彼女に対して、「こいつわがままだな。」と思う男性は多いはず。

しかし、一方で全くわがままを言わない彼女も存在します。

女の子はワガママな生き物だと思っていたのに、わがままを全く言わない彼女。

なぜ彼女がわがままを言わないのか不安になってしまう人も多いはず。

そこで今回は、わがままを言わない彼女についてご紹介をしたいと思います。

わがままを言わないウチの彼女

わがままを言わない彼女と付き合っていると言う人は、世の中からみると少ないかもしれません。

女の子であれば、多少なりともわがままを言う生き物だという概念を持っているからこそ、わがかまを言わない彼女はとても貴重な存在。

しかし、一方で無理して付き合っているのではないか?と心配になってしまう人もいると思います。

他のカップルの話を聞くとわがまま彼女は多い

他のカップルの話しを聞くと、彼女のわがままについてのエピソードは豊富。

「会いたい。」「寂しい。」や「なんで連絡をくれないの?」というようなことから、「これが食べたい。」「あれがほしい。」などの物欲、食欲に及ぶものまで、女性のわがままエピソードは、豊富だといえるでしょう。

なぜ彼女はわがままを言ってくれないの?

一方で、自分の彼女がわがままを言わない場合、周りのカップルの話を聞くと、不安になってしまう人もいるかもしれません。

なぜ彼女はわがままを言ってくれないのだろう?という疑問から、自分が無理させているのでは?という不安にまで陥ってしまう人もいるのではないでしょうか。

彼女がわがままを言わない理由

世の中には少なからず、わがままを言わない女性というのが存在します。

わがままを言わない理由というのは、人によってそれぞれですが、共通して言えることとしては、わがままを言うことで、自分の意思を押し通そうとしないタイプの女性だといえるでしょう。

本来の女性であると、わがままを言うことで、自分の願望や考えを押し通そうとする人が多いと言えます。

しかし、わがままを言わない人は、そういうことをあまり得意としてなかったり、はたまたわがままを言うこと自体が嫌いだったりするケースが多いといえます。

では、実際に彼女がわがままを言わない理由について探っていきましょう。

根本的に優しい人柄だから

彼女がわがままを言わない理由としてあげられるのが、根本的に優しい人柄だからというのがあげられます。

気遣いもでき、彼氏のことを思いやることもでき、自分のことよりも、彼氏の事を優先できる心の優しい持ち主なのです。

気遣いができるデキた彼女

自分よりも他人を優先できるという人はなかなかいません。

気遣いができるというのは、デキた女性であるという証だといえるでしょう。

おそらく、自分の意思や考えをわがままをいうことで押し通す事を嫌っており、相手をたてることを優先にしているケースが多いといえます。

消極的な性格の場合もある

また、消極的な性格の場合もあるでしょう。

わがままを言える関係で育っていない女性は、自分がわがままを言うことに対して自信を持てません。

そのため、相手の意思や考えを尊重し、自分は寄り添っていくという方が、気持ち的にも楽であり、わがままを言うという選択肢を選ばない場合もあり得ます。

嫌われたくないから

また、彼氏に嫌われたくないから、わがままを言うことを抑えているという女性もいます。

こんなことを言ったら彼氏に嫌われてしまうのではないかという恐怖から、自分の考えや思いを彼氏に伝えることができずにいるのです。

このようなケースの場合は、彼氏が自分のことを好きだという確証を得ることができた途端、わがままを言うようになることも(笑)

今は、彼氏にもっと好きになってもらうことを優先している段階だといえるでしょう。

自分に自信がないから

自分に自信がない女性というのは、多く存在します。

特に自分の考えに自信を持てない人の場合、(こんなことを言ったら迷惑なのではないだろうか。)と思ってしまい、自分の気持ちをなかなか開示しようとはしません。

自分に自信がないため、自分の思いを伝える勇気もないのです。

喧嘩したくないから

わがままをいうということは、相手の考えや思いを踏みにじる可能性もあります。

結果、喧嘩になってしまうということも…。

無駄な衝突を避けたいタイプの女性は、わがままをいうことで喧嘩になるのであれば、わがままを言わないという結論に至ります。

カップルであれば、意見が衝突することも多々あるとおもいます。

しかし、この衝突を避けたいと思う彼女は、自分の思いをあまり彼氏に話さない傾向にあるといえるでしょう。

心を開いていないから

また、わがままを言わないのは、彼氏に心を開いていないというケースも考えられます。

この人はわがままを言ったら受け止めてくれない人なのではないか?という疑念から、様子をみている状態だといえるでしょう。

あなたをまだ信用していないのです。

このような段階であると、2人の距離感というのもなかなか縮まりにくいといえます。

相手が気を遣っている状態だからこそ、お互いの本音で話ができていない状態なのです。

あなたの意見を尊重したいから

世の中には、自分の考えよりも、彼氏の考えを尊重することを大切にしている女性もいます。

あなたの意見を尊重したいからこそ、わがままは言わないのです。

相手の意見を尊重するタイプというのは、一歩下がってついてくるおしとやかなタイプに多いといえます。

わがままを言うこと自体が好きではなく、彼氏を優先することを大切にしているタイプといえるでしょう。

我慢しているから


また、わがままを言うことを我慢しているケースも考えられます。

しかし、我慢をしているケースの場合は、いつか絶対どこかで爆発をしています。

不満をため込んでしまっている状態ですと、爆発したときの衝撃が大きいといえます。

我慢するタイプの女性だとしたら、強制的にはき出させてあげることが大切です。

素直になれないから

自分の気持ちに素直になることが、不得意な女性もわがままをあまり言えません。

彼氏に対して、「会いたい。」「寂しい。」と思っても、その言葉を口に出すことが恥ずかしいと感じてしまい、彼氏に伝えることができないのです。

素直になれない彼女の場合、彼氏側が彼女の気持ちを察してあげて、素直になレ留用にしてあげることが必要となってきます。

欲が少ないから

また、彼氏に望むことがあまりない女性は、わがままになりにくいといえます。

彼氏以外の生活が充実していたり、また趣味に没頭していたりなどで、恋人に何かを求めようとする欲があまりない場合、彼氏に不満は抱きづらいといえるでしょう。

彼氏の経済事情が心配だから

女性が言うわがままの中には、お金がかかるものも多々あります。

旅行やアクセサリーなどのおねだり、またおいしいものが食べたいなどの食欲に対する願望など、男性側がお金を出さないと叶えられないものもあるのです。

しかし、彼氏があまり経済的に豊かではない場合、このようなわがままを言うと、困らせてしまうだけになります。

また、彼氏側からしてみても、「だったら経済的に豊かな彼氏と付き合ってほしい。」という気持ちに陥ってしまうことも…。

彼氏の経済事情を心配している場合は、金銭的なわがままは控えているという彼女は多くいるといえます。

気を遣っているから

また、付き合いがまだ浅い場合は、お互いに気を遣っている状態だといえます。

気を遣っているときは当たり前ですが、わがままを言うような状況にはいません。

まだ、互いに探り探りの状態なので、わがままを控えているというケースも考えられるでしょう。

わがままを言わない彼女へ持つ彼氏の8の本音

女性のわがままに悩まされている彼氏というのは多いはず。

ついつい、自分の彼女がわがままではなかたらなぁ…と感じてしまうこともあるはずです。

しかし、わがままを言わない彼女は、良い面も悪い面もあるんです。

そこで、わがままを言わない彼女を持つ彼氏の本音についてご紹介していきましょう。

喧嘩もなくて穏やかに過ごせる

付き合っていくと、彼女のわがままが原因で喧嘩になるケースも多々あると思います。

カップルの喧嘩の多くが、女性側の不満が爆発したときや、わがままを言ったときに起こります。

しかし、彼女がわがままをいうタイプ出なかった場合は、喧嘩もなく穏やかなお付き合いできるといえるでしょう。

安心感がある

また、女性の喜怒哀楽の激しさに悩まされている男性も多いはずです。

さっきまで笑っていたと思ったら急に怒りだしたり、怒っていたとおもったら急にけろっとした態度をとられたり。

そんな彼女の一喜一憂な態度に付き合っていて疲れてしまった…なんて彼氏も大勢いるでしょう。

わがままを言わない彼女の場合、感情が安定しているため、安心感があるといえます。

彼女の感情に振り回されないので、不安になることもなくお付き合いが続けられるのです。

良い彼女だなと思う

周りのカップルの話を聞いていると、わがままな彼女のエピソードはつきないもの。

そんなわがままな彼女と比較すると、自分の彼女は良い彼女だなと思う人も多いはずです。

自分野意思を尊重してくれるし、一歩下がってついてきてくれる。

他の彼女に比べて、素敵な彼女だなと感じる人も多いといえるでしょう。

少し物足りない

とはいえ、彼女からたまには「会いたい。」「寂しい。」と言われたり、ヤキモチを焼いてもらいたいと思う男性も多くいるはずです。

困ったなぁと思いながらも、そこまで俺のことを好きなのかという実感ができるのが、彼女からのわがままだと思います。

そのため、わがままを言わない彼女に対して、愛情表現が乏しく、物足りないと感じてしまうケースもあるといえるでしょう。

もっとわがままを叶えてあげたい

また、彼女のわがままを叶えることを大切にしている男性もいます。

彼女のわがままに答えてあげて、喜んでいる姿をみたいと感じたり、彼女に「ありがとう。」と言ってもらうことに生きがいを感じているのです。

わがままを言わないタイプの場合、何を望んでいるか分からないため、わがままを叶えてあげるということができなくなります。

もっとわがままを叶えてあげたいのに…という気持ちから、彼女に対しての愛情が冷めてしまう瞬間もあるといえるでしょう。

心配になる

彼女がわがままを言わないことに対して、不安を感じている彼氏もたくさんいます。

彼女がわがままを言わないのは、自分が原因なのではないかという不安や、無理をさせているのではないかと逆に気を遣ってしまうようなことも。

彼女がわがままをあまりにも言わないことで、逆に心配になってしまい、付き合いが楽しめないという彼氏も多く存在しているといえるでしょう。

もっと意見を言って欲しい

良い付き合いをしていくためには、もっと互いに意見を言い合うことが大切です。

お互いの考え方や価値観にふれあうことで、より深いお付き合いができるようになるからです。

そのため、わがままを言わない彼女の場合は、彼女の考えや価値観がわかりにくく、いつまでたっても距離感が縮まらないというケースも…。

彼氏からしてみると、もっと意見を言ってほしいのにという気持ちになってしまい、彼女に不満をもってしまうというケースもあります。

付き合いに刺激がない

また、彼女のわがままは、多少なりとも刺激になります。

彼女のわがままに、イラッとすることもあれば、可愛いなと思えることもあり、彼女との付き合いをさらに楽しめるようになっていくのです。

しかし、わがままを言わない彼女の場合は、付き合いは安定したもので、刺激がありません。

そのため、お付き合いに飽きてしまうということも…。

付き合いに刺激がないということは、恋愛が長続きしない要素にもなるため、注意が必要だといえるでしょう。

わがままを言わない彼女は賛否両論

わがままを言わない彼女に憧れを抱く男性もいますが、実際はわがままを言わない彼女に対しては賛否両論の意見もあります。

男性は女性の願望を叶えることを嬉しいと感じることもありますし、わがままを言うことで、付き合いに刺激が生まれたり、二人の距離感がぐっと近づくこともあります。

そのため、多少のわがままはお付き合いをしていく上では必要だといえるでしょう。

彼氏にもうちょっとだけ甘えてあげよう

もし、自分がわがままを言わないタイプだと感じている場合は、彼氏にもうちょっとだけ甘えることからはじめるとよいかもしれません。

「会いたい。」「寂しい。」と言われて、嬉しいと感じる男性は多くいます。

また、こんなにも俺のことを思ってくれているんだなと自信似も繋がります。

少しのわがままは可愛い!


わがままの言い過ぎは彼氏から嫌われてしまいますが、女性の少しのわがままは、可愛いと感じる男性は多いといえいます。

そのため、自信がなかったり、嫌われたくないからと、自分の気持ちを押し殺している場合は、多少のわがままを言ってみるのも良いかも知れません♪

今までよりも、良い関係を築けるかもしれませんよ。

【男性が可愛いと思えるわがままは、こちらの記事もチェック!】

彼女にわがままを言って欲しい男もいるのです

世の中には彼女にわがままを言って欲しいと思う男性もたくさんいます。

彼女のわがままに、きゅんっとしてしまう瞬間があったり、可愛いと思う瞬間もあるといえるでしょう。

また、わがままを言ったことで喧嘩になってしまったとしても、お互いの考え方や価値観を共有することができて、今までよりも良いお付き合いができるようになるかもしれませんよ♪