非常識な人には分かりやすい特徴や行動があったんです。

あなたも非常識に思われないためにも非常識とは何かを学んで下さい。

知らない間に非常識な人と呼ばれないためにも…

非常識とは?

非常識とはどういうことだと思いますか?決められたルールを守れないことを非常識と言います。

でも、ダメと言われるとしてみたくなるものですよね。

絶対に開けたらダメと言われると中身が気になって開けたくなりますよね。

それが動物の本能なんです。

しかし、私達人間には大人になるにつれて理性というものが出来上がってきます。

この理性が働いて、開けて中身を見たいんだけどダメだから我慢すること、ルールを守ること、本能を抑えることが出来るんですよね。

人間のみんなが本能に従って行動していたら世の中はメチャメチャになってしまいますね。

例えば欲しいものがあったら社会のルールでお金を払ったり欲しい物を手に入れるためのは様々なルールがあります。

そのルールを守らずに欲しいからと本能に任せて取ってしまう。

そんな世の中になってしまうと恐ろしいですね。

大人の人間には本能に任せずにルールを守る為にブレーキをかける力、理性があってその理性が働いて人間は我慢することが出来ます。

これが動物と人間の違いなんですよ!

あなたは大人の人間になれていますか?それとも…本能に任せて…

あなたは大丈夫?非常識な人の8個の特徴

あなたは大丈夫ですか?非常識な行動をとっていませんか?

自分では常識的と思っていても…もしかしたらいつの間にか非常識になっているかもしれませんよ。

非常識な人の特徴や行動、言動などを8個ご紹介しますので自分が非常識になっていないか確かめながら読んでみて下さい。

1.挨拶をしない

信用を無くしてしまう非常識な行動、挨拶をしない人。

挨拶をしないと何だか感じ悪く思ってしまいますよね。

特にあって最初の挨拶はするとしないとでは大違いです。

その後の行動などに影響が出てしまいます。

幼稚園、保育園、小学校・・・と学校や家、習い事、スポーツ等々あらゆる場所で何かを行う最初と最後には必ず挨拶をしますよね。

今迄生きてきた中で挨拶を経験したことが無いって人は世の中(日本)には存在しないですよね。

その挨拶が出来ないってことは社会のルール(常識)が守れてないってことです。

おはようございます、こんにちは、こんばんは、おやすみなさい最低限これぐらいの挨拶は受け答えしないとダメです。

例えば仕事では一緒に働く仲間との挨拶をすることによって仕事がスムーズに進めることが出来ます。

取引先で挨拶をする事は信用に繋がりますよね。

逆に挨拶をしないと…

「この人、挨拶も出来ないって仕事はまともにできるのかな?」

「挨拶しないって、うちの会社をなめてるの?もうこの会社とは仕事しないでおこう」なんて信用問題になりますよ。

いくらスゴイ能力やスキルを持っていても披露する前に信用を無くしてしまって披露する場所さえ与えられません。

あなたは挨拶が出来ていますか?

挨拶って他にスゴイ力があるのは知っていますか?

言葉には言霊と言って感情と共に相手に伝える事が出来るんですね。

挨拶をあなたから先にすると相手の警戒心はやわらいで「この人は敵じゃないんだ」って思われてその後の対応が変わりますよ。

さらに高度なテクニックとして相手と同じトーンで挨拶をすると同調の法則で「この人、気が合うかも?」「この人は信用できる」なんて人間関係が上手く行きますよ。

友達や職場など苦手な人っていますよねそんな人にあなたから挨拶して同じトーンで受け答えしてみて下さい。

今迄と違った一面を見ることができますよ。

社会ルールの基本中の基本、挨拶は出来ていますか?

コミュニケーションが取ることができない

コミュニケーションが取れない人…いますよね。

こちらが話しかけても返事をしない人とか…

何かを頼んでも相槌も受け答えも何もなく、聞いてないんだと思って他の人に頼むとその人がちゃんとやっていたり。

「っえ?聞いてたの?」って聞くと「聞いてますよ」「だったら返事ぐらいしてよ」というやりとり。

他にもこんな経験ってないですか?

「っえ?出来るの?出来ないの?どっちなの?」「・・・」「もういいよ、他の人に聞くから」って経験。

出来るのか出来ないのか言えば良いだけなんですけど先に言い訳ばかりで質問の答えをしてくれない人。

出来た場合でも失敗した時の言い訳、出来ないことの言い訳など逃げ道をつくりたいことばかりで相手とのコミュニケーションが取れないんですよね。

相手のこと、相手の気持ちが理解できない、話の内容が理解できない、自分の都合の良い様に解釈してしまう、話を自分の中で自己完結してしまう、自分で話をつくってしまうという事が起きているんです。

簡単に言ってしまうと自分のことだけ考えているからコミュニケーションが取れないんですよね。

一方通行の対応しか出来ないんです。

これって…デジタル社会の弊害とも言われています。

SNSなどで自分の伝えたいことだけを一方的に伝えることしかしない弊害なんですよね。

昔の電話やメールだけの時代だと、相手の気持ちを考えてこう言ったら誤解されるかな?

この言い方だと感じ悪いかな?どう相手に分かってもらおうかな?と相手のことを考えてコミュニケーションを取っていましたよね。

SNSなどを頻繁にしている人、いつの間にか周りの人から見たらコミュニケーションが取れない人に思われているかもしれませんよ。

コミュニケーションは相手があってのものなので、コミュニケーションが取れないという事はあなたにも問題があります。

自分のものさしだけで判断しないで、新しいものさしで相手を測って相手に合わせてコミュニケーションを取ろうとしてみて下さい。

コミュニケーションは相手に会わせることが必要なんです。

いつの間にか非常識な人の仲間入りしない様に自分自身も磨いて新しいものさしを手に入れましょう!

2.謝らない

謝らない人っていますよね。

社会のルールとして悪いことをしたら謝る小さい時に親に言われて育ちましたよね。

幼稚園や保育園、小学校でも学んできましたよね。

なのに世の中には謝らない人っているんです。

なぜなんでしょうか?実は…謝らない人には理由があったんです!

謝らない人はメンタルケアや心理学の観点から言うと自分に自信が無い人がほとんどです。

自分に自信が無いから相手より優位に立ちたい、なめられないようにしなくては等と思っているので謝らないんです。

そういう人にはあまり深入りはしない方が良いですね。

謝らせようと強く主張しても自分の方が上にいたいので決して謝らずになめられたと思ったら理不尽な報復や復讐を受けてしまう可能性だってあります。

こういった人にはいくら何を言っても通用しません。

ではどうしたら良いのでしょうか?一番の対象方法は怪我などしていなければそのまま見過ごすことです。

余計なトラブルに自分から巻き込まれに行く必要はありません。

でも、どうしても謝らせたい場合は相手が絶対的な上の存在と思っている人から言ってもらうことです。

自分が認めている上位者には2つ返事で従う人なんです。(実は単純な人なんですよ)

扱い方次第でトラブルメーカーにも従順な人にもなってしまう人なんですね。

他には単純に気付いていない場合ですね。

悪いことをしたと気づいていなければ当然謝りませんよね。

何もしていないのにあなたは見ず知らずの人や知人に謝りますか?謝りませんよね。

悪いことをした時に謝りますよね。

謝らないっていう人はもしかしたらあなたに対して悪いことをしたことに気付いていないのかもしれません。

その時にいきなり「チョット、謝りなさい!」って強い口調で言われたらあなたならどう思いますか?

「何なのこの人、いきなり謝れって…何もしてないのに、変な人なの?コワイコワイ」って思いませんか?

急に強い口調で理由も無く謝れ!では通じませんよね。

それこそ売り言葉に買い言葉で喧嘩になってしまいますよ。

何より周りや相手からしたらあなたが非常識な人と見られてしまいますよ。

自分からトラブルを招かずに優しい口調で冷静になって相手に「こうこうこう言う理由でこうなったので謝って頂けますか?」

って謝らなければならない理由を優しく教えてあげたら

「そうだったんですね、気付きませんでした。お怪我はありませんか?すみません。」って穏便に解決できるんですよ。

他には悪い事をしてもダメでしょ悪いことしたら謝りなさいって言われて育っていない人も最近はいるんです。

悪い事をしても「大丈夫だよけがはなかった?」だけで謝る事を教えららえていない人が…

ある意味謝る事が出来ない人って被害者なのかもしれません。

自分が悪いと思っていない

謝らない人は自分が悪いと思っていない人もいます。

先の謝らない理由でも出ましたが悪いことをしたと分かっていないと謝りようがないですよね。

こんな経験はありませんか?

自分達の仲間内で盛り上がりすぎてしまって周りの迷惑も考えずにはしゃいでしまう事。

そんな時に誰かにぶつかってしまっても盛り上がっているので気付かないで遊びなどに夢中になっていることって。

自分達では楽しくてしょうがないかも知れませんが案外周りからしたら迷惑で非常識な人たちと思われていますよ。

そこでまわりの迷惑に思っている人が「うるさい!」や「こんなところで迷惑だ!」「他で遊びなさい!」って言われたら…

「うるさいって他の人も話してるじゃん、だったらほかの人にも言えよ!」

「はぁ?誰にも迷惑かけていませんけど・・・」

「他で遊べってここは貴方の土地ですか?他にも遊んでいる人いますけど、あの人たちは何なんですか?」

って相手からしたらあなたが非常識な人になるんですね。

なぜそうなのかと言う理由と優しく冷静な口調が必要なんですね。

例えば「みんなが使うところなんで話しても良いけどもう少しだけ声を小さくしてくれるかな?」

「ここではしゃいでいると、ほらさっきぶつかって転んでるでしょ?気付いてた?怪我でもしたら大変だからはしゃぐんならもう少広い場所でどうかな?」

なんて理由を伝えれば相手も理解してすみません気づきませんでしたって素直になってくれますよ。

せっかく良い行動を取ろうとしているのにあなたが非常識の仲間入りしては損をしてしまいますよね。

謝らない人には必ず理由があるはずなんです。

それを理解できれば対応の仕方が分かってトラブルにならずに済みますよ。

トラブルになる原因は案外あなたに有ったのかもしれません。

3.順番を守らない

順番を守るのは当たり前ですよね。

順番を待つために長い時間かけて貴重な時間を使うわけですから。

そこで守らない非常識な人はなぜいるんでしょうか?

決められた順番を守らなくてはいけないと思っていても早く食べたい、早く手に入れたいと言う欲求を理性で抑えられずに守らない人。

トラブルに巻き込まれないためにも人間として大人になりきれていない可愛そうな人だなと思って関わらないことです。

そういう人は自分のなかの悪魔がささやいちゃうんですかね?なんとなく分からないでもないですが周りの人の目もありますし普通は出来ないですよね。

順番を守る事はルールとして当たり前の事なので守るのが基本です!

しかしどこにでも守らない人は不思議といますよね。

コレって店側からしても対処に困るので基本的には関わらないことが多いです。

並んでいる人も並ばず順番を守らない人もお店側からしたら同じお客様なんです。

お客様な以上あまり強いことは言えないんです。

順番を守らないお客様に押し切られてしまいます。

最近ではSNSにある事ない事を書かれてしまうこともあってお店側が強く言えなくなってしまっています。

順番を守らない人にはどう対処したら良いのでしょうか?

正論で「順番を守って下さい」なんて言ったらその人と喧嘩などのトラブルになってしまいます。

そうすると他の周りの人からはあなたまでもが「こんなところ喧嘩なんて非常識だよね」って非常識の仲間入りしてしまいます。

やっぱり我慢したり無視したりして関わらないことしかないんでしょうか?

実は…対象方法はあるんです!次の項目で説明しますね。

周りの事を考えず割り込む

周りの目なんて気にしないで平気で割り込みをする人ってますよね?

そんな人は周りの事が見えていない自分勝手な自己中な人に多い行動なんです。

更に言うと周りの人からスゴイ人なんだと思われたい人なんですけど方法を間違えてしまった人なんです。

堂々と順番を守らない人は案外「あ~なんだ、順番から離れていたのね」なんて思われて案外何も言われないです。

順番に割り込まれた近くの人達だけが気付いているだけなんて事も。

順番に並ばないでズカズカ店に堂々と入っていく人も同じでスゴイ人と思われたいんです。

並んでいる人からしたら「何なの?あの人?お店の知り合いか何か?」「並ばずにあの人入れるなんてVIP?」なんて思ったりしてしまう事も。

そんな人への対象方法は直接本人には言わなくて一緒に並んでいる友達や知人、知らないまわりの人とで

「あの人順番に割り込んだよね?」「子供でも順番を守ること知ってるのに、並ぶことも分からないのかね、かわいそうに」

などと本人に聞こえるように周りの人達で聞こえるように気付くように話をする事です。

人間なので絶対に周りの声や視線は気になります。

今迄は周りが見て見ぬふりをして来て堂々とできていましたが相手は一人又は少人数です。

周りが一緒に信じられない、かわいそうに、常識無いのかな?なんて冷たい視線を間接的に浴びせることでもうしなくなりますよ。

対象方法を間違えてしまうと思わぬトラブルやいつの間にか自分が非常識の仲間入りしてしまいますので対処方法を間違えないようにして下さい。

基本的には関わらないことが一番良いですね。

仲間内での話のタネになるなと前向きに考えてイライラしないことですね。

4.マナーが悪い

非常識なことにマナーが悪いことがありますよね。

しかし、マナーって言っても色々なマナーがあります。

食事の際のマナー、公共の場でのマナーなど一般的なマナーから特別な職場でのマナーや訪れた先でのマナー。

数え上げたらキリがありませんね。

しかしマナーと言っても文化の違いで今迄当たり前と思っていたマナー(常識)が通用しない場合もあります。

一般的なマナーは心得て時には柔軟に対応する力も非常識にならないためには必要なことです。

固定概念にはとらわれないことも大切ではありますがまずは基本をしっかりと知っていなくてはいけません。

基本の形がわかっていなければ柔軟な対応やアレンジは出来ません。

非常識なただの形無しになってしまいます。

ますは正しいマナーを身に着けて常識人になりましょう。

食事の仕方が汚い

食事の際のマナーってありますよね。

和食でのマナー、フランス料理でのマナー、インド料理でのマナー等々料理毎、国毎でマナーが違ったりします。

全てを覚えるのは中々面倒ですよね。

そこで今回は食べ方のマナーについてに絞っていきましょう!

食べ方の汚い人って容姿を着飾っても一気に気持ちが冷めてしまうことがあります。

生理的に無理ってやつですね…

食事の仕方は基本的には今までの食生活で培ってきたもので中々すぐには変えられないマナーなんです。

何年いや何十年もかけて出来上がった食べ方なのでその癖を治すのは容易では無く本人も気づいていない場合もあります。

最低限の食事のマナーは身に着けておいて欲しいですよね。

例えば物を食べる時に口を開けて食べる人。

口の中身が見えてしまって汚いですよね…しかもクチャクチャ音が出てしまうんですよねそういう人って。

口を閉じてってや差引く言って閉じて食べる習慣を身に付けさせてあげて下さい。

他にはやたらと音を出す人。

スプーンやフォークなどを食器にカンカン当てて、グラスを置く時にもドスンと置いて食器にフォークなどを置く時にもガシャンって置く人…がさつですよね。

もう少し優しくしてあげてって優しく言って音を立てないで食べられるようにしてあげましょう。

他には食べる時の姿勢や服装、日本人なら箸の持ち方なども気になるマナーです。

一度に全部を直そうとしないで一番気になるマナーから徐々に直してあなた色に染めてあげて下さい。