CoCoSiA(ココシア)

アングラとはどういう意味?アングラ人間の8個の実態や使い方・例文・類語・英語表現を紹介

「アングラ」とはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか?

今回はアングラの意味やアングラ人間の実態、使い方や類語、英語表現などをご紹介します。

️アングラの意味とは?

アングラは、「①商業性を考えない実験的・前衛的な映画・演劇などの芸術。また、その劇団・劇場。」「②非公式または非合法であること。」「③出所不明であること。」という3つの意味を持ちます。

アンダーグラウンドの略称

アングラとは「アンダーグラウンド」の略称として生まれた言葉です。

アンダーグラウンドというのは「地下」を意味します。

そのため、日の当たらない所で活動している人たちのことをアンダーグラウンドの世界にいる人と表現したりします。

それを日本では略し言葉でアングラな人というのです。

「地下」という意味合い

地下で行われていること、つまりは「人の目にふれてはいけないもの」というニュアンスがあり、マイナスなイメージを持つ人が多いでしょう。

アングラのそもそもの意味は2通り

アングラはそもそも、使い方や意味などの側面から見ても2通りあると言えるのです。

そこでここからは文化的な面としてのアングラと、ネット上の面のアングラを説明していきたいと思います。

文化としてのアングラ

文化としてのアングラとは、1960年代に日本でブームになった商業性を考えない実験的・前衛的な芸術や演劇、映画などのことです。

当時「アングラ映画」、「アングラ演劇」、「アングラミュージック」などという言葉も使われていました。

現在でも小劇場系、自主制作、インディーズなどの作品をアングラと呼ぶことがあります。

ネット関連のアングラ

インターネット上でのアングラとは、主に非合法のサイトや表沙汰にできないサイトのことを「アングラサイト」と呼びます。

闇サイトとも呼ばれ、犯罪や違法行為の勧誘をしているウェブサイトのことをいいます。

昔はかなり多くのアングラサイトが存在しましたが、今ではかなり少なくなってきたと言われています。

つまりアングラとは一般的ではないことを指す

つまりアングラとは一般的ではないことを指します。

コアなファンを中心に世に広まっていくような作品が多く、一般の人には理解できないことが多いのです。

時代に先駆けているもの

地下で流行って世に出てブレイクする。

つまり、この流れは時代の先を行っていると言うことにもなります。

そのため、アングラな物にも時代の先を行っている物が多く存在しています。

時代の先を行っているために、なかなか一般人には理解されないのもアングラの特徴なのかもしれません。

これまでにないようなもの

世の中に出回っていないものが誕生しやすい環境なので、これまでになかったものが生まれる可能性があるのがアングラな世界です。

これまでにないものなので、当然、普通の人が触れるには抵抗があるものが多いのです。

非公式・非合法なもの

プラスな部分もある分、マイナスな部分もあるのがアングラです。

おそらくこちらの方が広く浸透してしまっているために良いイメージを持つことができないのではないでしょうか?非公式・非合法な部分があるのもアングラであり、現時点ではそこの部分だけが目立ってしまっているような感じがします。