アングラ、所謂、アンダーグラウンドの意味ですが、地下文化だったり、表に出ない暗躍したものと言った感じの意味に捉える人が多く、裏世界とも言われていました。

しかし、それは悪い噂しか求めない人間性からそうなったものであって、実はアングラの中には素晴らしい物が会ったりします。

では、なぜ、こうにも悪い印象が先走ってしまったのかと言いますと、人間の本性は悪い方へ注目が行くように出来ているので、そのため、もともとから悪い印象が強かったアングラと言う言葉に悪いイメージがついたまま世の中に浸透してしまったと言うわけです。

しかし、かつてアングラで流行った物が表に出てきて活躍していることもあり、一概に悪いものと判断するのは良くありません。

そこで今回こちらの記事ではアングラについていろいろと情報をまとめてみましたので、ぜひ、アングラについてよく理解しましょう。

もしかしたらあなたにとって、チャンスになることが隠されているかもしれない。

そんな場所にアングラがなるかもしれませんよ。

アングラに限らずですが、何でもかんでも悪いイメージなど、イメージで判断していては物事の本質を見抜くことができません。

また、広告業界ではイメージで判断する人たちのことをB層と言います。

どんな略称かは御想像にお任せ致します。

日本のほとんどはB層しかいないと思っているので、CMにお金をかける企業が多いのです。

イメージよりも大切なのは、本質です。

ぜひ、この機会にアングラのようなマイナス的なイメージの強い言葉に対しても免疫を持てるようにしましょう。

️アングラな人ってどういう意味?

アンダーグラウンドは地の底を意味しています。

つまり、このままの意味で人間に表すと地に落ちた人、もしくはクズのような扱いで見ている人が多いですが、果たして本当にその意味で会っているのでしょうか?

よく、使用している人に聞いても具体的な意味は理解していなくて、ただ、みんながそんな感じに使用しているから使用していると言った感じの人が多いです。

ここにも日本人のみんながといった意識が強く、おおよそ、日本人の場合、周囲が抱いているイメージに影響されやすいので、自分で判断をつけることが難しいのです。

そのため、自分で判断せずにイメージに左右されてしまう人がいます。

ただ、アングラな人の場合、多くの日本人が描くのが自己精神が崩壊している人、自己破産をした人など、社会的に見て低い人のことを表しています。

しかし、何度も言いますようにアンダーグラウンドの世界で生まれたものが世に出てきて流行っているのも事実であり、一概にマイナス的なことのように捉えるのは良くありません。

もともと、和製英語的な感じで生まれてしまった言葉でもあり、日本語と言うよりかは、外国語に近い感じの言葉なので、日本ではうまく使用するのが難しい感じがします。

日本と違って海外では未だに裕福の差から生じる不平等があるので、このような言葉が存在していると言えます。

よく聞くけど意味がわからない


つまり、アンダーグラウンド=アングラという言葉はよく耳にされることが多いでしょうが、実際にどんな意味なのかわからずに使用している人がほとんどだと言うことです。

意味もわからず使っていて心配はないのかと言いますと、ほとんどの人がみんながそう使っているからと言った感じでご自身で責任を持てない状態になっています。

ある意味、みんながの考え方が強い日本に置いてだと、いろいろな言葉が意味もわからずに使用される危険性が高いのです。

また、例え間違っていてもみんながと言った言い訳を理由にして、責任逃れをしようとする人がいっぱいいるのです。

このことが普通になっているのがある意味怖いことです。

みんながといってわけのわからない言葉や習慣などが乱立していることこそがこの国の危機的状態でもあるのです。

ある意味アングラな道へ進んでいると言っても過言ではありません。

たとえ、マイナス的なイメージが強いアングラと言う言葉であっても正しい意味を理解して使用しないと意味がないのです。

️アングラとは

そもそもアングラとは言う話になってしまいますが、アンダーグラウンドの略称になっていまして、主に地下世界ということで陰の中で暗躍している物と言った感じに捉えられてきました。

外国などでは、違法カジノや地下プロレスなど日の当たらない場所で流行っているいかがわしい物と言った感じに見られていました。

そのため、良いイメージを持つことができなかったのです。

マイナスなイメージのまま世に広まって行ったので、当然マイナス的な言葉として捉えられてしまったのです。

しかし、近年では地下アイドルなど、地下からブレイクしたアイドルなども出るなど、アンダーグラウンドの部分からも世に通じるものが出始めている傾向があります。

このようにマイナス的なイメージのものではありますが、もしかしたらといった意外な部分があるのもアングラのユニークな部分です。

とはいえ、人を近づけさせないようにしているのも事実ではありますが…

アンダーグラウンドの略称


アンダーグラウンドの略称として生まれた言葉がアングラですが、そもそもアンダーグラウンドというのはどういったものなのかと言いますと、何度も言いますように地下を意味します。

そのため、日の当たらない所で活動している人たちのことをアンダーグラウンドの世界のいる人と言った感じに表したりするので、いつしか日本では略し言葉でアングラな人と言った感じに言うようになりました。

違法など、見つかると罰則を受けてしまうような感じのことを隠れてすることから、アンダーグラウンドと呼ばれ、見つからないようにしている。

所謂、地下ですることが見つからない手段と言った感じで地下でするようになったことから、アンダーグラウンドが生まれました。

グラウンド=地上の下、アンダ―ということもあり、それが組み合わさってアンダ―グラウンドと言った感じになりました。

地下という意味合い

故にアンダ―グラウンドの大きな意味としては地下という意味が大きな意味になっています。

地下で行われていること、つまりは人の目にふれてはいけないものと言った感じになっているのでアンダーグラウンドという意味がマイナス的なイメージを持ってしまったのです。

しかし、陰からチャンスは生まれるとも言われていて、いずれ光が当たればプラス的な物になるかもしれないとも言われているものが、今この瞬間にもアンダ―グラウンドの領域で生まれているのかもしれません。

そのため、マイナス的なイメージだからと言ってマイナスに見ていては良くありません。

ここは柔軟になってアンダーグラウンドの世界をのぞくことが大切なのかもしれません。

おそらく、アングラと言う言葉に少しでもプラスの要素が加われば、見方も変わるので今までよりもアングラの世界に目をむける人が増えるのではないかと言われています。

サブカルチャー分野で使用される

日本ではアンダーグラウンドの前に存在している文化として、サブカルチャーと言う存在があります。

表のカルチャーではない、つまり、レギュラーではなく、サブと言う意味でサブカルチャーがあります。

しかし、この言葉はアングラよりかはプラス的な考えで捉えられていて、マイナス的に見る人は少ないです。

また、サブカルの町というのも出てきていて、高円寺や下北沢などがその代表的な感じになっています。

ある意味これから表に出てくると言った感じになっているので、ブレイクする1歩手前のものがサブカルには溢れています。

最近ではアングラな世界からもブレイクするものが出てきているので、ある意味、アングラとサブカルが同じような感じで捉えられている側面もありますよ。

アングラのそもそもの意味は2通り

そもそもアングラとしては文化の意味もあれば、ネット上で1人歩きしている部分もあります。

つまり、使い方や意味などの側面から見ても2通りあると言えるのです。

そこでここからは文化的な面としてのアングラと、ネット上の面のアングラを説明していきたいと思います。

2つの側面がわかることで、使い方にもバリエーションができますし、間違った使い方をせずに済みますよ。

マイナス的な要素の強い言葉ではあるので、使い方を間違ってしまうと、実はとんでもないことになってしまう恐れもあるのです。

やはり、言葉はしっかり意味を理解して使う側面などもしっかり把握してこそ、言葉にも意味が生まれますので、むやみやたらに使用しないようにするためにもしっかり把握しましょう。

2つの側面なのでそんなに難しくはありませんので、ぜひ、じっくりお読みになってくださいませ。

文化としてのアングラ

アンダーグラウンドの文化としては、地下で流行った文化のことを言い、特に日に当たらない所で流行った文化を言います。

しかし、そこから世に出て流行った物がいっぱいあるのもご存じの方は多くいらっしゃると思います。

主にアングラな世界で作られている文化としては日に当たっているようなものの似非なものが多く、はっきり言えば偽物も多く出回っています。

地下街などに行けば、ブランド物が安く売られているのがその例です。

しかし、中には有名な物をもじってグッズとして販売しているものもあり、それが受けて、世に出てブレイクすると行ったこともあります。

そのため、世に出てきたちょっとサブカル臭のあるモノをアングラなグッズと言ったりしますし、わかっている人はアングラ出身と言ったりします。

このように地下で流行った物、表には出にくいが出ればブレイクするものなどがアングラな文化なのです。

ネット関連のアングラ

仮想の世界であるネット上では、実は現実的な世界の地下よりもさらに入り身だっているような感じがあります。

ネット上でアングラというと、表にはないマル秘情報を持っていることであり、ある意味、ネット上で暴露されていることで本当かどうかわからないがリアリティーのある情報をアングラな情報と言います。

ちょっとした情報でもリアリティーがあると、「それってアングラな感じ?」と言った感じになって、ネット上で勝手にアングラな情報が行きかうのです。

ただ、あくまでネットであって、口コミとはまた違った感じになっているので信憑性はほぼ皆無です。

故にネットのアングラに振り回されてはいけません。

それよりかはネットの情報を傍観する感じで捉えていくのがよいでしょう。

なぜなら、今この瞬間にもネット上の仮想世界には、アングラな情報が生まれているのですから、鵜呑みにするのではなく、傍観するのが最もな感じです。

つまりアングラとは一般的ではないことを指す

このように地下や人目のつかないところを側面にしているので、アングラには一般的な感じがないのです。

そのため、マイナス的な要素が先行してしまうのです。

そのため、あんまり浸透しないのですが、コアなファンを中心に世に広まっていくような感じがしています。

故に一般の人には理解できないことが多いのです。

特にえたいのしれないものに触れることに慣れていない日本人にとっては、アングラなものは知ること、聞くこと、触れることが本当に嫌な存在なのでもあります。

よって、アングラがマイナス的な感じになってしまっているので、自分の所に寄せようとしないのです。

しかし、地下の物だからといった理由で一般的でないというだけの理由にはなっていません。

ここからは一般的でない理由をご紹介します。

時代に先駆けているもの

地下で誕生しているからといって侮ってはいけません。

よくよく考えてください。

地下で流行って世に出てブレイクする。

つまり、この流れは時代の先を行っていると言うことにもなります。

そのため、アングラな物にも時代の先を行っている物が多く存在しています。

時代の先を行っているために、なかなか一般人には理解されず、先を見て生活している人にしか理解できないのです。

そのため、触れたくないと言った感じのもののように見てしまうのです。

アングラに限らず、実は、あなたが嫌だなと思ったものがもしかしたら、時代の先を行っているものの可能性があるのです。

つまり、イメージだけで判断していては時代に乗れない可能性があるのです。

たまにはアングラな世界を望んでみると時代の先を行っている物があるかもしれませんよ。

これまでにないようなもの

ある意味世の中に出回っていないものが誕生しやすい環境なので、これまでになかったものが生まれる可能性があるのがアングラな世界です。

これまでにないものなので、当然、普通の人が触れるには抵抗があるものが多いと思います。

そのため、触れようとしない人が多いのです。

しかし、近年はいろいろな物がAI(人工知能)にとって変わろうとしています。

つまり、みんなと一緒では生き残れない可能性があるのです。

これまでになかったものを生み出さないと生き残れないと言われています。

そう言った意味では考え方的にはアングラな人は先を行っていたと言うことになるかもしれませんね。

これまでにないものなので、活用方法などを見いだせば、実は以外とすぐに使用できるものになったり、日用的なものになったりするかもしれませんよ。

アングラな物ではありませんが、パソコンができた時にこんなに日用に浸透するとは誰が予想できたでしょうか?それだけ、これまでになかったものにはチャンスが埋まっているのです。

非公式・非合法なもの

プラスな部分もある分、マイナスな部分もあるのがアングラです。

おそらくこちらの方が広く浸透してしまっているために良いイメージを持つことができないのではないでしょうか?特に一時期流行ってしまった脱法ドラッグがその代表例です。

ある意味、法律で規制されていない範囲のドラッグなので、大丈夫だと思っていますが、入手や販売方法が非合法です。

また、非公式のものもあり、危険気回りないのです。

この脱法ドラッグが流行ったことにより、アングラのイメージが凄く悪くなってしまったと言えます。

また、コアなファンの間で流行っている物にも良いイメージがつかなくなってしまいました。

このように非公式・非合法な部分があるのもアングラであり、現時点ではそこの部分だけが目立ってしまっているような感じがします。

出所が不明であること

売られているものなどの出所が不明な場合がアングラの世界には多いのです。

中には条約違反に引っかかる恐れのあるものなどがあり、ある意味、密売に近い状態になっています。

もともと地下の世界は無法地帯なので、そのようなあやしいものが売られていてもおかしくないのです。

戦後にあった闇市のような感覚になっています。

出所がわからなくても値段や売っている人の巧みな言葉などにのって購入してしまう人も多く、そのため、無理やり買わされたなどの被害が後を絶ちません。

しかし、購入したのはあなたであって、断ることをしないのがいけないのであって、一概にアングラが悪いとは言えません。

ただ、結構謎の物が多いのは否めません。

もしかしたらヤバいものなのかもと疑ってしまうのはしばしばです。

最終的には自分で購入するしないの判断能力がないといけません。

ある意味、アングラではそれが試されているのかもしれません。

️アングラ人間とは

アンダーグラウンドの世界にいる人間をアングラ人間といいますが、実はそれだけではないのです。

そもそもアングラは地上の下の地下を表しているので、実はかなりの侮辱用語として使用されています。

何もアンダーグラウンドの世界で活躍している人だけに限らず、社会的に見て見下されている人たちのことをアングラな人と言ったりします。

これは、アンダーグラウンドと言う言葉がマイナス的なイメージで使用されているためにそうなってしまっているのです。

同様に表にでないという意味ではオタク系な人をサブカルの人と言うこともあります。

ある意味、どちらもアングラやサブカルの本来の意味から離れた感じに使用されています。

ここからは、そんなアングラな人間について説明していきます。

非常に悪い意味で使われる

もともと地下の意味を持っているアンダーグラウンドなので、マイナス的なイメージが強いのでその軽傷として良い意味では使用されていません。

そのため、非常に悪い意味を表す感じで使用されています。

そのため、よく自分にとって気に食わない人にむかってアングラな人間と使用する人もいます。

そう言って社会の集団から省こうとするなどして、ある意味マイナス的な感じで使う人が多いのが問題になっています。

悪い面もあれば、良い面もあるのが言葉なのであって、しっかりと意味を理解せずに侮辱的な感じに使用していては意味がありません。

また、そのように使う人ほど、実は周囲から見ればアングラな人間に見えてしまっている可能性が高いのです。

では、実際どのように使用されているのか説明します。

社会の底辺

失業者や派遣社員の方々を正社員の人たちが負け組的な感じで見て、社会の底辺の人間だと見下して使用する人たちがいます。

外から見れば醜い感じですが、実際、社会にはそのような感じで人を見下して見ている人が多いのです。

しかし、これはあくまで社会の話であって、せまくとらえれば、その会社、その業界での話しになるので、こんな感じで人を見ている人は世界が狭い人と思ってもいいのではないでしょうか?また、今では正社員と言ってもプラスなことはあるのかと言いますと、疑問です。

正社員以上に仕事ができるアルバイトや契約社員の方はいっぱいいます。

つまり、正社員だから良いと言うわけではありません。

ただ、優位性を保ちたいためにそのようにしているのです。

昔、失業して派遣でくぎ打ちの仕事をしていた人が前の会社の同僚にあった時に「お前の人生終わったな」と言われて奮起して会社を立ち上げて、前の会社よりも大きな会社を築くことができたという話もありますので、安易に使用するのは良くないですよ。

人間のゴミ

言うことを聞いてくれない人や仕事ができない人をこのように言う人はいますが、いつ自分がゴミになるかはわかりません。

これも世界が狭い話であって、その会社ではうまく回っていなくても違う業種に行けばうまく回る人はいます。

そのため、簡単にこのような感じでアングラな人間と見てはいけないのです。

たいてい、相手をそのように見る人は、これまでに自分もそのように見られてきたから相手に対してそのようにしてしまうのです。

良く類友の法則とはいいますが、部下が使えないと言っている上司を最近よく見かけますが、そのような人を引き寄せているのはあなたなのです。

部下が使えないのではなく、あなたが使えないのです。

つまり、このような人を引き寄せるのはあなたの成長にとって必要だからなのです。

ゴミと言っていたらあなたもゴミになってしまいますよ。

一般人とは相容れられない人のこと

一般人に溶け込めない何だか浮いた存在の人って職場などにいらっしゃいますよね。

そんな人のことをアングラな人間と言うことがあります。

要は日本人の場合、集団生活が大好きなので、和を乱すような人を見ると、排除したくなるのです。

そのため、アングラな人間だと言った感じに見てしまうのです。

みんながの文化が高いために少しでもみんなと違う要素を持っていると嫌がる傾向にあります。

未だにトップダウンの形式を取っている会社では、そのような傾向が強くトップの言うことを聞かない人は排除される傾向が強いです。

しかし、それでは会社に変化をもたらすことができません。

このように集団の中で少しでも自分の色を出す人のことをアングラな人と言います。

逆にスキルが高いとも言える

集団に合わないだけで、実は高いスキルを持っているという可能性も捨てきれません。

なぜなら、みんなと違う考えを持っているので新しい発想を生み出す可能性があるからです。

保守的な人が多い会社ではそのような人たちは嫌われてしまいますが、これからはAI(人工知能)などが簡単な仕事はとってしまうと言われているので、人とは違った発想を持つことが大事になってくると言われています。

つまり、その集団の色にはない色なので、非常に大きなチャンスの可能性があるかもしれないと言うことです。

よくよく考えれば、かの昔、りんごが落ちることにニュートンだけが感激して、他の研究者から排除されていましたが、その排除されたニュートンが万有引力の法則を見つけたのです。

このように人とは違うと言う場面に出くわすことはチャンスでもあるのです。

️アングラ人間の特徴

このようにマイナス的なイメージで使用されているアングラ人間ですが、それでも凄い可能性を秘めていることも分かったと思います。

では、どのような感じの人がアングラ人間なのでしょうか?ここからはアングラ人間の特徴について説明していきます。

もしかしたらあなたの身の回りに既にアングラ人間がいらっしゃるかもしれませんよ。

いたとしてもそれは悲しいことではありません。

大きなチャンスを持っているかもしれないのです。

そう考えると、もしご自身にそのような特徴があったらと思うとワクワクしますよね。

ぜひ、しっかりアングラ人間の特徴を理解しましょう。

大きくピックアップして、9個あります。

いきなりすべてを理解しろとは言いません。

まずはあなたにとって身近なもの、もしくは読んでいてビビット来たものなどから理解していきましょう。

アングラにはチャンスがあるのです。

悲観せずに前向きに捉えてアングラな人たちと交流をしていきましょう。

間違っても侮辱の意味として使用して行けませんよ。

では、じっくりどうぞ!

惨め感

どこか自分はできないとか、ダメな人間だとか言った感じの雰囲気を出している人はいらっしゃいませんか?そのような人ほど、実はアングラな人間の可能性があります。

惨めなのは周囲から排除されたり、無下に扱われているからであった、実際に惨めだとは限りません。

このことからも集団には無い色を出していると言えます。

卑しい

下品な人や欲望にあふれている人のことを差しますが、実際に下品かどうかは相手が決めることで、その人自身が決めることではありません。

つまり、相手にそのように見られているのだから、プラスに考えれば個性が強いとも言えます。

また、欲望があるのであれば良いことです。

先を見ている証拠です。

社会の本質を知っている

物の価値を値段やイメージではなく、本質で見抜こうとする人がいらっしゃいますが、このような人たちをアングラな人間と捉えることもあります。

要は、イメージで判断せず、ものの価値を見て判断する人たちです。

ある意味、価値のあるモノを生み出せる才能を持っているかもしれませんよ。

異質な生い立ち

とにかく複雑な家庭環境や一般の人では到底考えられない生き方をしてきた人たちの中にはアングラ人間の要素を持った人がいっぱいいらっしゃいます。

まず、一般的な生き方でないので考え方に違いも出れば、常識も違うくなってきます。

このように一般から離れた感じになるとそう言われてしまうこともあるのです。

金銭トラブルを抱えている

金銭トラブルを抱える人は社会から外れた感じのする人でもあるので、そのため底辺みたいな感じで見てしまっているので、マイナス的な側面でアングラな感じで見られてしまうのです。

金銭トラブルはよくありませんので、言われる前にここを治しましょう。

精神が普通ではない

精神が崩壊している人に近づこうとする人はいません。

そのため、浮いた存在になるので、排除の意味を出して、アングラな人と言ってしまう人が多いのです。

しかし、精神はいつ壊れるかは誰にもわかりませんし、あなたにも起こるかもしれないので他人ごとに見ているのはどうかと思いますよ。

変わった趣味を持つ

ある意味、人とは違うと言う意味で変わった趣味を持っている人もアングラな人と言った感じに見られてしまいます。

しかし、これは裏を返せば個性が強いので、大きなチャンスを持っているかもしれません。

そのため、プラスの要素があるアングラ人間です。

理解されにくい

なかなか自分の意見を理解されないと言う方がいらっしゃると思います。

先を行きすぎていて理解されないのか、独特すぎて理解されないのかなど理由は多々ありますが、このように浮いた存在になっているのでアングラ人間になってしまっているのです。

後ろめたい過去がある

とにかく良い過去を持っていない。

過去を見ると惨めな思いにさらされる。

そんな想いを持っていると周囲から変だなと思われてしまうので、じょじょにアングラな感じに見られてしまいますので気をつけましょう。

️アングラ人間と関わるのは危険かも?

このようにマイナス的な要素もあれば、プラス的な要素もあるのがアングラ人間です。

しかし、マイナスばかりに注目が行っても意味がありません。

たとえ、身近な人がアングラ人間だったとしてもその人がどのようなアングラ人間なのか見極めれば問題はありません。

ただ、違法なことに手を出しているアングラ人間には近づかない方がいいですよ。