番から離れていたのね」なんて思われて、順番に割り込まれた近くの人達だけが気付いているだけなんてことも。

このような非常識な人への対応方法を間違えてしまうと、思わぬトラブルやいつの間にか自分が非常識の仲間入りしてしまいますので、対応を間違えないようにしましょう。

基本的には関わらないことが一番です。

仲間内での話のタネになるなと前向きに考えて、イライラを抑えるようにしましょう。

4.マナーが悪い

非常識でマナーが悪い人たち
非常識な人はマナーが悪かったり、マナーを守らないのも特徴の一つです。

マナーと言っても色々なマナーがあります。

食事のマナー、公共の場でのマナーなど一般的なマナーから、職場でのビジネスマナーや訪れた先でのマナー。

数え上げたらキリがありませんね。

一般的なマナーは心得て、時には柔軟に対応する力も非常識にならないためには必要なことです。

固定概念にはとらわれないことも大切ではありますが、まずは基本をしっかりと知っていなくてはいけません。

基本の形がわかっていなければ、柔軟な対応やアレンジは出来ません。

非常識なただの形無しになってしまいます。

ますは正しいマナーを身に着けて常識人になりましょう。

食事の仕方が汚い

非常識な人の食事の仕方が汚い様子
食べ方の汚い人は容姿を着飾っても、一緒に食事する相手を不快な気持ちにしてしまうことがあります。

食事の仕方は基本的には今までの食生活で培ってきたもので、中々すぐには変えられないマナーかもしれません。

何十年もかけて出来上がった食べ方なので、その癖を治すのは容易ではなく本人も気づいていない場合があります。

しかし、最低限の食事のマナーは身に着けておくと非常識な人だとは思われないでしょう。

例えば物を食べる時に口を開けて食べると、相手に口の中が見えてしまって汚いと感じさせてしまいます。

クチャクチャ音が出てしまう人もいますが、一緒に食べている人が不快だと感じるので、口を閉じて食べる習慣を身に付けましょう。

また、スプーンやフォークなどを食器にカンカン当てて、グラスを置く時にもドスンと置いて、食器にフォークなどを置く時にもガシャンと音を立てて置く人も非常識な印象を与えます。

他には食べる時の姿勢や服装、日本人なら箸の持ち方なども気になるマナーです。

電車で化粧をする

非常識な人が電車で化粧をしている
電車で化粧をするのも、周りからしたら非常識な人だと思われます。

「何がいけないの?誰にも迷惑かけてないんですけど。」と思う人もいるかもしれません。

でも電車には不特定多数の人が乗車しています。

そんな公共の場所で化粧をはじめたらどうでしょう?

ファンデーションが何かの拍子に隣の人についてしまったり、ルージュが付いてしまうかもしれません。

化粧品を広げて化粧をしないにしても、何かの拍子に転がってしまうこともあるかもしれません。

化粧品の匂いも電車内の密閉された空間では苦手な人もいます。

迷惑をかけていないつもりでも、知らない間に迷惑をかけて非常識な行動を取ってしまっているのです。

電車やバスで電話をする


電車やバスなどの不特定多数の人が集まる場所で電話をしている人を見ると非常識な人だと思いますよね。

「電話してるだけなのにダメなの?仕事の電話でどうしても出ないといけないんだけど…。」と思う人もいるかもしれません。

しかし、話している人の会話がうるさいと感じる人がいればそれは迷惑な行為になりますし、ペースメーカーへの配慮もマナーです。

アナウンスでも「通話はご遠慮ください」流れているので、電話をする際は一旦電車を降りてからにした方が良いでしょう。

指定された場所以外での喫煙

非常識な人が指定された場所以外で喫煙している
喫煙のマナーを守らない人は本当に多いです。

最近では禁煙ブームが日本にも来ていて、タバコの害の深刻さが懸念されていますよね。

海外では煙草を吸っている人は格好悪い、吸っているだけで非常識なんて見られてしまう国もあります。

誰にも迷惑をかけていないと思っていても、喫煙による副流煙等によって周りにも健康被害を及ぼしています。

自分自身の健康被害はもちろんのこと、他人にも迷惑をかけているんです。

タバコを吸うことを辞めろとは言いませんが、社会で決まられたルールはきちんと守って周りの人に迷惑をかけないようにしなくてはいけません。

非常識だと思われないためには、決められた場所で喫煙をして、決められた場所へ捨てるようにすることが大切です。

道に唾を吐く

非常識な人が道に唾を吐いている
道に唾を吐く人も非常識な人の行動の一つです。

見た目的にもちょっと気持ち悪いと思ってしまいますよね。

なんで道に唾を吐くかというと、憧れから唾を吐く行為をしたりしている人や虚勢を張っている人が多いです。

海外のスポーツ選手はよく見るとスポーツ中にガムをかんだり、唾を吐いたりしています。

昔の映画やドラマなどでも喧嘩の後や様々なシーンで唾を吐くシーンもあって、それに憧れて唾を吐くようになった人もいるでしょう。

しかし、周りからするとその唾を踏んでしまったり、靴についたらすごく不快な気持ちになります。

いくら見た目が良い人でも、道に唾を吐いていたら非常識な人だという印象がついてしまうでしょう。

ポイ捨てをする

非常識な人がポイ捨てをしている
ゴミを平気でポイ捨てする人も非常識な人の特徴です。

ゴミはゴミ箱へ決められた場所へ捨てる、それが常識ですよね。

しかし、ポイ捨てをする人に正論を言っても「みんなしてるよね」「だったらあのゴミは良いの?」とヘリクツを言われてお終いです。

でも、そういう人に限って自分の敷地や自分に関係のある場所にポイ捨てをされると激怒するんです。

5.自分の都合しか考えない

非常識な人が自分の都合しか考えていない
非常識な人は、相手のことを考えず、自分のことが一番で自分のことしか考えていません。

出かける予定も自分が行きたいからと勝手に決めて、相手の都合を考えません。

人は誰しも自分中心な部分はありますが、そこに人間関係が円滑に行くように理性が働いて相手のことを思って、自分のことは我慢したりします。

自分の都合を伝えることは良いことですが、相手のことも思ってお互いの都合で考えてみんなが幸せになる選択が出来ると良いですよね。

非常識にならないために大切なのは、相手を思いやる気持ちですね。

深夜に電話をかけてくる

非常識な人が深夜に電話をかけている
自分の都合しか考えてない人は、深夜でも平気で電話をかけてきます。

深夜に電話をすることが悪いことではなく、相手を思うこと、相手の都合を考えることが出来ているのかということです。

深夜でも起きていて、仕事をしている人や行動している人は沢山います。

そういう人にとっては逆に昼間に電話をすることが非常識なのかもしれません。

あなたにとっては深夜に電話をするのは非常識だから、昼間に電話をしようと思って電話をしても、相手からしたら「今からせっかく寝ようと思ったのに非常識だなこんな時間に」なんてあなたが非常識になってしまうかもしれません。

電話をする時間ではなく、相手のことを思って相手の都合を考えて行動が出来るのかで常識があるのか非常識なのかの分かれ目になります。

非常識にならない為には、相手の都合を考えることが必要ですね。

6.店員に対する態度が悪い

非常識な人が店員に態度悪く接している
お店の店員さんに対する態度が悪いのも、非常識な人の特徴です。

周りも見ていて良い気分はしません。

お店にとってはお客様ですが、横柄な態度をする人は勘違いをしています。

「お客様は神様です」なんて言いますが、それをはき違えて「こっちは客だぞ!なんだその態度は!」などと悪態をついてくる人がいます。

お客様は神様だと決めるのはお客のあなたではなく、お店側がお客様は神様ですねと決めるんです。

そんな態度が悪いお客の事を神様だと思うはずありません。

少し考えれば分かることなんですが、非常識な人は自分のことや今現在のこと、目先のことしか考えてないんです。

店員にため口

非常識な人が店員にため口で話している

常識がある人でも店員さんに対してため口という人もいますが、言い方によっては非常に不愉な気持ちになります。

ため口はフレンドリーで親近感がわいて親密になる事が出来ますが、非常識な人が使いため口は違います。

自分が優位に立ちたくてため口を使っているのです。

自分に自信がないから、立場上弱い立場の人に虚勢を張って自分はすごいだろアピールをしたいので、偉そうな言い方になります。

ため口も使い方や使う場所によっては非常識になりますので、TPOに合わせて使えるようにしたいですね。

お金をたたきつけるようにレジに置く

非常識な人がお金をたたきつけるようにレジに置いている
お金をたたきつけるようにレジに置く事はとても非常識で、絶対にしてはいけません。

格好をつけている場合やお金を沢山持っているアピールとしてたたきつける人はいますが、誰もそんなことは思いません。

非常に不愉快な気分になるだけです。

店員さんだけではなく一緒に行った友人や恋人にも不愉快に思われてしまいます。

些細な事から育ちの良し悪しが出てしまいす。

物を大切に扱う事は一般常識です。

お店の物や自分の物、どんなものでも乱雑に扱ってしまうとガサツで非常識な人だなと思われてしまいます。

7.近隣への迷惑行為


近隣への迷惑行為は非常識な行為ですよね。

でも、非常識な人はそれが迷惑行為だという認識がない場合が多いんですよね。

そこで双方のズレが出てしまって、喧嘩になってとんでもないトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。

例えば、ゴミ出しは決められた日に出します。

常識的に考えれば、出す曜日や時間が決まっているんだから違う日には出さないですよね。

でも非常識な人は、家のゴミ箱が一杯になったからという理由で、曜日に関係なく出すんです。

それを近所の人が注意しても、非常識な人はやめようとしないでしょう。

騒音や異臭

非常識な人が騒音や異臭を放っている
騒音や悪臭問題も迷惑行為をしている人たちは気付いていないことが多いんです。

自分たちはそれに慣れているので迷惑とも何とも思いません。

中にはテレビの音や歩く際の床の音、洗濯機の音など思いもよらない事から近隣トラブルにあってしまうことだってあります。

もしかしたらあなたも知らない間に非常識な人になっているかもしれません。

人によって感じ方が違うのは当たり前ですので、近所づきあいをして未然に非常識にならない様にすることが必要です。

8.車の運転が荒い

非常識な人が荒い車の運転をしている
車の運転が荒い人は常識を疑うことがあります。

運転が荒いという事はスピードを出しすぎたり、標識などの交通ルールを守らなかったりして、事故を起こしてしまう可能性を高くしてしまいます。

自分が運転して事故するだけだから誰にも迷惑かけてないという人もいるかもしれませんが、事故を起こすと関係のない人まで巻き込んでしまいます。

しかもスピードを出す事で重大な事故を引き起こしてしまいます。

決められたルールを守って安全運転を心掛けたいですね。

子供が飛び出してきそうなところでもスピードを落とさない

非常識な人が子供が飛び出してきそうなところでもスピードを落とさないでいる
見通しの悪いカーブや道幅が狭い道路でスピードを落とさない人も非常識な人の行動と言えます。

非常識な人の典型で自分のことしか考えていないので、子供が飛び出してくるなんて思っていません。

もし子供が飛び出してきても、飛び出してきた子供が悪いと思っているでしょう。

非常識に思われないように気を付けること

非常識な人な人だと思われないように気を付けることを考えている
思いもよらない形で非常識の仲間入りをしてしまう可能性があることが分かったと思います。

非常識だなと思っていたら、相手からしたらあなたが非常識なんてことも。

そう思われないためにも次のことには注意して下さい。

挨拶をすることを心がける

非常識な人だと思われないように挨拶をしている
基本中の基本の挨拶は必ずするようにしましょう。

できればあなたから挨拶をするようにして下さい。

挨拶するだけであなたへの警戒心がなくなって、信用してくれるようになるでしょう。

時間は守ること

非常識な人だと思われないように時間を守っている
非常識だと思われないために、最低限時間は守るようにしたいですね。

どうしても時間に間に合わない時には、必ず遅れてしまうことを連絡しましょう。

たったそれだけで、相手の気持ちやあなたへの対応は格段に変わりますよ。

公共のマナーはしっかり守る

非常識な人だと思われないように公共のマナーをしっかり守っている
不特定多数の人がいる場所でこそ常識が問われます。

非常識と思われないように決められたルールがあるのならば必ず守りましょう。

何か疑問があった場合は行動に移す前に聞いて確認して下さい。

納得できる理由があるはずです。

公共のマナーとして常識ある行動を取りましょう。

運転のとき標識はしっかり守る

非常識な人だと思われないように運転のときに標識をしっかり守っている
運転免許証を取った時のことを思い出して下さい。

交通ルールを守らないと自分だけでなく周りの人に迷惑をかけることになります。

決められた交通ルールを守って安全運転を心がけましょう。

最後に

非常識な人の8個の特徴や行動・言動のまとめの写真
非常識と言うのは常識と紙一重で、いつの間にか非常識の仲間入りをしてしまうことがあるかもしれません。

非常識の人を変えようとすることは非常に素晴らしいことですが、その為にあなたが非常識になってしまっては本末転倒です。

非常識な対応をしない様に冷静な対応をすることが必要です。

売り言葉に買い言葉の様に感情的ににならない様に理性を保って下さい。

周りに非常識な人がいたら相手にしないこと

非常識な人を相手にしないようにしている
非常識の人に対する行動として一番正しい方法は相手にしないことです。

良かれと思ってしても相手にとっては見当違いの対応かも知れません。

あなたの善意は非常識な人には伝わりません。

伝わらないからと言って感情的になってしまうと、あなたも非常識な人になってしまいますよ。

そうならないためにも深入りしないで相手にしないことです。

自分からトラブルに巻き込まれないようにして下さい。