異性を恋愛対象として好きになるきっかけは、男女で違うということを知っていますか?

男性視点と女性視点では、異性に惹かれる理由も、好きになるきっかけも大きく違っています。

だからこそ、恋人同士がお互いの好きな部分が違っていたり、思いもよらない理由から異性にアプローチされたりすることがあります。

そんな男女の違いの中で、男性が女性を好きになるきっかけについてまとめました!

意中の男性に好かれたいと思っている女性はぜひきっかけ作りの参考にしてみてください。

好きになるきっかけって男女で違うの?

恋愛対象として異性を好きになるきっかけは、男女で違っています。

さらに一人ひとりでも違いがありますが、性別の観点からみた時に、男性と女性とでは、ある特徴的な違いがあります。

例えばセクシュアルな面から好きになりやすかったり、外見から入りやすかったり、内面から入りやすかったりと、それぞれに男女でまとまった違いが見られます。

女性の場合は見た目や清潔感の他にも、男性に誠実さや気持ちの一途さを求める傾向が強いです。

一方で男性の場合には、もちろん女性に対して清潔感や誠実さも求めますが、セクシュアルな部分で魅力を感じる傾向が強いです。

男性は惚れやすい?滅多に好きにならないのはなぜ?

男性は惚れやすい一面もありながら、同時に本気で女性を好きになるのに時間がかかります。

惚れやすいというのは、女性の外見のセクシュアルな部分で本能的な魅力を感じ、惹かれることが多いです。

そのため、例えば恋人と街を歩いている時に、美人や可愛らしい女性が側を通るとついそちらに視線を向けてしまい、彼女を怒らせてしまうことがありますが、それはほぼ反射的な行動であって、本気で気持ちが彼女以外に向いているということではありません。

また、そうした外見で思わず見惚れてしまうことは多いですが、その反面本気で「この子が好きだ!」と思うまでにはある程度時間がかかります。

男性は容姿の優れた女性に対しては惹かれやすいですが、そこから本気で好きになるまでの間に、その女性の内面までしっかりと吟味します。

そして決定的に何か「好きだなぁ」と思える瞬間が来るまでは、あくまでも「気に入っている子」止まりの感情しか相手に対して向けないことが多いです。

だからこそ、男性は一見惚れっぽくもあり、同時に本気で好きになるには時間がかかるのです。

男性が女性を好きになるきっかけ14個

男性は惚れっぽい反面、その気持ちが本気になるまでにはある程度の時間がかかります。

そのため、周りに自分が気に入っている子はたくさんいても、本気で好きになるのはその中の一人だけだったり、またはまったく別のところで知り合った女性だったりします。

では、男性はどんなきっかけがあると、女性のことを好きになりやすいのでしょうか?男性が女性を好きになるきっかけについて以下にご紹介していきます。

1、自分だけにしか見せない笑顔がある


男性は、「自分だけは特別」という感覚に弱いです。

女性でも同じことが言えますが、男性の場合はそうした「特別感」を感じた時に、女性のことを好きになりやすい傾向があります。

例えば普段は冷静であまり感情を表わさない女性が、自分と話している時だけは嬉しそうに笑顔を見せているのに気づいた時。

どんなに恋愛感情に鈍感な男性であっても、「もしかして自分だけは特別なのかも・・・?」と思ってしまうことでしょう。

そしてもしそのような状況が実際にあったなら、少なくとも女性はその男性に対してはとても心を開いている状態なのでしょう。

恋愛感情としての好きかどうかは分からなくても、他の男性よりはその人のことを特別に考えていることは確かです。

そして女性のその態度に気付いた男性は、少なからずその女性に対して異性として関心の目を向けるでしょう。

そして気付けばそれが、好きな気持ちに変わっていることは多いです。

2、人の愚痴を言わない

人の愚痴を言わないということは、男性でも女性でも他人からの好感度が非常に高いです。

簡単に誰にでも愚痴を零す人の場合、「よそでは自分のことも言っているのだろう」とその人に対して信用が出来なくなりますし、また女性で愚痴っぽい性格の人は、ネチネチとした陰湿で陰険なイメージを男性に与えます。

一方で、誰に対しても人の愚痴を零さない女性の場合は、一緒に過ごしていて居心地が良いですし、性格の良さや上品さを感じさせます。

そのため「感じの良い女性だなぁ」という好意的な感情が、次第に恋心へと変わっていくことは決して少なくはないでしょう。

さらに、誰にも愚痴を零さないのに、時々自分だけにこっそりと愚痴を零すことがあれば、男性は「自分にだけは本音が言えるのかも・・」と淡い期待を抱くこともあります。

3、誰にでも優しい姿を見た時

男性にとって、理想の女性は「優しい性格をした人」です。

思ったことをはっきりと物申す女性が好きな男性もいますし、ちょっときついくらいの性格の女性の方が好みの男性もいますが、基本的には「女性には優しい性格であってほしい」というのが男性側の心理です。

「優しい女性なら、きっと自分に対しても優しく接してくれるはずだし、そうしてほしい」という期待の表れでもあります。

そのため、子どもやお年寄り、身障者などに優しかったり、道で困っている人に声をかけたりする女性の姿を見た男性は、少なからずその女性に対して好感を抱くでしょう。

そして好感を抱いた女性には自然と男性から近づいていくため、親しくなればそれが恋愛感情になっていくことも多いです。

ただし、女性が自分以外の全ての男性に優しく接したり、親しくしていたりする姿を見ると、反対に「誰にでも良い顔をするのか」と思ってしまうこともあります。

4、共通点を見つけた時

仲の良い恋人同士ほど、互いに共通点がいくつもあります。

例えば好きなアーティストが一緒だったり、アウトドア派やインドア派だったり、映画を観るのが好きだったりと、趣味や特技、好きなものが似通っている同士ほど、いつまでも仲睦まじい関係であることが多いです。

例え互いの共通点が何もなくても仲睦まじい恋人同士はいますが、そうしたカップルの場合にはお互いにお互いの好きなものや趣味を尊重出来ていることが多いです。

男性だけでなく女性にも言えることですが、自分の好きなものに対して関心を示したり、理解してくれたりする相手には強く惹かれます。

そのため、例えばある男性が、プラモデルが趣味の場合に、知り合った女性が同じくプラモデルが趣味だったなら、直ぐに意気投合して親しくなることが出来るでしょう。

そして互いに会って話をする回数を重ねていく内に、「もっと一緒に仲良く過ごしたいな」という気持ちが相手を好きな気持ちになることが多いです。

誰でも自分の好きなものや趣味を否定されれば、その相手に対して嫌な感情を抱きます。

一方で、自分と共通点を見出した時には一気に相手のことを好きになりやすいです。

5、自分好みにイメチェンをしてきた時

偶然であれ意図的であれ、女性が自分好みにイメチェンしてきた時に、男性はそれまで以上にその女性に対して興味を抱きます。

偶然自分の好みに女性がイメチェンしたのなら、今まではとくにその女性に関心がなかった男性でも、「おっ!」と思わず目を向けてしまうでしょう。

そしてそれがきっかけになって、その女性のことを好きになることがあります。

また、もし女性が男性に気が合って、その男性好みにわざとイメチェンしてきた時には、男性は女性のあざとさを愛らしく感じることでしょう。

「自分のために自分好みにイメチェンをしてきた」という事実は、男性がその女性を強烈に意識するきっかけになりやすいです。

さらに、女性がイメチェンをするのには、何らかのきっかけがあります。

「なんとなく」でイメチェンをする女性もいますが、大抵は何かのきっかけがあって髪型や服装を変えます。

そのきっかけは女性にとって大きなものであることが多いため、男性も自然と女性の様子に注目してしまいやすいです。

6、普段は頼らないのに頼ってくれた時


普段は男勝りで、気が強くて何でも自分でやる女性ほど、時折見せる弱さや涙、甘えなどには強烈なギャップがあります。

そのギャップにころりとやられてしまう男性も実際少なくはありません。

普段は何でも自分ですべてこなしたり、解決したりする女性が、ふとした時に「ごめん、お願いしてもいい?」と自分を頼ってきたら、男性は驚きと同時に、相手も女性らしい女性なのだと再認識します。

そしてそのギャップに可愛さを感じたり、意外な頼りなさを感じたりして、女性として意識し始め、そのまま恋愛感情に変わっていくことがあります。

また男性は、女性からそうして頼られることに対してまんざらでもないという感情があります。

あまり女性がしつこいと男性も嫌がってしまいますが、ちょっとしたことで頼られるのであれば、悪い気はしないでしょう。

7、気遣いができる人だとわかった時

男性は女性の優しさや気遣いを感じた時に、相手を一人の女性として意識することが多いです。

例えば仕事で落ち込んでいる自分に対して、さりげなく励ましの言葉をかけてくれたり、仕事が忙しい時に、気を利かせて書類をまとめておいてくれたり、お茶を出してくれたりと、そうしたささいな気遣いを感じた時に男性は嬉しく思い、同時に女性を特別な目で見ることがあります。

誰に対しても分け隔てなく、そうした気遣いが出来る女性は、男性からも女性からも好かれます。

とくに女性にも好かれる女性というのは、男性も安心して好意を寄せることが出来るでしょう。

また、誰に対しても気遣いが出来る女性は素晴らしいですが、そうでなくても自分にだけとても気を配ってくれる女性にも、男性は意識を向けやすいです。

女性からのその気遣いが嫌でなければ、男性は素直に好意的にその気遣いを受け取り、相手を特別に意識することもあるでしょう。

8、礼儀正しい一面を見た時

女性の美しさは、外見だけではかれるものではありません。

例え容姿に自信がない人でも、立ち振る舞いや言動が上品だったり、礼儀正しかったりすれば、それもまた女性自身を美しく見せることが出来ます。

そしてまた、男性もそうした女性に惹かれる傾向があります。

女性が清潔感があり、誠実で礼儀正しい男性に心惹かれるように、男性もまた、容姿以上に立ち振舞いが美しく上品で、礼儀正しい女性に心惹かれます。

例えその女性と男性が普段はあまり関わる機会のない関係であったとしても、女性の礼儀正しい一面を見た男性が、相手を好きになることは決して珍しくはありません。

よく「一目惚れ」という言葉を使うことがありますが、一目惚れはそうした外見や立ち振舞いの美しさに心惹かれて起きる現象なのです。

家族に会わせてもいいと思った時

男性は、女性を衝動的に好きになることはあまりありません。

外見に惹かれることはあっても、そこから本気で好きになるかどうかは、女性の内面を知った上で判断します。

そのため、男性は女性を好きになる時に、同時に「この人なら自分の家族に紹介出来る」と考えます。

どんなに外見が美しくても、内面が醜かったり、礼儀がなっていなかったりすると、いざ付き合っても自分の親に会わせることを不安に感じてしまうでしょう。

その不安はお互いに結婚を意識するほど強くなり、結果的に関係が破局してしまうこともあります。

一方で、最初から「彼女ならば安心して家族にも会わせられる」と考えていれば、男性は安心して女性にアプローチして、付き合いを深めることが出来ます。

9、家庭的な一面を発見した時

今は男女共に当たり前に働く時代ですが、男性の大半はやはり女性には家庭を守ってもらいたいと考えています。

それは例え女性が働いていても同じことで、家事を分担しつつも、何かあれば女性に家庭を守ってほしいと考えているため、自然と家庭的な女性を求める傾向があります。

また、男性自身家庭の中で育ってきているため、「自分も温かい家庭を作りたい」という願望は当然あるでしょう。

もし男性が子ども自体にあまり良い家庭環境で育ってきていなければ、よりその願望が強いことでしょう。

そして将来は温かい家族を育みたいと考えている男性ほど、家庭的な女性のことを好きになりやすいです。

家庭的というのは、料理が出来て掃除がしっかりとでき、さらには子ども好きであるというのが男性の理想です。

ふとした機会に女性の手料理を食べて、その美味しさに感心した男性や、職場で整理整頓や掃除がしっかりと出来る女性の姿を目にした男性、また子どもの相手が上手かったり、裁縫が上手だったりする女性の家庭的な一面を目にした男性は、その女性のことを好きになりやすいでしょう。

10、告白された時

自分が特別意識していなかった女性から突然の告白を受けた時、男性は驚きながらもその瞬間から相手の女性のことを強烈に異性として意識します。

そして、急には返事が出来なければ、返事をするまでの間は毎日のようにその女性のことを考えますので、段々と男性自身もその女性に対して好意を抱くようになることが多いです。

自分に告白してきた女性がまったく恋愛の対象外であれば、そんなこともなくその場で断ることでしょう。

しかし、女性としての魅力をきちんと持っている女性の場合には、そんな相手が自分のことを好きだという事実に胸をざわつかせ、男性は「どうしようか」と思い悩むことでしょう。

けれども女性が魅力的であれば、その悩みもまんざらではない、嬉しい悩みになります。

好きになられると余計に意識しちゃうのが男性

女性から明確は好意を向けられると、男性は嫌でもその女性のことを意識します。

自分に告白してきた女性が自分の側を通ったり、ちょっと仕事の話をしたりしただけでも、男性によってはその女性以上にドキドキと相手のことを意識してしまいます。

そのため男性によっては妙な挙動になったり、わざと女性から顔を背けたりすることもあるでしょう。

異性からの分かりやすいアピールに対しては、女性よりも男性の方が意識しやすく、また感情に振り回されてしまいやすいでしょう。

11、ギャップを感じた時

いつも髪を下ろしている女性がアップにしてきた時、ちらりと覗くそのうなじに、思わずドキッとしてしまう男性は多いです。

また、いつもクールな女性がふと見せる無邪気な笑顔や、いつも笑顔の女性がふとした拍子に見せる涙など、女性のあらゆるギャップに男性は惑わされやすいです。

女性も男性のギャップに胸をときめかせることはありますが、ギャップから相手を意識して、好きになるのは女性よりも男性の方が多い傾向があります。

そのため、男性の好みを予めリサーチした女性が、その男性好みにイメチェンをしてきたなら、男性は当然女性に対してドキッとしてしまうでしょう。

また、女性が意図しなくても見せたギャップに、勝手に男性が心惹かれて好きになってしまうこともあります。

それほど男性というのは女性が見せるギャップに弱いのです。

【ギャップ萌えする瞬間は、こちらの記事もチェック!】

12、自分を支えてくれた時

男性は女性の前では強がる人が多いですが、それでも時には気持ちが落ち込んでしまったり、くじけそうになってしまったりする時があります。

そんな時に、そっと自分を支えてくれる女性の存在があると、男性がその女性のことを好きになる可能性は大きいでしょう。

誰でも自分の心が弱っている時には、つい誰かに甘えたり、頼りたくなったりします。

それがどんなにプライドの高い男性であっても、同じことが言えるでしょう。

そんな時に、優しく自分を気遣って慰めてくれたり、話を聞いてくれたり、支えてくれたりする女性がいると、男性であれば誰でも好きになってしまいやすいです。

男性は自分の弱みを女性に見せまいとしながらも、それでも時には「聞いてほしい、見てほしい」と思うことがあります。

その気持ちを満たしてくれる存在があれば、男性は心からその相手のことを求めるでしょう。

13、女性に触れられた時

女性は男性からのボディータッチには嫌悪感を示したり、または何も感じなかったりすることがあります。

もちろん好きな相手からのボディータッチであれば嬉しいと感じますが、そうでなければ気軽に自分に対してのボディータッチを許すことはありません。

一方で、男性は女性からのボディータッチに思わずドキッとしてしまうことがあります。

ベタベタと触られるのは男性でも嫌がりますが、ふとした拍子に軽いボディータッチをされると、男性は相手の女性のことを意識しやすいです。

そもそもボディータッチとは、ある程度親しい関係でなければやらないことです。

それをごく自然な動作でやられると、男性は女性との距離感に一瞬錯覚を起こし、相手の女性を特別に感じたり、意識しやすくなったりします。

男性はボディータッチに弱い

男性は女性よりも、ボディータッチに弱い生き物です。

時々飲み屋の女性がお客の男性の体に触れて接客している姿を目にすることがありますが、そうしたボディータッチをすることで、女性たちは男性の心を上手く掴んでいます。

男性にとってボディータッチをされるということは、それだけ自分と相手との距離が近くに感じられます。

女性の温かく、柔らかな手で肩や腕に触れられたりすると、男性は嫌でも相手を一人の女性として意識してしまうことでしょう。

思い込みの強い男性の場合、女性からボディータッチをされると、その女性が自分に気があるのだと勘違いしてしまうこともあるでしょう。

飲み屋の女性たちはそうした男性の勘違いを上手く利用することがありますが、プライベートでは女性は自分が気のある男性にしか自ら触れようとはしませんので、触れられた男性は嫌でも相手の女性のことを意識してしまうでしょう。

【モテ女になれるボディタッチの上手いやり方は、こちらの記事もチェック!】

14、頑張っている姿を見た時

女性が一生懸命に頑張っている姿というのは、男性からはとても健気に感じられます。

スポーツでも仕事でも、家事や子育てでも、頑張る女性の姿に心打たれる男性は少なくはありません。

大抵の男性から見れば、女性は弱い生き物です。

そんなか弱い女性が懸命に頑張っている姿を目にすると、その健気さに思わず心をときめかせてしまうことがあるでしょう。

頑張る女性の姿に惹かれやすい男性の場合、女性のことを自分が守ってあげたいと考えていることが多いです。

また自分自身に対しては男らしさを求めている傾向がありますので、そうした男性は自分よりも立場や精神的に弱い女性を好きになりやすいです。

女性はどんなきっかけで男性を好きになる?

男性は、女性のセクシュアルな部分や、普段とのギャップ、礼儀正しさなど、女性の中に「女性らしさ」を感じた時に相手のことを好きになりやすいです。

そして男性の多くは女性を自分よりも弱い存在だと考えていますので、普段は勝気な女性でもふとした拍子に弱い部分が見えると、「自分が守ってあげたい」「支えてあげたい」と気持ちに火が付きやすいです。

男性は女性の女性らしい部分に強く惹かれますが、一方で女性はどうなのでしょうか?女性が男性のことを好きになるきっかけの中でも、よく見られる特徴を以下にご紹介していきます。

同じものが好きだと知った時

女性は男性が、自分と同じものを好きだと知った時に、一気に相手に対して親しみが増し、距離が縮まります。

男性でも同じことが言えますが、女性の場合にはさらに一瞬で好意の熱に火が付きますので、それまでほとんど話をしなかった仲の男女が、急激に仲良くなって距離が縮まるということも珍しくはありません。

女性は男性よりも仲間意識や同族意識が強いため、「自分と同じ」だと分かると、途端に相手の存在を自分の中に受け入れようとします。

そして受け入れた先で、相手を一人の男性だと意識した時に、その男性のことを好きになりやすいです。

女性が男性を好きになる頃には、男性側も同じく女性に対して好意を抱いている可能性が低くはないでしょう。

女性は男性以上に、「自分を分かって欲しい」という欲求が強いです。

自分と同じものが好きということは、その時点で女性は男性に対して「この人は自分のことを分かってくれるかも」という期待を抱きます。

その結果、男性が期待通りならば女性もまた男性を好きになりやすいのです。

男性の好意を知った時

男性は、女性に告白されてその女性のことを急激に異性として意識します。

それは女性でも同じことが言えるでしょう。

直接告白をされれば、当然女性は自分に告白をした男性のことを意識します。

また、告白はされていなくても、人づてにある男性が自分のことを好きだと知れば、自然とその男性の近くに行くときには意識したり緊張したりしますし、また明確に男性からの好意の感情を感じ取っていれば、やはり相手を意識して行動するでしょう。

「病は気から」ということわざがありますが、恋の病もまたこうした相手に対する意識から生まれやすいのです。

特別扱いされた時

女性も男性同様に、自分が特別扱いされたと感じた時に、相手の男性のことを意識しやすいです。

例えば自分と話している時だけ距離が近かったり、他の人にはしないのに自分にはふとした時に頭に手を置くなどのボディータッチをしてきたり、2人きりでの食事に誘ってきたりと、異性から自分だけが特別扱いをされた時に、それが女性自身で嫌だと思わなければ、自然と相手の男性を意識して、次第に好きになっていくでしょう。

もし女性が自分を特別扱いする男性のことを嫌っていれば、素っ気ない態度を取るなり、セクハラだと人に愚痴を零したりするでしょう。

そうでなく、女性もまんざらでもなければより親密な関係になるにはそこまで時間を要しないでしょう。

優しさを感じた時

女性の中には男性に頼ることを嫌う人もいますが、大抵の女性は自分に優しくしてくれる男性のことを好きになりやすいです。

またその優しさは、「女は弱いものだから」という上から目線ではなく、あくまでも誠実で、紳士的な優しさの時に男性に心惹かれやすくなります。

重たい荷物を自然な動作で取り上げてくれたり、困っている時にスマートに手を差し伸べてくれたり、それでいて「やってやった」と偉そうな態度を取らない男性を、女性は尊敬しそして好きになりやすいです。

男性的な一面を見つけた時

どんな男性でも、「男性らしさ」を必ず持っています。

見た目は貧弱そうな男性でも、女性よりも力があったり精神的な強さがあったりすると、そうした男性らしい一面に女性は思わずドキッとしてしまうことがあります。

いかにも男らしいたくましさを持った男性であれば、そのワイルドさに惹かれる女性は多いでしょう。

しかし、いかにも男らしい人の場合は、ある意味で「男らしくて当たり前」と女性からは思われていることもあります。

そのため、一見頼りなさそうな華奢で地味な男性がふとした場面で見せる男らしさにこそ、女性はドキッとしてしまうことがあります。

男性が女性を好きになるきっかけのほうが多かった

男性も女性も、どちらも異性を好きになるきっかけは人それぞれです。

けれども女性よりも、意外に男性の方が女性を好きになるきっかけはたくさんあります。

それは、女性の見せる一部分しか把握していない男性が多く、それゆえにふとしたきっかけで女性の別の面が見えた時に、そのギャップに思わずときめいたり、惚れてしまったりすることが多いためです。

女性は男性よりも、異性をあらゆる方向から観察する能力に長けています。

それは子孫を残すために優秀な遺伝子を見極めようとする、女性の本能的な部分が深く関わっていると言えるでしょう。

そのため、女性よりも男性の方が、相手の知らない一面を目にした時に、気持ちが変化しやすいのです。

女性は男性をうまく意識させよう

好きな男性がいる女性は、男性が女性を好きになりやすいきっかけを利用して、相手を意識させてその心を射止めるようにしましょう。

自分を磨くのはもちろんですが、時にはあざとく男性をドキッとさせる行動を取ることも大切です。

無知なままでもいいと考えている女性は、のんびりしている間に意中の男性を他の女性にとられてしまうかもしれません。

好きな男性がいるのなら、男性の好きになりやすい心理を利用して、自分の存在を上手くアピールしましょう。

好きになってもらうのはささいなきっかけから

男性が女性を意識するようになるきっかけは、意外と簡単に作ることが出来ます。

いつもと違うギャップを見せたり、礼儀正しく上品な立ち振舞いを見せたりと、けばけばしく自分を派手に着飾らなくとも男性を意識させる方法はいくつもあります。

男性を意識させることが出来れば、後は自分の努力次第で男性を振り向かせることも出来るでしょう。

好きな男性がいるという女性は、早速今日からでも男性を意識させるように行動しましょう!